FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

3月20日 春のお彼岸の日に  隅田川にて

Photographは 「光で描いた画」という意味だろう。
日本に紹介された初期には、光画とも呼ばれたらしい。
見た通りそっくり写るので日本では「写真」という名称になったらしい。
しかし、見て感じたものと、写された写真では印象が微妙に異なる。
人間の眼で見る現実の世界は、光のダイナミックレンジは広く、透過光と反射光が混ざった世界だ。
紙に焼いた(印刷/プリント)写真は反射光(CMR)、PCなどの液晶画面は透過光(RGB)を見ている。
現実と写真は不完全な比例関係にある。
そこが 面白いのだろう。

白黒のフィルムで撮影する。
どんなフィルムを使うかで、その比例関係が微妙に異なる。
露光をオーバーにするか、少なくするかで できた写真は違った印象になる。
どんな現像液を使うかでも、違ってしまう。
どのように現像するかでも かなり違う。(二液現像法、希釈現像法など・・・)
それらすべてが、コントロールすべき要素になる。
カメラとレンズが同じでも、表現できる幅は広い。
一発勝負、やり直しはきかない。だから 面白い。

隅田川でカップルを撮ったところで フィルムを交換した。
Retro400Sフィルムに換える。 RPX400フィルムより、階調性が広い。
その良さを逆にとり、白黒のコントラストを高める現像を行ってみた。
浅草835-9
女性のシルエットをもう少し大きく(それがポイントなので)切り取るべきだった。
浅草835-12 Ⅱ
菊の花の白さを強調できた。
デジタル写真の進歩は早い。あっという間にフィルムの世界を超えていった。
浅草835-16 Ⅱ
定番の構図。
ピクチャーエフェクトがあるデジタルカメラだと、
絵画調HDR(あるいはHDRアートフィルターと呼ばれる)モードで撮影すると、
このような画像を容易に作ることができる。
それが フィルムではなかなかできなかった。
ようやく、小生の撮影/現像スキル、デジタル写真に追いついたという所だろう。
浅草835-17 Ⅲ
無理矢理現像の限界まで来てしまった。
スニーカーの白は強調できたが、顔の表情は潰れた。
「荒れ」た写真となる。
デジタルになり、レタッチソフトを上手に使えば、この程度の画像を作ることできるだろう。
(レタッチソフトの名を告げると馬鹿にされるので、現像はデジタル暗室で行いますと言うそうだ・・・)
卑下することないと思う。
デジタルは写真の新しい可能性を開いた。
小生は、同じことがフィルムでもできないか・・・デジタル写真の後追いを楽しんでいるだけ。
なにせ 趣味でやっていることですから、それも許される。

スポンサーサイト



  1. 2016/03/31(木) 10:55:14|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20日 春のお彼岸の日に  押上から隅田川へ

蔵前より押上げへ移動。
40年ほど前、都営浅草線が開業してまだ10年もたっていない頃、
この駅で降りた記憶がある。
実験に使用する特殊なガラス器具を探していた。
カタログを調べて、見つかったのが、草野科学。
最寄りの駅は、押上であった。
様変わり。
記憶に残っているものは、一つもない。
当時の記憶は完全に否定され、見知らぬ土地にたどり着いた気がする。
草野科学、どの方向にあったのか??
地図をネットで調べて置けばよかった・・・・
今は、スカイツリーだけの地区になったようだ。
撮ったところで、無駄な一枚になるが・・・・やはり来た以上、これは、落とせないだろう。
押上836-45
押上836-36
運河もきれいに整備されていた。
押上836-43 Ⅱ
スカイツリーの商業施設は、混雑しているが、一歩そこを離れると、人の姿はまばら。
運河を整備し、付近への効果を期待しているが・・・果たしてどうしたものか?
押上836-48
  1. 2016/03/30(水) 10:17:06|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20日 春のお彼岸の日に  蔵前にて

目当ては 古い家を撮ること、
ただ それだけで 蔵前で下車した。
一日券が なかったら こんなことはしない。
蔵前836-29
逆光気味の光を撮ることが多い。
これもその典型だろう。
階調性の高い/豊かなネガを如何に作るかが 小生の写真の出発点だった。
明るいところは、白くとも白のディテールをだし、暗いところは、黒くとも潰さずディテールを残す。
階調性を重視すると、時として眠いような写真になる。
しかし、それは小生の習い性になっていた。
致し方なし。
-----------------------------------------------
あれ、ぼけ、ぶれの時代を見ているのに、そのような写真に対して冷淡だった気がする。
数年前、書庫を整理していたら、一冊の写真集が出てきた。
東松照明の写真集だった。
当時960円の写真集。(1969年12月15日 発行)
どういうつもりで購入したのか覚えていない。
あらためてページをくくり、衝撃を受ける。
こんな写真もあるのだと。
階調性を整理(少なく)し、白黒の対比は激しい。ザラとした写真は、その時の状況を象徴しているように思えた。
どのようにして撮ったものか、フィルムは?露光は? 現像は?と考えてしまう。
魅入られてしまった。そういう写真にあこがれはある。
真似てみる。
一番簡単なのは、デジタルカメラで、モードをHDRのB&W(ハイダイナミックレンジ・白黒モード)にして撮影することだった。
いまは、意識的に、白黒の対比の美しい写真を撮るよう志向している。
蔵前836-30
お目当ての家は、この古本屋。
RPX400フィルムのほうが、Retro400Sに比べγ(ガンマー)が立ち、階調性は狭い。
その分、白黒の対比の出るネガを作りやすい。
少し、露光をアンダー(一絞り)にしてシャッターを切る。
白黒のレベルを下げ、焼きこむ形に調整してみた。
未だ達せず・・・
納得できない自分がいる。


  1. 2016/03/28(月) 10:30:23|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月20日 春のお彼岸の日に (白山にて)

御先祖さまの待つ白山の寺へ。
娘は、休みだというのに 仕事ができたと 早朝 家を出ている。
前日の夜、洗濯物を抱えてきた息子は、仕事があると これも朝、家を出ていった。
「私は洗濯女ではない。」と妻は立腹しているが、面と向かって抗議するわけではない。
結局 今回のお墓参りは、妻と二人となる。
こんなこと あとどのくらい続けられるだろう?
100回? そんなわけない、10回、多くて20回くらいだろう。
むしろ 感謝すべきかもしれない。
春の彼岸836-23
幼いころは、祖母に連れられ、お墓参りをしていた。
コースは おそらく、省線(祖母は山手線を省線と呼んでいた)に乗り大崎から神田に出て、
都電に乗り替え、東大の前を走り、白山で降りたのだと思う。
楽しいものではなかった。
唯一の楽しみは、ご褒美として、ここで駄菓子を買ってもらえることくらい。
昔は、お煎餅屋という印象が強かった。
建て替えられ、経営が次の世代にバトンタッチされたのか、甘い和菓子のスペースが増えていく。
ついに 看板の おかきも幻・・・・
春の彼岸836-24
店名が、「福どら」ということを 初めて知った。
白山の街も 気づかれないよう こっそりと、少しずつ変化している。
道路を挟んだ筋向いにあった 豆腐料理の「五右衛門」も店を閉じた。
20歳の若さで始めたという女将も、80歳になる。
ここが引き際と考えたのだろう。
豆腐料理店のブランドイメージは確立している。
知る人は 廃業を惜しんだろう。
誰か、ほかの人に 任せることもできたと思う。
親戚、縁者もいたというが、恐らく女将の見識なのだろう。
店を畳んだのは、去年の秋、10月の終わりごろだったか・・・・
幸い、最終日、五右衛門で 最後の豆腐料理を楽しむことができた。
80歳になったという女将は、一階の帳場に座っていた。
---------------------------------------
お墓参りを済ませ・・・さて、昼食。
どうするか?
方向音痴の妻が、先を歩く。
数年前 建て替える前は、寂れた・・・入りたくないような寿司屋だったが、
建て替えとともに様変わり。
去年の彼岸の日に入ってみた。
一度で、妻のお気に入りの店となる。
秋のお彼岸に、また、この寿司屋に来ると、妻は宣言していた。
-----------------------------
都営地下鉄の一日券を購入していた。
妻は、まっすぐ帰宅するという。
地下鉄、春日の駅で、妻とわかれ、
カメラをぶら下げ、途中下車の旅へ向かった。

  1. 2016/03/27(日) 11:22:26|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅と桜 (戸越公園にて)

時代はデジタルだが、未だ白黒のフィルムで撮り続けている。
白黒フィルムに特化したコメントを備忘録として書いているので、
大部分の人にとっては、チンプンカンプン、なんの参考にもならないだろう。
ごく少数のもの好きが、時たま このブログを読みに来るのだろうと、思う。
コシナのBessaRシリーズ 売れなくなったので製造中止となった。
新品のフィルムカメラを未だ製造販売しているのは、ニコン、キャノン、それにライカに限られてきた。
しかも機種は少ない。昔からの顧客向け、ごく少数の物好き相手だろう。いつ製造中止がアナウンスされてもおかしくない。
------------------------------------------
デジタルで撮らないわけではないが、撮ってみて、心の底から、面白いなぁと思えることはない。
それでも、写真倶楽部「彩游」に所属していたときは、デジタルカメラを使う機会があった。
退会してからは、めっきり減っている。簡単な撮影テストに持ち出す程度になってしまった。
八つ手の撮影テストに戸越公園へ行ったとき、梅が咲いているのに気づき撮影したもの。
梅DSC07721
八つ手を接写しようと、ミラーレス・デジタル Sony NEX-3に L-マウントアダプターを介し引き伸ばし機用EL-Nikkor 50mm F:4をつけて撮影していた。
梅DSC07731
引き伸ばし機のレンズだから、並のマクロレンズより解像度は高い。倍率も等倍以上。しかし、ピントの合っている範囲は極端に小さくなるので、奥行きのある接写では、マクロで撮ろうが、普通のレンズで接写しようが、あまり差は感じないだろう。
手持ちの撮影なので、液晶画面のピント合わせが難しい。三脚に固定すべきだろう。
しかし、そこがデジタルカメラの良いところ、内蔵のストロボを発光させ、手振れをなくし、何枚も撮影し、その中から後でピントの合ったものを選んでしまえばいい。結果オーライならいいというのがデジタルカメラなのだろうと思う。
------------------------------------------
昨日、今年の桜は どうかなぁと思い、戸越公園へ調査に行く。
カメラは例によってSony NEX-3(これしか持っていない)。
レンズは、Lマウントアダプターを介し、PAM-Britar 105mm F:4.5を付けている。
トリオータータイプで、枚数が3枚と少ないので、実に切れがいい。
ただし収差は取りきれないので、2線ぼけを発生させやすい。
(トリオーターだ、二線ボケだ・・・など、今 デジタルで撮影している人には死語だろう。)
桜DSC07843
ようやく 老木の桜が咲き始めていた。残りの桜はまだ蕾の段階。
桜は撮り尽くされている。
撮りようがない・・・撮ってみると、誰かが撮ったであろう構図になっている。
桜DSC07876
背景の明るい部分をトーンカーブを調整し暗く落とすと、蕾の付けた枝が目障り(二線ボケ)に浮き出てくる。むしろ明るくし、消してしまったほうが、桜の花が浮き出す。
桜DSC07853
満開になれば、枝は花びらで隠れるだろうが、いまはまだ、咲きはじめたばかり。こんな構図になる。
桜DSC07900
広角レンズで撮る。望遠レンズで撮る。接写する。仰角でフレーミングする。俯瞰してフレーミングする。
背景(青空、水面、その場所の雰囲気、人、前ボケ、後ろボケ)に注意してフレーミングする。光の当たる方向を意識してフレーミングする。桜の名所に行って撮影する。
数限りない場面で、幾多の桜が撮影されてきた。
同じことの繰り返しにならないだろうか?
-----------------------------------------
今までになかった要素の見出し、新しい視点を写真にもたらしたら、創造的と称賛され、その写真はアートとなる。
シュールリアリズムの写真には(モホイ=ナジ、マンレイなど) 確かにその創造性があった。
ピクトリアリズム写真を完成させ、それを否定し、近代のスナップショットの道を示したスティーグリッツの写真も、芸術作品と認めていい。F:64グループの写真も一つの芸術運動だろう。サセックスの海岸で撮られた一連のヌード写真群、ビルブラントのパーステクティブの発見も、芸術(アート)と呼んでいいと思う。
しかし、写真は、レンズとカメラとフィルムで作られる。
目の前に対象物がなければ、写真は撮れない。
この制約があるので、1960年代には、ほぼ、新しい視点は撮りつくされてしまう。
しかし、過去の人の真似をしたのでは、模倣品。
いくら精緻に綺麗に撮れても真似は真似。芸術作品にはなりえない。
職人芸の工芸品の世界にとどまる。
そこで起きた最後の反乱?が、コンポラ写真運動だろう。
今思えば、いい写真が沢山撮られた時代。
アレ、ボケ、ブレの発見。
駄目な(時流乗るだけの)写真家もたくさんいたが、時代を見据えた写真家も沢山いた。
1970年代が日本写真の黄金時代だろう。
そのラストランナーになったのが、森山大道だとおもう。
いまでも、森山大道を真似た写真を撮る若い人が出てくるという。
しかし模倣は、模倣、評価されない。
----------------------------------------------
カレンダーの富士山の写真には、カメラマンの名前は記載されない。
新しい要素が何もないから。
写真が芸術というなら、新しい何か/今まで気づかなかった何かの発見が その写真になければならない。
それがなかったら、工芸品の世界にとどまることになる。
それは、職人の世界であって、芸術とは呼べない。
現在のプロのカメラマンは職人の域を越えられなくなっている。
特に、デジタルカメラになって その傾向が強くなったと感じる。
(話術の巧みな)レッスンプロは多くなったが、写真で勝負のトーナメントプロは少なくなったと感じる。
更に、そこから飛び出し、模倣を脱皮させた写真を撮る人は更に少なくなっている。
(いないわけではない、まだ、評価されないだけ。芸術家は亡くなってから評価されることが多い。)

「写真は 芸術です」と のたまう人の、芸術の定義、どんなものなのだろう。
小生の定義は 「今までになかった新しい視点の発見と創造(作って見せる)。そして、それを 見る人が感じ、評価し、確かに新しい何かが表現されていると認める 双方向の了解」と考えている。 
-------------------------------------------
今年も桜を撮ることになるのだろう。
フィルム・カメラを抱え、桜の木の下を右往左往し、決まり切った写真を撮っている・・・そんな自分を想像しています。
もう数日で桜の季節になる。



  1. 2016/03/25(金) 11:22:16|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧東海道 品川宿を歩く

写真倶楽部、「彩游」の方から、
北品川の神社・仏閣の自主撮影会を行いたいので、道案内をしてくれという、連絡が入り、
2月の終わりごろ、道案内を兼ね散歩した。
午後1時、京急線 北品川集合。
参加者は7名、約半数の会員が集まりました。
品川宿828-2
計画によれば、北品川から立会川までのコース。
ゆっくり歩いて1時間くらいだが、写真を撮りながらなので、果たして3時間でたどりつけるか・・・?
ともかく、夕方5時になったら終了ということで 歩き出す。
品川宿828-16
微かに光芒が出ていたので、撮影してみた。
写っている鳥は川鵜です。
品川宿828-23
品川宿828-26 Ⅱ
品川宿828-29
カメラを構えているのは、彩游の会員です。
品川宿830-9
品川宿830-13
青物横丁まで来て、撮影会は終了。
コースは
北品川駅→善福寺→法善寺→養願寺→一心寺→正徳寺→品川神社→荏原神社→海徳寺→蓮長寺→常行寺→天妙寺→真了寺→諏訪神社→品川寺(ほんせんじ)→海雲寺→青物横丁
京急線、北品川から青物横丁まで2駅散歩。
駅近くの安呑み屋で打ち上げをして散会しました。

  1. 2016/03/23(水) 14:57:42|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八つ手

見たことない(撮られたことない)「尖った」八つ手を撮りたくて、
ソラリゼーション現像を行ってみたが・・・・
これも「作る写真」の範疇に入るのだろうか?
切り貼りして絵を作ったわけではない。
フィルムでどこまで表現可能か、その限界を試したまでなのだが。

対象には一切手を触れていないし、
構図の邪魔と、近くの葉を切り落としたり、
葉の上の汚れを刷毛で払ったり、
霧を吹き付けてたりし、
ドラマチックになるよう演出して撮影したわけでもない。
八つ手834-4 Ⅱ
ソラリゼーション効果、エッジが立つので、鉛筆で描いた絵のような写真になる。
八つ手834-9
白と黒の対比を強調。増感現像のほうが、強調できるかも・・・・次は、増感現像にTryしてみるか。
八つ手834-5a
ヌメリやテカリを出すには この現像法 合っている。
八つ手834-20 Ⅱa
如何にも ソラリゼーション現像ですと判るより、それが分からないような、撮影法があってもいい。
----------------------------------------
八つ手を撮りたくて、ソラリゼーション現像していたが、いつしかそれて、桜を意識し、白木蓮を撮影していた。
東京の桜も、開花が宣言された、今週後半は・・・桜を撮っているだろうか?ソラリゼーション現像で。
  1. 2016/03/21(月) 09:02:13|
  2. 八つ手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラリゼーション・テスト(Level C.)

ソラリゼーション現像、難しいわけではない。
決まってしまえば、普通の現像とそれほどの差はない。
現像液温度と現像時間を守れば良いだけのこと。
厄介なのは、撮影の方だろう。
白黒フィルムの場合、±1絞りの露光は許容範囲。
ところがソラリゼーションの場合は、±1絞りの露光の違いが、失敗となることがある。
露光計を持たず、勘で撮影するのは 失敗する確率が高い。
この辺りが、ソラリゼーションは難しいという 誤解を生んでいるのだろう。
しかし、カメラは進歩している。勘/経験で露光を決める人は稀。
1970年代以降の露光計内蔵のカメラなら露光精度は充分ある。
美しいカラー写真を撮るため、1/2絞とか 1/3絞 補正しなさいなどいう アドバイスを耳にする。
露光の失敗などありえなくなっている。
Level C +5%-34
桜を撮影するためのテストになってしまった。白木蓮を逆光で撮影。
Level C +10%-25
これも白木蓮の花を、逆光気味の光で撮っている。
あまりよくない。ソラリゼーションでは、逆光より順光のほうが、撮影に向いているようだ。
Level C +10%-27
これは、白木蓮の花のクローズアップ写真。横から光は入っています。
Level C +20% -19
戸越公園に1本桜が咲いていた。ソメイヨシノではない。
時刻は午後2時53分。空は晴れていた。桜の花の白さをしっかりと固定したくて+1絞り露光をオーバー。
現像したところビックリ、空が赤フィルターを掛けたように暗く落ち、まるで夜撮影したように写っていた。
赤外線フィルムで撮ったと言ったら、騙される人もいるだろう。
Level C +30%-9
これは、以前から気になり、時々テストで撮っている車。
この異様な白黒のコントラストはソラリゼーションでなければ出せないだろう。
  1. 2016/03/20(日) 09:00:00|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白木蓮  ソラリゼーション Level C.

来るべき桜のシーズンのため、白木蓮の花でテスト撮影。
使える技法か(今までと違う視点を出せるか)確かめている。
白木蓮 Level C +20% -15
木漏れ日が白木蓮を照らす。
バックには、緑の灌木があったが、陽は当たらずほの暗い。
ISO:400なら、通常、f:2.8/500秒 或は f:4/500秒の露光を選ぶ。
花に近づき接写。絞をf:11まで絞った。
ソラリゼーション現像は、狙い通りのネガを得た。
エッジが綺麗に立ち、輪郭を明快にする。バックの暗がりは反転し、明るく浮き出る。
白木蓮 Level C +20% -14
一絞り分、露光を少なくすると、完全に逆転したネガになる。
白木蓮が、黒木蓮になる。
白木蓮 Level C +20% -16
一絞り分、露光を増やすと、ソラリゼーション効果は ほとんどでないネガになる。
ただし、
階調性は整理され(少なくなり)白黒のコントラストが上がる。
エッジ効果が、ほんの少し残る。
デジタルモノトーンの美しく破堤のない画像を見慣れた人には、何だと思える写真。
レタッチソフトで調整すれば、この程度の写真に作り込むのは容易だろう。
しかし、本当にできるだろうか?
似て非なる写真になりそう。
  1. 2016/03/19(土) 09:49:53|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラリゼーション・テスト (Level B)

Lebel Bの現像結果。
Leve B +10-27a
白木蓮の花が咲いていた。
もうすぐ、桜の季節になる。
毎年撮っている。
もう桜は撮り飽きた。
今年は、どうしようかと思うが、その時になれば、また、カメラを持って外へ出ることになるのかなぁ。
ソラリゼーションの技法を使えば、また違った桜を追えるかもしれない。
コツをつかむため、白木蓮の花で練習した。
Leve B +20-12a
ソラリゼーション エッジが立つが、階調性はなくなっていく。
ザッラとした粒子が目立つが、このような写真が撮れるとは 想像していなかった。
Leve B +20-14a
これは、ソラリゼーション写真そのもの。
完全なポジ写真にするのではなく、この程度に抑えるのがいい。
粒状性をどう改善させるか・・・そのあたりの技的問題は残っている。
Leve B +30-7a
ほとんど、反転してしまったが、現実感も残る。
シュールです。
Leve B +30 Posi-18a
この写真は、ポジを指定し、取り込んでいます。
  1. 2016/03/18(金) 17:02:14|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラリゼーション・テスト (Level A)

テストピースでの現像条件は、終了。
いよいよ、実戦配備、前段階に達した。
実際の撮影で、どのように撮れるか、
ソラリゼーション前の現像処理で三水準(Level A,B,C)
ソラリゼーション現像で三水準、計9水準のテスト撮影を考えている。

今回のカメラは BessaR、
コシナの製造したライカスクリューマウント(Lマウント)カメラを使用した。
レンズは、往年の名レンズSummicron 50mm F:2 (沈胴)。

最初のLevel A、テスト撮影が終了、今、PCに取り込んで、評価中。
solarization30-11.jpg
現像の途中でフィルムを取り出し、光に晒す。
積極的に「被り」を作るようなものなので、フィルムの銀塩粒子は荒れる。
境界にエッジができて、銀粒子は荒くなるが、シャープ感がでる。
いままで、見なかった異様な光景が記録されていた。
この異様さは森山大道風??
こんな技法で、撮っていたとは思えないけど。
solarization30-14 Ⅱ
階調性は少なくなる。
暗い部分は、明るく浮き上がるが、
それを潰すようにレタッチソフトで調整(焼き付ける)すると、
白黒のコントラストの利いた画像になる。
バンパーの右端の「黒いテカリ」がバンパー全体に広がったら、かなりインパクトのある写真になるだろう。
ストロボでも焚けばいいのかもしれない。
solarization30-15 Posi
ポジで取り込むと、こんな写真にもなる。
solarization20-9.jpg
ソラリゼーションの現像時間を短くすると、異様さは薄れていく。
solarization20-7.jpg
階調性を損なうことで、葉のテカリ、ヌメリが表現できるようになったと思う。
solarization10-20.jpg
ごくわずかなソラリゼーション現像をフィルムにかけると、今までとは少し異なった階調の写真になる。
これなど、技法として、そっと(隠し味として)使えるのではないだろうか?

  1. 2016/03/16(水) 11:56:41|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八つ手を撮りたくて。  一本のフィルムに記録できた写真表現の多様さ

八つ手を撮りたい。
地味で目立たず、少しもキャッチーでない。
本格的に撮ろうとする対象にはならない。
だが、だからこそ 撮るべきだと思う。

「対象が美しいから、写真が美しいわけではない。」
と諭されても、美しいキャッチーなものを、人は撮りたがる。
「対象が力強いから、写真が力強いのではない。」
と言えど、そんな対象を選びがち。
「なにも 素人が高級なカメラを無理して買うことない。
それより (安いカメラでも)撮ることの方が重要。」
土門拳の反逆精神は好きだ。

あの、八つ手の「てかった」肉厚の葉を、どう表現できるか考えていた。
ニコンでは撮れないが、ライカなら撮れる?
馬鹿な、そんなことない。
カメラが高価か安いかの問題ではない。
Minolta Hi-Matic F でも、撮れるなら撮れる。
撮れないならライカでも撮れない。

そして、思い当たったのが、ソラリゼーション現像。
思い立ったら、直ちに空パトローネ3本に 20枚撮りの長さに切ったフィルムを詰めて、白金の自然教育園へ行く。
目的は、八つ手を撮ること。
条件を変え、3本、撮影した。

最初の1本目は、ソラリゼーション現像、見事に失敗。
黒すぎるネガを作ってしまった。
印画紙に焼き付けるなら、
4号印画紙に長時間露光かければ、画像が出てくるかもしれないが、
使っているフィルムスキャナー(エプソンのF-3200)では、追えない暗さだった。
2本目で、どうにかクリアーなネガを得た。
八つ手833-28 Ⅱb
白い葉脈が、黒い葉にコントラストを付けていく。
もう少しコントラストが出せたら、森山大道の「キャベツ」に近づけるだろう。
写真の「アレ」も、似ている気だする。
八つ手833-18a
肉厚の光沢ある葉を捉えていた。
森山大道の撮る「黒い外車」のボディーの質感に近づけた・・・・のではないか?
八つ手833-31 Ⅱ
ソラリゼーション現像。
写真表現の幅が広くなる。
ちょっとした露光の差や、ソラリゼーション現像のタイミング、現像時間で、できてくるネガは 大幅に異なる。
八つ手833-23 Ⅱ
もっと技術を深化させるべきだろう。
テストピースを作り、条件を詰めるつもりです。
本格的な撮影での使用は、それからでしょう。
  1. 2016/03/13(日) 11:24:05|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「椿」  RPX400フィルム ソラリゼーション現像

前回の写真の作り方(答え)は、
「ソラリゼーション現像し、
できたネガを、スキャナーで取り込むとき、
ポジと指定し、画像をPCに取り込んだもの。」
でした。
昔なら、ソラリゼーションしたネガフィルムを、未露光のフィルムに密着させ、露光そして現像し、ポジ原版を作るところです。
その点、デジタルになり、簡単になりましたが、
やはり良いネガ原版を如何に作るかがポイントになります。
デジタルでも、レタッチソフトで同じような画像に変換する、スキルを持った人が出てくるとは思いますが・・・
小生は、Alchemist、時代遅れのアナログと馬鹿にされようが、ケミカル反応を選びます。
-------------------------------------
RPX400フィルムのテスト撮影をしています。
あと残されている検討項目は、ソラリゼーション現像と増感現像。
以下の画像は、ソラリゼーション現像して作りました。
ネガ・フィルムをPCに取り込むとき、スキャナーの指定は「ネガ」にしています。(前回は、変則のポジ指定)
椿833-22a
椿に対し+1~2絞りの露光。バックは暗く潰れるところですが、ソラリゼーション効果で明るくなっています。
椿833-21a
ストロボのガイドナンバーから計算すると椿の位置で適正露光。
白黒がほぼ逆転しています。
椿833-21c
ソラリゼーション向きの光の見極め、
露光はオーバーか、アンダーにすべきか
現像のいつのタイミングでソラリゼーション現像を行うか、
その現像時間の長さをどう決めるか、検討すべき項目は多い。
しかし、従来にない、様々な写真の表現が可能だとおもう。
失敗作は多くなるが、それだけ 面白い。
  1. 2016/03/12(土) 14:30:41|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どのように撮ったでしょうか?

RPX400フィルムの特性をテスト中。
こんな写真を撮ってみました。
昔からある技法を使っています。
いまは、レタッチソフトがあるので、
それと組み合わせましたが、
勿論すべてアナログでできます。
デジタルカメラでは・・・似せた画像を作ることはできても、こうは作れないでしょう。
Test-2.jpg
2日ほど前、白金の自然教育園へ「八つ手」を撮りに行って撮影した写真。
カメラは Nikomart FTn レンズはマクロが使えるZoom Nikkor 35-70mm フィルムはRPX400。
Test-1.jpg
植田正治さんの作品に、この技法の写真、1点見た記憶があります。
これは、その進化形。
ある意味「作った」写真です。
ただし、切り貼りの合成ではありません。
レタッチソフトも、レベルとトーンの2つの機能を使って、処理しただけです。
さて、どのように「作った」のでしょうか?
  1. 2016/03/10(木) 10:57:02|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虎ノ門にて

新橋から六本木へ散歩したとき撮影したもの。
金比羅大神826-22
虎ノ門の金比羅大神宮で撮ったもの。
逆光の光が眩い。
Retro400Sフィルムだから、出せたトーンではないだろうか?
金比羅大神826-26
鳥居の左の彫り物。
右の彫り物は、光線の具合から狙えなかった。

フィルムで撮影していて重要と感じるのは、カメラよりレンズ、レンズより、フィルム。
写真は最終的には、紙に焼かれ/印刷されて評価される。(アルバムに貼り付けられる。)
カメラ、レンズは交換できても、使い慣れたフィルムを、替えるのは、本当にまごつく。
カメラやレンズは、割合簡単に替えられるが、フィルムは、そう簡単に替えられない。
トーンが狂うから。
フィルムは、写真表現に直結していると感じている。



  1. 2016/03/09(水) 17:14:38|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Accident あるいは Experiment

昔、森山大道の「アクシデント」というシリーズが、朝日カメラに載っていた記憶がある。
1年間続いたシリーズだったと思う。
その一つに、警察庁の交通安全のポスターを、マクロレンズで接写し、部分部分を拡大し、アレた画像にしたものがあった。
朝日カメラだったと思うが・・・カメラ毎日だったかも・・・そこは不確か。
しかし、記憶の底には、その画像が残っている。
モノトーン写真830-18
三日ほど前、散歩して撮影した一枚。
五反田から高輪台へ長く続く坂で撮影。
撮りつくされた構図、新規性、新たな視点などどこにもない。
白から黒まで豊かに(滑らかに)つながるよう、明暗とトーンを調整する。
これが小生の好みのトーン。
何の面白味もないなぁと思う。
これは没、しかしアクシデントみたいに処理したらどうなるだろう?
実験だと思い、Photoshop elementを動かしてみた。(エプソンのフィルムスキャナーに同梱されていたソフトです)
白と黒の対比を明確にし、中間トーンのコントラストを上げる。
大分、森山大道の調子に近くなる。
モノトーン写真830-18 Ⅱ
非日常性が出てくる。実際の光景では、こうは見えない。
それが面白いと、真似ることはできても、
長続きはしない。写真世界を表現/創造できていないから。
技術(テクニック)は真似ることができる。
それは職人の世界。
しかし、テクニックだけで、世界は捕まえられない。
知性がなければ、次の写真世界は開拓できない。
森山大道は、かなりの読書家でもある。
ものごとの本質を考えようとする志向がある。
それも、粘り強く。
そのあたりが、テクニックだけの職人的写真家と、森山大道の差だろう。
しかし、その差は、隔絶した壁のよう大きいとも感じる。
アクシデントのように 一部を取り出し、拡大処理する。
モノトーン写真830-18 copy 6
この辺りは、デジタルになったメリット。
アレ・ボケの写真ができる。
モノトーン写真830-18 copy 3
荒れた都会の風景が出現する。
広角レンズで撮影したが、一部を拡大したことで望遠効果を生む。
「アクシデント」になったか? 狙う眼が違う。
でも、勉強にはなるだろう。
モノトーン写真830-18 copy 2
クーデルカも、20代のアマチュア時代 Experimentと称し、ローライフレックスで撮影した一枚のネガから、トリミングし、様々な写真を切り出している。
これは、クーデルカのトリミングに似てきた。
--------------------------------------------------
技術は対価を払っえば教えてもらえる。
教えてくれなかったら、そっと盗めばいい。
しかし、教えてくれるものがなく、盗むものがなくなれば、そこで成長はストップする。

更に成長させるのは、本人の知性しかないだろう。
森山大道、クーデルカに、知性の輝きを感じている。


  1. 2016/03/07(月) 10:58:08|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スナップ

散歩にカメラを持ち出した頃、
意外と気軽に人物のスナップ写真を撮っていた。
この頃は、肖像権だ、プライバシーだとうるさいようなので、
さすがに、顔が大きく写ったスナップ写真・・・を撮るのは、控えている。
------------------------------------
写真の被写体の半分は人だろう。
人の姿を写すのは、魅力的。
関心事だから、キャッチーになる。
仲間との楽しい集まりや、家族との写真を撮る。
撮るにしても暗黙の了解がある。
それを部外者が、黙って撮るのは、やはり問題。一言かけて許可をとるべきだとは思うが・・・
優れたスナップショットには、許可も取らず、まさにその瞬間を撮ったものが多い。
自然な表情が、その時代を如実に語る。
声を掛け、許可をもらった瞬間、表情は演出したものになる。
写される被写体は、どう写るのがいいか、行動してしまう。
シャイで尻込みしたり、この表情を撮って貰いたい、あるいは、こういうポーズすれば、カメラマンは喜ぶと品を作る。
それでは、嘘くさい。
結局 街でスナップすると、顔を外すことになる。
誰と特定できないように、後姿になる。
スナップ825-46 Ⅱ
あるいは、顔を外して撮影する。
スナップ826-10
おこぼれをもらおうと鳩が飛んでくる。
スナップ829-23
可愛らしい娘さんだった。
2カット撮影。
一枚には、可愛らしい顔も写っていたが、人物の特定ができるので、載せられません。
しかし、撮られたこと、お嬢さん気づかなかったでしょう。
飾らない自然な表情です。
盗撮という意識はありません。
あまりに雰囲気が決まっていたので、シャッターを切ったまでです。
時代の記憶として。
ご覧いただけたら、品位を傷つけるものでないと納得してもらえると思います。
安心してください。
公開はしません。
-----------------
もうけ話には、規制緩和が進んでいるが、
知りたいことには、規制のかかる方向へ進んでいるようだ。
個人情報保護が声高に叫ばれているが、その底で、言論の自由も狭められてはいまいか?
放送免許の取り消しを匂わすのは、言論に対する脅しだろう。自己規制しろと強要する。
世界をみれば政府に対する批判を許さない国は、確かにある。
そんな国に、日本もなりたいか?
次の選挙が、興味深い。
奈良県に注目している。
  1. 2016/03/05(土) 21:14:51|
  2. 人物 ポートレート 踊り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EL-Nikkor 50mm F:4 で八つ手を接写する

思い立ったら吉日。
早速、引き伸ばし用EL-Nikkor 50mm F:4レンズを探し、
マウントアダプターを介して、Sony NEX-3に取り付けて、
戸越公園へ向かう。
テスト撮影、どのように写るか判ればいいと、三脚はもっていかなかった。
戸越公園の八つ手DSC07699 Ⅱ
八つ手は日陰に植えられていることが多い。
露光はISO:400で f:4/500秒。
それで撮ったが、どうもピントが甘い。
ピントを考えたら、手持ちは難しい。
体の揺れでピントを外す。
手振れ??
内蔵のストロボを強制発光させ、絞をf:16まで絞る。
デジタルカメラ、何回もシャッターを切れば、その中にピントの合ったものも混じるだろう。
デジタルカメラを使うのは、久しぶり。
簡単に撮れるものだと・・・・驚きと同時に、つまらなさを感じている。
カラーをモノトーンに変換した。
異様な姿の八つ手が出現した。
戸越公園の八つ手DSC07694
タコか?
戸越公園の八つ手DSC07708
エイリアンか?
カラーをモノトーンへ変換するのは得意ではない。
レタッチソフトの使い方が下手なのだろう。
黒の締りが今一満足できない。
白黒のコントラストがもっと立ってもいいと思うのだが、ここは、使い慣れたフィルムだろうか?
-------------------------
フィルムで撮影する場合の条件は、一眼レフカメラ。
Nikon F に Macro-Nikkor 55mm フィルムは Retro80S、ストロボ発光、三脚使用。
マクロの利くZoom Nikkor 35-70mmのほうが,撮影に関し、柔軟に対処できるかもしれない。
それが、結論でした。
  1. 2016/03/04(金) 08:16:27|
  2. 八つ手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八つ手

一眼レフで近づいて撮影。
しかし、接写するほどは近づけませんでした。
八つ手824-23a
見方によると、不気味。
これも、同じ戸越公園の八つ手の葉です。
------------------------------------------
Nikon FのAuto-Nikkor 50mm F:1.4の最短距離は60cmでした。
更に近づくためには、55mmのマクロレンズか35-70mmズームのマクロ、
あるいは、最短撮影距離が短い、Auto-Nikkor 35mm、24mmのレンズとなる。
デジタルなら、マウントアダプターを介し、Lマウントレンズを使える。
引き伸ばしレンズだって使うことができる。
試してみようか・・・
  1. 2016/03/03(木) 08:26:53|
  2. 八つ手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルム それとも レンズ?

カメラは横浜に持っていったものを使用。
撮りきっていなかったので、散歩に持ち出していた。
昨日、フィルムを撮りきり、すぐに現像した。
戸越公園で撮影した「八つ手」に、意外な写りのカットがあった。
八つ手829-38
レンジファインダーのカメラなので、接写はできない。
ぎりぎりの最短の1mに近づいて撮影している。
八つ手829-41
八つ手の葉の印象は、暗い。肉厚で、テカテカした感じがする。
こんなに色白に写るなんて・・・・フィルターを付けているわけではないのに。
滲んだように写っているのは、古い(コーティングの悪い)レンズだから、
白っぽく写ったのは、Rollei RPXのフィルムの特性。
そう考えても いいだろう。
狙って撮ったわけではない。
カメラとレンズとフィルムが撮影。
小生はちょいっとお手伝い。
  1. 2016/03/02(水) 18:35:46|
  2. 八つ手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR