FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Fake Moon  多重露光の行き着く先

1枚の印画紙に、多数のネガを使用し、1枚の画像を作る合成写真(Composit photograph)が作られたのは、写真が発明されたごく初期の19世紀末のことでした。絵画のような表現を求めた結果、盛んに製作されたようです。近代の写真は、そこからの決別・独立で始まったといえるでしょう。
しかし、21世紀に入り状況は変化しました。デジタル時代になると、レタッチソフトでレイヤーを重ねれば、多重露光や、モンタージュ写真(合成写真)は、ごく簡単にできるようになりました。また、世紀末のPictrial Photoの時代に戻るのでしょうか?
ネガ上に、(細心の注意と、煩雑な操作で)多重露光することと、レタッチソフトで簡単に同じ効果を実現すること そこに本質的な差はあるのだろうか? 考え込まざるを得ない。
ならば、一度合成写真を作ってみようと、没になった写真から樹と月の写真を選んで合成写真を作ってみた。使ったのは10年以上前のレタッチソフトPhoto Shop Ver.3。 最新版ではありません。
FakeMoon510-6.jpg
これは、今年の戸越公園の夜桜です。見所のない写真だったので没になっていました。満月をはめ込むことで、画面が引き立ちます。(キャッチーになる。)夜桜は50mmで撮影。満月は300mm程度の望遠で撮影した大きさになっています。しかし、300mmレンズで 遠くから狙い、絞りを利かせれば、桜と月の大きさの割合、撮影できるところ、どこかにあるかも・・・と、心の中で納得させ、違和感を覚えません。(全てのことを懐疑的に見る人は、まれ、大概は、好意的に解釈しがちです。)
合成写真と断らないと、「センスいいな。ベストタイミングを選んで、的確に撮っている・・・」と、よい記憶を残しながら、次の写真へ眼が行ってしまうでしょう。
しかし、合成写真と知ったら、「なに、だまし絵か、受け狙いかよ」と馬鹿にされるのかも。
FakeMoon492.jpg
一瞬 見ただけでは、月がくっきりと撮れたいい写真という印象ですが、じっと見ていると、不自然さにすぐ気づくでしょう。林の撮影は夕方の4時ごろ、北東の方角を写しています。月が昇っても、この位置に来ることはありません。300mmの望遠で狙って、画面上部から下がる枝を撮ることは不可能です。樹の根元から300mm望遠で見上げたら、この構図の写真は撮れないので、すぐに合成写真と 判断できます。
表現したいイメージがあり、それを実現する手段として合成もありえるとは 思います。
あいにく、そういう内的な必然として、イメージを表現したいという芸術的なセンスのない小生のような身では、合成写真は、受け狙いで、キャッチーな画面を作って、注目を浴びたいという姑息な手段になりかねないでしょう。
先日、某有名メーカ主催のコンクール入選作品展を見てきましたが、入賞作には、合成写真(好意的に表現すれば、作る写真)と分かるものを 散見しました。全体の10%くらいでしょうか。時代は、確かに、それを受け入れています。
あ、フォトモンタージュだなと分かるものには、その異様な組み合わせから、20世紀初めのシュールレアリズムのテーストを感じます。確かに1つの表現でしょう。
問題は、最初に載せたような作品でしょう。フォトモンタージュと気づかせない写真。現実のストレートフォトと受け止めかねない写真。「すごい、ベストタイミングで撮っている! いい腕しているなぁ」と賞賛。これって、いいのだろうか?と考え込まざるを得ない。
ブログを見ていたら、すごくいい写真があったので、見入っていると、何か不自然、合成写真と気づく。数々のコンクールで賞を取る人のブログなのだが、残念な気がした。すると 他の作品まで、合成ではないかと疑心暗鬼になってしまう。そんなことしなくとも、いい作品を作る人なのに・・・一言、これは合成ですと断ればいいのに、と思ってしまう。
今や、写真のレタッチ加工は当たり前、写真をキャッチーにするのに何が問題かと反論されそう。疑問を感じる小生のほうが おかしいと 言われてしまうのだろうか?



スポンサーサイト



  1. 2013/09/10(火) 07:16:32|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モネの睡蓮 ・・・Alchemistの水「さるすべり」? | ホーム | 秋立つ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/111-1b53ae7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (273)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (70)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR