FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

黒い花を撮る   ・・・いえ、作る。

戸越公園を散歩していたら、花壇に春の花が咲き誇っていた。
花の撮影は、あまり好きでない。
もう十分だと思っていたが、ここは試しだとばかり、シャッターを切る。
黒い桜を撮れなかった後遺症かもしれない。
黒い花びらを求めて853-31 Ⅱ
白く小さな菊のような花は、マーガレットだろう。
赤く大きな花は芥子の仲間、ポピー、黄色いポピーも咲いていた。
R2フィルター(赤)をつけて撮影。
赤いポピーの花はグレーにならず、明るく写ること期待していた。
しかし、R2フィルターでも、赤いポピーは、やはり暗く写っている。
意外と綺麗だなぁと その暗いポピーに見とれていた。
これなら、黒百合を撮りに高い山に登らなくても(その気はありませんが)、黒い花の撮影できるかも。
「春の黒い花を作る」 面白いテーマ、できたとしても大したこと/褒められたことでもないが、
老人の暇つぶしにはなるだろう。


スポンサーサイト



  1. 2016/04/29(金) 11:45:29|
  2. 樹、草、花 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンネル開通

補助26号線。
いつできた計画かわからないが、
50年ほど前には、武蔵小山商店街に沿って補助26線という道路があり、
26号線というパチンコ屋があったのを記憶している。
道路より、パチンコ屋の名前のほうが印象的で、それで覚えていたのだろう。
20年くらい前か、その道路が伸び、中原街道から、大崎高校のところまで道路が拡張された。
大崎高校の校舎の所で工事は止まっていたが、
その後、大崎高校は建て替えられて校舎は別の場所へ。
かさ上げされた上に運動場が作られた。
その後、その下にトンネルを作る工事が続いた。この工事もかなり時間がかかった。
しかし、完成して、一年以上たつが、一向に開通する動きがない。
今年になって、やっと、歩道部分だけ通行できるようになる。
早速、カメラを持って散歩。
歩く人850-17
なかなか フォットジェニックな場所。
だが、狙えるアングルはそんなに多くないだろう。
経済的効率を優先すれば致し方なし。

工事は今、下神明あたり。
横須賀線(昔は品鶴線と呼んでいた)の下にトンネルを掘っている。
100mもないだろう。それで大井町につながる。
この工事も始まってかなりの年月が経つが、思い出したように時々工事するので、まだ、完成しない。
どうも、予算がつくと、その分の工事するという形で進んでいるようだ。
このやり方だと、完成は2年後かなぁ。
完成したところで、利便性が増したと喜ぶ地元(戸越)の人、どれだけいるだろう?
まぁそれでも、大井町方面から、二国へ出る広い道路がなかったのだから、いいとすべきだろう。

小生としたら、郊外にあるというフードコート付の大きな量販店でもできたら、インパクトあるけど・・・・
行ったことないので、憧れています。
(西大井から横須賀線で一駅、武蔵小杉には、フードコート付の大型商業施設があるようだ・・・)
  1. 2016/04/28(木) 12:14:34|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感じ方

感じ方は 人それぞれとは いうが、
黒い点が二つ上に並び、下に一つの図形を見ると、
人の顔を連想するという。
逆さにすると、その連想は消える。
擬人化850-6
伸びた幹を切断し、
生い茂っていた葉は綺麗に刈り取られていた。
変だ、異様だなぁ、面白い、何かあると思い、撮影。
あらためて、写真にして見ると、擬人化してしまう自分がいる。
ないはずの眼と口を、暗い陰の中に、必死になって探す。
すると、うつむいた顔に見えてくる・・・・それは幻視だが・・・
--------------------------------------
こんな姿にした人間を恨んでいると、後ろめたさを感じるか、
怒っている。襲いかかろうとしていると、身構えるか、
キャー肝可愛いいよ・・・・と、面白がるか?
---------------------------------------
進化の過程で刷り込まれた記憶のなせる業か?
人間の心の深淵に、少し触れたような気がする。

ウインバロックの写真が好きだ。
ちょっとだが、ウイン・バロックに近づけたかもしれない。
写真は面白いと思う。

  1. 2016/04/27(水) 17:38:22|
  2. ???
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて来年はどんな桜を・・・・

不気味な桜、醜い桜、見向きもされない桜を・・・撮ってみたいと思っていた。
黒い桜が撮れるのでは?
ソラリゼーション現像すれば可能だろうと、撮影してみたが、
満足できるカットは撮れなかった。
桜839-5-4 Ⅱ
まだ、工夫の余地はある。
来年 もう一度、、黒い桜花の撮影に挑戦してみたい。
桜846-88
折角 赤外線フィルムを使いながら、曇天では赤外線効果のある写真は撮れないだろうと、フィルターをUVに換え、ストロボを焚いて撮影していた。曇天では無理、ストロボを使うならUVだろうと思い込みがあったから。
駄目元でも、R72フィルターを付けて撮影すべきだったと 反省している。
--------------------------------------
まだまだ、桜の撮影で試していない撮影技法はある。
来年は、知りうる撮影技法の全てを使って、「作る」写真を撮ってみるか・・・・と思っている。
技法に凝るのは、職人芸のようなもの。
余り褒められたものではない。
しかし、桜の精神を捉える「思想」を持たない小生には、
差別化を志向すると、そんなことしかできません。
  1. 2016/04/25(月) 17:43:39|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何かが迫ってくる

遊覧船が目黒川を登ってくる。
それを 捕まえようと・・・手が伸びていく。
何かが迫ってくる843-24
遊覧船は、気にするでもなく、その手を蹴散らして進む。
しかし、魔の手は 次から次へと船に伸びる。
何かが迫ってくる847-46
「こいつら ゾンビか」 花の絨毯を蹴散らしていた爽快感が、いつしか恐怖心へ変わる。
-------------------------------------------------------------
ふと見上げると川面は頭上にあった。
何かが迫ってくる846-68a
戦慄が走る。
思わず眼を閉じていた。
何かが迫ってくる848-42
異次元に迷い込んだか?
ここは、別の宇宙・・・???

そんなわけないか。
花筏に捕まっただけです。
  1. 2016/04/24(日) 11:26:35|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

構図   ・・・目黒川の桜を撮って感じたこと。

今年の桜は、不気味な桜、醜い桜、見向きもされない桜を・・・撮ってみたいものだと思っていた。
しかし、いつしか、普通の切り取り方、普通の構図になっていることに気づく。
たくさん撮っていると、段々、構図が決まってくる。
上手い人の写真を真似ていたり、無意識にも絵画で見た構図に近づいている。
ありきたりの写真は、もう撮りたくない・・・頭ではそう考えても、
気持ちの上では、やはり構図の整った写真のほうに、傾斜していく。
440カットの写真から、そんな いつも撮っている構図の写真を選んでみた。
桜842-10
この構図、小生の好みか、以前にも同じ狙いで撮っている。その時は28mmの広角レンズで切り取っている。
道の右半分に、シートを敷き花見の宴を楽しむ人がいたが、現在は禁止となり、寂しいお花見になってしまった。
通行の邪魔と、禁止になったのだろうが、同時に大事なことも失われていく。
確かに通行は便利、朝の清掃の負担は減り、ごみ処理も容易だ。
しかし、日本人にとってお花見は文化。利便性、効率化、管理のしやすさで 文化を損ねていいものか?
春が来た喜び、桜の下に円陣となり、飲食をともにし、三味線を奏で、踊り狂った。
娘らにとっては、最新のファッションを、見せびらかす絶好の機会でもあったようだ。
その伝統の楽しさが、目黒川では断ち切られてしまった。
歩いていても、お花見の楽しさを感じない。
ただ、黙々と歩き、時たま携帯電話を 空に向けるだけ。
あのざわつき感は たまらなく好かった。
シートを敷きお花見に狂ずる一団は、花見を花見たらしめる要素だったと気づく。
桜843-27
きれいな桜を撮ろうと人間の存在を感じさせないようにフレーミングしていた。
日本画風を意識しフレーミングしたところで、文化からは遮断されている。
やはり、つまらない写真。

腕に覚えのアマチュアカメラマンは、綺麗な桜を求めて、有名な桜の大木の下へ 出かけていく。
誰もがやること、やりたいこと。
しかし、大同小異の写真になる。誰かがすでに撮っている。
すでに、プロが撮っていたら、もうそれでいいではないか?
アマチュアが撮っても超えられない。

綺麗な桜を撮ることに、きゅうきゅうとして、大事なことを忘れてはいまいか?
撮りたいのは、「花見の精神」そのものだろう。
来年は、洗足池辺りを歩こうか?
あそこなら、お花見を楽しめるはず。
桜844-17
仰角で撮影・・・・始めたのは誰だったか? 当時は新たな視点の発見だったと思う。
桜845-19
これも、仰角で撮影。赤外線フィルム、R72フィルターを付けて撮影している。
桜846-54a
日本人好みのフレーミングかも。 対角線、1/3とか・・・・
桜848-23
清掃工場の煙突との対比。桜848-27
人の姿を入れないよう、そして雲の流れを意識してフレーミング。
桜849-36
これも 定番の構図になっている。縦位置にして水路(目黒川)の奥行きを表現してもいい。


写真を撮っていると、結局 構図の良し悪しが 作品のできに直結していることに気づく。
美術を志し、デッサンを重ねてきた人は、カメラを持って撮影しても、素晴らしい作品を作る。
「所詮、画家の写真、写真家の写真でない・・・・(なにも分かっていないなぁ)」
と半分 馬鹿にしたような口調で語る人がいるが、
美術を志し、若い時、デッサンを重ねた人の写真はうまい。
絵画や彫刻を勉強した人に カメラを持たせたら、上手な写真を撮るのは当たり前だと思う。
美に対する感度が、凡人より 鋭い。
もともと、カメラ・オブスキュアは画家の所有物だった。
構図を決めるための補助道具にすぎない。
それが、デジタルカメラにまで進歩し、誰もが失敗なく写真を写せるようになった。
機械音痴の人だって、ちゃんとした写真をとることができる。
美的感覚が、作品の質を決める。
デジタルになり、すごい写真家が出てくるのではないかと、密かに期待している。
「お花見の精神」そのものを捉える写真家が、きっと現れる。
  1. 2016/04/23(土) 11:52:59|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーブミラーに映る桜

12日間以上にわたって今年の桜を追った。
費やしたフィルムは12本。全部で440カットほど。
デジタル・カメラを持たしたら2000カットは超えていただろう。
選ぶのが大変になる。
440カットでも、大変だった。
ミラー838-14
3月24日 開花が確認されたとき、五反田の海喜館の脇に設置されたカーブミラーに、桜が映っていることに気づく。
それからは、この前を歩くときは、努めてカーブミラーの桜を撮るようにした。
一種の定点撮影。
ミラー839-2-25
どうなるかと、ソラリゼーション現像してみました。
ミラー840-9
ほぼ満開。この辺りが、ありきたりだが、ベストショットかなぁ。
ミラー843-16
カーブミラーに映っている桜は、道路に張り出した海喜館の桜です。
この写真だけ21mmの広角レンズを使用して撮影。
ミラー844-25
バックを黒く落としカーブミラーと、そこに映る桜を浮き出させようとして、ストロボを使用したが・・・・イメージしたようには撮影できませんでした。
カーブミラーに映る桜を撮る・・・それだけでも作為的。
更に作為を加えるなら、演出/作る写真だろう。
散った桜の花を集め、上から降らせ、多灯ストロボ・・・・手助けしてくれる人もなければ、機材も不足。
これは失敗作。
一本のフィルム全部使って、一つの対象を撮りきる。
一つの対象を、長期間にわたり撮り続ける。
そんな撮影があってもいい。
失敗に学ぶ。
また一つ学習。
  1. 2016/04/22(金) 07:06:57|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水たまり そして桜   ありふれたフレーミング。模倣かなぁ・・・

美しい桜を撮るのは、もう厭きた。
不気味な桜、醜い桜、見向きもされない桜を・・・撮ってみたいものだと
12日間 追い続けてみたが、段々とありきたりの写真になっていく。
シャッターを切るが、誰かの真似しているなぁという思いがよぎる。
水たまり843-19
水たまり844-9
水たまり843-32 Ⅱ
オリンピックのエンブレム問題があった。
デザインは、シンプルなもののほうがいい。
しかし、そうすると、過去に発表されたデザインと 類似しているものがどうしても出てきてしまう。
盗作だという。
似た要素で構成されていても、「思想」が違えば、盗作にはならない。
それが、本来良しと認められる世界でもあるらしい。
世論に抗しがたく、もう一度やり直しとなってしまったが・・・・
その候補作4点と、盗作と疑われた作を比較すると、やはり、最初のほうが良いとおもう。(これは、個人の感想です)

写真は引き算。余計なものを排除し、フレーミングする。
すると、デザインに似た問題が出てくる。
模倣の疑いを避けようと、細部にトリッキーな工夫を施すが、
小手先のこと、受け狙いに終始してしまい写真は類型化していく。
写真を、技術だけで撮ろうとするから当然だろう。
職人の世界。
しかも、デジタル・カメラの時代になり、技術の大半はカメラ任せでOKとなった。
技術的な敷居は低くくなった。
現在、何億の人が、携帯、スマホ、デジカメで写真を撮っているだろう?
もう撮り尽くされている。
これ以上 美しい あるいは はっとするキャッチーな写真を求めるなら、
合成、切り貼り、演出、画像の加工の方向へ進むべきだろう。
--------------------------------------------
情景をストレートに撮影し、美しい風景を、美しく撮る。 
なんだ、また模倣写真、絵葉書調と馬鹿される。
フレーミングの細部に工夫を凝らし、そこに寓意性、警句を込める。
見た瞬間、はっとするが、やがて作者のあざとさが浮き上がってくる。
「理」に落ち過ぎていると感じる。
単に美しいだけの写真よりは 「まだまし」とは思うが、感心はしない。
単なる寓意、警句でない、心に響くものが欲しい。
それが、デザインをする人が語る「思想」なのかもしれない。

写真は「直感」で撮るものというが、そうは思えなくなっている。
小生が好きな写真家は、すべて、同時に思索家でもある。
読書家であり、研究熱心。
写真を撮る必然を感じてカメラを手にしている。
ケルテス、アンセルアダムス、ウインバロック、ビルブラント、森山大道、クーデルカ、サルガド・・・・
さっと、そんな写真家の名前が浮かぶ。
好きな写真家は沢山いるが、みなよく考え、世界を捉えようとする思索家でもある。
写真にはその人の「思想」が流れる。

月並み写真になるか、
心に響く写真になるかは、
撮る人の「思想」なのだろう。

  1. 2016/04/21(木) 10:41:42|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花筏の流れる川

花筏を撮ろうと、毎日カメラを持って散歩した。
まだ、これが花筏という写真が撮れない。
「花筏」という言葉は美しい。
雅(みやび)なイメージを作ってしまったのかもしれない。
それを覆すような「花筏」を撮っていない。
何枚も撮影したが、これでもないと思ってしまう。
そんなことできるはずもないのに。
また、来年 「桜はもう厭きた。」と言いながら、この目黒川を彷徨っているのだろうか?
-----------------------------------------------
ことしの花筏には不満が残った。
原因は簡単、小生にある。
これだという花筏を発見できなかったから。
そして、配慮不足。
考えが甘いのだ。
花筏1-849-7 Ⅱ
池尻大橋あたりの流れは早い。
川幅が狭く川面を覆い尽すように両岸から桜の枝が伸びる。
桜を愛で、撮影するなら最適の場所。
多くの人が、行き交う。
しかし、速い流れに花筏にはならない。
中目黒まで下ると、川幅が急に広くなる。
そこで花筏の赤ちゃんが発生する。
花筏2-849-13
上げ潮の時が、花筏を作りやすい。
引き潮になると、それが 河口にむかい流れていく。
花筏3-849-10a
川の形状により流れの速さが違う。一般に、真ん中が速く、護岸に近いほうが遅い。
緩やかな渦を巻きながら、千切れ、綺麗な花筏となって・・・流れていく。
花筏4-848-55a
川は本来蛇行するもの。
人間の都合、治水のため人工的に直線に矯正された川では、すぐには渦を巻かない。
花筏5-847-35
それでも、やがて、渦を作っていく。
目黒、雅叙園近くになると、水深が更に深く、流れはゆっくりとして、渦を巻いた花筏のベスト・スポットとなるが・・・・
海から上がって来た観光船は水深の関係で、ここで引き返す。
花筏はスクリューに掻き消され、川底へ沈む。
それが現実。
人間は矛盾した生物だろう。
広げる手で握手するが、同時に、握った手で相手を威嚇することもある。
桜を愛でているのか・・・・虐めているのか?
  1. 2016/04/20(水) 09:42:51|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川面にある如く

映り込みは、良く行われる写真フレーミングの一つ。
湖に映り込んだ綺麗な景観を 画面に取り込む。
現実の風景/光景と、水面に映りこむ景色の割合(バランス)がポイントになる。

目黒川の川面は暗い。水質が良くなったとはいえ、底にはまだヘドロが溜まっている。
遊覧船、モーターボート、モーターバイクの一団が通り過ぎると、花筏は掻き散らされ、
川底のヘドロは水面まで巻き上がり暗く濁る。
光線の具合では薄みどり色に濁る。
そして、川面に点々と黒いヘドロが浮き上がっていた。

汚れた川面をじっと見ている。
別の世界が見えている・・・隠れていた異界。
意識できる世界の底に潜む別世界が浮かび上がる感じがする。
シュールリアリズム?
これは映り込みでない。
そんな 気がしていた。
川面と桜843-31
現実のものは桜の花だけ、川面に映った影(陰)の世界が浮かび上がる。
縦・川面と桜849-27a
風景写真の映り込みでは、現実と映り込んだものの対比がポイント。
それが判るようにフレーミングする。
しかし、このフレーミングでは(意識的に)実世界を排除している。
何を感じ、何を期待しているかで・・・フレーミングは変わる。
鏡の世界。
不思議の国のアリス・・・・の世界にはなっていないけど。
川面と桜843-21
異界に引き込まれようとするが、桜の花に気づき我に返る。
大した写真ではない、ありきたりの写真じゃないか。
水面に映った陰に過ぎない。
縦・川面と桜849-29
こうなると駄目、もう引き戻れない。
アブストラクト、絵画の世界に迷い込んだ気がする。
カラーで撮影したら、だれもそんな気にはならないだろう。
駄作だろう。なにが撮りたかったかと、疑問を投げかけられる。
目黒川の川面をカラーで撮っても、美しい写真にはならない。
引き込む美しさはない・・・と思う。
モノトーンにすることで、汚い色彩は消える。
目の前の光景はアブストラク化され、隠れていた姿を鋭く表すようになる。
これは、「映り込みですね」と訳知り顔に分類すべきフレーミングではないと思う。
薀蓄も語れない。

  1. 2016/04/19(火) 08:07:54|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紋様 

花筏を撮ろうとしたが・・・・違うものが見えていた。
カラーでは見えない世界。
フィルムなら捕まえられると思った。
しかし、感じとらないと、見えてこないだろう。
なにかある。どう撮れるだろう?と・・・わくわくする。
見えてこないとフレーミングできない。
露光を合わすこともできない。
それが 写真だろう。
紋様846-74a
紋様848-15
紋様844-30 Ⅱa

紋様845-22
意外な美しさと感じるか、
面白いと思うか、
くだらない、フィルムの無駄。何を撮っているのだ と思うか。
それは その人の感性、経験、見識。

小生は、フィルムの表現力に驚いている。
デジタル・モノトーンでも撮れるかもしれないが・・・・
  1. 2016/04/18(月) 10:42:14|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸越の桜  

学校の校庭には 必ず桜が植えられている。
小さなミニ公園にも お約束のように一本。
デジタル・カメラの普及で、フィルムで桜を撮る人は少なくなった。
撮るとしても、カラー・フィルムが主で、白黒のフィルムで撮る人は少ない。
まして、赤外線フィルムを使うことは 更に少なくなる。
カメラには、赤外線フィルムが 入っていた。
 
太陽の光がさし、空に青空が覗く。
近くを歩き 撮影した桜。
戸越の桜845-5
中学校の校庭に咲く桜。
R72(720nmカット)フィルターをつけて撮影。
青空の青はレイリー散乱による青。色温度で説明するには無理がある。
空気の成分 窒素や酸素に散乱して青空になっている。
もし、空気がなかったら光は素通りし、漆黒の闇が空を覆っている。
僅かに空に見えるのは、強烈な太陽の輝き。
太陽の光に照らされ地表の風景はくっきりと見えるが、
漆黒の空に輝くはずの星の光は弱すぎて、見ることできないだろう。
地表の光をみないよう、上を向いていれば、瞳孔が開き、満点の星空を見ることができる。
そんな想像をする。
R72フィルターでレイリー散乱の青をカットすれば、空気のない世界を撮影したときに似るはず。
戸越の桜845-8
赤外線写真なら、普段見慣れた世界とは 異なった異界を撮影できるが・・・・異界ではなく、これも現実と受け入れるべきだろう。
単に人間の眼では見えなかっただけなのだから。
見えるものが全てと 頑なに思い込むのは危険である。
戸越の桜845-10
レイリー散乱の割合が一番多いのは、太陽を背にした方向。
太陽にちかづくにつれ割合は減る。
戸越の桜848-9a
和菓子屋と蕎麦屋の間に植えられた桜。
もう古木になっている。枝が折れ道路に落ちる危険から、去年太い枝を切ってしまった。
以前、桜の花は密集し、満開になると空を隠していたが、今は、隙間から空が覗いている。
太陽は、右手上空。
赤外線効果の少ない方向だが、それでも、空は少し暗く落ちてくれた。
ちょっと異様。これが好い。
  1. 2016/04/17(日) 10:43:55|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨と桜

青い空に桜の花は映える。
今年の東京の桜は、デジタルで撮る人には、あまり良い状態ではなかったろう。
しかし、雨が降ったのは一日だけ。
夜半に降っても朝頃には止み、終日曇りの日が続いた。
空の一部に青空がでても、長続きしない。
----------------------------------------------
去年、紅葉を撮ろうと赤外400Sフィルム 一缶(100フィート)を購入していた。
冷蔵庫を見ると、まだ4本 残っていた。
期限は3月で切れている。
赤外部の760nmくらいまで感光するフィルムで、
通常のパンクロフィルムのようにも使える。
期限切れだが冷蔵庫で保管していた。
この機会に、全て使い切ろうと、カメラに詰めていた。
---------------------------------------
雨の日、散歩したことはないが、
毎日、桜を撮ろうと決心していたので、
カメラを首にぶら下げ傘をさし、大崎の目黒川を歩いていた。
雨の日の散歩など、したことない。
どう撮っていいものか・・・・経験不足を痛感。
雨846-57
どう切り取っていいか判らなくなる。
切り取ろうとしても、わくわく感を感じない。
対象の光をあまりに知らないことに気づく。
撮影したことがないので、失敗経験が不足している。
雨846-63
どうしても、写真雑誌等でみたフレーミングになる。
雨846-64
使い古された構図、
刷り込まれているのか、うまい人の真似をしている。
まねたところで、評価はされない。
むしろ酷評。
後進国が先進国のコピー製品を作るようなもの。
凡人は、たくさん撮り、たくさん失敗作をつくらないと、学べないということだろう。
折角、赤外フィルムを詰めていたのに、陽射しがないからと 赤外線フィルターを外して撮影していた。
R72フィルターをつけて、だめもとでも 写しておけばよかった。
失敗し痛い思いをしないと、進歩はない。




  1. 2016/04/16(土) 12:38:42|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想の花見

写真は本来何でもありの技術・方法だと思う。
こうしたら写真ではないという規制はない。
ただ、使った技術・技法は、予め知らせておかないと、
騙しのテクニック、詐欺、悪質な思想誘導にもなる。
見ているものを、そのまま写すから「写真」だという理解が前提にある。
報道写真を見れば、いま世界の「あの」地域では、こんなことが起きていると理解する。
3.11の大津波の被害を理解する。
写真に残すことで、記憶遺産にもなる。
-------------------------------------------
宣伝写真あるいは芸術作品を志向して製作された作品は、
写真を加工していると思っている。(それが前提だと理解)
夢を売る宣伝写真は、演出写真。切り貼りも合成もありと受け止めている。
しかし、フィクションなのにノンフィクションを装う写真は、断り書きを入れないと、問題だろう。
ノンフィクションと思っていたことが、作られたフィクションだとわかったとき・・・・騙されたという腹立たしさが残る。
撮ったほうはしてやったりと、にやけているのか? 
写真を作った人の品格・品性の問題か?一言「演出しました」「切り貼りしました」「合成です」と 断っておけばいいのに。
合成、切り張り、演出写真、様々な加工を写真に施しても、いいものはいい作品と認められる。
何してもいいのが写真。それがないと、写真の発展はない。
しかし、フィクションなのに、ノンフィクションを意識しさせる作品には、技法を開示すべきだろう。
「切り貼りです」とか「合成です」と。
--------------------------------------
この写真は、ネガを現像の途中感光させるソラリゼーションの技法で現像した写真です。
現実の光景をそのまま撮ったノンフィクション写真ですが、現像法でフィクションのような写真を作っています。
その意味で、撮影まではストレートフォット。なんの演出も施していません。
妄想の桜・彼岸にて841-49
意多くして、写真伝わらず・・・失敗作だが、こういう写真を「作る」意欲はある。
妄想の花見。
美しい桜の元で、親しくしている友人と、あるいは家族と楽しいひと時を過ごす。
そう思っているが、実は、この世界は業火に焼かれた世界、早く悟りを開き、涅槃の世界を目指すべき・・・
目黒川は三途の川の象徴。
対岸は桜咲く場所、それは「彼岸」の涅槃(悟りの世界)?
そんな妄想を抱きながら、シャッターを切っていた。
最初から ソラリゼーション現像するつもりで。
輪廻の象徴として、枯れた薄にピントを合わせ、絞りを効かせて被写界深度を深くして撮影。
しかし、彼岸までピントは届かなかった。
妄想の桜・彼岸にて841-45 Ⅱ
花見を楽しむ人たちにピントを合わせシャッターを切る。
彼岸と思った世界に不気味な紋様が現れる。
あの世も苦界、彼岸ではなく地獄へ堕ちろと・・・・いうことか。
----------------------------------------------------
切り貼り、コラージュまで手を広げようとは思わない。
芸術的な感性を持ち合わせているとは思っていないから。

才能ある人は、是非 挑戦すべきでしょう。
デジタル・カメラの時代に突入。時代はその方向へ進んでいくはず。
これが写真と規定する(限界を設ける)と、写真の生命力は失われる。
光を記録する。そのやり方、表現法、何でもありが写真です。

  1. 2016/04/15(金) 11:01:46|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花筏の流れる川

桜は満開を迎えていた。
----------------------------------
護岸に小さな花筏を発見。
眼には吹き溜まりに集まった薄汚れた桜の花びらにしか見えない。
カメラを持つ人、スマホを手にする人は、気にもかけず、通り過ぎていく。
まだ、花筏には2,3日ある。
しかし、確実に花は散り始めている。
これが、今年の花筏のベストになるかも・・・と思いながらシャッターを切っていた。
花筏の流れる川843-37 Ⅱ

  1. 2016/04/14(木) 09:36:17|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウインドウに映る桜

雅叙園近くの目黒川沿いに自動車がとまっていた。
桜の花がそのウインドウに映っている。
面白いと思った。
桜より、自動車そのものの存在感に注目していた。
どう撮れるか想像したが・・・・イメージできない。
どう撮れるか判らないが、何かある。
面白い・・・そんな「わくわく」感を感じていた。
桜と自動車839-3-13 Ⅱ
単に面白いと思って撮ったまで。
小生の「心象」風景ではありません。
自動車のボディーに、「もの」としての存在感を感じていた。
桜と自動車839-3-14
見方、撮り方によっては、こんなにグロテスクにも撮ることができる。
目の前の「もの」に何かを感じとり、どのように切り取ったかが写真の基本だろう。
撮影テクニックはそれを支えるものに過ぎない。
-----------------------------------------
今まで感じたことない、意外感のある自動車を感じとれればいい。
それが撮れているか否かは、
その写真を見た人が、意外感を感じ、面白いと思い、
経験を共有できたかどうかで決まる。
撮る人と、それを見る人との、知性・感性・見識のせめぎ合い。
もし、共有できなければ、ありきたりの写真、独りよがりの写真とされるだろう。
------------------------------------
使い古されたような写真が、写真コンクールで入賞する。
選者は、有名なカメラマンらしい。
選ぶということは、選者の見識が試されていることを 気にしていないのか、と思う。
まぁ、応募された写真が、似たり寄ったりだから、致し方ないか。
その中から選ぶのも大変だろうと思う。
そこで、選者のコメントを読む。
見識を感じない。
それ以来、この写真家の作品が、薄っぺらく見えてしょうがない。
見ないようにしている。

写真は、撮る人だけでなく、見る人の見識も試されていること 肝に留めるべき。

  1. 2016/04/13(水) 08:33:41|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後に撮影した今年の桜。

目黒川を溯り、池尻大橋まで、最後の桜を追い続けた。
帰りは、バスに乗り、出発点の大崎に戻る。
まだ、カメラに少しフィルムが残っていた。
ゲートシティーの回廊から、大崎駅の方を見ると、まだ、桜の花が残っている。
数カット撮影して、撮りきる。
これが、その最後のカット。
最後の桜849-41
逆光を受け、メリハリのない眠いネガだったが、トーンカーブを調整し、空を焼きこむ。
一種のハイダイナミックレンジ(HDR)処理を、画像にしている。
このような焼き付けは、たぶんカメラ雑誌かインターネットでみた画像の影響。
上手なアマチュア、プロの写真をみて、真似ているのだと思う。

眼に優しい桜、見慣れた桜、
定型化された美しい桜ではなく、
見たこともない桜、
薄気味悪い桜を、撮ってみたいと、始めたが、
問題は、そのテーマの立て方にあったと感じている。
結局 無意識に真似をしていただけ。
底に流れる一貫性(見識)を欠いている。
-------------------------------
こんな写真でいいのか?
これが、求めている 見たこともない桜??
不満が残る。
陳皮な写真だと思う。
単に、撮影テクニックで 撮っているだけ。
それなら、最新のデジカメで撮ればいい。
もっと容易に、楽々と 撮影できるだろう。
------------------------------------
「こんなんじゃない。」と思いながら、
12日間で撮りためた桜の写真を整理している。
何かヒントになる写真が見つかるといいのだが・・・・

  1. 2016/04/12(火) 14:21:48|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜のクローズアップ写真

コンパクト・デジカメでも、かなりの接写が可能で、
綺麗な花を見つけると、カメラを近づけ 花の接写をしている人を見かける。
今回、何日も目黒川を歩いたが、本格的なデジタル一眼を持つ人が減り、
代わって携帯電話やタブレットで撮影している人が増えていた。
写真の知識など持ち合わせているとは思えない若い女性が、
タブレットを使って 桜のクローズアップ写真を撮っていた。
みせてもらったが、綺麗に撮れているので驚いた。
このまま、ブログ(あるいはSNS)に載せたら・・・・凄い画質。
完璧な写真になっている。
技術の進歩は凄い。
誰でも、上手に写真が撮れる。
写真が発明されたときの夢が実現したということだろう。
喜ばしいこと。

進歩に取り残されたレンジファインダーのフィルムカメラでは、
1mくらいまでしか、近づけない。
クローズアップ写真と呼ぶのは、おこがましいが・・・・
これが、小生のクローズアップ写真。
桜クローズアップ838-10
桜クローズアップ839-2-13
桜クローズアップ839-5-13
桜クローズアップ844-8a
桜クローズアップ846-84
桜クローズアップ847-11
桜クローズアップ848-21
2枚 一眼レフ Nikomart FTnで撮影したものが混ざっていました。
家から近いところでは一眼レフを使うこともあります。
重いので、散歩に持ち出すのに抵抗あり、
テスト撮影で使うことが多い。(今回は ソラリゼーション現像テストで使用。)
レンズは Nikkor 50mm F:1.4 最短は60cmまで近づけますが、そこまで近づいてはいません。
全て、50mm 昔、標準レンズと言われた画角のレンズを使用していました。
フィルムを替え、フィルターやストロボを使い、現像液と現像法を工夫し、写真を撮っています。
デジタル時代、参考にはならないでしょうが、
フィルムでこんなバリエーションも楽しめます。



  1. 2016/04/11(月) 18:49:40|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜桜ではありません。

今年の花見、東京はほぼ曇り日が続いた。
日が差したのは、2日間のみ。
それも薄日が差す程度。
桜845-30
夜桜ではありません。
その薄日さす日に、赤外線フィルムを使って撮影しました。
人間の眼には見えない赤外光・・・それでも光は光。
ストレートの「光画 Photograph」です。
----------------------------------------------
3月29日より4月9日まで、毎日1本のペースで、フィルムを浪費していました。
連続12日、さすがに、疲れた。
帰宅すると すぐフィルムを現像タンクに巻き、現像、定着、水洗、乾燥。
翌朝、乾燥したネガを、スキャナーでPCに取り込み、画像を確認/調整する。
午後になると、カメラを持ち、目黒川めざし散歩にでる。
この一連の作業に追われていました。
桜の撮影は昨日で終了としました。
12日間で12本のフィルム。年間なら365本!のペース。
-----------------------------------------
予定調和の美しい桜ではなく、
意外な桜の一面はないものか、
誰も撮らなかった桜はないものか、
そんな観点で探すつもり。
明日から、
そんな薄気味悪い桜、汚い桜、なじみのない桜の姿を・・・・ブログに載せることになるでしょう。


  1. 2016/04/10(日) 21:45:59|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸越公園の夜桜

写真の表現に大きく関わるのは、実はフィルム。
レンズの影響はその次。
まして、カメラが どうのということはない。
それが、フィルムカメラの世界だった。
もっとも、スクリューマウント(Lマウント)が流行っていた時代だが・・・
-------------------------------------------
メーカーは ユーザーの抱え込みを図る。
ごく自然の営業戦略だろう。
自社独自のマウントを作り、高級感をアピールする。
写真のプロは それに加担し、メーカーの宣伝にのる。
ついには、レンズの味、カメラの優劣の薀蓄を講釈する素人も現れる。
メーカーとしては、してやったり、ありがたい人。
丁重に扱おう・・・・売り上げに影響する。
しかし、写真表現で重要なのは、レンズより フィルム。
-------------------------------------------
戸越公園で 何度か 夜桜を撮影。
昼間撮影したフィルム残っていると、夜、戸越公園へ行き撮影。
一本取りきり、帰宅して現像していた。
夜桜の撮影レンズは全て同じ、コシナの製造したSC-Skopar 21mm F:4 を使用。
優秀なレンズです。
夜桜842-17
フィルムは RPX400 このフィルムに合わせ開発した現像液で現像。
眼に優しい、安心して見る「綺麗な」写真。
夜桜844-44 Ⅱ
フィルムは、Retro400S 硬調現像液で現像した。
デジタルなら、すぐ綺麗な撮れるから、ちょっと変、この人、写真下手と評価されるだろう。
夜桜844-8
Retro400S用の、軟調現像液で現像。
これも、予定調和のトーンの豊かな写真。
夜桜844-42 Ⅱソソラリゼーション現像を、少しかけています。
夜桜845-45 Ⅱ
これも、少しソラリゼーション現像しています。
これ、下手写真じゃない・・・のお言葉。
私なら、デジタルカメラで、もっと綺麗な写真撮れる。
見慣れないトーンの狂った写真は・・・・拒否反応。
それが、健全な精神なのだろう。
---------------------------------------
デジタル時代、撮像素子と画像処理プログラムの優劣が、画質を決める。
その根幹の撮像素子(CCDやCMOS) と画像処理プログラムは、全て メーカーに握られている。
撮影する人に残されているのは、シャッターを切るだけ。
お仕着せのカメラを渡され、さあシャッターを押しなさいと せっつかれている。
あとは、全て、任させなさいということか。
デジタル・カメラで 写真を撮ってる人、
どんな独自性を出すのか?出せるのか?
HDR写真ですら、ありきたり、見慣れた写真になってしまった。
デジタル・カメラは、如意輪棒のようなものかも。
デジタルカメラを振り回し、その、お釈迦の手のひらで踊っているのは、誰?
暗澹たる思いがある。
去年、写真倶楽部「彩游」に所属していたときは、デジタルカメラを使う機会が多かった。
退会し、今年になり、ほとんどデジタル・カメラに触っていない。
単純に、面白くないから、「わくわく」しないから。
反動で、フィルムの消費が激しい。
桜を撮るので 連日1本あるいはそれ以上のフィルムを使っている。
デジタルの毒素を拭い去ろうとしているのだろうか?

  1. 2016/04/09(土) 22:21:33|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虚実の被膜に咲く桜・・・・ではありません。

目黒川の花見を楽しむ人をスナップ。
花見する人839-3-15
場所は目黒雅叙園近くの橋。
レタッチソフトで画像を加工したわけではありません。
ソラリゼーション現像しています。
法則・メカニズムを理解し、利用するだけ。
現像液に浸したら、あとは、化学反応に任せるだけ。
-------------------------------------------
桜と外人は実の世界にいるが・・・・
小型犬と背を向けた女性は普通とは異なった姿に写っている。
虚の世界?
花見する人839-3-17
虚実の被膜をスナップしたわけではありません。
それができるカメラは、まだ発明されていない。
花見する人839-3-18
この方法だと、誰と特定することが難しいので、堂々と顔を撮り、ブログに公開できる。
これが、その時のスナップ写真のベスト。

現実と非現実の狭間を彷徨(さまよ)い花見する人・・・です。
  1. 2016/04/08(金) 09:22:23|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰も知らない深山の夜桜・・・・

誰も知らない深山の夜桜・・・・
そんなことありません。
桜の名木を訪ねて、遠くまで旅行し撮影するだけの根性、財力がないだけ。
近場でその雰囲気を楽しんでいます。
これは、戸越公園の桜です。
夜桜842-26b

21mmという広角レンズを使用し、人間の存在を消すようフレーミングに注意して撮影。
ストレートフォットです。
ネガ(原板)を如何に作るか、現像には細心の注意を払いました。
  1. 2016/04/07(木) 14:07:09|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

桜を見る・・・

桜を見る。
写真を撮る。
家に帰り、現像する。
写真を確認する。
誰かが怒っている。
桜841-30
美しいものを見ていたいと思うのが、普通だろう。
桜は綺麗に撮らないと駄目。
不愉快なものには 眼をそむける。
「キャー可愛い」と言われたいのに、
なんということをしているのだろう?
でも、これもフィルム表現の一つだと思う。
デジタルなら・・・どうする?
  1. 2016/04/06(水) 22:32:20|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幽霊の花見?

ボーと白く浮き上がった人の集団。
幽霊ではありません。
細工無しと言いたいが、実は、ソラリゼーション現像しています。
デジタル暗室のRAW現像とは違い、一発勝負の暗室現像です(タンク現像)。
現像技法が通常とちょっと違うだけ。
やはり、ストレートフォット?
超現実派のマンレイの開発した技法ですから・・・・どうなんでしょう?、
桜と幽霊841-31 Ⅱ
同じネガを、ポジ指定で取り込んだもの。
桜と幽霊841-31 Ⅲ Posi
どちらであれ、異様な花見になってしまいました。
-------------------------------
小生の心象風景でもなければ、
「これを伝えなければ」という健康的な心配りもありません。
ただ、面白いから、
そして、フィルムでどこまで表現できるか、
自閉症的に確かめているだけ。

  1. 2016/04/05(火) 13:14:04|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜  フィルムでHDRを真似てみました。

明暗差の大きな被写体、
満開の桜と、ビルの影を選んでフレーミングし撮影。
階調が立つように現像液を選び、処理した。
少々銀塩の乗りの大きい暗いネガなったが、
エプソンのフィルムスキャナーF-3200で、
4号の硬調印画紙に焼き付ける気持ちで、
トーンカーブをS字にし、PCに取り込んだ。
これが 、小生のフィルムを使った、ハイダイナミックレンジ白黒写真です。
勿論 ストレートフォット。ネガを2枚使用し、レイヤーを重ねるような合成はしていません。
桜839-2-22 Ⅱ
もう少し黒に締りが欲しいところ。
暗い部分の階調性を省略しすぎだと思う。
----------------------------------
デジタルカメラが、フィルムカメラに似るようにするのではなく、
フィルムカメラが、デジタルカメラに似るようにすべきだろう。
デジタルは、デジタルでしかできない分野をどんどん開発すべきだと思う。




  1. 2016/04/04(月) 18:21:02|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これも桜

眼に優しい美しい桜ではなく、
不気味な桜、異様な桜を撮りたいと思えど、
意外と・・・いや、意外でもなく、難しい。
「アレ、ブレ、ボケ」の写真を撮れば、1960年代の写真になるかと言えば、そうではない。
見るに堪える写真を撮るのは、「アレ、ブレ、ボケ」でも 難しい。
デッサンのしっかりできた画家の描く抽象画と、
技量もないのに、面白い、これならできると、
真似て描いた素人の抽象画の差と言ってもいいだろう。
1本のフィルムを撮っても、一枚のカットも撮れないことがある。
毎日 1本 フィルムを使って桜を撮っているが・・・見るに堪えない汚い写真ばかり。
掃き捨てるのはこのネガだろう。
ようやく見つけた一枚。
桜839-23 Tr
まだ開花したばかりなのに、もう遊覧船が目黒川を登っていく。
昼3時ごろ、天候は曇り。川面はうす暗い。
ストロボを焚いて桜を浮き出させようとした。
合成写真ではありません。あくまでもストレートフォット。
フィルム、露光の選び方、ストロボを焚いたこと、現像の4つの要素が、この表現を可能にした。
桜は、潔く散り、美しいものという 固定観念に固まっている人が見たら、
なんという下手写真と 評価されるだろうが、
小生は、よくも撮れたりと満足しています。
-------------------------------
この写真 心象写真ではありません。
(少なくとも 小生の心の中を表していない。)
ただ、工夫しながら撮っている一枚。
多義性のある写真が撮れた、面白いと思っています。
どう読み解くかは、見る人の感性・素養・知性でしょう。
  1. 2016/04/03(日) 10:24:06|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また桜カァ~~

数年前まで、綺麗な花を撮ろうと腐心していた。
しかし、綺麗な花の写真は、もう厭きた。
必ず誰かが、似たような写真をすでに撮っている。
真似して何が面白い?
オリジナリティのかけらもない・・・、
去年 あたりから 心境の変化。
不気味な花を狙っている。
------------------------------------
綺麗な桜の写真、うまく撮れた桜の写真など、撮りつく尽くされている。
そんなもの、掃き捨ててしまえ・・・と過激なことを考える。
さて、どうしたものか?
滅多に使用しない 135mmの望遠レンズをつけて、戸越公園へ行く。
桜の開花には、まだ、時間があった。
桜837-37a
梅に鶯(ウグイス)なら、桜には何?
蕾の膨らんできた桜の枝にカラスがとまっていた。
あと一週間もすれば、うすいピンクの花が咲いているだろう。
「アレ」るよう現像した。
眼をそむけたくなるような、不気味な桜を 撮れないものか?

  1. 2016/04/02(土) 11:35:04|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20日 春のお彼岸の日に 浅草にて

階調性を整理し、ガンマーを立てるよう現像してみた。
残念ながら、デジタル暗室ではなく、昔ながらの暗室で。
慣れないことは、するものではない・・・・と言われても、してしまうのが性分。
確かに あまり上手とは言えないだろう。
デジタルモノクロームのすっきりとした画像にはならない。
浅草835-26
浅草835-27
浅草835-28
浅草835-31 Ⅱ
なにか違う。もっと何かを省略し、すっきりしている。
デジタルカメラで撮って、白黒変換したものと 比較してみるか・・・
違いはどこにあるか、はっきりするかも。
  1. 2016/04/01(金) 09:42:49|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (114)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (90)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (190)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR