本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

嘗ては「鷹の眼」と呼ばれたレンズ   Nikon Sマウントのカメラで使ってみる  

嘗ては「鷹の眼」と呼ばれたツァイスのテッサーレンズ。
コンタックスマウントの50mm F:3.5 ノンコートレンズをニコンSマウントカメラ BessaR2Sで使ってみた。

製造はレンズ番号から探したがはっきりしない。
1932年か1933年と推定、 「傷だらけのゾナー50mmF:2」より少し前に作られたことは確か。
いわゆるブラコン(コンタックスⅠ型)の時代に製造されたものだと思う。
なお、2つ前の記事で使ったF:2.8 Tessarは1936年製 コンタックスⅡ型になって製造されたレンズです。

鷹の眼1055-36
最短の0.9mにピントを合わせ絞り開放のf:3.5で撮影した。
被写界深度内にピントは来ている。
ツアイスとニコンのレンズ、マウントの形状は同じでもピントは微妙に異なる・・・といわれたら 
素直な人ならツアイス製レンズをニコンSマウントのカメラで使おうとは思わなくなる。
上から目線で(こんなに沢山知っているのだと)語りたいのだろうが、
その根拠が伝聞の引き写しにすぎないので、拝読する小生は、戸惑ってしまう。
こんなの信用できないと、学術誌だったらチェックが入って掲載できない。
根拠希薄な伝聞なら、事実か否かチェックする、あるいは裏をとってみようとするのが、理性だろう。

根拠が伝聞の薀蓄は、「ノイズ」だと無視すればいいのだが、
そんな薀蓄を語る人のブログが多いのは困ったものだ。(どうも それが人気ブログらしい)
目立ちたい、注目されたいというYouTuberと同じ心境なのだろうか、
品性・品格の問題かなぁ。
(なかにはごく少数ですが、しっかりしたブログもありました。こちらを読む人はすくないと思う。ちょっと専門的。)
鷹の眼1055-41
古いテッサーレンズ、ノンコートだがレンズの枚数は4枚 内1つは張り合わせてあるので、反射する面は少ない。
鷹の眼1055-45
昔は「鷹の眼」と称えられたが、現在のコーティングの効いたレンズほど解像度、コントラストは高くないかもしれない。
しかし、逆光にも果敢に挑戦し、画像を記録できています。(4枚3群のテッサー、Simple is the best.です。)
(ハレ切用のフード持っていないので、逆光でもフードなしで撮影しています。)
----------------------------------------------
Sマウント 内マウント ピント推算
凸レンズを使って外の景色を壁や紙の上に投影する。
そんな理科の勉強をしたのは小学校のころ。
合同、相似など幾何の初歩は中学生のころ習ったか。
中学の理科の時間だったか・・・・レンズ焦点の話、像がどの位置に結ぶかの計算を、
黒板に書いた図から、幾何の相似形、比例関係を使って教えてくれたことを思い出す。
それは、簡単な公式になった。
1/a+1/b=1/f
aは レンズから対象物までの距離、bはレンズから紙(映像が写っている)までの距離。
fはレンズの焦点距離。
この公式を使って、15年ぶり、エクセルを開き計算してみた。
無限遠では ニコンのレンズもツアイスのレンズも フィルム面でピントが合っているという事実(精度の問題だが、目視した範囲で正しい)として計算。
ニコンSカメラは 焦点距離50.0mmのレンズを基準にして設計されていると仮定した。
無限遠から1mの被写体まで レンズの繰り出し量はわずか2.63mm。
ツアイスのレンズはそれより0.20mmだけ長い焦点距離のレンズを基準に設計されていると仮定した。
すると無限遠ではあっているので、それをニコンSマウントのカメラに取り付けたら、
ファインダーを覗きピントを合わせると、bの値は、0.2mmだけニコンSレンズより長くなる。
bの値とf=50.2でaの値を求めれば、何処にピントが合った、どれだけピントがずれたか計算できることになる。
その結果は、1m(レンジファインダーのほぼ最短距離)の被写体でピントのずれはわずかに1cm弱。
ニコンの基準にした焦点距離(50mm前後だと思う)と、ツアイスの基準焦点距離の差が0.2mmであれば、
ほとんど無視していい。
もし、それ以上に差があるなら 近距離では ピントがずれる可能性がでてくる。
もし、合うか合わないかの検証するなら。
(1)ニコンとツアイスの50mm標準レンズの正確な焦点距離を測定すること。
(2)無限遠で両社のレンズは両社のカメラで焦点が合っているか否か
この2点の検証が必要だろう。
(1)については ニコン、ツアイス、コシナなどのメーカーに、そのデータはあるはず。
公開して欲しいが・・・・おそらく手の内を明かすことはない。
レンズの修理をする業者なら、測定している(あるいはできる)だろうが・・・そんな金にもならないこと、公表しないだろう。
誰か 実測したことある人いないだろうか?(4桁の精度で測定した。)
(2)は無限遠にピントを合わせ、写真に撮り、拡大して調べることでOKだろう。
フランジバックの長さは、レンズの鏡胴の長さで調整(∞出し)はできるので、本質的な事項ではないとおもう。
でも、コンタックスとニコンS、フランジバックの長さが同じなら、楽しい。
なにか 別の話が隠されているような気がする。

標準の50mmレンズは内マウントを使う。

それ以外の交換レンズは、外マウントのレンズを使う。
外マウントレンズでも、無限遠が一致するなら、
レンズの繰り出し量はレンズの鏡胴に刻まれている。
ピントが合う可能性は高い。
ここで場合に問題になるのが、
ニコンとコンタックスの距離合わせの回転角の差。
この差がなければ、両レンズ、自由に互換できるはず。
無限から0.9mまで270°くらい回転するが、
わずかにコンタックスの方が大きい。目測では数度の角度だが・・・・
近距離ではピント合わせの誤差となってしまうだろう。
望遠レンズを使った場合、そのずれはどの程度か、確認したいと考えている。
ブログのあやふやな薀蓄を真に受け、「使えない」と嘯くのは 抵抗感がある。
駄目と決め付けず、そのメカニズムを解明すれば、工夫でどうにか・・・・ならないかなぁ。
ひまだし、BessaR2Sにツアイスマウントの望遠つけてテストしてみますか。

--------------------------
考えの根拠は明快に示す。
小生の仮定に問題がある、あるいは この公式を使う妥当性があるか否か?
批判、錯誤の指摘を期待している。
議論を深め、批判し、検討するのが 真実にちかづく 唯一の方法。
なにも自説にこだわるほど 小生 若くない。
間違えたと判ったら、すぐ、自説は取り下げます。
それが サイエンス(科学)というもの。
カメラは科学を基礎にした最新技術で作られてきました。



スポンサーサイト
  1. 2018/02/10(土) 11:52:45|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀ぶら  デジタルで遊ぶ | ホーム | ノンコート・ゾナー 50mm F:1.5     Nikon Sマウントのカメラで使ってみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1107-9bf7e3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (93)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (30)
レンズの眼、カメラの眼 (23)
映し出された世界 (21)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (133)
ある場所、ある瞬間 (45)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (143)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (179)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (8)
樹、草、花  (57)
桜  (84)
ひまわり (30)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR