fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

4月30日 戸越銀座商店街 

毎日 家の中で缶詰状態になっている。
夕方、専門者会議の様子をTVで見ていた。
どうしたものか?と、専門者会議のコメントに反応してしまう。
「あなた方は、やったふりをしているだけ。」と思えてしまう。
初期対応の稚拙さを隠したいのかなぁ?責任逃れの言動のように感じた。

批判に耐えるエビデンス(証拠)を開示することなく、
実効感染者数が1を切ったとか、80%の削減になっていないとか、
専門用語で(一般の人、小生も知らない)説明うけても 理解は難しい。
返って、言い訳をしているだけのように聞こてしまう。(煙にまくつもりか?)
人との接触を避けるのが必要なのは、だれでも(定性的)知っている。
だから、専門者会議は、その裏づけ、となる事実(ファクト)と
解析に使ったパラメーターの正統性のエビデンスを開示すべき。(定量的)
明快なデータ、証拠の開示がなされず、ただ80%削減ができていないと、定性的な発言をするだけ。
言葉では、「皆さんのお陰で、感染の速度は低下している。感謝している」
と言っていながら・・・そんな趣旨の発言があった。
削減できない原因は国民にあると、責任転売しているようなもの。
やったふり?・・・・それとも、将来寄せられる非難の眼を逃れたい・・・・のか?
へんな勘ぐりをしてしまった。
全く 暗い気持ちになる。
メンバーのそれぞれの方は その道の権威ある人なのだろうが・・・
専門者会議の組織運営(システム)に問題があるのかなぁと思えてしまう。
メンバーの構成が悪いのか、運営が下手なのか・・・?
あるいは、「ドン」のような人がいて、その人の判断ミスを庇うべく、忖度しながらの会議なのか?
よくわからない。
どんどん政府主導の(官製)専門者会議の信頼感は失われていく。
----------------
座りきり老人は、寝たきり老人の始まり。
それはまずいと、昨日 30分ほど散歩。
地元 戸越銀座商店街を歩いてみた。
4月30日戸越銀座DSC06316
時間によるのだろうが、そんなに混んでいるわけではない。
4月30日戸越銀座DSC06320
人気唐揚げ店も、列をなして待つほどでもない。
4月30日戸越銀座DSC06323
2週間くらいまえから、店頭でマスクを売る人が増えていた。
売り子は、大体うら若き女性。
転売品ではありませんと断り書きがしてあった。
最初の頃は高いので50枚売りではなく20枚組になっていて、4000円以上の値がついていた。
一枚での販売もあった。
それでも、購入するする人がいたようで、一回りして同じ店頭に戻ると箱の数はかなり減っていた。

さすがにこの頃は、需要は一巡したのか、値段が下がってきた。
50枚一箱、3000円、この店は2900円に下げている。
こんな町ち売り、3店舗ほどあったが、店により3000円だったり、まだ強気の3600円を付ける店もある。
マスクの値段は 品質と需要で決まる。
法律に従って販売しているだけ。
暴利をむさぼっているわけではない。
(自由主義のこの日本で、自由に)金儲けしてはいけないのですか?
村上ファンドを率いた村上氏の考えと・・・なにか違いあるだろうか?
小生、去年の花粉症対策の使い捨てマスクが残っていたので・・・・このマスクに手を伸ばすことはなかった。
4月30日戸越銀座DSC06324
駅前の鯛焼き屋も、いつもの通り。
時間、タイミングによるのだろうが、70%くらい通りを行く人は少なくなっていると思う。
-------------------------------
毎日発表される感染者数に一喜一憂するのはナンセンスだろう。
PCRの検査数もハッキリしない。
感染者のカウントも、自治体(東京都)と民間検査所のその日の合算だったり、次回の日にまとまって報告されたりと、バラバラ。
この頃は感染者の数が50名を切っている・・・と、良い兆候に考えたいのは判るけど、
ノイズが多くなるのは最初から想定していた。
解析は累積した数で行うべきだろう。
収束予想 2
毎日の感染者数は、Case 0と対数関数近似式の間にプロットされるものと想定していた。
かなりばらつきますね。累積感染者数は、どうやら5月4日 想定していた人数近くになりそうです。(対数近似だと5000名前後)
収束予想 3
次の段階では、収束の予測となるが、
現像の飽和現像挙動に似てくるのではと想定している・・・論理的な根拠はないが、実験式に当て嵌め、
一致するようだったら、そこから何故?と理論(メカニズム)を考えるきっかけになるだろう。
観測して得たデーターは重要。
むしろそのデーターに合う実験式を探し、そこから、反応のメカニズムを解き明かすこと・・・これも突破口になり得る。
合わないようなら、また違った関数式を当て嵌めてみる。

  1. 2020/05/01(金) 21:41:06|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レタッチソフトで合成してみる。

専門者会議の発言が 曖昧模糊としてピンとこない。
厚労省のホームページを開き、確認してみた。

そしたら会議のメンバーが説明に使う数理プログラムで描いた感染者推移グラフが載っていた。

3月の終わりごろか、専門会議にメンバーが、マスコミに向け80%削減しないと防げないというアナウンスをした。
その根拠のグラフが載っていた。

しかし、80%という目標値がマスコミで報道され、そんなことできるかと騒ぎになる。
すると、しばらくして、同じメンバーの人が、
いや、80%という高い値を設定しないと、必要な削減率は達成できないだろうと思って出した数字。
60%でも削減することはできます、と笑顔で真意を説明したことを覚えている。

これが 対策専門者会議から出されたグラフ。
専門者会議資料 シュミレーション
確かに80%の例が載っている。
更に90%ともなれば、劇的にコロナウイルス感染者は減る。
65%でも期間は伸びるが どうにか収束に向かう。
65%で緩やかに減らしたほうがいいか、
中国のように都市封鎖して、90%以上削減し、流行を抑えるか、
それは政治判断だろう。
その後の緊急事態宣言では、
安倍首相は80%以上、少なくとも70%削減してくれと言う。
安倍首相は、この図に従い専門家から説明を受けたものだろう。
首相の発言は、妥当な数字だと思うが、
感染拡大の兆候を捉えたら、間髪いれず出すべきという想定でシュミレーションしたもの。
宣言を出した時、既にかなり感染が進んでいて、誰の眼からも遅すぎだと感じていた。

首相のコメント(80%削減効果)をマスコミに求められた専門者会議のメンバーの一人は、
(もっと早く出してよと・・・内心思っただろう。)
宣言は遅すぎた、このグラフのようには進まないのではと、疑念を生じるのは致し方ない。

マスコミの取材に、
「いや、80%がいいとか、90%だとか そんな確定的な数字は言っていない」と委員の一人は、きっぱりと否定していた。
狐に摘ままれたような感じがしてたが、このグラフを読むと・・・そうだよなと 今までの委員の発言に変に感心してしまった。

劇的に防止するか、ゆっくり経済に悪い影響をさけるよう対策を考えるかは政府の役目。
対策専門者会議のメンバーの策定するところではない。(・・・と、小生 少々同情的。)
東京都 新型コロナ感染者数
一方 これは昨日の「都内の最新感染動向」に載せられた感染者の発生グラフ。
これを、厚労省のグラフに重ねれば、感染のどの段階に今あるのかわかるだろう。
画像の重ね合わせは、デジタルのもっとも得意とする分野。
レタッチソフトに取り組み、重ね合わせてみた。
東京都の実績と専門者会議の比較
上に載せたレイヤー画像を半透明にし、ずらして合わせると、
3月27日あたりで、60%なり70%の自粛が始まっていたとするのが妥当・・・という結果になった。
都知事が都民に向け自粛要請を発信した日に近い。
(間髪入れず自粛制限するなら3月20日ごろだろうけど・・・)
薄々、感染の拡大を危惧していた日本人、既にその心つもりはできていたのだろう。
一気に 自粛モードに入っていた。
政府なんて、いざとなると役に立たない・・・・と諦観しているのかも。
収束に向けて
重ね合わせたグラフが、本当なら(常に疑うべき)もう収束の段階へ進んでいる。
本当だろうか?
連休の明ける頃には、収束か、拡大か ハッキリするだろう。
それまでは 毎日、「都内の最新感染動向」をチェックし、グラフにプロットしていくつもり。
検査の数を減らせば、感染者も減る。
そんな検査の数を操作されたら大変、判断の根底が狂う。
そうでないことを 祈っている。
コロナウイルスは、人間と取引も、人間に忖度もしない。
(公文書を改竄する役所、機密情報にしたがる役所・・・100%の信頼は寄せられない。困ったものだ。)
-------------------------------
昨日の戸越銀座 記録の積りで、午後4時すぎ、30分程度 ぶらぶらした。
街頭のスピーカーからは時折、「不要不急の外出はお控えください。」のアナウンスが流れていた。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06191
昨日より 少し遅い時間。
天気は曇りだが 少し人数増えているかもしれない。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06190
戸越銀座通りから10mくらい中に入った(ローカルな?)スーパーマーケット。
少し狭く、品ぞろえが少ないので、それほどの集客力はない。
ここなら、かなり安全だと思う。
妻は、週2回 ここで買い物をしているようだ。
百反通りのライフや、戸越銀座駅近くのオオゼキなどの、
大きなスーパーマーケットへは 人ごみを避け行かないらしい。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06196
戸越銀座駅前の鯛焼き屋さん。定点で撮っている。
土曜とそれほど変わらない。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06203
オオゼキもそんなに混んでいるわけではない。
80%の削減は達成しているように思う。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06206
唐揚げの人気店も 昨日とそう変わっていない。
宣言下日曜の戸越銀座DSC06208
感染のどの段階に居るのかは、だいぶはっきりしてきた。
怖いのは医療崩壊。
そして、その後に起きる死亡者の増大だ。

4月26日 東京都の発表では累計陽性者は3908名、入院中(病院のベッドで)は2814名、死亡者は100名に上る。
退院した人と、陽性だが軽症(酸素マスク無し)の人(ホテル等の宿泊設備)の合計が994名となっている。
4月19日から軽症者をホテル等の宿泊設備に輸送し、病院のベットを空けるようにしてきたが、
それまでの数日、退院者は52名で変わらなかった。(死亡する方は増えていたのに・・・)
東京の病院のベットは埋まり、あきは少ない。
ちょっとしたことが引き金になって医療崩壊する危険性はある。

韓国の数字(ソウルではなく韓国全土)は陽性感染者10728名、死亡242名 退院者は8717名、 
病院で今、治療を受けているのは2000名弱にすぎない。
日本全体では、既に陽性者数(PCR検査が少ないけど)、死亡者数とも韓国を超えている。
韓国に習い、PCR検査を強化しておけば、感染者数、死亡者数 もっと減らせたと思うし、
医療崩壊の危険を感じなかったと思う。(ドイツも、検査と治療を分けていた。)

PCR検査を拡大すると、病院に人が殺到し、医療崩壊すると唱えていた人は、誰なんですかねぇ?
感染者(発熱)外来をつくり、検査と医療を分離しておけば済む話だと思う。

  1. 2020/04/27(月) 12:14:37|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月25日(土) 戸越銀座を歩く   ・・・・感染が拡大するのは、自粛が足りない都民の責任??

家のなかに引きこもり状態。
妻は、
以前なら、毎週一度くらいの頻度で、
気晴らしもあるのだろう 
渋谷や銀座へ出かけていたが、
二月になってからは、出掛けない。
毎日 戸越銀座の商店街に買いものに出ていたが、
この頃は週に2回程度になっている。
買うもののリストを作り、それから出かけるので、
家を空けている時間も少ない。

時々 妻の許可(ひとこと断って)デジタルカメラを持ち、視察と称して街を散歩するが、
店の中に入って買い物をすることはない。
人ごみの多い所は、避けて歩くようにしている。
4月25日戸越銀座DSC06125
ゴールデンウイークに入った最初の土曜日。(4月25日です。)
晴れて気持ちのいい日だった。
午後2時半ごろ歩いたが、やはり人の数は減っている。
4月25日戸越銀座DSC06149
スーパー前に置かれた自転車の数は、19日(日)より多い。
日曜にはいなかった警備員も立っていた。店内はそれほど混んでいるようにも見えない。
4月25日戸越銀座DSC06150
鮨屋には3名ほど客が入っていた。
人気店で、奥に座敷があり、カウンターと座敷を含めたら20名は入る。
寂しいものだなぁと思う。
鶏のから揚げ屋は、2,3年前にできたものと・・・記憶は定かではない。
人気店で土日は、店の前は行列ができていたが、今はなくなった。
この数なら、外出自粛80%は達成している。
4月25日土曜DSC06138
飲食(食堂)、食品、ドラッグストアーを除けば、半数以上の店舗は休業している。
寧ろ問題なのは、早々店を閉じることを決断した店が出てきたこと。
これって、コロナウイルスの感染拡大が、都民の自覚のなさによるものなのだろうか?

感染の拡大にたいし適切な対応をしなかった政府を棚に上げ、
「国民の者ども、政府のお達しだ。行動を自粛せよ」と・・・責任転嫁しているだけのような気がしてならない。
----------------------------------------
政府の専門者会議には その道のスペシャリストが揃っていると思いたいが・・・・
会議に参加した委員や会長から毎回、自粛率の数字がでても、
その根拠となるデーターは一切出そうとしない。
ただ、「まだ80%の自粛率が達成できていない」と述べ、
自粛率を達成するためには こういうことをしてくれという注意がでるだけ。
これは、専門者会議の役割を誤っているのではないか。
政府責任者が説明すべき事項だろう。
専門家会議は あくまで科学的知見を開示すべきだ。
既に、そんな対策、都民は考え実行している。
妻は、専門者会議の放送をみて、「そんなこと専門家が話す内容か」と憤慨していた。

独立した専門家会議の意見を聞いて、対策を練って発表する、
それが責任ある政府(官邸主導の政府)がすべきことだろう。

これもまた、政府の常套手段、政府の糸ひく専門者会議を作り、
政府の意向を受けた委員に代読させ、政府は責任を転売?
いつもの手かなぁ。
こういう事態になると、誰がリーダーなのか分からなくなる。
これは、日本特有の現象だろう。
すくなくとも他国の首相・大統領は、いい悪いはさておき、当事者意識をもち前面に出ている。
菅官房長官がでてきて
「それには当たりません。適切に処置しているものと承知しています。」と一言、会見を終わらせる、いつもの手かなぁ。
感染収束計算
専門者会議は、感染数理プログラムで、感染をシュミレーションしているはず。
その結果を計算の基になったデータ含め開示し、説明してほしいものだと思う。

エクセルのセル一つずつに計算式を埋め込み、計算してみたが(プログラムで行う数理プログラムと、基本的には同じ)、
パラメーターの数字が、ちょっと変化しただけで、計算結果は「天と地」、「天国と地獄」の差になる。
パラメータの入れ方で、自粛による濃厚接触の削減率50%でも、PCR検査を拡充(拡充するのは政府の責任)して、
感染者を捕捉できる率を70%まで高められたら、感染の収束の道筋は見えるという結果になった。
今、日本のPCR検査は検査数が少ない。(これはずっとマスコミで問題視してきた)
おそらく30%前後と推察できる。
東京都のサイト、「都内の最新感染動向」のデータによると。
PCR検査数の累計は4月25日現在、健康安全センターで9827件
保険適用で民間で検査した件数を合わせると、25980件になる。
累計陽性者は3836名なので、陽性者の発見率は14.7%になる。
韓国では発見率が数パーセントだったと記憶している。
日本のPCR検査数は圧倒的に少ない。(あと3倍は必要)
日本の感染者は PCR検査で陽性と判断された人の3倍(捕捉率33%)から5倍(20%) 
もしかしたら10倍(10%)いるかもと 言われている。(たんなる憶測ですが・・・)

感染を防止する方法は2つ。
①人の行動を更に抑え、削減率の向上を目指すか、(政府はその方向。感染が拡大したら 削減できない国民に責任を押し付けるつもりだろう)
②PCR検査を拡大し、感染者の捕捉率をあげ、感染者の隔離・治療するほうに向かうか(検査と治療は政府の事項、やりたくないのが見え見え)
だろう。
PCR検査を増やすなら、検査と治療は分けて行い、院内感染を防ぐのが・・・常識だと思う。
都道府県は②へ舵を切り出した。政府はようやく追認した形。
政府側のリーダーは誰?姿がぼんやりしている。

TVによく出てこられる感染症専門の女性大学教授が、
流行が始まる前から 警鐘をならし、
検査と治療の分離、PCR検査の拡充を訴えてきたが・・・・
なかなか、そうはならない。
制度上の問題があるのだろうなぁ。
この辺りこそ、組織改革が必要だろう。

米国の感染専門家はいい。
トランプ大統領の発言を即刻(きっぱり)否定していた。

日本の専門者会議のメンバー、
肩書は凄いが、話の内容が薄く、頼りない印象を受けている。
御用学者の集まりとは思いたくないけど。




  1. 2020/04/26(日) 15:09:43|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月24日 五反田

緊急事態宣言下、午後4時ころの五反田を歩いた。
五反田DSC06054
ほっつき歩いたとしても、30分もいなかった。
ただパチパチとシャッターを切り、記録するだけ。
JPGモード 指定はFine そして撮影はPモード、ISOは400に固定してあった。
4時過ぎ、飲食街はこれからという時間帯だが、人影は少ない。
五反田DSC06058 Ⅱ
上を東急池上線の電車が通過していく。
五反田DSC06070
五反田DSC06080
終点五反田駅につながる東急のビル、入り口の自転車置き場も、かなり空きがある。
いまは 宅配(出前)が盛んになってきている。
五反田DSC06087
五反田DSC06095
駅前近くにあるパチンコ屋。
営業していたが、入り口を入ると女性店員が検温、熱のある人の入店は拒んでいた。
コンビニでトイレが借りれなくなったのか、電光板に「トイレご自由に・・・」の文字が流れる。
いろいろ気を使いながら、役割も果たしていますという姿勢を示したいのだろう。
大変な時期、大変な思いであることは、十分わかるなぁ。
五反田DSC06104
駅前の老舗洋食店の入り口ドアーには、
「4月17日よりしばらく休店します」と張り紙が貼られていた。
いつ再開するかは不明の状態だった。
五反田の繁華街も火が消えたような寂しさだった。
これでも、80%削減には届いていないのだろうか?
------------------------------------
昨日からエクセルのセルごとに計算式を入れ、
テド・ウイルスがどう収まっていくか、数値計算しようと、検討中。
論理があっているか、各セルにいれた計算式が妥当か、詳細に検討するつもりでいるが・・・・
思考能力の低下は否めない。
すぐに手がとまり、ああでない、こうでもないと 思案に暮れる。
精度はないと思うが、こんな検討結果になった。
パラメーターの値をちょっと変えただけで、結果は地獄にも天国にもなる。
いまの東京の感染状況、パラメーターの値が天国と地獄の中間の値になっているようだ。
これ 奇跡的!?
どっちへ進むのだろう??

コロナ対策の専門者会議は、感染の数理モデルをつかって 予想しているはずだが・・・・
Case0.jpg
Case1.jpg
Case2.jpg
Case3.jpg
Case4.jpg
  1. 2020/04/25(土) 13:34:31|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物ついでに

外出を自粛しています。
でも、必要があれば買い物に。
その時は、デジタルカメラを肩に下げ、マスクして、社会的距離を保つよう行動。

昨日は3時過ぎ、品川区役所近くのパン屋に買い出しに外出。
そのパン屋、大井町の繁華街から離れているので、あまり知られていない。
でも、地元のごく限られている人は、
そこがおいしいパンを焼くことを知っている。
おそらく隠れた名店だろう。
中央公園DSC06040
午後3時 天気は良くない。曇天。
でも、春の花が咲き始めている。
チューリップ、ツツジが花を開き、
白い花をつけたハナミズキが、今盛りを迎えていた。
中央公園DSC06042
もし晴れたら、花の写真を撮っているかも。
ベンチには 老人が3名座っている。
少し近いが、マスクしているから・・・社会的距離はOKだろう。
小さな子が二人遊んでいた。
中央公園DSC06043
老人(同輩)が多い。
小さなパン屋だが、先客が一人いた。
レジを済ませ、出てくるまで外で待機。
交代で入店、パンを購入すると、直ちに店を出る。
中にいたのは5分と掛かっていない。
帰りは、ほんのすこし回り道になるが、下神明の駅(非常に人通りの少ない駅です)を回って帰宅した。
中央公園DSC06047
広い公園に人影はあったが・・・混んではいない。
空を見た瞬間、雲のトーンが良い、
フィルムなら・・・・このトーン出せるだろうに・・・・白黒フィルムで撮りたいなぁと思った。
もうしばらく 辛抱。
白黒モノトーンで遊ぶ時ではないだろうと、自己抑制している。

デジタルカラーはDocument、
この状況を、記録しなくては・・・将にデジタルカメラを使うべき時だろう。
-----------------------------------
東京の感染状況は、データーからピークは過ぎたと判断しているが、
問題は、まだ感染の速度はそれほど下がらず、医療崩壊の危機に近づいている。
医療崩壊は避けたい。
その対策が政治では優先されるべきだろう。

死亡者数のほうが小生にとっては関心事。
死亡者の予想をしているが・・・楽観的な数字が出てこない。
PCの前でああでもない、こうでもないとエクセルを動かし、でてくる予想曲線にため息をついている。
感染速度
60日目 3月25日 都知事の緊急事態要請がなかったら、欧米に見られた「感染爆発」があったかも。
地雷を踏む直前で回避できたような解析結果になった。
その後は、感染の速度(累積感染者数が二倍になる日数)は徐々に落ちている。
政府の緊急事態宣言は75日目(4月8日)、まだその効果が出ていると判断できない。
2週間過ぎた89日目(4月23日)、即ち本日あたりから、
感染者の発生が急激に落ちるのではないかと期待している。
感染者推移予想
いろいろな仮説を立て、
このグラフを見、読み解こうとしている。

①約1300万人の東京都民、クラスター潰しに注力し感染者3000名ほど隔離しているが、
感染者は一向に減らない。
都民1300万人にたいし3000名という数は僅か0.023% 230ppmの話だ。
0.023%の感染者を隔離しても、感染の速度はあまり減らないのは、
無自覚の感染者が、少なくともその10倍以上、100倍くらいいてもおかしくない。
すでに都内に3万から30万人の感染者がいるのではないか?と疑っている。

現像中期、現像が進んでも 
液中の現像成分のハイドロキノンやメトールの濃度は、ごく僅か落ちるだけにすぎない。(十分量入っている)
少々減ったところで、残っているフィルム上の銀イオンめがけて現像する。
無自覚の感染者が市中に沢山いると仮定すれば、少々隔離しても、
現像現象のように感染が進むと、仮定できる。(説明できる。)
---------------------------
②累積感染者数の増加(二倍になる日数)が、
どう考えても、諸外国と異なっている。
不思議でならない。
4月11日 東京は1日で197名の感染者がでた。
数日のうちに200名、300名の感染者がでる(指数関数で増大するとその時は仮定した)と身構えたが、そうはならなかった。
4月17日5000名の予想は外れ、この日(17日) 201名の感染者をだしたが、
これが今のところ最高値である。

感染が、今後も(中期の)現像曲線のように進むなら、
やがて後期の現像飽和へと進み、
おそらく累積7000名程度の感染者で天井に達する。
これってどういうこと? 少なすぎるだろう。
1300万名の都民に対し1万名以下の感染で収まるとしたら・・・・0.1%以下だ。
現像なら「被り抑制剤」がたっぷりと入った現像液で現像していること・・・になる。
このことを 東京の感染者グラフに載せて考えれば、
既に多数の免疫を持った人が都内に居ると、考えたほうが合理的な説明になる。

姿の見えない感染者の、その倍以上の免疫を持った人が、(既に100万人くらいいても、驚かない)
姿を見せない防御者として既に働いているのではないだろうか?
(集団免疫が・・・すこしだが、機能し始めているのかなぁ)
-----------------------------------
統計的な疫学調査 即ち、 
陽性感染者調査と
免疫者調査の実施が 早急に必要だろう。
(すでに過去に感染し、無自覚のまま治った人)
さもないと、有効な対策がとれないだろう。

白鳳大学の女性教授が
2月頃から、盛んにTVの番組で、
その(疫学調査)必要性を叫ばれていたことを覚えている。
専門家の意見は重要。
国の専門者会議・・・方針、内容がよく伝わってこない。
政府に忖度する御用科学者の集まりでないことを祈っている。

ウイルスは取引(ディール)も忖度も通じない。
  1. 2020/04/23(木) 11:35:05|
  2. デジタルカメラは記録機器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (20)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR