FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

松本楼

前日の夜、「出光美術館にいかないか?」と妻に誘われる。
そして、昼ごはんは 近くの松本楼で取ろうと言う。
日比谷公園の緑の木々を思い浮かべる・・・いまなら紅葉しているだろう。
今年は紅葉狩りをしていない。すぐに賛同していた。

翌日、JR有楽町の駅に着いたのは12時半過ぎになっていた。
美術館よりまず食事。
松本楼1039-15
有楽町なら ランチする場所に困らない。しかしビルの地下にあるものが多い。
外を眺め食事するなら、たしかに松本楼は最適。
しかし、昼時は込んでいることもたしか。
サラリーマンの昼食代としたら少し高い。
おのずと身なりのいいかた、リタイアーした夫婦、中央官庁へ出張してしてきたかたなど、
入り口付近で列を作って待っていた。
松本楼1039-7
席に着けたのは20分後。外の席は寒いからと妻は敬遠、窓際の席にしてもらった。
松本楼1039-13
フィルムはOrtho25。
テスト撮影中なので フィルターを何枚か持参してきている。
ISO:25の低感度にフィルターを組み合わせると、シャッター速度は低速にならざるをない。
手振れしてもいい、どんなトーンになるか判ればと、シャッターを切っていた。
手前の葉は、茶色に乾燥、奥の葉は紅葉していた。
Retro80Sフィルムとの違いを確認中です。
スポンサーサイト



  1. 2017/11/29(水) 10:43:19|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出光美術館にて | ホーム | 大崎夕景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1066-de44744d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR