fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大井ホッケー競技場              Rollei赤外400

調べてみると、
東京オリンピックでは、
品川区内でも二つほど競技が行われていた。
一つはホッケー、もう一つはビーチバレー。

かなりマイナーな競技だが、コロナ騒ぎがなかったら、
どんなものか会場に行って確認したと思う。
コロナの影響で、
オリンピックそのものに疑問を感じ、意識を向けることはなかった。
オリンピックは「興行」で、高い理念は単なる宣伝文句にすぎない・・・・白けた気分でいた。
でも祭りとはそのようなもの、
祭りのあとこそ面白いものと故人も 云っていた。
ホッケー会場は、散歩コースから少し外れた場所にあった。
散歩コースを少し広げてみようと、カメラを持って出かける。
大井埠頭海浜公園1423-2
地図で確認すると、散歩コース「勝島運河」のすぐ先。
運河から徒歩で10分ぐらい、行ってはみたものの、千駄ヶ谷のオリンピックスタジアムと同じだった。
広い会場は改修(元に戻す?)工事中で入れない。
大井埠頭海浜公園1423-7
これがレガシーとして残る記念碑かなぁ。
大井埠頭海浜公園1423-8

大井埠頭海浜公園1423-11
どう廻っても侵入できるところなし。
大井埠頭海浜公園1423-13
柵の編み目にレンズを突き刺し撮るのがせいぜいだった。
スポンサーサイト



  1. 2021/12/31(金) 12:13:00|
  2. オリンピック残映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hall A

国際フォーラムは、
嘗て都庁があった場所に建てられている。

有楽町のビッグカメラに来たついでに、写真に撮っておこうと思った。
ここはオリンピックの時、ウエイト・リフティングの会場になっていた。
Hall-A1406-4.jpg
原宿や千駄ヶ谷の国立競技場は、
オリンピック後、改修工事が行われ、近づけなかったが、
国際フォーラムではすでに催し物が開催されていた。
Hall Cの前には、若い女性が入場待ちで行列を作っていた。
殆どが女性、男性の姿は殆どない。
Hall-A1406-8.jpg
Hall A の前には人は居ない。
道路側の入り口へ廻ってみる。
Hall-A1406-9.jpg
エントランス・ゲートに、10名くらいの係員がいた。
これからイベントがあるという。
その準備に追われているようだった。
この場所では撮りようもない。
外に出て、来たというアリバイをつくるため、一枚 撮影。

国際フォーラムは高いビルに囲まれた場所。
光が入る時間帯は限られる。
綺麗な写真が撮りたかったら、
いい時間帯を見つけるため、何度か通わないと難しい。
曇天だとかなり暗くなる。
建物の中に入って撮るなら、高感度フィルムがいいだろう。
建物の材質感、構造をきっちり撮りたかったら、三脚と中判カメラの出番となるが、
三脚を持ち込んだら、許可を取る必要も出てくる。
散歩にカメラではなくなる。
止めておこう。
でも、高感度フィルムで、もう一度撮ってみようと思っている。

  1. 2021/10/09(土) 11:22:38|
  2. オリンピック残映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原宿へ

国立競技場を見た後、再び原宿に戻る。
原宿へ1401-43
明るい空が画面に多く入ると、トーンは破堤しやすい。
空を意識して露光を切り詰める。
暗い部分は黒く潰、のっぺらな表情になる。
アレボケブレの時代なら、
空を焼き込むか、あるいは白飽和させ、暗いところは、黒く潰すところだろう。
なんともトーンの定まらない無様な写真になった。
原宿へ1401-46
空の部分を最小化、空は白く飛んでいるが 全体からみたら目立たない。
このフレーミングのほうがトーンは繋がる。
原宿へ1401-8
ネガフィルムは、白飽和に対し粘りがある。
暗部の方に露光を合わせた。
明るい部分に対しても、銀粒子がでやすくなる傾向にあるが、
黒潰もさせず、白飛びも避けるとしたら致し方ない。
このトーンが、Retro80Sと硬調な現像液の組み合わせの限界だろう。
  1. 2021/10/06(水) 10:42:08|
  2. オリンピック残映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立競技場          オリンピック・スタジアム    Retro80S 硬調現像液

代々木の体育館を見た後、徒歩で国立競技場へ向かう。
ずっと昔、国立競技場へは(水泳場だったような気もする)
東京オリンピックが開催される前から来ている。
そのときは、千駄ヶ谷の駅で降りていた。
個人的には千駄ヶ谷国立競技場だと思っている。
国立競技場1401-13
原宿から歩いてきて競技場にぶつかる、
時計回りで一周しようとした。
すぐ全体が見通せる場所にでる。
観音坂付近で撮影した。
ここも閉鎖され、工事中だった。

現像は硬調な現像液(Ⅳd5)を使うつもりで居た。
露光は、空に注目したら、f;8/500秒、建物ならf:8/250秒、
でもそれでは暗い部分は潰れる。
結局 f:8/125秒を選んだが、それでも、暗い部分は潰れていた。
国立競技場1401-23
この辺りになると、光は斜光から順光になる。
人影はない。
露光はf:8/125秒でも暗部は潰れていない。

カラスが一羽、枝に止まっていた。
競技場の各階に、ぐるりと樹が植えられている。
灌木だから大きな鉢植えかもしれない。
大会の意義、グリーン(環境対策)のイメージを表現するためだろうが、
それを維持するためには、かなりのコストが今後もかかる。
どうなるのでしょう?
カラスが暗示的に思えた。
国立競技場1401-25 Ⅱ
空の部分を減らし、暗部の黒潰をなくすよう更に一絞り分、露光を増やす。
国立競技場1401-29 Ⅱ
ギリギリ黒潰は防げたと思う。
フィルムは、白飽和に対し粘りがある。
硬調な現像液の場合、オーバー露光はちょっと躊躇するが・・・・どうにか白飽和も免れていた。
国立競技場1401-34
うっすらと光芒を感じたので、建物をシルエットで抜いてもいいと、
空に露光を合わせた。

露光計内蔵のカメラではないが、
この歳まで写真を撮っていると、
光のレベルはほぼ経験から推定できる。
勿論、露光計内蔵のカメラの方が、
露光で失敗することは少ないが、(自動で選んでくれるので)
なくてもそんなに失敗することはない。(あるけど気にしない、それも面白み)
単独の露出計、重さが有り、散歩に持って出るとなると億劫になる。
何でわざわざ光の強さを計らなければならない?
NOだ・・・という気分になる。
国立競技場1401-37
競技場と道一つ離れ、
オリンピック・ミュージアム(博物館)があったが、
ここも閉館していた。
コロナ感染がなかったら、多くの人で賑わっただろう。
コロナ感染下でも、それなりの来場者はいたと思う。
いまその役割を終えたが・・・今後の身の振り方どうなるのだろう?
レガシーとして有効活用して欲しい。

オリンピックの収支と今後の維持は、
結局税金ということにならなければいいのですが。
  1. 2021/10/04(月) 21:39:54|
  2. オリンピック残映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピック残影       Retro80S (Ⅳd5)現像

コロナ禍で開催されたオリンピックとパラリンピックも終了した。
期間中は、混雑するかもと思い、会場には近づかなかった。

祭りはその後こそ味わいが深いもの。
山の手線に乗り、原宿で下車した。
オリンピック残影1401-4
代々木競技場に人影はなかった。
競技が行われなくとも、
建物に近づくことはできるはず。
入り口へ向かう。
オリンピック残影1401-5
しかし、閉鎖されていた。
特設された設備を撤去工事中との知らせが貼られていた。
オリンピック残影1401-6
オリンピック残影1401-7
原宿の街に人出は戻っていたが、
競技場周辺の人影は少なかった。
祭りの後・・・特設設備は撤去され、
何事もなかったように、昔の競技場にもどろうとしている。
東京オリンピックのレガシーとして記憶に残るのは何だろう?

  1. 2021/10/03(日) 11:22:23|
  2. オリンピック残映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR