FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

水底の世界(1)

散歩中、水面を眺めても、見慣れていて、何の感興も覚えなかった風景が、レンズの眼を通しフィルムのネガに記憶させると、思いがけない世界が広がっていた。これは 驚きでした。
デジタルカメラで撮っている人から、「写り込み」と称して、湖面に映る綺麗な風景を 見せてもらったことがあります。
しかし、小生の写したものは、綺麗でも、有名な風景でもありません。
日常のごく当たり前の世界の裏に、裏返ったような世界が潜んでいる。
現実を支えているのは何だろう? 奇妙な感覚を覚えています。
木炭画のデッサンのような世界が広がっていると思いませんか?
水底の世界-1
写真の多くは自宅近くを散歩中、撮影したものです。
水底の世界-2
これには童話の世界を感じます。
水底の世界-3
窓から、夕方の外の世界を見ているような雰囲気がありますが、実は水底の世界・・・・ちょっと不気味か。
水底の世界-6
これも、目黒川で撮影しました。なにか 物語が始まりそうな予感がします。
水底の世界-4
少し足を延ばし、洗足池を散歩し、撮影したものです。「バオバブ」の木のような感じがします。水面下には大きな鯉がいて、水面を揺らしています。不気味な感じがするこの写真が 一番好きですが、どう思われますか?
スポンサーサイト



  1. 2013/03/31(日) 12:18:49|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳登山

20歳そこそこの若者が、良いカメラを持ちさえすれば、人をうならせるような写真が取れると錯覚し、当時 世界最高と言われたNikonFを購入。いざ撮ってみると、ニコンクラブの倶楽部誌に載るような写真は 撮れません。
猫の小判、宝の持ち腐れ、カメラは道具なのですね。
絞り、シャッター速度、ピント、フレーミング、シャッタータイミング、全ては、人の判断。うまく写れないのは、写真を撮った人の責任。
それから、ニコンと格闘すること約4年、その後は 就職、結婚、子育てと追いまくられ カメラを手にするのは、家庭で子供の成長を撮る程度になってしまいました。
10年ほど前、押入れの中からお菓子のブルキ缶が出てきて、なかには、当時撮っていた カラースライドが出てきました。多くのスライドは褪色し 当時の色調は失せてしまいましたが、フィルムスキャナー(CanonのFS-4000?を使っていました)でデジタル化しました。これで、これ以上の褪色を防げます。
カラー写真は ネガで撮ると現像、焼付け(4つ切りに伸ばしたい)と費用がかかるので、リバーサルフィルムを使っていました。しかし、リバーサルは露光の許容範囲が狭いので、絞りとシャッター速度をどうするか、いつも悩んでいました。結果的にそれが良かったのですね。現在 白黒フィルムで撮影していますが、露出計なしの撮影でも、痛痒を感じないで撮影できています。
八ヶ岳-18b
この写真は、小学校時代からの親友と2人で、八ヶ岳の縦走をしたとき撮ったものです。赤岳近くの山小屋に泊り、早朝の朝日を撮ろうと 小屋を抜け出しました。朝日(ご来光というのですかね?)を見ようと数人の人が続きましたが、まだ、カメラが高価な時代、カメラを構えていたのは小生だけでした。三脚は使わず手持ち撮影です。
夏とはいえ、早朝の冷気が漂っていました。
八ヶ岳-22b
これも 早朝 あまりの美しさに、宿をぬけだし、必死になって撮った覚えがあります。空から火が降り落ちてくるようでした。大分 褪色してしまったなという印象です。こんなものではない、もっと深み/凄みのある朱色だったという記憶が残っています。
1968年11月23日 天狗岳登山 -24
八ヶ岳の縦走は、いい思い出になりました。
登山・撮影熱に浮かされ、同じ年の11月 勤労感謝の日に再度天狗岳めざし登山しました。このとき持参したのは、Nikon SP レンズはNikkor 28mm F:3.5 フィルムはTri-X。
登山装備が重いので、なるべく軽くと、このカメラを選びました。
1968年11月23日 天狗岳登山-17
天狗岳の頂上から硫黄岳を撮影。その奥には主峰の赤岳が続いています。稜線を登山者の列が続いていて、米粒より小さいのですが。引き伸ばすと一人一人判別が付きました。S用Nikkor 28mm F:3.5の威力をまざまざと感じ、好きなレンズの1つになりました。

 
  1. 2013/03/29(金) 23:13:49|
  2. 思い出の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまりの一枚

ずいぶん久しくカメラから遠ざかっていたが、ふとしたきっかけで、出張に 昔使っていたNikon SPを もっていった。帰国後 現像 焼付けをしてみると 思いのほか よく撮れていて、「写真て、いいものだな」と感じ、それからは、勤めて 出張にもカメラを持参するようになっていた。
2001年ベルゲン-10
これが カメラを再開するきっかけになった写真です。人種、育った環境、背負った歴史は 違えども、そっと寄り添い、相手を大事に思う心は伝わってきます。演出のないスナップ写真は良いですね。 2001年9月 ノルウエーのベルゲンの町 カメラは NikonSP Nikkor 50mm F:2.0 フィルムはTri-Xを使用。
その後、2004年に 会社を卒業、そして、約6年前より 散歩にカメラをぶら下げ 街をスナップ撮影し楽しんでいます。世の中はデジタルカメラ全盛、背を向けるわけではないが、古いカメラで 銀塩写真を撮り、現像し、スキャナーで取り込み、プリンターで打ち出している。そのプロセスが 楽しいのでしょうね。
  1. 2013/03/19(火) 16:30:47|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR