FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

散歩のスナップ写真

大井町を散歩していた。
駅前で、
民進党に見切りをつけ「緑の党」に鞍替えしていた松原仁の姿を見た。
松原仁1021-32
マスコミのクルーに取り囲まれ取材をうけていた。
民進党を離れた言い訳していたが、いかがなものか?
松原仁1021-33

其の以(な)す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉んぞ廋(かく)さんや。
実際の行動と、言動を見ていくと、いったいこの人がどんな人物か わかってくる。

わが国の首相は、「巧言令色少なし仁」 のお方。
「もりかけ」問題を、丁寧に説明するといいながら、
臨時国会の冒頭で国会を解散してしまう。
「信なくば立たず」とのたまっていたが、
誰の「信」を得て首相の任についているか不明。

「ゆりこ」旋風に揺れた一年だった。
この人の言動はどうだったか?
行動力のある有能な人間を利用するが、
ことが成就したら、その人を切り捨てる。
そんな 傾向が見えてきた。

会派設立に尽力して、力を発揮した人物は、
いずれ 自分の立場を脅かす者になる可能性が高い。
自分で考え、自分で行動する人間は危険人物。
取り巻きができたら、
自分の意に従う人で周りを固め、
会派内で対抗馬になる人を排除しようとする傾向が見えてきた。
独裁者独特の 行動パターンを見せている。

「希望の党」の議員になっても、欲しいのは議会での松原仁の一票。
「ゆりこ」の意に沿わない行動、言動を行ったら、干されてくことになるだろう。

松原仁に以前感じた「オーラ」を感じなくなっている。
これでは、そこいらにいる くたびれた中年男性ではないか?
ちょっと心配している。

その横を 石原宏高の街宣車(まだ、公示前、選挙カーではありません)が名前を連呼しながら通り過ぎていった。

スポンサーサイト



  1. 2017/10/08(日) 11:35:22|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最初のショット | ホーム | 光と陰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1034-04dc702b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (117)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR