fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

青写真  トーン逆転の試み(3)           エプソン・フォトマット紙を使う

青写真を焼いてみて、
予想を超えた好ましいトーンの時には、してやったりとほくそ笑むが、
トーンの逆転(変容)は、予想を超えることは少なく、むしろ欠点が眼に付き、がっかりする。
同じようなトーンを狙い、再度試みるが、またちょっと違ったトーンの青写真になってしまう。
「トーン逆転(変容)」の条件はかなり狭いし、見応えのあるトーンは難しい。
エレコムの光沢(写真)用紙、スーパーファイン(マット)紙、百均(Watt's)の画用紙などは、かなり再現性は高くなったが、
一番難しいのがエプソンのフォトマット紙だった。
そこで敢えて難しいエプソンのフォトマット紙を使い、
トーンの逆転(変容)の因子を更に探し出そうとおもった。
時間はかかり、沢山の失敗をしたが、研究とはそんなもの。
簡単に結果は得られないが、変容の因子と条件が分かってしまえば、
綺麗で好ましいトーン逆転(変容)の青写真を焼けるようになると思う。
(青写真も化学反応、反応のメカニズムが働いてトーンの変容が起きている。それを明らかにするのがサイエンスの眼。)
エプソンフォットマット紙 青写真 トーン変容
黒髪は白髪になり、濃いエッジが体の輪郭を強調していた。
トーンの変容が起きている。
マン・レイの作成した銀塩写真のソラリゼーション効果によく似た効果がでていると思う。
それを確認できるのは、唯一、紙に焼いた青写真だと思う。

デジタルのRGB画像と比較すれば、
絵画や写真は
地味で、ぼんやりとしている。
でも、特別な装置は必要なく、
いつでも手に取って見ることができるのはメリット。
壁に掛けて見たとき、
使われた布、紙の質感、絵の具、銀塩の質感など、
全ての要素が、鑑賞の対象になる。

デジタル画像は、
スクリーンやモニター画面に映し出されるだけ。
見た瞬間、分かってしまい、
細部までよく見てみようという気が起きない。

キャンバスに描かれた絵や、印画紙の焼かれた写真は、
じっと見ていると、作家の資質に関連した何らかの発見がある。
アナログの良い作品には、作者の視点、狙い、息遣いを感じる。
以前は、デジタル画像をプリントして紙でみていたが、
この頃は飽きてしまい、プリントしなくなっている。
画像データーは、すべてハードディスクの中で眠っている。

断捨離にはいいだろう。
そのまま廃品にすればそれで終了するから。




スポンサーサイト



  1. 2024/03/29(金) 17:00:54|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青写真  トーン逆転の試み(2)         

テストピースを作り青写真のテストをしている時、ちょっと変な現象にぶつかる。
それを追求していたら、青写真でも、ソラリゼーションに似た変なトーンの青写真ができるようになった。
その条件は かなり限定されたもので、また使う用紙によって、変わる。
青写真 トーンの変容
画用紙の場合、(A9)3と(A9)3Sの感光液を使った場合、ごく狭い範囲で、トーンの変容が起きる。
エプソンのフォトマット紙の場合では、(A9)3Sでのみトーンの変容が発生したが、その生成条件は更に狭くなった。
トーンの変容条件はまだ定まっていない。
青写真を作るたびに、異なったトーンの青写真になる。
「トーンの変容」は底なし沼のようだが・・・それが面白い。



  1. 2024/03/27(水) 21:39:48|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

用紙と青写真印画紙

デジタル化された文章あるいは画像は、
インクジェットプリンタでプリントアウトされるようになった。
それに伴い沢山の種類の用紙が販売されるようになる。
その用紙で青写真印画紙を作り、テストしている。

普通紙では
Free Kraft Paper(SAKAE TP)
奉書紙(大直) コピー&プリントできるとのこと
FINE紙(ORION)
エレコム スーパーファイン(マット)紙、
白洋紙(世界堂で購入)
エプソン フォトマット紙

光沢紙では、
エレコム 光沢紙(厚手&薄手)
コクヨ 写真用紙(光沢)
エプソン ライト、
エプソン クリスピア

を試してた。

それ以外に、
水墨画用和紙、
画用紙(百均の、ダイソーとワッツ) も試している。

どれも一長一短があるが、
感光剤の選択、塗布の方法、現像条件など変えることにより、感度、トーンは変化する。
それを見極めれば、実用できるのではないかと希望的な見立てをしている。

大井町再開発 1605-11
1月の始め、大井町へ出たとき撮影したもの。
年末に制作した青写真を使ってみた。
作った当初は感光剤は紙の繊維に均一に入っていて、青写真の感度、濃度、コントラストも高く好ましいものだったが、
大井町 再開発
約80日後になると、感度は約半分、保存中にクエン酸鉄結晶の改変(ポリホオリズム)があったのか?ザラついた画像になる。
水洗すると、色落ちも大きい。
今まで作成した沢山のテストピースを もう一度見直している。
そのテストピースから、解決の糸口が見つかると思っているが、
当面は 塗布したら数日以内に使うことになる。
青写真・・・難しいなぁと思う。(だから"わくわく"している。)


  1. 2024/03/24(日) 14:11:48|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青写真 トーン逆転の試み(1)          昔のネガから

銀塩写真には ソラリゼーションという 特殊な現像法(表現法)がある。

現像中、ドアを開けてしまいフィルムに光が入る。
慌ててドアを閉じ、現像を続行した。
すると、偶然トーンが反転したネガを得た。
マン・レイは それを失敗とせず、その効果を積極的に利用し作品作りに生かしていく。
予想不可能なトーンの変化は、シュールリアリズム運動と共通する点が多い。

青写真でも 一部トーンが反転した画像を得ることがある。
まだ、これはという青写真を得ていないが、更に条件が分ってきたら、青写真の「表眼範囲」を広げる可能性はある。
ポートレート-1 青写真
今、青写真の印画紙作りに難航している。
ちょっとした差が トーンの逆転を生じる。
それは、感光剤の塗り方(厚みの均一性)によると 思っているが、コントロールが非常に難しい。
ポートレート- 932-7 ノーマル画像
黒髪は白髪となった。
肌の色はもっと黒くなると予想していたが、それほどでもない。
左隅のカーテンは薄く、それより右は濃くなっていく。
これは、トーンの逆転が起きているようにも思えるが・・・完全な逆転ではない。
明るい部分の反転はないので、暗い部分のみ トーンの逆転が起きている。
これは 銀塩写真と大きな違いになっている。

いまだ条件は定まらず、出たとこ勝負、予想不可能な画像になることが多い。
まだまだやるべきことは沢山残っている。



  1. 2024/03/17(日) 21:07:23|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

青写真 紙の選択                Cyanotype directly from Nega

紙の質によって青写真のトーンは異なる。
ハイキーにしたい、ローキーにしたい、暗い部分の濃度を上げたい。
綺麗に整ったトーンにしたい。
それを追求すると、
紙質に合わせ異なった種類の感光液が欲しくなる。
紙の前処理、塗布の仕方、印画紙の後処理、現像液の組成検討などを行い、
トーンを変えられないものか いろいろ試すようになる。
意外と青写真 奥が深い。

使用したネガは、近くの文庫の森公園(品川区)で撮影したもの。
フィルムはFomapan100 レンズはM42マウントのSMC-Takumar 50mm F:1.4
それをマウントアダプターを介しNikon Fにつけて使用した。
文庫の森607-20
現像は自家配合の(AⅢn1)現像液を使用した。
昔の分類に従えば(超?)微粒子現像液に入るかもしれない。
もとは高感度フィルム用に開発した現像液(A)で、
特徴は、銀粒子を荒らさず、豊かなトーンになるように開発した。
豊かなトーンを犠牲にするなら、TRI-XでASA1600(ISO1600)まで可能だった。
Kentmere400、イルフォード・デルタ3200、Neopan1600で使用していた。
増感しなければ高感度フィルムでも、それほど粒子は荒れないので、
イルフォード・デルタ3200には最適な現像液だと思った。
アグファのRPX400を使った時、組成を調整し(AⅡ)になったが、
Retro400など、ポリエステル系フィルムを使用するようなってから(AⅡ)は使用しなくなった。
ピクセル等倍
Retro系フィルムの現像液は、軟調から硬調まで 沢山の現像液を作ったので、
「微粒子現像」は考慮外だった。、

去年になって配合を調整し、(AⅢn1)を作った。
今回の配合はかなり面白いし、理にかなっていると思う。
そして意外と使いやすいので、微粒子で豊かなトーンをと思うとき、
この現像液を使うことが増えて来た。
等倍に拡大しても、粒子は目立たないと思う。

このネガを使用し、青写真のテストを行った。
新宿の世界堂で購入した「洋白紙」を使用した。
メーカーの名前がないのが、ちょっと不安だが、
次回、購入時には確認してこようと思う。
文庫の森 青写真条件探し
感光液(A9)3を乳剤化した感光乳剤EM-GP2を使用した。
従来法と同じように感光剤と赤血塩を混合して青写真印画紙を作り、水現像(実際には少量の酢酸を加えた水)で 現像したが、
余り良い結果は得なかった。
混合した感光液は不安定で、長期保存は利かず、塗布してすぐ使う分には問題ないが、
長期の保存は難しい。(印画紙も保存性問題あり)
文庫の森 青写真
感光液、あるいは感光乳剤と 現像成分赤血塩(フェリシアン化カリ)は、別にして、現像のとき使う方が合理的だと思うが・・・・
鮮鋭度という点では、従来のやり方のほうがいいのかもしれない。(まだ結論でていない)

一回塗布でもそれなりにトーンはでる。
しかし、二回塗布のほうが、いろいろ細工できるような気もする。
感光液にはまだ (A9)3, (A9)3S, EM-BD05が残っている。
これもテストすることになる。

今は、結果を早く出すことが求められ「高評価」がつく。
そんな時代、銀塩フィルムで写真を撮り、青写真? 
こんなかったるいこと今の人はしないだろう。

フィルム写真の時代は終わったと思う。
見比べたらデジタル写真のほうが綺麗だし、精細なディテールもでている。
なんでフィルムか?と詰問されたら、グーの音も出ない。
デジタルなんて誰でも綺麗に撮れてしまう。失敗無い写真なんて、薄っぺらい  などと悪態つきながら、
フィルム写真は、隠れて細々と、自己満足の世界に追い込まれていく。 
  1. 2024/03/11(月) 18:43:29|
  2. 青写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (264)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR