FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

池のカモメ

公園の池に毎年寒くなると鴨がやってくるが、
海辺に生息するはずのカモメまで やってくるようになった。
文庫の森1167-38 B
独りぼっち?
文庫の森1167-38 A
鴨の群れを見つめるだけか?
文庫の森1167-39
そのうち この群れのなかに 入っていくのではないかなぁ・・・と期待している。

スポンサーサイト



  1. 2019/02/28(木) 12:45:40|
  2. 猫、犬、鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の暑い日

曇天だが、蒸し暑い夏の日、勝島運河の土手を散歩していた。
人影はない。蒸し暑さを逃れ、冷房の効く部屋で、高校野球を観戦しているのだろう。
鳩776-18
いるのは鳩の集団だけ。それも、飛び立とうとはせず、羽を休めている。
手にしたカメラには21mmの超広角レンズがついていた。
しゃがみ込み、じりじりと鳩の群れに近づく。
鳩776-21 Ⅱ
暑さに動くのも億劫なのか、飛び立とうともしない。距離を詰め一枚、シャッターを切る。
レンジファインダーカメラなので、最短に近づいても1mまで。これが限界。
鳩776-25
面構えのしっかりした鳩が、小生を睨む。
Rollei Retro80Sのフィルムに、R72のフィルターを付けて撮影。かなり無理した撮影だった。
工夫と体力で不足分(キャッチーさ)を補おうとするが、・・・意欲は空回りし、ついでに体力のなさを感じています。
秋も深まれば、渡り鳥もきて、水面は賑やかになるでしょう。
そのころ、また散歩してみよう。

  1. 2015/08/30(日) 12:45:43|
  2. 猫、犬、鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩の子

8月の中ごろ、老妻がヒマラヤ杉に鳩の巣を発見。位置がいい。枝に隠され中まで良くは見えないが、どうも卵を温めているらしい。空からはヒマラヤ杉の葉に隠され見えない。鴉に狙われることはない。猫がこの樹に上ることもないだろう。確かに産んで子育てするにはいい場所だ。ただし、老妻と小生が、危害を加えない動物であればの話ではあるが。
8月の終わりの昼ごろ、小さな卵が1つ、ヒマラヤ杉の葉の上にあるのを、老妻が発見する。親鳥もいない。
「育児放棄?」老妻は、悲しげな顔をしている。
夜になると、親鳥は、何事もなかったように巣の中にいた。育児放棄ではないようだ・・・・
1週間すると、子供の鳩が巣の中にいるのを発見。親鳥が子供に餌を与えている。
これは、どういうこと??
二匹も同時に子育てするのは難しいという自然の摂理か、一羽生まれたら、雛の孵らない卵は捨ててしまうのだろうか?
だとしたら、捨てたのは誰? 親鳥?それとも先に生まれた雛?残酷な気がするが、そんな想像をして楽しんでいる自分がいる。
鳩DSC03520
雛はあっというまに大きくなっていた。親鳥ともうそれほど変わりはない。巣までは2mほど、枝が邪魔して写真に撮れなかったが、ようやく、巣立ちが近くなったか、巣をでて枝に止まるようになる。
まだ、人間が凶悪だとは知らないのだろう。三脚をセットしカメラを構えてもきょとんとした顔をさせている。
鳩までの距離は1.5m程度。身を乗り出し手を伸ばせば届く。
何枚か、記念に写真を撮る。
鳩DSC03555
それでも、お腹をすかせると、巣に戻り、親鳥の帰ってくるのを待っている。
いつになったら一本立ちするのだろう?
 
撮れた写真を、PCのモニターに映し、老妻に見せる。
「生まれたばかりの時は、もう少し白く可愛げだったのに・・・・」「これでは、恐竜の顔」
すこぶる評判が良くない。公園で見かける羽の綺麗な鳩を期待していたようだ。
数日後、図書館から帰ってきた老妻曰く、「あれは土鳩」と一言。
そして、鳩は、無事巣立ちしていきました。
  1. 2014/10/05(日) 15:57:57|
  2. 猫、犬、鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この頃 猫の姿が少なくなって・・・と思っていたら

以前 近所を散歩していると、猫の姿をよく見かけ、その姿をカメラに納めていたが、この頃は少なくなった気がしている。
猫好きな方は、猫の愛らしい姿を うまく捉えるのですが、あまり猫好きでないにのかなぁ~ 猫の生態をうまく捉えることができません。
と思っていたら、散歩中、立て続けに3匹の猫に遭遇。やはり猫はいますね。猫を見る眼のない人には、猫もその姿を見せないということでしょう。
これはラッキーと、撮影させてもらいました。
猫527-20
老女に撫でられ安心しきった顔で、猫が眠っています。場所は、林試の森。ベンチに座っている老女いわく、「今はノラ猫とは呼びませんよ。地域猫です。」とのこと。公園に来る人が、替わり番で猫の世話をしているようです。確かに以前撮影した林試の森の猫たちも、人に馴れ馴れしい感じでした。
猫DSC06738
二日後、上大崎から目黒駅に向かって散歩していると、住宅地の歩道に野良猫が寝そべっています。毛並みに輝きがないので老猫でしょう。見ると左耳がありません。昔、けんかして失くしたのでしょう。嘗ては このあたりを取り仕切ったやくざ猫??それとも馬鹿にされ、いじめにあっていた猫なのか? いじめは 人間界だけの悪しき行為、猫界にはないでしょう。気性の荒い猫なのでしょう。カメラを向けると、「ふぅーー」と威嚇の声をあげますが、声をあげるだけで、動こうともしません。ノラなら、起き上がり、すぐにどこかへ消えていくのが普通です。疲れているのか? こいつは危害を加えてこないと踏んでいるのか? 
林試の森の猫と境遇が違いすぎます。鼻もたれ 情けない貧相な猫ですが、愛猫家の人は、こんな猫も被写体にするのでしょうかね? 「親分 さようなら」と言って別れました。
猫529-4
更に 3日後、洗足池を散歩。池の周辺は 大会社の幹部社宅などが点在する高級住宅地になっています。この猫は、散歩歩道の脇に座り、優雅に池の景観を楽しんでいました。鈴が付いているので、近くの豪邸に住む猫様でしょう。小生が、撮影で近づいても、あまり関心を寄せません。「写すの?いいわよ。綺麗に撮って」という感じか。育ちのいいおっとりとした顔立ち、横すわりした、足の出し方も 妙になまめかしい。
いろんな猫さんが、いますね。

  1. 2013/05/20(月) 08:17:36|
  2. 猫、犬、鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥を撮る(4) 冬になると鴨が 戸越公園にも飛来

毎年 冬になると 戸越公園の池に、鴨が飛来します。餌になる水草は少ないのに・・・と疑問に感じていましたが・・・。
鴨313-3
パンくずをあげる人が、数人いるようです。確かに「鳩に餌をあげないで」という看板がありましたが、鴨にあげないでという警告はありません。鳩のように居ついてしまう鳥は問題なのでしょう。
午後3時頃の撮影です。曇天でしたので、シャッター速度1/500秒 絞りf:2.8で撮影しました。レンズはヘリオス53mm F:1.8 ソ連製です。よく写るレンズだと思うのですが、中古市場で2000円程度で購入できるのでは?コンタックスマウントのソ連製KievやContaxⅡ(戦前)、ContaxⅡa(戦後 西ドイツ)のカメラに対応。日本で対応するカメラを使用する人は かなり少ないでしょう。需要と供給から 値段は安くならざるを得ません。
2週間ほどたち、そろそろ 鴨は帰ったかな? 確かめに戸越公園へ行くと、同じ「おじさん」が パンくずをあげていました。数は減ったものの、鴨はまだ残っていました。家にとってかえし、180mm望遠をつけたNikon Fを持ち出し、飛んでくるところを撮影。
鴨319-4
鴨までの距離は 4m~6m 望遠で撮っているのですが、右にいてパンくずを投げている「おじさん」、自分の姿も撮られているのでは、と訝しげな顔をしていました。写ってはいませんよ。
  1. 2013/04/22(月) 15:46:09|
  2. 猫、犬、鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (114)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (90)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (190)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR