fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

北品川 船泊にて

背景は、品川駅東側のJR敷地に整備されたインターシティーのビル群。
江戸時代、この辺りは砂浜だった。
黒船の来航で危機感を感じた幕府は、
江戸の守りとして、お台場を建設する。
(天王洲アイルは第四番お台場)
明治になると埋め立てが更に進み、
鉄道が通り、運河ができ、漁師町に整備されていく。
この橋は、大正時代の末期に作られたもの。
北品川船泊り1393-62
昭和30年(1955)頃の秋、ここから乗り合い船に乗り、ハゼ釣りに出た覚えがある。
沖に出ると、お台場がいくつもあり、そのお台場に上り、釣りをしている人もたくさんいた。
その当時、屋形船はなかったと思う。
北品川船泊り1393-64
昭和40年代になると、埋め立ても進み、
ハゼも釣れなくなり、秋の乗合船は・・・話題にならなくなっていた。
今は、まだ、乗合の釣り船もあるが、多くは屋形船観光が主になっている。
このコロナの影響で、経営は大変だと思うが、
それでも、屋形船の乗り場の建物は、年々綺麗になっていく。
午後3時ごろだが、係留されている屋形船の数は少ない。
経営が上手なのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2021/08/31(火) 09:23:39|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天王洲にて

暑い日だった。
ウイルスはドラキュラのようなもの。
明るい太陽の光線を浴びたら、消失するだろうと、
太陽が天頂に来るころ、散歩を始めた。
しばらく長い散歩を控えていたので、運動不足。
目黒川を下り、河口にある海上公園から、
天王洲、御殿山、そして大崎駅を抜けるかなり長めの散歩コースを歩いた。
天王洲1393-49
2,3年前まで生コンの会社があったが、
今は整地され一部が駐車場になっていた。
しばらく来ないと、景観は変わる。
力士の壁画が消され、一時は何も描かれていなかったが、
いまは、マンドリンを弾く女性の像に代わっている。
天王洲1393-50
運河の護岸には数隻の船が係留され、会議やパーティーで使えるようになっている。
一艘は、会員制のクラブかもしれない・・・
予約客を待つ白人系の女性が、入り口で待機していた。
後方に見えるカップルが、その予約客らしい。
天王洲1393-61
三角屋根のみえるビアレストランは、Since 1997とあるが・・・
品川駅東口の再開発が始まったのは1997年か98年。
1997年ごろなら、東口のJR敷地内は建物や引き込線が撤去され、更地になり、
ボーリング調査、敷地の基盤を強くするためのくい打ちが始まったころだろう。
その当時、倉庫の建物はあっただろうが、ビアホールになっていたか?記憶にない。
でも、2000年のはじめ頃、ここでビールを飲んだ記憶はある。
(中はがらんと、すいていた。記憶が交錯するので・・・はっきりしないがピルスナータイプのビールだったと思う)
天王洲1393-58
お盆明けの木曜の昼下がり、
暑いし、コロナ感染の恐れもある。
家でじっとしている人が多いのだろう。
人影はまばらだった。
  1. 2021/08/30(月) 11:14:47|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大崎三丁目にて

大崎三丁目が特殊な場所というわけではない。
五反田あるいは大崎へ抜ける散歩コースに入っているだけ。
大崎三丁目1390-27
ごく普通の住宅地を抜けていく。
大きなバナナの樹(?)があり、大きな実を発見すると、カメラを構え、何度か撮影したこともある。
大崎三丁目1390-23
昨日も、この前を通り過ぎたが、
葉はすでになく、綺麗に刈り取られていた。
茎が数本残されていたので、
来年になればまた、同じように葉が広がり、道路に影を落とす。
その時は、これとは違ったトーンの写真になるよう、
工夫するのが、このバナナに対する礼儀というものだろう。
大崎三丁目1390-22
傑作は未だない、
これどう?撮れるだろうとドキドキしながらシャッターを切る。
あるいは、次のショットこそ傑作だとシャッターを切る・・・そう思わないと、
カメラのシャッターを切れるものではない。

  1. 2021/08/29(日) 14:53:28|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SuperIkonta修理 テスト撮影(2)-2

近くの戸越公園で試写(テスト撮影)した。
戸越公園の滝1394-4
このカメラの最初のモデルは戦前に作られたものだが、
基本は最初からしっかりとしたものだったと思う。
切れのいい、105mmのテッサーレンズがついている。
後のモデルでつけられた距離計も流石と唸らせる仕組み、
簡素で確実な精密機器だと思う。
レンズ側の蛇腹の抑えが、板金を折って固定するようになっているのが、唯一の欠点。
抑え枠を、ネジなどで固定できるようにしてあれば、
蛇腹の交換も簡単にでき、保守しやすいのカメラになっただろう。(いつまでも補修できる)
ブローニーフィルムを使用した写真の解像感はすごくいい。
ネガを3200dpiで取り込むと、約7千万画素の画像になる。
35mmフィルムと比較するなら約5倍の大きさになる。
少々トリミングしても、35mmフィルムより精細な画像になる。
Trimming 1
上の段の滝を横位置でトリミングしてみた。
35mmフィルムだと3200 dpiで取り込んでも約1300万画程度なので、
トリミングしても 35mmフィルムより解像度は上。
Trimming 2
下の段の滝をトリミングしてみた。
Trimming 7
無駄な部分を切り捨て、縦位置にして画像を整えてみた。
撮影ポイントが動き回れない場所なら、中判のカメラで全体を撮っておき、
後で、必要な部分をトリミングで切り取る、そんな撮影法も有りだと思う。



  1. 2021/08/28(土) 21:26:58|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SuperIkonta修理 テスト撮影(2)

2年ほど前 ジャンク品のSuperIkontaを手に入れた。
レンズに曇りが有り、蛇腹にはピンホールが開いていて、
そのままでは使える状態ではなかった。

すでに一台の中古SuperIkontaを持っていたので、
もしそれが故障したら、部品でも取ろうと考えて購入したものだった。
コロナの自粛がなければ、このジャンク品に手をつけることはなかっただろう。

暇なもので・・・手持ち無沙汰から、修理を始めてしまった。
レンズを分解し、掃除したら、きれいなレンズになった。傷も殆どなし。
シャッターも、それなりに機能していた。

黒い紙(画用紙?)一枚30円で購入し、
妻から丈夫で薄い和紙をもらい、貼り合わせした。
和紙の面には、100円ショップで買った黒のアクリル系絵の具を塗り、遮光性を高めた。
蛇腹を折ったが、
作図に必要な計算は、簡単な三角関数程度、
暇なのでTry&Errorで作ればいいと思い、蛇腹の型は自作して作った。
早速 フィルムを詰め、テスト撮影したが、
レンズ面側の蛇腹の押さえが緩かったので、そこから光が漏れてしまった。
そこで、レンズ面の蛇腹の押さえネジをしっかり締め、2回目の試写を行った。
Ikonta修理1394-6
シャッターはシンクロ・コンパ-、MとXの接点切り替えが付いているので、
X接点にすれば、ストロボが全速度同調する。(M級のバルブ もう販売していない)
これが大きなアドバンテージ、フォーカル・プレーンシャッタだと1/125秒が最高速だろう。
日中シンクロでストロボが使えるのがうれしい。
ISO:100でGN:28のストロボをつけ、日中シンクロ撮影をしてみた。
「ひまわり」をファインダーの真中にして撮影したつもりだが、
パララックスの関係で、下の部分を狙った形になった。
フレーミングには、慣れが必要だろう。

光漏れは、ほぼなくなったが、まだ少し天の部分の左右に少し残っていた。
撮影に支障を来すほどではないが・・・気になるところである。
調べると、蛇腹のフィルム面の抑えに少し隙間のある部分を見つけた。
この部分に遮光テープを貼り修理した。
もう一回、テスト撮影が必要だろう。
しかし直ったとして、このカメラ使うだろうか?
すでに使える状態のSuperIkontaを持っているのに・・・

  1. 2021/08/27(金) 14:45:36|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

峰原坂にて

コロナ対策は徹底している。
三密を避け、人通りの少ない真っ昼間、
マスクを着用し、
立正大学脇の峰原坂を歩いていた。
峰原坂1390-13
峰原坂1390-10
峰原坂1390-17 Ⅱ
人影は少ない。
すれ違う人も希、
マスクを外しても大丈夫だろうと、
あとで気づくが、それを忘れてしまう。
撮ることに没頭しているか、
暑さで頭がボーとなっていたかだろう。



  1. 2021/08/25(水) 12:02:38|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰もいない。 真夏の散歩

東京のコロナ感染の増加は続いている。
そろそろピークかと思いたいが、それは願望でしかない。

コロナの感染は大都市圏から地方へと、
拡大しているというデーターになっていた。
日本全体がおかしくなっているようだ。
「自助、共助、公助」というが、
自制と自粛ばかり求められ、
共助、公助の動きは鈍い。

(小生は)聞き分けの良い国民なので、自粛は徹底している。
電車に乗り、都心へ行くこともなくなっている。
写真を撮りたいなら、
感染の拡大が叫ばれている昨今は、
太陽の日差しが暑い時間帯に散歩に出る。

目黑川河口にある東品川海上公園まで、散歩してみた。
誰もいない1393-23
太陽は容赦なく地上を照らし、暑い。
途中、すれ違う人も希、
みな家でじっとしているのだろう。
「空中庭園」に人影はなかった。
誰もいない1393-19
ただ、太陽の恵みを受け、植物は輝いていた。
誰もいない1393-20
人間は貪欲、富を求めて地球を喰む。
地をほっくり返し、金や宝石を集め、石炭、石油を消費する。
人間の都合を優先し、森を切って、農地や住宅地に利用する。
ついには、コロナウイルスの生息域に入り込み、Covid-19に遭遇した。
誰もいない1393-46
この時間帯、きれいに刈り込まれたBall Parkに人影はなかった。

人間が居なかったら、Ball Parkに雑草が繁茂し、
やがて、木が生え、武蔵野の林に戻るだろう。
そしたら、のどかな自然に戻っているかもしれない。
そんな想像をしてみていた。
  1. 2021/08/23(月) 11:45:46|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桐ヶ谷 長安寺にて

コロナの感染は拡大している。
そこへ豪雨災害が続く。
なんとも言えない閉塞感を感じる。
長安寺1392-35
仕事で関係した人は沢山いたが、
そのままの友人関係を保持できている人は、数名に留まる。
利害関係が絡むと、人間は慎重にならざるを得ない。
仕事を離れれば、徐々に交際範囲が狭まり、知る人は少なくなる。
長安寺1392-37
7月の下旬、従姉妹の訃報があった。
小さい頃より遊んでもらったりして、
思い出の深い人だったが、
地方に住んでいるので、出て行けない。
長安寺1392-38
その後も親戚の訃報が続く。

甥がコロナに感染したと電話で聞いたが・・・・どうすることもできない。
自宅療養ということになっていると電話で聞くのみ。

今日、朝刊を読んでいた妻が、驚きの声をあげた。
新聞は、ある歌人の訃報を伝えていた。
この方も小生の忘れられない思い出の深い人。
どんどん思い出の深い人が亡くなっていく。
----------------------
コロナの影響で、
散歩するのも、人混みを避け、暑い日中を選んでいた。

平安末期、
宮廷は無力。
有効な手立てがなく右往左往するのみ。
加持祈祷で天変地異、疫病を抑えようとした。
栄華を誇った平氏一門の長達も、
コレラで壊滅状態となり、
鎌倉幕府の武士社会に変わっていく。

方丈記の世界が現代に蘇ったのか?
政府は無策、
安心安全、国民の生命を守るという お題目を唱えるだけ。
一年以上前から必要だと言われていた対策を、
今頃になり、始めるという。
現代版の方丈記を書く作家が、現れないものか・・・
その作品は、日本の宝(レガシー)として残ると思う。

  1. 2021/08/18(水) 11:42:50|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

何かある、何かいる、誰かいる・・・

大崎駅前にできたビジネス街に、その樹はあった。
枯樹1387-18
見た瞬間、心に突き刺さった。
枯樹1387-6
でも、それが何かよく分らなかった。
天を仰ぎ見る人の姿を想像していたのか?
枯樹1387-10
前を通る毎に、シャッターを切るようにしていた。
集まったネガを調べていると、
こんな写真もあった。
誰かがそこに埋め込まれている気もする。

今日は76年前、先の大戦に負けた日だった。
「終戦」という(自然に終わったような)誰も責任を負わないような名で呼びたくはない。
戦争は、人と人の関わった人災。
この日は日本にとっては、戦(いくさ)に負けた日。
米国では、8月の第3月曜日を対日戦争のVJデイ(勝利の日)としていたが、
正式には、1945年9月2日(米国時間だと思う)、ミズーリ号上で降伏文書に調印した日を(VJ Day)としている。(戦に勝った日)
なお、中国は9月3日を対日戦勝記念日としている。(時差の関係だろう)
  1. 2021/08/15(日) 11:06:39|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月8日と8月9日の狭間で・・・

台風9号と10号に挟まれ、
天候は不順、
オリンピックゲームの一部を中止、
あるいは変更か、というニュースが流れていた。
その心配はどうにか外れ、
8月8日、東京は晴れ、オリンピックの終了日を迎えた。

暑い。
外出の自粛が叫ばれていたので、
終日、家に籠もり、
テレビ生活となる。
閉会式に関しては、良いと評価する人も、駄目と評価する人もいる。
賛否はあるけど、
その評価はもう少し、時が経ったとき、
事実を集め、冷静に判断すべきものだと思う。
オリンピックゲームの興奮も覚めやらぬ人に、
「どうですか?」と質問したら、
肯定的な答えをが返ってくるのは当然のことだろう。
小生には、少なくとも、胸を張り、
感動的な閉会式だったと言う気にはなれない。

翌日 カメラを持って、近所を散歩した。
8月9日1392-22
台風の余波で、強風が吹き荒れている。
その空を、大きなヘリコプターが二機、轟音を上げ飛んでいた。
オリンピックは終了しているのに何故?
事件があると、上空をヘリコプターが飛ぶことがある。
でも、それはもっと小型のヘリコプターだ。
外国の要人が羽田から帰国するための警護だろうか?
8月9日1392-25 Ⅱ
76年前の8月8日は、ソ連が日本に宣戦を布告し、
翌8月9日、旧満州へソ連軍が進行を始めた日でもある。
この日はまた、長崎に原爆が投下された日でもある。
戦争末期の苦しい時期だった。
この時期とオリンピックの閉会式が重なる。
TV番組は、オリンピック関係の話題で、多くの時間が割かれていた。
オリンピック期間、戦争に関する扱いも小さくなり、
コロナ感染も小さな扱いになっていた。
一時の夢が醒め、現実に戻ると、事態はむしろ悪い方向へ進んでいた。

嫌なことには、触れたくない。
楽しいことを記憶に留めておきたい。
夢なら醒めないで欲しい。
このオリンピックの意義は、
「コロナに打つ勝った証」として記憶遺産(レガシー)?だろうか。
復興五輪ではないことは確か。

この枯れた樹も、
やがて新しい苗木の交換され、
ここにあったという記憶もなくなるのだろう。

誰も気には、とめやしない。
しかし、この樹には、忘れ去ってはいけないアイコンが隠されていると思う。
心に刺さる「何か」を感じている。
  1. 2021/08/13(金) 13:16:39|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤外線フィルム

期限が今年切れる赤外線フィルムを持っている。
フィルムローダーごと冷蔵庫のいれて保存しているが、
(来年でもOKだと思うが・・・)
早く使い切らなければという変なプレッシャーがある。
空1382-21
レンジファインダーカメラでは一番望遠の135mmレンズを使って撮った。
Nikonの135mm F:3.5レンズも持っているが、
Jupiter-11 135mm F:4の方が軽く、少し鏡胴は短い。
手持ちで撮るならJupiter-11のほうがいい。
KievⅡ用のレンズだが、ContaxⅠ、Ⅱ用のクーロンレンズ。
フランジバックが少し異なるとか、距離計の回転角度が少し違うので、
S型ニコンでは、ピントは合わないなど、まことしやかに言われているので、
使うことに躊躇する人は多いだろう。
確かめたが、そんなことはなかった。
コンタックスのレンズでも、問題なく使えている。
(ネット社会になったけど、こんなことで良いのでしょうか?
なにがフェークニュースか確かめもせず、米国の大統領選挙では、
Stop the Steal運動が 湧き上がっていた。)
飛行機と月を一つの画面に納められないものか・・・と思った。
空1392-3
7月20日は青空だった。
月齢を調べると10.1日、月の出は15時頃。
2時間後の午後5時頃、高度は15~17°で 西の空には同じ高度に太陽がある。
このときが狙い目だろうと、近くの公園へ行く。
月は、確かに出ていたが、東南の方向。
羽田に向かう飛行機を見ていると、立会川の方向を目指していたので、
進行方向は東だった。
ここでは無理。

二つを同時に135mmの狭い画角に収めるとしたら、
撮影ポイントは、品川区役所前の中央公園あたりになるのだろう。
趣味ですから、慌てる必要なし。
Try&Error またいつの日か、狙ってみるつもりでいる。

  1. 2021/08/12(木) 12:11:45|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島原爆の日

この樹を見たとき、心の底でざわつくものがあった。
「何だろう?」
それを確かめたくなり、シャッターを切っていた。
6月半ばのことである。
それから2ヶ月ほど、
この前を通ると、またフレーミングし、シャッターを切ってしまう。
広島原爆の日1319-8 Trimming
火事で焼け、幹が剥がれ、
樹の肌があらわになった訳ではないだろう。
でも連想が飛ぶ。

一瞬の閃光のあと、黒い雨が降ったという。
あの日も暑かったのだろう。
日傘を持って外出するようなご時世ではなかった。

現像し、ネガを取り出す。
灯りにかざし、その画像を確認する。
ジャンクカメラを修理しテスト撮影中だったが、
ネガ画像を見ながら、なにか暗示的なものを感じていた。

これはテスト撮影にとどまっていない。
予期せぬものが写っていたと思う。
そう、撮った日は広島の原爆記念日だった。
これが撮りたかったのかもしれない。
見えているようで、見えていない。
大事なものをスルーしていた。

昨日は東京オリンピックの閉会式だった。
オリンピックの興奮は、まだ残っている。
今日は長崎の原爆記念日だったが、
マスコミの扱いは少ない。
期間中、
日本選手の活躍にTVの前で一喜一憂していたが、
管首相に忖度することなく、
コロナの感染爆発は進行していた。

オリンピックは「ハレ」の日のお祭り騒ぎ、
コロナ感染の現実が変わるわけではない。
一場の夢が醒めたとき、
このときのオリンピックとパンデミックを、
歴史はどう評価するだろう。
  1. 2021/08/09(月) 10:11:14|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月

父は2人兄妹、母は6人で、3姉妹3兄弟だった。
親の世代の人はもう誰もいない。
その子の世代、
小生には「きょうだい」と「いとこ」を合わせると、17人親戚がいた。

小生の世代も、ぽつり、ぽつりと、消えていく。
しかしここにきて、立て続けにその訃報が届く。
コロナ感染でないのが、唯一ほっとした点。
遂に、小生の代も・・・そろそろ終わりを迎える頃となったのだろう。

しばらく何も手に付かない状態でが続き、
静かにしていると、憂鬱な考えに傾く。
テレビをつけると、オリンピックのゲームを 放送していた。
そんな状態で、ボーとしていた。
なにかしていないと、心は沈む。

今年の初め頃、ヤイフクで落札したジャンクカメラ、
SuperIkontaのカメラを取りだし、修理を始める。
2日程前に、ようやく修理を終えた。
SuoerIkonta修理後DSC07731
気が紛れ、散歩する意欲が出てきた。
桐ヶ谷8月3日1391-1 Ⅱ
先日の葬儀にも ここに来ている。
あの日も暑かった。
五反田8月6日1391-5
ネガには、四隅から光漏れがあった。
フレーミングして確認したはずの上の部分が写っていない。
天の部分が狭くちょん切れている。
ネガのコマの大きさを実測すると55mm×81mmだった。
SuperIkontaカメラの枠の実測値は55mm×85mmだったので、
天地の幅はOKだが、左右が少し短い。
蛇腹の襞が少し邪魔しているのだろう。

自転車の前輪にピントを合わせて撮影。
五反田 等倍
等倍に拡大してみたが、ピントはきっちりと合っていた。

四隅のひかり漏れは、
おそらく、レンズ側の押え板(金属製)の固定リングが、甘かったためだろう。
少し浮いた感じなので、固定リングを更に一回転ほど強く回した。
これで、光漏れはなくなると思うが・・・
フレーミング用のファインダー、
どのように調整したら良いのだろうか?
また、考えることができた。
気晴らしにはいいと思う。


  1. 2021/08/07(土) 11:34:59|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR