FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

台湾にて (7)      高雄の朝、そして帰国

姪の結婚式の写真を撮ろうと、
旅行かばんにデジタルカメラを入れてあったが、
式場に持っていくことを忘れていた。
結局、記憶に記録するだけになった。

もっとも、式の様子は同行した親戚・友人が撮っていたので、
後日、メールに添付されて届いている。
映像のクオリティーもなかなかいい。
すごい時代、
便利な時代になっている。
もはや白黒フィルムの時代ではないだろう。

すでに白黒フィルムの実用性は失せている。
それに固執するとは・・・・偏屈。
心の柔軟性が失せた証拠かもしれない。
後戻りはできなくとも、チャレンジはできるはずなのに。

朝、残っていたフィルムで、
ホテルの外にでて、ぼんやりと台湾最後の写真を撮っていた。
台湾の朝1152-23
台湾の朝1152-17
台湾の朝1152-19


スポンサーサイト



  1. 2018/11/14(水) 07:17:09|
  2. 旅行・観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾にて (6)      高雄観光

午後4時頃には ホテルに戻り、
6時半ロビーで待ち合わせして結婚式会場へ行くという。
その間の観光、搭乗員は沢山の場所を見せたがる・・・
老体には忙しい観光旅行になった。
妻は、ほとんどバスの中で待っていた。
高雄観光1151-27
高雄に在った城の城壁跡。
高雄観光1151-24
高雄観光1151-28
湖のところで休憩し、ドラゴンフルーツ、釈迦頭、台湾バナナを買って分けて食べた。
高雄観光1151-30
高雄観光1151-35
運河の左側、船が係留されているところが昨日の午後過ごした赤レンガ倉庫街。
高雄観光1152-14
中国式お寺。仏教なのか道教なのか・・・よくわからない。
金ぴか極彩色のお寺だった。
これを撮るならデジタルカラーでしょう。
高雄観光1151-41a
高雄観光1151-40
このお寺、白黒のコントラストを強く出すよう撮影・現像したら・・・・
日光東照宮で森山大道がだしたトーンに近いものになったと思う。
今回は全て(Ⅰ)現像液で現像した。

  1. 2018/11/12(月) 09:52:51|
  2. 旅行・観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾にて (5)      高雄観光・思い出の写真と

結婚式は夜6時半からだという。
それまで時間があるので、妹がバスをチャーターしていた。
高雄の街を、それで巡ろうという。
メンバーは日本から参加した13人、それが50人定員のバスに乗る。
観光のシーズンではないのかもしれない。
案内してくれた添乗員は中年の日本人男性だった。
高雄観光1151-5
最初に連れて行かれたのは、蒋介石の別荘地だったという。
そこに建つ丸山飯店。
25年ほど前、台湾旅行をしたことがある。
その時台北で丸山飯店に泊まっている。
高雄の丸山飯店にも泊まった記憶がある。
今もホテルとして営業していて、
調度品はいいものがあり、歴史を感じるので、是非にと泊まるひとがいるが、
古くなり黴臭いので薦めないと添乗員の男性は言っていた。
池の際に搭が建っている。
ここで記念写真を撮ってくれた。
高尾・丸山飯店DSC02345
総勢13名。
若い者2名(といっても40歳過ぎ)が塔を登っていく。
若者4名を除くと、平均年齢70歳以上の団体旅行。
高雄観光1151-16
老人蓮、若者の背を見ているだけなので、
一念発起、散歩にカメラで足は鍛えている、若者には負けじ一緒に登る。
この塔にも・・・・登った覚えがある。
-----------------------------
帰ってきて、家に残るアルバムを探す。
台湾観光旅行に最初に行ったのは母親だった。
1986年11月5日~9日のスケジュールで、親戚と知り合い4名で台湾旅行している。
そのとき、高雄の丸山飯店に泊まり、同じ場所に立っていた。
高尾・丸山飯店-4
高尾・丸山飯店-5
この写真に写っている人は全てもうこの世にいない。
母は、孫娘が、台湾の高雄に住むとは想像しなかっただろう。
その息子・娘の世代も、既に70歳を過ぎている。
--------------------------
1993年の夏、家族旅行で台湾を旅行した。
娘は当時中学生になっていた。
一種の反抗期だったかも。
誘ったが家にいるという。
高尾・丸山飯店1993年-17
丸山飯店に泊まり、
高尾・丸山飯店1993年-19
この塔にも登っている。
記録として撮るならカラーがいいと思う。
一緒に行った人に写真をプレゼントするなら断然カラー写真となる。
素敵なレストランの料理の写真を、白黒で撮って見せても、
そのおいしさが伝わることはないだろう。

なんで、白黒フィルムの写真に拘るのか?
時々、自問しています。
---------------------------------
姪と息子 年齢的には近かったので、子供の頃はよく遊んでいた。
その姪が10月 台湾で結婚。
その息子も11月下旬に結婚する。

親戚・縁者が集まったら70歳以上になっていた。
世代交代が迫ってきている。
  1. 2018/11/11(日) 11:53:11|
  2. 旅行・観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾にて (4)      高雄・赤レンガ倉庫街

午前中の台湾新幹線に乗り、最南端にある高雄市へ移動。
ホテルに着くと、慌しくチェックイン。
姪が結婚相手を連れて、ホテルのロビーに現れる。
結婚相手は、台湾鉄道に勤める公務員。
現在、高雄の街にも地下鉄が走り、その一駅で駅長を勤めているという。
全員にパスが手渡された。
彼が先導し、地下鉄、路面電車(トラム)を乗り継ぎ、港へ行く。
高雄・赤レンガ1150-123
日本統治下、物資の集積所として栄え、港は繁栄、軍港でもあったという。
赤レンガの倉庫を改造し、今はショッピングを楽しむ地区になっている。
横浜の赤レンガ倉庫街のような感じである。
土曜の休日、人が沢山でていた。高雄・赤レンガ1150-107
高雄・赤レンガ1150-108
広場の公園には屋台がでて、お祭りのようだった。
お箸を使うので、違和感はまったく感じない。(外国とは思えない)
高雄・赤レンガ1150-116
ハンドメードの商品を並べ販売している。
高雄・赤レンガ1150-99
外壁をさりげなく補修している。
年代感はある。
そんな場所がやはり撮影のバックにはいいのだろう。
高尾・赤レンガ1150-100
店の中に入れば、内装は日本の横浜赤レンガ倉庫街と変わりはない。おしゃれである。
高雄・赤レンガ1150-106
高雄・赤レンガ1150-水洗4
なかなか個性的。
もう少し近づいて撮影したかったが・・・・
客を待つ視線なので、秒撮でも難しい。
中国的というよりアメリカ風、
違和感なく風景に溶け込んでいる。

台湾の人の心は、もう一党独裁には、戻れないだろう。
(戦後、大陸から来た蒋介石率いる国民党政治は、独裁で、今の北朝鮮並だったという。勿論そう言うのは 国民党が来るより前から台湾に住む中国の人。蒋介石と一緒に来た人はそうは言わないでしょうが・・・蒋介石と一緒に来た国民党の人も少なくなり、時代は変わっていく。日本軍と戦った国民党軍の人も少なくなり、親日的になってきている。)
高雄・赤レンガ1150-124
高雄の港は軍港なので写真は撮れないだろうと思っていたが、
思い違い、自由に撮影できる。
高尾・赤レンガ1150-131
高雄市民の憩いの場所になっていた。

  1. 2018/11/09(金) 10:39:14|
  2. 旅行・観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾にて (3)      台北夜市

夜 台北の夜市へ行く。
夜店が発祥、ハレの日以外も開かれるようになり、日常化、
いまや観光地化したのかも知れません。
夜店1149-80
夜店1149-74
夜店1149-79
夜店1149-78
夜店1149-68
夜店1150-94
すこし綺麗に撮れた写真を選んでいる。
写真の撮り方、選び方で印象を変化させることもできる。
写真は、見たことの正確な記録と思われているが、個人的な偏見も混ざること 致し方ない。

写真は、写真を読み解く人の、
見識、品格、教養に左右されるものだと思う。
この夜市、アメ横よりもっと雑多で、雑然とし、日本の祭りの夜店の雰囲気も残っていた。
  1. 2018/11/08(木) 10:17:43|
  2. 旅行・観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR