fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

窓の外?                 大崎にて 二液(浴)現像

去年の後半から青写真に惹かれ
時間の多くを 青写真を如何に上手く作成するかに使っていた。
フィルムで写真は撮っていたが、本数は極端に減っていた。
撮ったフィルムは現像したが、
その後の処理(スキャナーで取り込み、画像をデジタル化)は、
殆ど手つかずの状態だった。
昨日ようやく 全て終了した。
窓の外?1601-9
昨年 11月 大崎のビジネス街で撮った一枚。
フィルムはRetro80Sを使用し、二液(浴)現像法で現像した。

二浴現像法は、戦前 流行った現像法で100年以上昔に開発された方法。
アメリカ、ヨセミテの大自然を撮ったアンセル・アダムスも、この現像法で、トーンが豊で綺麗な作品を作っている。
当時 感光乳液はオルソタイプが主だった。
(波長の長い赤光に対しては感度は無い)
フィルムにしても乾板にしても、乳剤の厚さは、現在より厚い。

現像は、赤ランプのもと、バットで現像するのが主だった。
戦前刊行された「アルスの最新写真大講座11巻、108頁」によれば、
1液の配合は 水200cc、メトール 1g 、無水亜硫酸ソーダ 2g (D-23の亜流処方)
2液は 水200cc 無水亜硫酸ソーダ 2g、無水炭酸ソーダ 2g

まづ1液に浸すと、
約1分で画像が薄く見える。
更に30秒乃至1分間その液におき、(暗室で印画紙を焼いたことある人なら、それがどういう状態になったか想像できると思う)
しかる後、一寸(水に)通して
2液にいれ、調子がよいところで現像を打ち切ればいい(目視で確認できているので、失敗はない)
フィルムがオルソタイプで、乳剤が厚いときは有効な現像法だとおもうが、
いまも これを真似し、
殆ど同じような2液の組み合わせで現像している人がいるが・・・
現在では、パンクロフィルムになり、乳剤層も薄い。
タンク現像が主流で、フィルムの状態を途中で取りだし、目視で確認することはできない。
(テストピースを作って、1液に浸してから 所定の時間ごとにフィルムを取って定着し、ネガを評価すればいいが、
そこまで 手間をかける人も少ないと思う。)
1液の現像実体は、軟調なD-23現像液で現像しているのと あまり変りはないだろう。
受け売りの情報から、それをありがたがり、夢の現像法のような言動をする人がいるが・・・どうなんですかねぇ?

と言いながら、このフィルムは二浴(液)現像法で現像した。
いままでの現像液開発の知見を生かした現像液で、
1液の組成は、オリジナルからかなり変わっている。
かなり合理的な配合になっていると思う。

二液(浴)現像法の特徴は、
①画像の輪郭にエッジがる精細感(アキュータンス)のあるネガができること。
②少しオーバーめの露光をすると、暗部のディテールがでて(潰れず)、白飽和を防いだネガができること。
③攪拌しなくとも現像ムラは起きないこと(放置現像してもOK)
④1液は、何度使っても、同じ性能を保ち、長期にわたり使え経済的。(1年以上そのまま使っているが、性能に変化はない)
など長所は多い。
欠点は、時として、ザッラとした粒状感がでてしまうこと。
二つの液を使うので、作業が繁雑になることだろう。

1液はリサイクルして再度(いまのところ何回も)使用、
2液の現像促進液は、廃棄している。


スポンサーサイト



  1. 2024/04/01(月) 14:15:45|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武蔵小山商店街     Retro80S (Ⅲd)現像

Retro80Sフィルムを使い撮影。
D-76より少し硬調に仕上がる現像液(Ⅲd)を使用した。
場所は武蔵小山商店街のアーケード。
1594-41.jpg
コントラスの高い、シャープな画像を得る。
武蔵小山商店街 等倍拡大 2
白と黒(明暗)の境にエッジが出る現像液は少ない。
(Ⅲd)では 時とすると、エッジのある画像を得ることがある。
どういう光線状態で出るのか、未だよく分っていない。
エッジの利いたネガを作るなら、二液'(浴)現像だが、
戦前の処方では無理だろう。
乳剤の厚みが違うし、フィルムの感度も高くなっている。
今のフィルムに合わせた改良を行わないと、
エッジの効いた高精細なネガを得ることはできない。
武蔵小山商店街 1
エッジが出て高精細なネガになったが、副作用として銀塩粒子のザラつきがでる。
高精細と銀塩粒子のザラつき、トレードオフの関係にあるので致し方ない。
でも、Retro80Sの銀粒子かなり細かいので、この程度なら大きく伸ばしてもOKだろう。
武蔵小山商店街1594-40
デジタルカメラのHCB&Wモード(ハイコントラスト黒白モード)で撮影したようなネガも得た。
Retro系のフィルム、現像液によってトーンは大きく変化する。
使ってみると面白いし、楽しいフィルム、
デジタルにはない楽しみと思う。

勿論、デジタルにはデジタルならではの楽しさがあると思う。
デジタルは確かにすごい。
とても素人が捉えることが難しかった瞬間をものにしたり、
綺麗で精細な画像を得ている。
みんなプロではないかと思うような写真を撮っている。
簡単に綺麗に撮れて・・・あと何かすべきところ残されているのだろうか?
そこに引っかかっている。
デジタル写真が趣味として残っていくとしても 
先細りになるのではと危惧している。
  1. 2023/10/04(水) 15:42:06|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平塚三丁目      Retro80S  (AⅢn1)現像

20世紀末まで、フィルムカメラの時代が100年間ほど続いていた。
その中で、白黒フィルムが主流だったのは、1970年頃までだろう。
カラーフィルムの性能が上がり、使い易くカラーの褪色が防げるようになると、
写真はカラーフィルムの時代になっていく。
1990年代の末頃、遂にデジタルカメラの時代に入る。

その頃になると、白黒フィルムは極めてマイナーな存在となる。
それでも、世界を見渡せば、フィルム写真を使って写真を撮る人はまだいる。
日本では、コニカ、フジがフィルムの製造を止めたが、
まだフィルムを製造し、販売している会社は世界にある。
最近使用しているフィルムは、チェコのFomapan100とドイツ(ベルギーか?)のRetro80Sが多い。

武蔵小山商店街の近くを歩いていて発見した民家を撮影した。
Retro80S1593-7.jpg
現像液は(AⅢn1)を使用した。

出発点は、TRI-Xフィルムに合わせて成分を調整した現像液(A)に始まる。
やや軟調な現像液で、TRI-Xの粒子を荒らさず、白飽和を抑え、黒潰しないトーンを目指し開発したもの。
基本は、現像液の廃棄を極力避けたかったので、補充液を使い現像性能を一定に保つことを考えた。
それにはほぼ成功し、毎回補充液を添加し現像した。
約400本繰り返し再利用したが、いつも一定のネガを得ていた。(6年間ほどは全てこの現像液)
経済的な現像液だった。
10年程前、TRI-Xの価格が高騰し、購入を諦め、当時は安価だったKentmere400に替えたが、
現像時間をほんの少し延ばしただけで、同様に現像できた。

しかし、Kentmere400の価格が上がってきたので、
また安いフィルムを探し、RPX400に切り替えた。
このフィルム、(A)現像液では、被りが出やすく、白飽和もしていたので、成分の調整を行い最適化し(AⅡ)になった。
使ってみるとRPX400フィルム 使いやすいフィルムで、ソラリゼーション現像も 意外と上手くいった。
しかしトーンの幅が少し狭いように感じていた。
更に安いフィルムを探し、遂にRetro400Sにたどり着く。
このフィルム(AⅡ)では トーンを上手に合わせられなかった。

でも個性的なフィルムなので、なんとか使いこなしたいと思い、
リサイクルして使う(A)系統の現像液を諦め、
希釈現像に変え、一回限りで現像液は廃棄することにした。
軟調な現像液から硬調な現像液まで、様々な現像液を作りテスト、現像液を替えると、ネガのトーンも変化する。
それが面白い。興味に連れられ沢山の現像実験をしたのでフィルム現像液に関し、かなりの知見をえることができた。

今年の初め、もう一度原点にもどり、リサイクル現像考え、
(AⅡ)現像液の改良に取り組み、遂に(AⅢn1)を探し当てた。
ことし、3月からは(AⅢn1)を使用、補充液を添加して繰り返し再利用している。
現在まで、16本のフィルム、すべて上手く現像できている。
Retro80S (AⅢn1)現像 等倍2
この現像液の特徴は、粒子が目立たない微粒子現像液で、
白飛び、黒潰を防止した、やや軟調な豊かなトーンのネガを得ることができる。
1300万画素 等倍まで拡大しても、銀粒子のザラつきはかなり軽減できている。

フィルムを使う人は減り、自家現像まで行う人は少なくなって来た。
でも、現像液、現像法を工夫すれば、そのフィルムの隠れた能力を引き出すことができる。
それが、フィルム写真のおおきな楽しみだと思う。
白黒フィルムを使う、最後の世代(ランナー)になってしまったのかも。
  1. 2023/10/03(火) 12:27:29|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルム現像  二液(浴)現像法、微粒子現像法、二段現像法

1960年初頭の頃、オリンパスペン(ハーフ判カメラ)が発売されると、一大ブームになる。
通常のライカ判カメラの半分のサイズ、36枚撮りのパトローネを詰めると72コマの写真が撮影できる。
カメラは小さく、まさにペン感覚で見たものを記録できた。

フィルムの性能も上がり、キャビネ程度の引き伸ばしなら、
35mmカメラにひけを取らない写真になる。
ハーフ判のレンズは28mmで、ライカ判カメラの50mmレンズとほぼ画角は同じ。
被写界深度が深いので、ピント合わせ、距離マークで充分だった。
そのころ 写真雑誌には「超微粒子現像法」の特集記事も載っていた。
しかし二(浴)液現像の紹介記事を読んだ記憶はない。

二浴現像法の記事を見るようになったのは、
2000年以降、フィルムカメラが衰退を初めた時期に重なる。
戦前の現像法の復活か?とちょっと驚いた気がした。

現像液の成分を二つに分け、
現像成分を含む(A)液と、現像促進成分を含む(B)液にする。
(A)液は、現像能力を持たない。単にフィルムの乳剤に現像液を含ませるだけ。
(B)液は乳剤に含まれている現像主剤を活性化させ、現像は進行する。
現像主剤は乳剤に含まれているだけなので、
露光の多い部分は現像が進行するが、同時に現像主剤は消費され、現像が更に進むことない。(白飽和防止)
露光の少ない部分は、現像液が残るが、(B)の時間を長く保てば、更に現像が進み、暗部もデイテールがでる。(黒潰防止)
(B)液の現像時間も4分半であればよく、現像温度にも左右されない。
しかも、(A)液は乳剤に染みこむだけなので、繰り返し使用することができる。
白飽和も黒潰もない豊かなトーンのネガができると 説明されていた。
マジックのような現像法である。(説明を聞くすごいと思ってしまう)

市販の現像液の淘汰も進み、簡単に手に入るのは、
コダックのD-76、フジのSDPかミクロファイン程度
自家現像する人は少なくなった時期であり、
「鳥無き里の蝙蝠」だろうか?「講釈師、見てきたような・・・・」と???だらけの記事を載せていた。

二浴現像を 行っている人は少ないだろう。
YouTubeを見ていたら、英国の写真家とおぼしき方(John Finch氏)が、その説明をしていた。
Barry Thornton 2-Bath法を紹介していた。(シュテックラーではないが、液の組成はほぼ同じ)
こちらは真面目に 説明していて、
繰り返し使用することができるというマジックのような説明はなく、
また、現像温度と現像時間は 正確に守りるよう説明していた。(攪拌まで!!)
でも、(A)現像液の組成はD-23に似ているので、20℃に7分近く浸しておけば、現像が進行し、ほぼ像は出ている。
(Delta400フィルムならD-23原液 20℃7分が標準現像、ISO:100のフィルムなら5分程度でネガ濃度でていると思う。)
(A)液処理時間を20℃で 4分半、6分45秒、9分と変え、(B)液20℃、4分30秒現像し比較しているが、
その当たりの説明は一切されていない。
この方法の特徴は軟調現像液で、ある程度像(トーンは眠いものになる)が出た後、
促進浴で現像を完了させネガ濃度をアップさせる効果を狙ったものだと思う。
その効果が欲しなら、使う現像法だが、
それならD-76で1:1希釈でも十分ではないかと思う。

詳細を知りたかったらYouTubeに入って、検索してください。
(D-23現像液で20℃ 4分半 ISO:100のフィルムを現像したら、現像は進み、7割方銀粒子像はでていると思う。)

紹介されている戦前の処方に近いものでは、アンセルアダムスの言う 二液(浴)現像法にはならない。
薄い現在のフィルムに合わせて配合を調整し、二液(浴)現像をしている。
二液現像法1589-29
(Afx)液に浸す時間は Fomapan100なら30秒でほぼ終了。
浸す時間は操作を考え、2分程度にしている。
ただし、Retro系フィルムは、現像時間がながくなる傾向にあるので、浸透時間がかかると思い、4分で処理している)
現像促進液は(BⅠ)を使用した。現像時間は4分半と固定することはできなかった。
あらかじめ充分な濃度になる時間をテストで割り出して、現像している。
攪拌は 30秒毎の攪拌することはない。
寧ろ 攪拌は最小限に抑え、途中一回のみのことが多い。(多くて三回程度)

pHが促進剤の目安で、高いほど(アルカリ)現像は速く進行し、よりコントラストは高くなる。
D-76程度のpHを使いたかったが、反応が遅いので、それより高めのpHにしている。
乳剤の含まれる現像成分全てが、現像に使われる訳ではなく、
乳剤中の現像成分は、(B)液側へも拡散していき、フィルム現像には使われない。
この事実が分れば、現像中の攪拌は それほど頻繁に行うことは必要でなく、
(B)液に交換したら、気泡を取るため、数回、底をたたくだけで そっと静置、
途中一回か二回軽く攪拌するだけでいい。
それでも、現像ムラが 起きることはない。
(B)液の促進液のpHを高くしないと、一回で求める濃度のネガにはできなくなる。
(A)液と(B)液のコンタミは避けなくてはならず、
pHを下げ、二回 三回と 現像を繰り返し、ネガ濃度を上げるのは・・・煩雑で実用的ではない。
二液現像法 拡大
中庸のコントラストから、高いコントラストのネガを得るにはいい方法だと思う。
粒界で強くエッジがで、精細感を強調した写真ができる。
画像を拡大すれば明白だが、白文字の境界に 黒い縁取りが入っている。
欠点は、反対に粒界にエッジがでることで、
暗い部分に、銀塩の粒子が強くでてザッラとした画質になる。
戦前、この現像法をつかっていたアンセルアダムスが指摘している通りだった。
4つ切り程度に伸ばし、手に取ってみたら、精細感を強く感じ、
粒子のザラつきまで気がつかない人が多くなっている。(むしろ ザラついた方がいいと評価している??)
(小生としては)その方が、ちょっと気になっている。

微粒子現像液(AⅢn1)でFomapan100を現像した。
市販のミクロファイン現像液より、少し軟調になるよう配合を調整したが、
その効果があったかは・・・不明。
Fomapan 1592-12 Ⅱ
Fomapan100は暗い部分が潰れやすい傾向があるが、気にするほどでもない。
現像液を替えれば、それにしたがいトーンも素直に変化する。
かなり使い勝手のいいフィルムだと思う。
Retro80S 1583 #2-22
フィルムをRetto80Sにし、同じ場所で似たオートバイを撮影した。
現像は二段現像を行った。
まず軟調な現像液(Ⅵ)で8割方現像を終わらせ、暗部をだす。
そして(Ⅱ)現像液に変えて現像し、明るい部分濃度を上げ、コントラストをだす。
二浴(液)現像との違いは、(Ⅱ)液は現像成分の入った硬調現像液を使うこと。
単独で使えば、最も硬調なネガになる。
Retro80Sは癖が強いフィルムと思われている。
暗部はストンと落ちないので「足のあるフイルム」と呼べるだろう。

昭和30年代のアサヒカメラを読んでいたら、
写真家の木村伊兵衛が、
「この頃のフィルムは足がストンと落ちて、お化けのようだ」と苦言を呈していた。
ISO:400のTri-Xフィルムが発売されたころから、足がストンと落ちる「素直な」フィルムに変わっていったのだろう。
戦前の感度の低いオルソフィルムは、乳剤の厚みも有り、銀の含有量も多かったのだろう。
現像を押すと、暗い部分にも画像がでてきた。
いまでは、パンクロフィルムになり、高感度、
乳剤は薄くなり、銀の含有量も減っている。
こうなると、暗部のディテールはだしにくいが、トーンの直線性は向上する。
足がストンと落ちるというが、光に対する直線性があがったまででのこと。
本来は喜ぶべきことだろう。
直線性が向上したので、画像の効果を予想でき、使うには便利だと思う。

Retro80Sは 足のある癖の強いフィルム。
ハーフトーンからハイライトまで、コントラストがつきやすく、
そこを捉えて暗部が潰れやすく使いにくいフィルムという評価を下す人もいる。
市販の現像液を使うひとの評価、あるいは現像をラボに現像を頼むひとなら、そう評価されて致し方なし。

足のある古いタイプのフィルムは、昔流行った現像処方、D-23のような軟調現像液で処理するのが基本。
コントラストを上げるため、現像液を切り替える二液(浴)現像法は、
このフィルムには最適な現像方法かもしれない。
豊かなトーンを出したいときは、(小生の場合)軟調現像液(Ⅵ)か、やや軟調な(Ⅰ)現像液で現像する。
等倍比較FomapanRetro80S
Retro系フィルムはPETフィルムに乳剤が塗られた、比較的新しいフィルム。
マイクロフィルムや、赤外線写真(航空用)向けに開発されたものだと思う。
さすがアグファのフィルムだなぁと思う。
隠れた能力のあるフィルムだと思っている。

二つのフィルムと、二つの現像法、
ピクセル等倍に拡大した画像を例示するが、
微粒子現像したFomapan100は 銀粒子は目立たず これなら半切くらいまで伸ばしてもOKだろう。
ただし、暗部のディテールは すこし潰れた感じがしている。
Retro80Sは二段現像したので、暗部のディテールは失われなかった。
しかし、粒状感の出てしまった場所(暗部)も存在した。
粒子そのものは かなり細かく、
微粒子現像液(AⅢn1)で現像したら、おそらくFomapan100と同等か、それ以上の滑らかな画質になったと思う。
------------------------------------------
(AⅢn1)現像液は、TRI-X用に使っていた(A)現像液の配合を改良し、微粒子タイプにしている。
現像10本毎に補充液を加え、繰り返し使用している。
今年の3月9日に調整し、それから13本のフィルムを現像した。
現像温度、現像時間を 一定に保ち現像しているが、
ネガは想定の濃度に仕上がり、現像結果に 何の不具合も見つかっていない。



  1. 2023/08/27(日) 17:49:06|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fomapan100フィルムを二液(浴)現像法で現像   

「二浴(液)現像法」は、
戦前の硝子乾板が多く使われていたころ 
精細な画像を得られる方法として開発された現像法だと思う。
戦前出版された「アルス写真講座」の現像に関する一冊に、紹介されている。
アンセルアダムスの現像に関する一冊にも載っていた。
ネットを探すと「シュテックラー式2浴現像法」として紹介されているが、
なぜ「シュテックラー」という名前がついているのか、小生は知らない。

この方法は、乳剤層が厚く、オルソタイプのフィルムで 
低感度(現在の基準ならISO:25以下)の時代に適合した現像法だった。
第二次世界大戦後、フィルムの性能は大幅に向上、
感光性はパンクロタイプになり、乳剤は薄く ISO感度も100越えている。
戦前の処方をそのまま適用すると、あまり上手くできないのが実情だが、
いまでも、同じ処方で、二浴現像をする人もいるらしい。
(最初の一回目はある程度ネガ濃度がでるが、2回、3回となるとネガ濃度は薄くなり、
決められた操作では実用的なネガは得られない。)

安定した結果を得るためには、
現在のフィルムに合わせた処方に改良する必要がある。
公園の樹1590-4
写真のトーンの調整に「ゾーンシステム」を考案したアンセル・アダムスは、
著書「Negative」でこの方法を紹介しているが、
この方法の特徴は画像のエッジ部分を強調でき、精細なネガを作ることができることだとしている。
ネガの精細感と銀粒子のザラつき感は トレードオフになると画像を拡大し、提示 説明している。
大判の硝子乾板を使っていたので(粒状は無視できる)、精細感のあるネガを得る方法として紹介していた。
実際、大型カメラで撮っていたころは この方で現像していた作品もあったと思う。
戦後 フィルムの性能が上がり、サイズの小さな、35mmフィルムが 主流になった段階では、
忘れられた現像法となるべきだったが・・・・・

ネットで調べてみると、
戦前の処方のまま、「シュテックラー二浴現像」という名前で 紹介されているのを読んだとき、
過去の亡霊が 現れたような 奇妙な感じを受けた。
公園の樹 等倍拡大
銀粒子の粒界が出やすいが、
白と黒の境界がくっきりと出るのが特徴、
大きく引き伸ばさなければ、精細感のある写真になる。
デジタル画像なら、
カメラ内で、あるいはレタッチソフトで画像をシャープ処理した効果に近い。

過去にも沢山の現像液レシピは公開されているが、
残念ながら現在使っているフィルムに合わせた二浴現像のレシピは公開されていない。
しかし、化学を勉強した人なら、割合簡単に、配合(レシピ)を作ることできると思う。
要は、「フィルムで遊ぶ」のが楽しい人の 現像法だと思う。

  1. 2023/08/24(木) 17:30:19|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR