fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

向日葵を写す、   傷だらけのゾナーで

何で このレンズを 「傷だらけのゾナー」と呼ぼうと思ったのか?
ゾナーの名、おそらく ドイツ語のSonne (ゾンネ)太陽(の光)が元だと思う。
Sonneは女性名詞。明るいイメージを発つ。
しかし、前玉のレンズは拭かれた痕が残り、擦りガラス状態。
これは美しくも薄倖の女性(娼婦)のイメージではないか?
「汚れちぃまつった悲しみに・・・・」というフレーズが口を突く。
汚れたのは読み人でない。
彼の恋人、そこに寒い小雪がふりかかっているのだろうと・・・・勝手に解釈している。
このレンズ、薄倖の女性に違いない。
向日葵DSC02707 Dev
「汚れちぃまつった悲しみの眼」からみたら、
光輝く健康的な向日葵も、こうは見えないだろうか?
---------------------
PC上のモニターで 画像を見比べていら、
妻が通り過ぎるとき、この画像をみて、面白いという。
写真というより絵画だねと言う。

写真に独自な表現は なかなか難しい。
ゴッホの「向日葵」のような その人しか撮れない(描けない)写真なんてないよ。
こんなの簡単に、まねされちゃうさ・・・と答えていた。
スポンサーサイト



  1. 2017/08/25(金) 20:40:02|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大樹 | ホーム | 花の色は移りにけりな・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1010-f2236f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (21)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR