FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

P-フィルター③効果  広角レンズで確認する。

自製した薄曇プラスチック・フィルター③の効果を、35mmレンズで試し撮りしてみた。
使ったフィルムは Retro赤外400S  写真の撮影データにRetro80Sと記しましたが、間違えです。訂正します。
広角1007-8
時々 雲の切れ間から日が射すが、このときは曇っていた。
空からのやや逆光気味の柔らかな光線の状態。
JR大井町のプラットフォーム上の道から撮影した。
左を走るのは東海道線、止まっている電車は、京浜東北線です。
昔懐かしいぼんやりと不鮮明な写真になってしまった。
広角1007-9
まだ準備中。そこへ女性が一人、中の様子を伺う。
電灯は点灯しているので、もうすぐ開店。
電球が明るく滲んでいる。このフィルターの効果でしょう。
広角1007-10
明かるい空からの光に画面全体が滲み、コントラストが下がっている。
レンズは 最新のコーティングがなされたコシナ製 SC-Skopar 35,mm F:2.5、
フィルターをつけなければ、コントラストの効いた明瞭・明快な写真になったと思う。
コントラストは下がったが、解像度はそれなりにあり、背景の文字を読み取ることはできる。
その辺りが、安価なオールドレンズとの違い。解像度そのものはかなり高い。
でも なんだかレトロ調の写真になった。
広角1007-16
逆光で撮影。強い空の光を受け、ボーと霞む。
もし、フィルター無しで撮影したら、
優秀なSkoparレンズです、からっとした空気感が出てしまったでしょう。

P-フィルター③の効果。
日本の夏の蒸し暑さを表現できた、と言いたい所ですが・・・・
今一かなぁ。

スポンサーサイト



  1. 2017/08/13(日) 10:47:24|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<P-フィルター③効果 135mm望遠レンズで試す | ホーム | あのとき・・・・つい撮ってしまった写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alchemystsasaki.blog.fc2.com/tb.php/1001-6e15c3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (126)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (106)
レンズの眼、カメラの眼 (36)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (29)
水辺の光景 (19)
勝島運河 (17)
写真の技法 (147)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (101)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (22)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (203)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (274)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (19)
黒い花 怪しい花 (59)
樹、草、花  (71)
桜  (139)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR