FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

そして誰もいなくなった    ・・・・品川区役所前 中央公園にて

夜 7時ごろ帰宅を急いでいた。
品川区役所を通るとき、区役所前の中央公園をショートカットしようと思ったが、
カメラには まだ10カットくらいの撮り残りがある。
久しぶり"Night walk in Tokyo"を行なっていた。
そして誰もいなくなった1050-36
区役所前の歩道橋に登り、鉄柵にカメラを置き、スローシャッターを切った。露光不足、f:2/2秒くらいが適正かも。
そして誰もいなくなった1050-30
公園のベンチに座る人はなく、ときたま帰宅を急ぐ人影が足早に横切っていく。
そして誰もいなくなった1050-32
すこし前まで、このフィールドには ボールを追う人が集っていた。
そして誰もいなくなった1050-38
やがて照明も消され、そして誰もいなくなる。
-----------------------------
カメラは1951年製のKievⅡ 、レンズは1931年製のツアイスのSonnar T 50mm F:1.5。
当時大変高価なレンズで、家一軒を買えた値がついたのでは・・・と思う。
大事に取り扱われてきたのだろう。バルサム切れもなければ、レンズに傷も見当たらない。
いまは、びっくりするほど安くなり、お小遣いでも手に入れることができた。
古い時代のツアイスのマイスターに敬意を払い、大事に使っている。
(よくぞ戦前の古い昔、こんなにすごいレンズを作ってくれた・・・・)

もし、当時ISO:400のTri-Xのような高感度フィルムがあったら、
小生の撮る写真よりすごい写真を、当時のカメラマン 撮ったのでは・・・・と思ってしまう。
F:1.5の明るいレンズでも 夜景の撮影は難しかっただろう。
三脚なしの撮影は無理、それが、高感度フィルムができたことで手持撮影が可能になった。
その幸運を感謝、感謝。

今はデジタルの時代。
最新のデジタルカメラに、高価な最新のレンズを付ければ、
フィルムで撮影したこの写真より、画質(クオリティー)の高い写真は容易に撮れるだろう。

フィルム時代のレンズを取り上げ、「このレンズ、四隅部分になると像は崩れ駄目レンズ」と、上から目線で得意げに薀蓄を語る人がブログに現れる。(部分は伏字、言葉、文字に出したくない汚らしい言葉なので伏字にしました。)
メーカーの光学設計者(おそらく定年退職している)が そんなブログ読んだら・・・どう思うだろうか?
古いそんなレンズをありがたがって使っている小生など・・・・馬鹿にされるだけかも。
しかし、このブログは有名らしい、「いいね/拍手」を付ける人は多い。(時には100を超える)
こういうカメラ好きが、写真ブログの主流なのだろうと思う。

四隅まで像が崩れないレンズがいいレンズ?
それが いい写真を撮るための要素の一つだろうか?
ピントがしっかり合った写真がいい写真の要素の一つ?
適正露光で撮られた写真がいい写真の要素の一つ?
それなら、最新のデジタルカメラに高価なレンズを付ければいい。
ピントも自動で合わせてくれる、手振れ低減する仕組みも入っている。
ISO感度はフィルムを超えた、露光もカメラが設定してくれる。
笑顔を検知してシャッターを押してくれる機能もカメラには組み込まれてきた。
カメラは常にその時代の最新技術を取り込んで発展してきた。
今後は、AI搭載のデジカメに進化し、ネットにつながり有名写真家の画像と、使い手の癖を学習する。
その人好みのフレーミングの手助けをし、最適のシャッターチャンスにシャッターを切ってくれるようになるだろう。
「あなたは、このデジタルカメラを買うだけ、あとは カメラのシステムにお任せ」の時代がくるのだろう。
そうやって撮影してもらった写真・・・は、「いい写真」を学習しているから、「いい」写真なのだろうなぁ。

古いフィルムカメラで 写真を撮るとは いったいなんだろう?
段々と写真が判らなくなっている。
新しい幕が上れば、新しい表現が開く、では、デジタルで可能になった新しい表現とは?
比較明合成、切り貼り、HDR(合成)画像・・・ソフトに頼った画像の加工 そんなに面白いだろうか?と思ってしまう。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/17(水) 18:02:43|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<135mmレンズでスナップショット | ホーム | 鳥をあやつる少女>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1093-801d6b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (95)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (35)
レンズの眼、カメラの眼 (27)
映し出された世界 (21)
水辺の光景 (14)
勝島運河 (7)
写真の技法 (133)
ある場所、ある瞬間 (47)
デジタルで遊ぶ (28)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (23)
都会の景観 Tokyo (167)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (184)
猫、犬、鳥 (8)
白木蓮 (14)
黒い花 怪しい花 (10)
樹、草、花  (58)
桜  (84)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (29)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (29)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR