FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

春分の日   中目黒にて

三連休で気が緩んだころ、
目黒川の桜の状況を 調べるため散歩。
その頃の中目黒付近の様子。
中目黒1274-13
まだ桜を見るより 人を見る状態だった。
中目黒1274-23a
中目黒1274-22
東急中目黒駅あたりから上流、池尻大橋までが 花見のスポットになっていて、
混雑が激しい。またこの辺りの桜が 目黒川沿いでは一番開花が早い。
まだ開花していない桜もあったが、2,3分咲きといったところだろう。
中目黒1274-20a
桜の開花が進んだら、一気に桜見物の人がでて、この辺りは一方通行。
屋台には人が群がり、歩くのも大変になる。
----------------------
本日3月28日現在のデータを見ると、この数日、
東京の新型コロナウイルス感染者の数が急激に上昇している。
感染爆発は始まっていると見たほうがいいのではないかと思う。

政府は計算式を、各都道府県に開示し、
感染爆発したときのベッド数、医療従事者の手配をしておくようにと通達を出しているのだろうが、
その数式の内容は ネットを探したが 見つからない。
感染研が作成したと思うが、その数式(計算式)は、かなり正確なものだと思う。

3.11の東日本大震災の時、原子炉のメルトダウンによって流れる放射性物資のシュミレーションはなされていたが、
利用することなく避難計画を実施、一番汚染のすごい所へ避難させたという 人的災害が起きた。
今回も 同様なことが起きないことを祈るのみ。

都のデータをカーブフィッチングすると、
精度の保証はないが、
急激な感染者急増が起き、4月15日~19日頃、
医療機関が大変な混雑になっているのではないか・・・・という結果になった。
今月末 200名越えたら 危険境域に入るかなぁと予想するくらいの ぼんくら予想。(500名は超えそう)
当たらないことを祈るのみ。
4月初めころの発生数が、判断ポイントだろう(遅すぎるけど)とおもう。

今年の目黒川の桜は 少なくとも、中目黒は無理だろう。
楽しむには、人が多すぎる。
写真を撮るなら、大崎近辺の桜になる。
3月20日以降、まだ一度も目黒川へ行っていない。
今年こそ いい花筏撮れそうなのだが・・・と思う。


スポンサーサイト



  1. 2020/03/28(土) 21:05:06|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の月

1月の下旬 すでに国内で新型ウイルスの感染者が出ていたが、たいした数ではない。
初期対応しておけば国内感染は収まるだろう。
感染の中心は中国・武漢だし、対岸の火事状態と、高をくくっていた。
2月は横浜に停泊したダイヤモンド・プリンセス号の話題で持ち切り。
その間に 密かに感染は進んでいたのだろう。
TVに出てきた「その筋の専門家」と思しき人は 
罹っても80%は軽症、若い人は大丈夫(気にするなという仕草)というコメントが多かった。
言葉より、ジャスチャー(仕草)のほうが 伝える力は大きい。
じりじりと 累積感染者数は上昇していた。
都のデーターはメモ帳に記録していたが・・・小生も 3月の上旬頃は、収束に近づくかもと高をくくっていた。
しかし、昨日再び都内で47名の感染者がでた。
3月26日時点で累積259名、3月末200名を越えたら要注意と思っていたので、
感染爆発が始まったと見るべきと思う。

今年は、花粉症があまり出なかったので、昨年春購入し、残っていたマスクが一箱残っていた。
残りは あと10枚くらい。地元戸越銀座商店街の店のすべてで売れ切れ状態。入荷の目処は立っていないという。
トイレット・ペーパーは1月中旬に買ったものが残っているが、4月中旬にはなくなる。
ティシュペーパーはようやく 一包装・5箱入りが手に入ったが、売り切れの店は多い。(たまたま買えたらしい)
パニックにならず、冷静に・・・・とは思う。
--------------------------
マスクも乏しくなったので 
交通機関を利用した移動は、極力控えている。
カメラを持って散歩する機会も減ってきた。
その分、少し前に撮った写真の整理が進んでいる。
大井町の月1270-33
品川の区役所前から大井町(海側)を見ると月が登っていた。
大井町の駅に向かって月を追った。
大井町の月1270-25
東急大井町線が走る。
カメラを持ち、遠くを見る小生の姿は、挙動不審者❓と判断されたのか、 
若いご婦人(50歳くらいか)から、何しているのですか?と尋ねられる。
恥ずかしかったが・・・「あの月を撮ろうとして」と弁明、カメラを持ち上げる。
「ああそうですか」と通り過ぎていったが、コソ泥の下見と勘違いされたのかも。
大井町の月1270-31
大井町 キャッツシアターに架かる月。月のうさぎの紋様もどうにか出ている。
大井町の月1270-26
月を大きく撮りたかたったら、望遠レンズだが、望遠は不得意。技術がないもので・・・
むかし、「広角は度胸、望遠は技術で撮る」と言われていた。
度胸も技術もないもので標準と呼ばれた50mmレンズが・・・・小生の得意レンズです。
----------------
マスクとトイレット・ペーパーが不足している。
ネットで購入することも可能だが・・・・さてどうするか。

安倍政権への信頼性を 人はどれだけ持っているかなぁ・・・と思う。
官房長官は マスク一億枚と言ったが、未だ マスクは手に入らない。
一億枚のマスクを 医療機関に重点的に配ったという話もない。
政府系機関に備蓄したマスクを北海道に配ったという話はでたが、それだけ。
耳さわりのいい発言はあっても、状態は、あまり改善されない。
「あなた方は私たちを失望させている。あなた方は、やったふりをしているだけ。」
スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんが 国連で発言したとき そんなことを言っていた。
安倍首相の発言は、これと同じように聞こえる。
アベノミックスは結局 破堤している。
つぎはどんな耳さわりのいいスローガンを出すのだろう?
信なくば立たずの人なのだろうが・・・・(耳さわりいいなぁ この言葉)
  1. 2020/03/27(金) 15:28:33|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇居前広場にて

春の陽ざしに誘われ 都心へ出た。
コロナウイルスの影響だろう、皇居前広場も人影が少ない。
エクササイズしているのだろうか、面白い歩き方をしている人に出会う。
皇居にて1269-7 Ⅲ
逆光だった。
カメラは昔のコンパクト・カメラ 
広角レンズなので距離は5mに合わせておけば、パンフォーカス。
露光はカメラ任せでいい。
サッと構え構図を確認したら、シャッターを押せば写真が撮れる。
秒撮。
一瞬 こちらをちらっと見たが、
その瞬間にはカメラは胸の位置に戻っていた。
撮られたとは思わなかっただろう。
(撮られたという確証がないので そのまま通り過ぎたのかも・・・)
またしょうもないことをしてしまった・・・・と内心は恐縮している。
・・・・でも、ちょっとシュールな写真になったと・・・自己弁護。
--------------------------------------
空のトーンを出したいが、暗い部分も潰したくないというジレンマがある。
一番軟調な現像液(Ⅵf)を使用して現像した。
フィルムだと 失敗はしたくないので、出来具合を予想して、撮るか止めるか決断する。

しかし、デジタルなら、ダメもとだと まずシャッターを切る。
そして、直ちに液晶画面で画像を確認し、駄目なら、撮影モードを、どう切り替えたらいいか考える。
撮影モードを HDR(ハイダイナミックレンジ)にして撮影(3枚撮ってカメラ内で画像処理する)すればいい。
画質は、フィルムではとても達成でないレベル、凄い時代になったもの。

撮影に関してはカメラ任せ、人間の関与できるところが少なくなった。
これでは、「写真は趣味」と呼べなくなるのではと 思ってしまう。
  1. 2020/03/14(土) 12:22:04|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の使ったカメラで

戦前 母の兄が 地方都市で写真館を開いていた。
その関係か母は写真好き。
娘時代から、カメラを持ち撮影していたという。
義父(小生の祖父)も写真好きだったので、
気は合ったみたい。

夫婦でよく旅行に行ったが
写真を撮ったのは母。
そのカメラが残されていた。
母の使ったカメラDSC04819
マミヤ6のあとCanonetを使っている。
かなり高かったようだが、ものすごく売れた機種らしい。
母もレンズの良さを自慢していた。
その後、ハンドバックにも入れて持ち運べるからと
Minolta-Himaticに替える。

子供たちが大きくなり、夫婦で旅行する機会がふえると、
日付まで入るカメラに替えていた。
晩年はデジタルカメラを手にし、淡々と使っていた。
淡々と好きに撮る、それがカメラを趣味とするものの極意かもしれない。

小生、その域にまでは達していない。
120フィルムで遊びたくて、安価なフィルムを探した。
目的に合いそうなフィルムは、チェコのFomapan100と中国の上海GP3.
ネットで調べ、購入した。
フィルム入手DSC04816
ついでに 「たまにはカラーを撮ってもいいなぁ」と(安かったので)、コッダックのカラーネガフィルムも購入した。
母の使った「フジフィルムのカルディアにコダックのフィルムを入れて、撮ってみた。
撮ってみて、意外といけるなぁと思った。
デジタルカラーより、色が深い感じがする。
海上公園1251-19
フジのレンズがいいのか?
コダックのフイルムがいいのか?
この空気感、デジタルでもでるだろうか?
  1. 2019/12/18(水) 12:51:55|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五反田にて

富士フィルムが白黒フィルムAcros100を復活させたという。
一年ほど前、製造販売が終了した。
そのとき120フィルム(ブローニー判)を5本入り15箱、135フィルム 
36枚撮り3本 まとめ買いしていた。
今冷蔵庫に残っているのは 120フィルム4箱、135フィルム2本となった。

復活したAcrocⅡには期待していたが、意外と高い。
外国のメーカーと同じ価格帯・・・・
これでは、使えない。
それならフィルムの特性を良く知ったRetro系フィルムのほうが使いやすい。
おそらく製造はアグファのフィルム、Rolleiのブランドで発売されている。
Retro80S, Retro400S, 赤外400Sとフィルムのバラエティーは豊富で、目的に応じ 感度、感光領域も選べる。
AcrosⅡ、もっと安くないと、使う気になれない。

当面は、120フィルムでの使用を考えていた。
そこで、一番安価な120フィルムを探した。
チェコのFormapanが入手できるなかで 一番安価だった。
このフィルムを使うことを計画、
早速 135フィルム 100フィート長巻 一缶と 120(ブローニー) 10本を購入した。
今 長巻缶から切り出して、露光テストサンプルを作り、現像液の最適化を行っている。
来年から、実際の撮影に使用していくつもり。

残っているうち は、Acros100フィルム 使い続けます。
五反田1248-8
Acros100フィルム、確かに いいフィルムだと思う。
現像液を替えても、あまりトーンに変化はない。
それだけ失敗することは少ない。
暗部の潰れも意外と少ない、銀粒子も細かくざらつきを感じさせない。
いいこと尽くめだが 欠点は優等生的で面白さに欠けること。
写真撮っていて、面白いとは思えない。
(冷蔵庫にあるだけ使ったら、それ以降は使わないので、少々辛辣です。
本当の欠点は高いことです。AcrosⅡ、安かったら高評価を付けていたでしょう。)
  1. 2019/12/17(火) 11:14:48|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR