FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

層雲峡

先日 東京ミッドタウンにある富士フィルムフォトサロンへ行った。
そこで開催されている「アンセル・アダムス」展を観るため。
アンセルアダムス展
1960年代の後半、あるいは70年代前半だったか、
展示会でアンセルアダムスのオリジナルプリントを見たことがある。
あまりの美しさに、そこで固まってしまった。
肩にはNikon Fがぶら下がっていた。
このカメラで、こんな写真撮れるはずもないと思った。

当時は、ブローニーフィルムのカメラから35mmフィルムのカメラに替え、
一コマ当たりのフィルム代を下げたところ。
富士の超微粒子フィルム Neopan Fを使うことで、
4つ切の伸ばしても、どうにか粒子の目立たない写真を焼き付けていた。

風景写真は・・・・とても素人に、若造に、手が出せるものではない。
それから、風景写真は 極力撮るのを避け、街でスナップするようになる。
フィルムもNeopan F から Tri-Xに換えていた。

トーンの豊かな写真が好きだ。
オリジナルプリントに会えるなら・・・・行くべきだろう。
----------------------------------------
風景写真・自然を写すのは難しい。
シャッターを切り、いい風景写真をとったと小躍りしても、すぐに落胆する。
似た構図、似たトーン、似た色彩の風景写真は、既に誰かが撮っている。
それを超え、記憶に残るような作品はめったに撮れるものでもない。
---------------------------------------
アンセル・アダムスがヨセミテで写真を撮るより早く、
湿式のコロジオンカメラで写真が撮られていたころ、
すでにヨセミテの風景写真は撮られている。
昔の写真 装置
このイラストは、"History of Photography" by Peter Tunerから転載しました。
撮影したのは 写真史に名を残すマイブリッジ。
当時 湿式のカメラを操作するには化学の知識も必要。
高等教育を受けた人でないと扱えなかった。

そのコロジオンを調整し、硝子板に均一に塗布、
乾かない内にビューカメラにセットし、撮影。
すぐに携帯したテントの中で現像したのでしょう。
ヨセミテ
当時 アメリカ西海岸はゴールドラッシュに沸いていた。
多くの人でにぎわっている。
金を掘り当て、国に帰る人が、絵葉書を欲しがるだろうと、ヨセミテの風景を撮影、絵葉書として売り出す。
しかし、商売は、あまり上手くいかなかったようだ。
そのご 写真撮影技術を見込まれ、馬が疾走するとき、
4つの足が地を離れているか、着いているかの賭けの判定を 
写真にできないか 問われ、連続撮影の方法を編み出す。
請け負った額の倍の費用がかかってしまい赤字になったが、
連続写真という新しい技術は好評で、展覧会を行い各地を回り、大もうけしたのこと。
いろいろな人に影響を与えたと思う。
ムービー(映画)の可能性を感じた発明家もいたと思う。
フランス印象派の画家ドガ(バレリーナの絵を得意とした)、イギリスの画家、フランシス・ベーコンに影響を与えたという。(Handbook of the photographs collection ;The J.Paul GETTY Museum) 。
1872年の撮影なので 歴史的には重要な作品だが、

美的な価値を感じ、心に残るのはアンセルアダムスの作品。

季節を待ち、光線の具合をまてば、マイブリッジが撮影したのと、
あるいはアンセルアダムスが見たのと、同じような光景が眼前に出現する。
それをカメラに収めれば、同じような写真を撮ることができる。
しかし、同じようでは「真似」にすぎない。
心に残る作品にはならない。
アンセルアダムスの作品を超える 更に優れたものを表現できているかにかかっている。

8×10インチの大型カメラを使い、モノトーンフィルムを使い 自分で現像する人はごくわずか。
ビューフィルムカメラに習熟し、現像をこなし、暗室で格闘する・・・・
それだけで 一生が終わってしまうかも・・・・

いまは分業、デジタルで撮影しても、それをプリントし作品にするのはカメラマンではない。
委託を受けたプリンターが写真家あるいはクライアントの要望を聞いて処理する。
もう、アンセルアダムスのような写真家は現れないのだろうなぁと思う。

今年綺麗に咲いた花は 来年も同じように咲く、2年後も、3年後も・・・
富士山の雄大な姿は、今年も来年も、一人の人の寿命が尽きるとも、変わらず雄大な姿を見せているだろう。
記録として撮影する必要性は薄い。
それでも、富士山/花を撮るのはどうしてだろう?
たとえ同じでも止められない・・・・麻薬的な魅力があるのかも。
あまりに沢山の富士山/花の写真があるので、印象に残る富士山/花の写真(映像)、小生の記憶の中にない。

まだ、アンセル・アダムスのオリジナルプリントを知らなかったころ 撮っていた風景写真です。
50年前の層雲峡-6a
50年前の層雲峡-25a
50年前、体力、気力、金力(これはなかったが・・・)
学割、鈍行、安い宿〔ユースホステルをよく利用した)で各地を旅行、
楽しい思い出である。
今見ると、よく撮ったなぁと思うけど、
50年後でも同じような写真が撮れるとしたら、
何をしていたのかという気持ちになる。
単に自分のための記録写真、
「昔 北海道を旅行し、こんな写真撮ったんだと」 知り合いに見せる程度のものだろう。

自然は今も変わらず、今 この場所に立っても 同じような写真が撮れるはず。
デジタルで鮮明に撮るか、フィルムで銀粒子のざらつきある写真にするかの差に過ぎない。
記憶に残る(アンセルアダムスのような)作品にはならないでしょう。







スポンサーサイト



  1. 2017/12/06(水) 17:54:11|
  2. 思い出の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミッドタウンにて | ホーム | ポートレート写真 習作(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1070-e40e9721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (80)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR