本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

菜の花  勝島運河にて

勝島運河を散歩していた。
護岸に菜の花が咲き、早春の風景に季節は変わっていた。
勝島運河1057-32 Ⅱ 
菜の花まで2mくらい、絞りを利かせ撮影。
勝島運河1057-31 Ⅱ
更に50cmくらい近づき、絞りを開けて撮影。

写真のフレーミング(構図、切り取りかた) そんなに種類は多くない。
大判カメラを使おうが、レンズを替えようが、
画家の道具だった「カメラ」には限界がある。
画家に許された自由度(創造性)ほど、
「カメラ」に自由はないと思う。

写真でも絵画でも被写体は必要。
しかし、画家にとって重要なのはモチーフ。
被写体の何に即発されたのかデッサンを重ねモチーフを確かなものにしていく。
やがて被写体を離れ、自分の構図、フォーム、色彩を作っていく。

しかし、写真は、その被写体から逃れることはできない。
すこし沢山 写真を見たり、撮ったりしていると、
うまいとされる構図に近づき、同じような撮りかたになる。
お手本を真似ているようなもの。
これ 創造的といえるだろうか?

絞れば 説明的、どんな場所だのかわかる。
背景をぼかせば、興味を持ったものが浮き上がる。
順光を選ぶか、逆光か、斜光を狙うか、
これらは、定型化された・・・・多分に技術的な事柄だと思う。

二枚目の写真は背景をボケるように撮影していますが、
撮影者の意図、何に感動して撮ったかわかりますか?
-----------------------------
たいしたことではありません。

どの程度ボケるものか、確認で撮ったまでです。
一眼レフやデジタルカメラなら、ファインダーあるいは液晶画面で 
ボケ方(ボケ量)は撮らずとも確認できます。
レンジファインダーカメラはそれができない。
レンズに刻まれた被写界深度がガイドの役目、それを確認しながら
・・・・おそらくこうなるだろうと予想してシャッターを切ったまで。
多分に技術的です。
直感で撮ることも、情感で撮ることも 小生にはできない。
ちょっとおもしろいかなぁと思ったら、
カメラを向けてシャッターを押すだけです。
あまり創造的ではありません。

スポンサーサイト
  1. 2018/02/27(火) 10:50:08|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白木蓮 | ホーム | レンジファインダー・カメラで望遠レンズを使うということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1114-42e1b397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (83)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (5)
フィルムの眼 (23)
レンズの眼、カメラの眼 (23)
映し出された世界 (19)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (132)
ある場所、ある瞬間 (37)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (22)
都会の景観 Tokyo (129)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (166)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
樹、草、花  (54)
桜  (84)
ひまわり (30)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (28)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR