FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

体よく言えば準備中

このごろ 外出はあまりしていない。
外出しないので、あまり写真も撮っていない。
体よく言えば 準備中。

妻が、今のうち(体の動くうち)に、一枚写真を撮っておきたいという。
老いさらばえる少し前、今のうちに「遺影」になるポートレートを撮っておきたいという。
数年前、母は91歳で亡くなっている。
母の遺影は 亡くなる数年前、小生がスナップで撮ったものを、
半切の大きさにプリントして使った。
白黒フィルムで撮ったものだが、意外に親戚からも好評だった。
それほど大きくなくていいからと頼まれ、
2L版で数枚 焼き回しして(実際はプリントして)渡している。
妻はそれを見ている。
自分も撮って欲しいという。

どこかの貸しスタジオでも探して、撮ることも考えたが、一日借りると 1万円くらいかかる。
妻を連れ出し、貸しスタジオに出向くのも、億劫。
上手く取れなかった(妻からクレームがくるのが怖い)ら、また、借りなければならない。

9月、暑さが和らいだので、息子の荷物が散乱していた部屋を整理して、
ポートレートの撮影ができるようにした。
追加でかかった費用は、
撮影用照明スタンド 7,101円
3m×10mの黒幕  3,599円
合計 1万700円ですんだ。
息子の荷物を整理し、部屋の掃除をする費用は、小生の肉体労働なので・・・・カウントされないだろう。

久しぶりに体を動かし、気分転換(気持ちのいい汗?)になったと思いたい。
この労働に一週間かかった。(若者なら半日仕事)
自作スタジオDSC02958 Ⅱ
購入した照明2台を使ってまずテスト撮影。
スタンドつきで2セット、電球(蛍光灯)も2セット分、入っていた。7101円は安いかも。
添付してあった白い布(ディフューザー)をかぶせると、
光量は半分に減ったが、光の感じは柔らかくなり、陰が出にくい。
ポートレート向きの光だろう。
色温度は5200°K~5400°Kらしい。
これなら、RAWで撮影し、色温度を合わせないでもOK。JPGで撮影できる。
自作スタジオDSC02957 Ⅱ
ストロボは持っていたので、それをそのまま利用。
3灯までのシンクロ撮影ができる。
光に反応するスレーブユニットも持っているが、確実に機能するか信用できないことがあり、
今回は使わない。確実にシンクロするケーブル接続で使用した。
自作スタジオ1021-48
ガイドナンバーの違うストロボを4台持っているので、ストロボを使用したほうが光の自由は大きい。
しかし鋭くて、ポートレート向きではない。
アンブレラ付のスタンドを買い増すか・・・・ちょっと迷っている。
(おそらく買わない。光の当て方を工夫すれば どうにかなるだろう。)
------------------------------------
準備はできたので、早速 ポートレート(遺影)を撮影しようとしたが、
9月中ごろ、妻は娘と二人で京都を旅行、帰ってきてから 風邪を発症。体調優れずと・・・撮影は延期になっている。
撮影できたとしても、このブログに載せるわけにもいきません。
---------------------------------------
でも、妻の写真です。ここは頑張らねばと・・・・
肌を滑らかに撮りたいと、昔、流行った超微粒子現像を考え、
現像液(Ⅰ)を元に改良していました。
テストピースを使った開発にほぼめどが立ち、液の組成をチェックしたら、
(Ⅰ)にはない成分が入り込んでいた。
そこで 今回開発した超微粒子現像液は新しい番号(Ⅶ)としました。
--------------------------------------
また ローライ オルソフィルムの長巻(100フィート)一缶を手に入れ、いま冷蔵庫に保管中。
このフィルムを使ったポートレート撮影も考えています。
撮影に先立ち、現像液の選定と、現像条件も つかんでおかなければならないので、
実際の撮影は 少し少なくなるでしょう。

まぁ、やることがあるだけ 幸せか。


スポンサーサイト



  1. 2017/10/02(月) 16:01:31|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<超微粒子現像 | ホーム | 恵比寿にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1031-23cd6a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR