fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

S-Nokton の眼

KyivⅡ(ContaxⅡマウント)にS-Nokton 50mm F:1.5をつけて使っている。
KyivⅡのいいところは有効基線長が長いので、ピントを正確に合わせられること。
古いカメラ(1951年製)なので、時代の進歩から取り残され欠点もあるが、
基本的なカメラの機能は完備しているので、今でも現役で使える。
S-Noktonはコシナが2000年の初めごろ販売を始めたレンズ。
最新の技術が取り入れられ、品質の高いレンズになっている。
最新のレンズを古いカメラでも使えるのは、嬉しいことだと思う。

3時頃、家をでる。
東に向かい、三ツ木通りを歩いて行くと、
月が出ているのに気づく。
月を探せ-1 1554-2
R2(赤)フィルターをつけ、空を暗く月をくっきりと出そうと思った。
区役所通りの交差点近く、妙光寺の樹の緑を入れてフレーミングした。
期待したほど樹の緑は白く写らなかったが、空の月はくっきりと写った。
月を探せ-(2)1554-5
区役所通りの交差点を右に回り、区役所の方向に歩く。
JRの車両基地の上に月が昇っていた。
広い空に、月の明るさが一層増しているように思えた。
ネガを拡大して、画像を確認。
月を撮る-2
50mmレンズの画角だと、ネガに記録できた月は米粒にも満たないが、
レンズの解像度のおかげで、月面の文様も確認できている。
拡大画像を見ていると、月以外に小さく飛行機も写っていることに気づく。
飛行機を見つけろ-1
地平線近く、雲と雲の間に小さく写っていた。
羽田を出発した飛行機だろう。
ネガのほかのカットも調べてみたら、
飛行機を捉えている別の写真もあった。
区役所前通り1554-6
飛行機は意識の外、飛んでいるとは思ってもみなかった。
飛行機を見つけろ-2
レンズは、しっかりと、それを記録していた。

勿論、デジタルカメラの解像度は高い。
約1300万画素など、入門機レベル、あるいはそれ以下だろう。

悲しいかな、35mmフィルムでは1300万画素は限界に近い。
特殊な低感度フィルムを使えば、2000万画素くらいはだせるかなぁとは思うが、
対応できるレンズも限られるだろう。

S-Nokton 50mm F:1.5、かなり高性能なレンズという評価を受けると思う。
デジタル時代入っても、あえてフィルム用のレンズを作ったコシナ社の英断に感謝、感謝。



  1. 2023/02/27(月) 22:19:55|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コシナBessaR2S  ニコンSマウントカメラで目黒不動を撮る。

1970年代は、一眼レフカメラが、しのぎを削る競争の時代、
憧れの一眼レフを持つことがカメラ愛好家のステータス。
一眼レフカメラは高級機というイメージが先行していたのか・・・
価格を安く抑え 求めやすさを武器にしたメーカーが、どんどん撤退していった。
ペトリはNikon Fの三分の一ほどの価格で、ペトリV6を発売する。
機構的にもユニークだと思われたが、
「安かろう、悪かろうだろう、」そんなカメラで撮っていたら低く見られる・・・・
市場の反応は今一だった。
ミランダにセンソレックスという一眼レフカメラがあり、魅力的だったが
これも撤退し、今はない。
価格的には、Nikon Fよりずっと安価、これにしようかと一時迷った。
メカがユニーク、標準レンズにソリゴールレンズがついていたと思う。

AF-35カメラに続き、コシナは80年初め頃、一眼レフカメラも作ったが、
当然ながら、余り話題にならなかった。
ニコン、キャノン、アサヒペンタックス、オリンパス、ミノルタなどが残り、日本は、世界のカメラ産業の中心になる。

時代はそろそろデジタルカメラに移り始めたころ、
突如?、コシナは、フィルム用、レンジファインダーカメラ Bessaシリーズを作り始める。
Bessaカメラはドイツのフォクトレンダー社のつくったカメラ名、
古い歴史のある光学機器メーカーだが、
その商標権をコシナがどのように収得したか・・・よく分らない。
YouTubeを見ていると、外国の写真愛好家、プロの写真家も 戸惑ったようで、
同じ名前だが、今発売されているレンズは、日本製だと一言注意していた。
でも「フォクトレンダ-」の名前は、インパクトがあり、「いいレンズだ」という期待感を醸す。
上手い戦略だろう。

Nikon SPのサブカメラが欲しかった小生は、
BessaR2S(ニコンマウント)がでたとき、購入している。
2003年のことだったと思う。
nikon Sマウント カメラDSC09970
しかし、手にした瞬間、距離計の基線長が短いことに気づく。
広角レンズで使うカメラだとおもった。

望遠系のレンズは余り使わないので、これでもいいだろうと思った。
今、使っているカメラは、主にこの三機種。
BessaR2Sは、Skopar 35mm F:2.5レンズ専用で使用している。
レンズ交換して使うのは、ニコンSPかKyivⅡが多くなっている。
Nikon SPにツアイスのSonnar T 50mm F:1.5,
KyivⅡにコシナ製S-Nokton 50mm F:1.5を つけ、この正月から使用している。
距離計の基線長は、ネットやカタログなど探すが、記載されたものが見つからないので、
物差しで長さを測った。1mm程度の誤差はあると思う。
ファインダー倍率は、BessaR2Sは0.7倍(カタログに記載)、
KyievⅡも0.7倍というネット記事があったので その値を使ったが、
目視で確認すると・・・BessaR2Sに似ているので、それでいいかとも思うが、
0.65倍だと、有効基線長は、Nikon SPとほぼ同じ長さになる。(0.65倍かも・・・・)
Nikon SPもKyivⅡも、最短距離でもピント合わせで迷うことないが(有効基線長、58mmと63mm)
BessaR2SでS-Nokton 50mm F:1.5をつけた場合(有効基線長、26mm)、近距離でのピント合わせは、難しいだろうなぁと思う。
50mmレンズをつけたら、f:2.8辺りがストレス無く使える限界ではないかなぁと思う。
(ということで、BessaR2Sは広角専用にしている。50mm以上の交換レンズをつけて撮影につかったことは無い)

今回も、Skopar 35mm F:2.5で撮影した。
目黒不動1549-28
逆光で撮影しているが、反射光がボーと霞むだけ、フレヤーやゴーストは出ていない。
目黒不動1549-29
キリッとしまった解像感のある写真になった。
目黒不動1549-33
暗い部分のディテール(解像感)も潰れていない。
目黒不動1549-32
目黒不動1549-34
レンズ構成は5群7枚、ダブルガウスに似たレンズ構成だろう。
空気と硝子の界面が10あるが、
コーティング技術の進歩で、コントラストの低下は完璧に抑えていると思う。
7枚のレンズ構成で、収差もすくなく抑えていると思う。

いいレンズだと思うが・・・天邪鬼なのか、優等生過ぎるレンズは・・・面白くない。
時々浮気して、Jupiter-12(35mm F:2.8)を使うが、残念ながら、BessaR2Sに内蔵した露光計にぶつかるようで、つけられない。
Nikon SPかKyivⅡで使用している。(露光計無し)このレンズも 古いレンズ構成だが、名レンズだろう。(4群6枚構成らしい)
直接光を入れないようフレーミングに注意すれば、画質は現在でも通用すると思う。

あと10年もしたら、スマホの動画の画質も大幅に改善される。
写真を撮るならスマホで充分という時代になるだろう。(すでにその傾向が見られる)
デジタルカメラ自体の需要は落ちて、小さなマーケットになっていくと思う。

その機を捉え、コシナはデジタルミラーレスカメラに参入する・・・・
そんな想像をしている。


  1. 2023/02/22(水) 18:20:20|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nokton 50mm F:1.5

戦後 荒廃した日本に、雨後の竹の子のようにカメラメーカーができる。
二眼レフカメラは、作るのが簡単なので、
部品を調達し、レンズを調達すれば 
4畳半程度の家の中でも組み立てることができたという。
二眼レフカメラの名を集めると、AからZまで カメラがあると言われた。(ジョークか?)

小生が最初に使ったカメラは「スタートカメラ」だった。
改めて見てみると、35mmフィルムを切って裏紙に巻き、
12撮り(?)の長さのスプールになっていた。
レンズはどうだったか 覚えていないが、それでも結構良く写った。

それらカメラメーカー向けにレンズを作るメーカーもあったと思う。
カメラ名に隠され、レンズメーカーの名が表に出てくることはなかった。(覚えていない)
昭和30年頃になると、4畳半メーカーも淘汰されていき、徐々に現在の形に近づく。
その頃になり ようやくカメラでなく、レンズ名を冠したレンズメーカー?が現れる。
最初に覚えたのはソリゴールレンズだった。
その後、チバノン、コミナー、コムラー、タムロン、トキナー、シグマなどのレンズ専門メーカーが現れてくるようになる。
(チバノンもコムラーも同じメーカーか?)
しかし、Cosina AF-35を購入するまでコシナ社を残念ながら知らなかった。(購入は1979年;昭和54年)
この会社も、戦後の勝ち組会社だったのだろう。
レンズ専門メーカーからカメラ製造まで手を伸ばそうとする。(おそらく、国内のカメラメーカーに、レンズを卸していなかったからできたのだろうと想像する。)
AF-35の後、すぐに一眼レフカメラを製造したが、
カメラメーカーは既にマーケットに根を下ろしていたので、
新規参入は、難しかったのでは。
しかし、2000年頃になると、ニッチな市場を選択し、再びレンジファインダーカメラ(BessaRシリーズ)を製造する。
Nikon SマウントのカメラBessaR2Sは成功したとは思えないが(小生は購入した)、ライカマウントのBessaR シリーズはある程度の台数は売れたのではないかと思う。
勿論、カメラと共に、ライカMマウント用レンズ(フォクトレンダー名)を多種製造し、販売した。
ライカファンは高価なカメラの使い手、画質に関し「一言もった人」は多い。
そこでの品質評価が重要。
おそらく レンズを売ることが目的で、カメラはその手段だったのだろう。
フォクトレンダー名をつけた効果もあり、コシナ製レンズの認知度は上がり、
コシナは優秀なレンズメーカーという評判を得た。
何本か、コシナの交換レンズを購入したが、その中で良かったのは、
Skopar 21mm F:4とNokton 50mm F:1.5の二つのレンズ。
Nikon Sマウントの Nikkor 21mmレンズは、中古市場では レアなレンズで、とても高価、手が出せない。
Nikkor 50mm F:1.4(ゾナータイプ)は、開放絞りでは使う気になれないレンズだった。
その代替えとしてNokton 50mm F:1.5は 非常に魅力的なレンズに思えた。
購入し 使ってみると やはりいいレンズ、開放絞りから優秀だった。

Cosina AF-35 Cosinon 38mm F:2.7で撮影した古木の写真と、(一つ前の記事に作例を載せている)
同じコシナ社のNokton 50mm F:1.5で撮影したものとを比べてみた。
コシナ製Nokton1553-3
段違いの解像感、コントラスト。
コシナ製Nokton 等倍拡大
絞りのボケ具合もいい。

AF-35を欲しがるユーザー向けから、高級志向へ、
この20年で大きな生産技術の改革があったと思う。
安ければそれでいいという方向から、性能重視へ。
さもなくば 新興国、韓国、中国のメーカーに飲み込まれてしまうという危惧があるのだろうなぁ。
ブランド名「フォクトレンダー」も差別化には有効だろう。
デジタルになり、一時マーケットは拡大したが、
いまはPhone-Cameraに押され、カメラメーカーも先細りの傾向になっている。
デジタルカメラ(高級ミラーレス)は、ごく一部の愛好家が選ぶ ニッチな市場になっていくように思える。

レンズを必要とする分野は広い。
縁の下の力持ち産業だと思うが、
次の一手を どう進めるか、興味が湧く。
  1. 2023/02/20(月) 11:13:20|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コシナ AF-35  40年ぶりに使う(2)

二回目のテスト撮影では、AFもONにして撮影をした。

前回の撮影では、曇天の柔らかな、やや薄暗い光だったので、
現像は、エッジがでて精細感がでるやや硬調な現像液(Ⅲo)を使用した。
想定よりオーバー気味の肉のり良いネガになったが、
それが幸いしたのか、粒状性をあまり感じないネガになった。

今回は晴れの天気だったので、現像はやや軟調な(Ⅰd5)現像液を使用した。
Cosina AF-35 1556 #2-51
大崎駅の構内は、光が柔らかなので(Ⅲo)で現像したいところ。
一カット毎に現像液を替えることはできないのが、フィルムを使う宿命。
自動露光は機能しているし、ピントもどうにか合っている。・・・・しかし全体にレンズの解像感は低い。
絞りが開放近くだったのだと思う。
露光は、f:4/60秒で切れるだろうか? 小生なら迷わずf2.8/60秒に設定する。
等倍拡大 右
中心から右の解像感は高いが、
等倍拡大 左
左は、解像度が低下する。
これレンズの癖だろうか?
サービス判程度でアルバムに貼るなら問題ないが、
4つ切りまで伸ばしたら、その差は歴然とするだろう。
家庭用なので、4つ切りは想定外、安くカメラを提供するのを優先させた結果だろう。
Cosina AF-35 1556 #2-54
駅の構外を撮影。
自動焦点だが、シャッターを押すと、ゾーンマークは「山」を指していた。(フィルムを捲くと、指標は消える)
自動焦点もどうにか作動していた。
等倍 無限遠 解像度
カメラが選んだ絞りとシャッター速度は不明だが、おそらくf:8/125秒近辺だと思う。
絞りが効いているので、解像感に不足は感じないが、
等倍まで拡大してチェックすると、高級カメラのレンズとかなり差がある。
大きく伸ばすことはできないと感じた。
Cosina AF-35 1556 #2-57
真ん中の硝子玉にピントを来るよう、マークを合わせたのだが、
シャッタ-を押したら、距離指標は「三人」になっていた。
後方の樹の幹にピントが合った。
フレーミングに気を取られ、カメラを動かしてしまった結果かも。
Cosina AF-35 1556 #2-59
近づいて撮影した幹(約1.5m)にピントが合っていた。
Cosina AF-35 1556 #2-61
逆光でもフレアーやゴーストは出ていない。
このカメラの良いところだろう。
トーンの豊かな写真になった。
Cosina AF-35 1556 #2-102
絞りが開いてしまう薄暗い撮影では、どこにピントが合っているのか不鮮明になる。
何に注目したらいいのか眼は画面を彷徨ってしまう。
全体の解像感は失われる。
高級なニコンやキャノン、ツアイスなどの高級なレンズでは、
ピントの合った部分は極めてシャープなので、
眼はピントの合った所へ向かう。
そこに主題となる被写体があれば、
写真にメリハリがでる。
この辺りが、高級なレンズの凄さ(違い)だと思う。
Cosina AF-35 1556 #2-106
露光を考えなくてもいいのはストレスが少ない。
焦点も自動で合わせてくれるので、いいなと思ったら、すぐシャッターを押せるのは大きなメリット。
Cosina AF-35 1556 #2-105
フレーミングに集中する。
それが写真の一番重要なところ。
絞り、シャッター速度、ピント合わせなどは単なる技能。
大したことではないはずだが、
しかし、だからこそ、自動化されてしまうと、大切な何かを失っているような気がしてならない。

昭和30年代、カメラの電子化はされていない。
まだ、レンジファインダーのカメラが主流だった。
当時の写真家(木村伊兵衛)は、ポケットにフィルム数本と、交換レンズを一本を入れ、
カメラをぶら下げ街にでてスナップ写真を撮る。
撮影が終わり、家(あるいは宿)に帰れば、丁寧にカメラを掃除したと言う。
自家薬籠中の物のごとく機械式カメラを操作し、フレーミングに集中し、最良の瞬間にシャッターを切る。
それが、スナップ写真、言うは簡単だが、実行するとなると難しい。
---------------
沖縄の市場を撮した写真では、
画面の下の部分に売り子のおばあさんが入っているのに気づかなかったという。
(ファインダーにパララックスがあり、ありがちのことだけど)
しかし、その人が入っていたことが、却って写真を引き締めることになり、傑作の一つとなって記憶に残っている。
フレーミングに集中し、将にその瞬間と思っ時にシャッターを切る。
そんな撮影スタイルの先に、傑作が待っているのだろう。
できれば その域に近づきたいものだ・・・・
等倍拡大 現像液効果
現像液を(Ⅰd5)に替えた効果だろう。
黒潰も白飽和も感じない、トーンの豊かな写真になった。
エッジの効果も出て、解像感もでたネガになった。

単三乾電池2本でAF機能が動くようになる。
露光不足の時は、警告マークがファインダーに出た記憶があるが、
その機能は作動していない。
露光はすこしオーバー露光気味だが、機能している。
Cosina AF-35 自然光撮影1556 #2-107
池田山公園の枯れた古木の幹を撮影してみた。
午後4時頃、太陽は公園内に差し込まない。空からの自然光で撮影。
幹までは1.5mくらいだろう。
Cosina AF-35 ストロボ撮影1556 #2-108
暗いので、内蔵ストロボのスイッチをONにする。
しかし、30秒経っても、パイロットランプは付かない。
故障か?
もう少し待ち、シャッターを切ってみた。
ストロボは発光した。
パイロットランプなどの電子部品は劣化して作動しなくなったが、
自動露光、自動焦点(AF)、ストロボは まだ機能していた。
比較しようと、等倍まで拡大して、びっくり。
そして密かに笑ってしまった。
等倍 自然光
自然光で撮影したコマは、絞りがかなり開いていたのだろう、
木漏れ日がクラゲかキノコのような形になっていた。
等倍 ストロボ使用
ストロボを焚いたコマは、絞りが閉まり、木漏れ日が楕円形になっていた。

このレンズの絞りは、面白い形をしている。
絞りもかなり簡略化したものだろう。
そうは言っても総合的に評価すれば、バランス良くできたカメラ。
レンズメーカーが作ったカメラ、立派なものだと思う。





  1. 2023/02/18(土) 12:41:57|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コシナ AF-35というカメラ・・・知っていますか? 40年ぶりに使う(1)

戦争が終わって、ホット一息入れた頃、
外資を稼ぐため、輸出用のカメラの生産が活発になる。
まだ日本は貧しかったが、
自由な世界になった開放感から、国内の需要も大きかった。
祖父は戦前、カメラを趣味にしていたので、
1953年頃だと思うがMamiya-6を購入する。
それが、家のカメラの始まり。
1960年の初めころ(戦前のGNPを既に越え、もはや戦後でないと言われていた。)、
2台目のカメラとして、キャノネットを手に入れ、それが次の家のカメラとなる。

カメラを使う上で一番難しいのが、適正露光を選ぶこと。
そのストレスがなくなったことが大きい。
シャッター速度優先の自動露光のカメラで、
45mm F:1.9の明るいレンズが付いていた。
レンズの解像度は高く極めてシャープ。(このレンズは今でも充分使えるレベルだと思う)
60年以上前のカメラだが、今も フィルムを入れれば、使える。

1970年頃になると、コンパクトカメラが出てくる。
母はハンドバックに入れてもいいと、Minolta Hi-Matic Fを手に入れた。
Minolta Hi^-Matic F SC09965
祖父はすでに他界、父もカメラを手にすることはなかったので、
母専用のカメラとなる。
38mm F:2.7のレンズが付いていた。
やや広角なレンズで、被写界深度は深い。
距離を3mあたりにしておけば、日中ならボケた写真にはならない。
良いレンズだと思うが、キャノネットほどではない。
でもキャビネ程度なら、充分綺麗な写真が撮れる。
しかし、暗いときは距離計でピントをあわせる必要がある。
また暗すぎても、シャッターは切れてしまうので(警告はでたか?はっきり覚えていない)薄いネガ作り失敗する。

1970年の後半になると、ジャスピンコニカの名で有名なベストセラーカメラ、コニカC35 AFが発売される。
子供の成長を記録するなら、子と一緒にいる母親が撮影の適任者。
自動露光、自動焦点、それに暗い所ではストロボ撮影もできる。
センセーショナルなカメラだった。
これを購入し、妻に渡そうとおもっていたら、
1979年だったと思うが、
突如、コシナというカメラメーカーが現れる。
初めて聞く名なので、新聞、雑誌等の記事を読み、
「コシナ」は外国輸出が主のレンズメーカーだと知った。
レンズメーカーが、カメラ本体を作る。しかもAFだ。
コニカとほぼ同じ仕様のカメラ、面白い(と応援する気持ちも有り)
新宿、角筈にあるという直営店へ出向き購入した。
Cosina AF-35 DSC09964
1980年代 妻は機械音痴で、カメラを操作するのが余り好きではないが、
このカメラで我が子を撮影、傑作をものにしていた。

子供が大きくなったこと、
更に便利なズーム付きコンパクトカメラができたので、
いつしか使われなくなった。
単三乾電池2本で 使えるので、便利だったことは確か。
サービスサイズ程度なら、なんの問題も無く使えていた。
-------------------------------
棚を探すと、隅にCisona AF-35が置かれていた。
まだ使えるか、試してみた。
単三乾電池2本をいれ、バッテリーチェックボタンを押すと、ランプが赤く点灯した。
使える。
まず、オートフォーカスを外し、
ゾーンマークで焦点を合わせて使ってみた。
ゾーンマークの「一人」は1m、「二人」は2m、「三人」は4m、山のマークは無限遠だろう予想した。
CosinaAF-35 ゾーン合わせ1556 #1-11
暗いので、おそらく露光は、f:2.8/60秒、このカメラの測光範囲限界に近い。
ピントはゾーンマーク「三人」とした。合っていると思う。
CosinaAF-35 ゾーン合わせ1556 #1-13
ゾーンマーク「一人」にし、近づいて撮影。露光はおそらく(勘ですが)f:4/125秒が適正露光。
カメラ任せでも、自動露光はちゃんと機能していた。
センサーの劣化は少ないようだが、現像してみると、全体に少しオーバーだった。
カメラは、f:4/60秒、あるいはF:2.8/125秒を選んでいたのかも。
CosinaAF-35 ゾーン合わせ1556 #1-12
山のマークに合わせたが、全体に解像感がでない。ゾーンフォーカスを「三人」にしたほうが 良かったのか・・・これは不明。
CosinaAF-35 ゾーン合わせ1556 #1-15
「三人」に合わせ、撮影。問題ないとは思うけど、写真全体に精細な感じは出ていない。
CosinaAF-35 ゾーン合わせ1556 #1-16
でもこの程度の写真になるので、普通に使うなら問題ないカメラだろう。

このカメラで 白黒フィルムを使うのは初めて。
キャノン、ニコン、ツアイスの高級な(高額な)レンズに比べたら、
コントラスト、解像度、精細感は 落ちるのは当然。
しかし、写真で一番重要なのは、撮る人のカメラアイ。
カメラは道具に過ぎない。
移ろいゆく瞬間の一番最適な瞬間に、シャッターを切れるか否かは、撮影者による。
その点では、このカメラのほうが、シャッターチャンスに強い。
まして、四六時中一緒にいる子の姿を捉えるとしたら、このカメラを使う母親のほうが優れていると思う。

レンズは3群4枚の構成で、マルチコートが施されているようだ。
カラー向きのレンズだったのだろう。子供の成長を撮っていたが、色で駄目というコマはなかった気がする。

3群4枚の構成なので テッサータイプのレンズだと思うが、
シャッターはレンズのすぐ後ろにある。
レンズシャッターのカメラは、何台か見てきたが、
シャッターの後に絞りがあるのが普通と思っていた。
これは、シャッターの前に絞りが入っていた。
レンズメーカーの意地、他社とは違うぞという心意気かも。
でも、白黒フィルムで使うなら、Minolta Hi-Matic Fのほうが すこしいいかも。

つぎはAFをONにしてテスト撮影をする予定。


  1. 2023/02/16(木) 17:54:10|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (165)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (22)
新幹線の見える街 品川 (10)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (22)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (262)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (104)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR