FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

ネガは作曲(楽譜)、プリントは演奏。

アンセルアダムスの言葉だったかも。

被写体を発見し、光を読み、カメラをセットしフレーミング。
一瞬を狙い、シャッターを切る。
暗室に入り、撮影したフィルムを現像し、ネガを得る。
そこまでが作曲に相当する。

出来上がった楽譜(ネガ)を演奏することがプリントという作業。
プリント作業には、
印画紙の材質の選択、号数(軟調から硬調まで)、プリントの方法(覆い焼き、焼きこみなど)まで
多岐にわたる選択肢がある。
技術の習得の差は 演奏の良し悪しに直結する。
それがフィルム写真だった。
1950年代のプロの写真家は、自宅に暗室を設け、自分の手で、あるいは助手を雇い、
自分の責任で写真を作っていたのではないだろうか。

今でも白黒モノトーン写真に拘るプロはいる。
そういう方たちは、おそらく今も自分でフィルムを現像し、自分でプリントし 作品を作っているのだろうが・・・・
そうやって丁寧にプリントされた写真の市場性は・・・日本ではまだ おそらく今後も あまり大きなものにはならないだろう。
文化、伝統、意識が違うから致し方ない。

「ネガは作曲、プリントは演奏」 この言葉には納得している。
小生は道楽、己の楽しみで撮っているだけなので、 この言葉には納得している。
自分で作曲し、自分で演奏して、自ら自分の曲を楽しんでいる。
これでいいではないかと思う。
デジタルには、この途中の楽しさが欠損しているような気がしている。
「ネガは作曲、プリントは演奏」の楽しさ、Phone-Camera(デジタル)で、
楽しめるだろうか?
デジタル・カメラ(Phone-Camera) には、フィルム写真にない楽しさがあるのだろうが、
小生は まだよくわからない。(見いだせず、すぐに飽きてしまった。)
----------------------------------------
Acros100フィルムで撮影。
Acros100で使える一番硬調な現像液(Ⅳo)で現像した。
ネガをフィルムスキャナーでストレートに取り込む(プリント操作)
ネガは作曲プリントは演奏1264-15
黒潰れも白飽和もしない、ごく普通のプリント。
これでは面白くないと、再度 フィルムスキャナーの設定を変え(トーンカーブをより硬調に、全体を焼きこむようにして)取り込む。
ネガは作曲プリントは演奏1264-15 Ⅲ
白黒写真は、暗く焼きこんでいくと 「プロ」ぽく見える。
安易だと思うが、焼きこんでみた。
そして意味深な題をつける・・・という誘惑に駆られる。
(時分を大きく見せたいという願望)
ネガは作曲プリントは演奏1264-36
ネガをストレートに取り込むでみる。
PCなどのモニター画面に表示するということは、プリントしたようなものだろう。
洗濯ものが もっと白く輝いていた印象がある。
ネガは作曲プリントは演奏1264-36 Ⅱa
コントラストがもっと効いてもいい。
そこで、Photoshop(レタッチソフト)で、トーンカーブと、画像の濃度調整、コントラストを調整する。
これも、演奏の一つの有り方だろう。
最終的には、印画紙に似た(高級)紙に印刷し演奏は終了するのが小生のスタイル。
(現在のモニター画面では、表現力が不足している。写真の階調性の良さが出てこない)
デジタルで撮影している人は、紙は不要と、
モニター画面、フォト・フレームに表示させれば それでプリント終了とする人も増えているようだ。
(画質が悪くてもそれで満足するようになっているのだろう。「悪貨は良貨を駆逐する」かなぁ)
高解像度、ダイナミックレンジの広いモニターが 廉価で手に入るようになればいいのだが・・・
これも 新しい楽しみ方なのだろうが・・・・こうなると写真のプロが育つ環境 益々低次元になりそうだ。

量のない質はないというが、デジタル写真になり、簡単に綺麗な映像が撮れるようになると、
夥しい量の写真が氾濫してきた。
すると相対的に、写真の市場ニーズ・価格は低下(誰でも撮れるなら、より安い価格提示できる人・プロに依頼)する。
結果的に プロが育たなくなるということになりはしまいか?
「銀塩写真の20世紀は映像の世紀だった。」
では「デジタル映像の21世紀は○○の世紀」
 ○○にはなにが入ることになるのだろう?
スポンサーサイト



  1. 2020/02/28(金) 10:51:12|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白黒フィルム 現像について  (フィルムが手に入りさえすれば、写真は撮れる)

嘗て日本はカメラ生産大国であり、
世界へ高級なフィルムカメラ、デジタルカメラを輸出していたが、
今、カメラの主流はPhone-Cameraに移っている。
その主体は、アメリカ、韓国、中国にあり、もやは日本ではなくなった
それが現状。

富士フィルムは、一昨年 白黒フィルムの生産をやめ、(大きな利益が出ないからだろう)
去年暮から、イギリスメーカーに生産委託(OEM)でAcrosⅡを販売するようになった。
今、白黒フィルムを生産している主要なメーカーは ユーロッパへ移っている。
それだけ、ヨーロッパには、白黒写真愛好家が多いということだろう。
日本の写真愛好家とは どんなものだったか・・・・
日本のメーカーは、写真は経済活動、文化活動ではないと割り切っているのだろう。
そこに日本人の写真に対する姿勢の違い、 文化の違い、伝統の違いを感じる。

日本は嘗てカメラ生産大国であったが、写真大国には一度もなり得ていない。
凄い写真は、ユーロッパ、東欧、アメリカ・・・の人が撮ってきた。
どうしてなんだろうねぇと考えてしまう。
意識が低いのだろうか?

でもまだ少数だが、外国のフィルムを購入し、
白黒フィルムを楽しんでいる人はいる。
少しは 白黒フィルムの延命になればと、 
どの様に現像条件を探し、フィルムを評価し 使うか、
小生の行っているやり方を、このブログに載せておきます。

テスト風景
所定の露光をしたテストフィルムを作っておき、
そのパトローネ(マガジン)から2コマ分のスリップを 暗室あるいはダークバックで切断し、自製したミニタンクに詰める。
ミニタンク一つが、一つの現像条件に対応する。
ミニタンクは 黒いパトローネが入っていた黒のプラスチック容器を利用し自製した。
底の部分とキャップの部分に遮光した空気抜きを設け、
液が自由に出入りできるようにする。
ミニタンクを上下することにより攪拌を、取り出し別の液に浸すことにより、
水洗、停止、定着を行える。
現像温度を一定に保ち、決められた時間で現像をやめ、水洗、停止、定着する。
経時的な現像を追跡でき、最適な現像時間を求めることができる。
現像が上がり、乾燥したテストストリップは、フィルムスキャナで画像を取り込む。
(Ⅲd)25℃ Retro80S 実施結果
コダックのテストチャートを撮影している。
スキャナーのヒストグラムを読み、現像の進行状況を数値化する。
注目しているのは、グレースケール部の、銀濃度の一番高い値(明るいUp濃度)とようやく濃度のでた最低値(暗いLow)の値。
それに、ピークの数、ピークの切れ(谷があるか・埋まっているか)、ヒストグラムの形状(軟調・硬調に関係)などである。

おなじ現像液を使い25℃の現像温度に保ち、数種類のフィルムを試してみた。
Up濃度は現像進行の度合いを示し、
Up濃度とLow濃度の差分は トーンの広がり(豊富さ)を示していると考えている。
この結果をまとめると 以下のようになる。
フィルム比較
トーン・レンジの傾向は2つに分かれる。
Retro80S,Retro400S,Rollei赤外400のフィルムのベースはポリエステルフィルム、透明性が高く、ベースの濃度は小さい。
一方、Acros100,Fomapan100,上海GP3のベースフィムルは昔から使われてきたアセチルセルローズ、
透明性はポリエステルほど高くない。
その差が出てしまった。
3つのフィルムのヒストグラムを示せば以下の通り。
(Ⅲd)現像 Retro80S ヒストグラム
Retro80Sのトーンレンジは広いし、ピークもシャープで谷がしっかりとでている。
Acros100 (Ⅲd)現像 25℃
Acros100はレンジが狭く、ピークは沢山あるようだが、谷が埋まっている。
中間部に山があり、中間トーンは豊富かもしれません。
(Ⅲd) 上海GP3 25℃
ピークの切れからしたら、上海GP3フィルムは Acros100より良好かも・・・
Acros100がとりたてて 良いフィルムであるとは言えないだろう。

勿論 この評価法が万全という訳でなはい。
粒状性や、現像液に違いによりトーンがコントロールできるか否かも 
使う人の求めるものによってことなるので一概に言えません。
こういう評価法、現像液の選択法もあるということです。

Retro80S, Retro400S, Rollei赤外400(以前はRetroInfrared400と呼ばれていた)の三つのフィルム、
確かに 現像条件がアセチル・セルローズ系の従来型フィルムと違うので 現像に戸惑うでしょうが、
使ってみると、現像液により様々なトーンに変化するので、面白いフィルムです。
失敗も楽しいと おもえる人にはお勧めのフィルムです。

一昨年購入したAcros100フイルム(35mm)の最後の一本を使ってみた。
その作例です。(120フィルムはまだ4箱、20本冷蔵庫保管中、今年中には使い切るでしょう。)
大崎散歩1264-4
大崎散歩1264-6 Ⅱ
Acros100 良いフィルム(粒状性)だと思いますが、値段を考えたらFomapan100を選ぶ。
Fomapanの粒状性 悪いといっても たいした差はなかったし、
Fomapan100のほうが、現像液の違いにより トーンの変化が大きかったから。

Acros100は軟調現像液、硬調現像液、中庸現像液
いずれを使ってもトーンの違いは少なく、破堤することなく現像できた。
ある意味 現像液を選ばない、使い勝手のいい(失敗しない)フィルムです。
優等生フイルムなのだろうが、しかし、その分 面白味に欠けている。
  1. 2020/02/26(水) 22:29:10|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林試の森にて         ND400フィルターを使う

写真が発明された当初は、感光剤の感度が低く、
人物のポートレート撮影では、カメラを三脚に付け、
顔が動かないよう後ろの添え木で固定したという。
フィルムの感度が上がると、カメラを三脚に固定しなければという呪縛から逃れ、
手持ちで自由に写真を操ることができるようになる。
それとともに、カメラを三脚に固定し、長時間露光かけて撮影するスタイルは、廃れていった。

忘れられていた技法、
長時間露光の効果を意識的に取り入れたのは・・・アメリカのWynn Bullokではなかったか。
Wynn Bullokは、時間の経過、被写体と光の関係を意識していた。
実在(被写体)と存在の関係を突き詰める答えの一つが、
長時間露光の写真となったように感じる。
1960年代から70年代初め、長時間露光で、幻想的な風景写真を何枚か撮っている。

長らくライカ判カメラを使っていたので、機動性を生かし、三脚は極力使わないようにしていたが、
中判カメラの魅力に気づくと・・・・その良さを発揮させるため三脚を使うようになっていた。
Wynn Bullokの写真を意識して(真似て)いることは確か、
勝島運河で、杭についた貝殻をマミヤプレスで接写撮影したこともある。
ツアイスのSuper Ikontaを手にし、
今まであまり試さなかった昼間の長時間撮影に挑戦してみた。
林試の森1252-12
紅葉が風に揺れていた。
もう少し シャッター速度 速くしてもいいかも。
1秒?
林試の森1252-13
遊歩道を数名の学生が通り過ぎた行ったが、
その姿を記録することはできなかった。
一方、じっとベンチに座っていた人は、ちゃんと写っていた。
-------------------------
時間の経過、存在と運動、を意識化できた人が、
日中長時間露光の技法を取り入れ作品を作っていく。

マイケル・ケンナは長時間露光で捉えた美しい写真を、
アレクシィ・チタレンコ?(Alexey Titarenko)は、
The city as Nobel で群衆が示す(不気味だけど)迫力ある姿を、みごとに捉えてみせた。
単に幻想的で美しい写真を撮り、人の関心を買おうとしたわけではないだろう。
こう(長時間露光)しないと、求めたものが表現できないとする意志(コンセプト)を、その作品に感じる。
(だから いい作品だなぁと思う。)

今となっては、長時間露光は、写真の技法の一つになっている。
渦を巻いて動く枯葉や、滝の水を表現するため、
スローシャッターを切るのは ごく当たり前のテクニックになってきた。

ちょっと気の利いた、キャッチーな写真が撮りたい。
ただそれだけの動機だとしたら・・・寂しい気がする。
美しいが金太郎飴のような写真に なってはいまいか?
そんな反省をしながら、長時間露光に挑戦してみたい。
  1. 2019/12/24(火) 13:13:35|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ネガは作曲、プリントは演奏。」 一コマのネガから

ソラリゼーション現像をコントロールし 弱く処理してできたネガの一コマから、
フィルム・スキャナーを使い、画像をネガとして、またポジとしてPCに取り込んでみた。
通常の現像したネガをポジフィルムとしてPCに取り込んだら、
白黒が逆転したネガ画像になるので、違和感があり、すぐに判別できる。
しかし・・・・弱くソラリゼーション現像しているので、トーンには虚と実が混在する。
キャベツ・トーン1206-2
バックの布は黒。
弱くソラリゼーションをかけているだけなので、一見 普通のトーンに見える。
キャベツ・トーン1206-2 Ⅱ
レタッチソフトのレベルを選び、画像全体を明るくする。
黒のバックが明るい灰色になった。
-------------------------------------
ポジ画像として取り込む。
キャベツ・トーン1206-2 Posi
明るいハイキー調の写真になる。
キャベツ・トーン1206-2 Posi Ⅱ
レベルを補正し、全体を暗く焼きこむ。

一つのネガから 4つのトーンを出してみたが、
みなキャベツの写真になる。
しかし、トーンはみな異なっている。
やはり、「ネガは作曲、プリントは演奏。」 だろう。
ネガも重要、プリントも重要。

カメラを替えたところで、レンズを替えたところで、
これだけのトーンのバリエーション、出せるはずもない。

プリントは演奏。他人任せにはできないと思う。

デジタルになって 誰もが簡単に演奏できるようになる。
明るい暗室とプリンターは革命的。
デジタルになって、よかった点だろう。


  1. 2019/06/11(火) 12:48:17|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒塗りの外車が撮りたくて       モノトーンに遊ぶ・・・・あるいは遊ばれる

数年前、写真展で見た森山大道の写真が焼きついている。
氏の作品の多くは、新宿などの猥雑な街角を写し、
あるいはその一部を切り取り、
現代という生活空間を表現する意図、現代を喚起する思想性がある。

それに比べると異質な作品。
銀粒子のざらつきは感じない。
滑(ぬめ)りある黒く光る外車のボディーのトーンが美しい。
あんなトーンどうしたら出せるのか・・・・
なんどかチャレンジするも、今一の結果。
Retro80Sフィルムを使い、も一度挑戦してみようと、硬調現像液(Ⅳz)を開発していた。
黒い車1177-11
最初のテストで撮った一枚。
銀粒子のざらつきもなく かなり滑らか、Retro80Sと(Ⅳz)の組み合わせ、かなりいい。
露光をもう少しアンダーにして、現像時間を延ばせば 幻のトーンに近づけるかも・・・・
黒い車1178-13a
2日後、レンズの違い、カメラの違いが、トーンの違いを生むか、試し撮りしてみた。

カメラは高級一眼レフを使っている人からは軽く蔑(さげす)まされ、
バカチョンと呼ばれた大衆カメラのキャノンオートボーイ。
DXコードを読み自動でフィルム感度は設定されている。
フィルムを入れると、最初のコマまで巻き取り、撮影の態勢になる。
露出、ピントも自動設定、「あなたはシャッターを押すだけ、あとは全てカメラにお任せ」
暗いところでは 自動でストロボが作動する。
必ず、何かがクリアーに撮れている。撮影のミスはほとんど起こらない。
撮りきれば、自動で巻き戻してくれる。
撮影者に残された裁量は、光を読み、フレーミングしシャッターを押すこと、
そしてフィルムの現像からプリントまで。(ネガは作曲、プリントは演奏 アンセル・アダムスの言葉だったか?)

完全機械式のKievⅡ(戦前のコンタックスⅡ型カメラのクーロン)に50mm F:1.5のソナーレンズと
1980年代にキャノンが製造したズームレンズ付大衆カメラの比較。

現像してみたら 二つのカメラの写真表現に目立った差など感じない。
撮影機材を隠し、2つの写真を見せ、
どちらがいいですか?と聞いたら、おそらく評価は分かれるだろう。

写真表現の深い部分にまで カメラやレンズは影響を与えていない。
光画の本質が「暗い箱」にあるからだろう。
光を読み、被写体を、どう切り取るか、
フィルムを選び、現像液を選び、己の裁量で現像し、ネガを作る。
それを紙の上にいかにプリントするか(印画紙に焼くつけるか)格闘する、その過程の良し悪しにかかっている。
結局、写真表現の深い部分に関与するのは、撮る人の見識、覚悟、具現化するための修練という、
ごく当たり前の結論になると思う。

カメラやレンズが、写真表現の深い部分にまで関与できるとは思えない。
必要なら選んで使いこなすだけだろう。

最終的なプリントまで、自動化が進もうとしているデジタルカメラ、
それを、どう捉えたらいいのか? 
写真の質は確かに高くなっている。
デジタルカメラをもって半年も経つと、
うまいものだと感心する作品を作る。
しかし、どの写真も同じような美しさで、金太郎飴のよう。
誰が撮っても同じでは・・・・綺麗な写真も、薄っぺらな写真表現に思えるようになってしまった。

5年分のフィルム代で かなりいいデジタルカメラを手にいれることができる。
10年分なら最高級も可能だろう。
一時は フィルムからデジタルの時代だろうと 購入を考えたが、
デジタルカメラを主(メイン)に使っていいだろうか?疑問に思うようになっている。
厭きやしないか?
デジタルカメラ、まだよくわからない。

白黒写真のトーンで遊んでいるようなもの。
最新の高価なデジカメでしか出せない白黒のトーン あるだろうか?
ないだろうなぁと 勝手に思っている。
それなら 少々古い機種になったが、
Sony のNEX-3,-5でも充分でないか、と自分に言い聞かせている。
  1. 2019/03/28(木) 10:46:35|
  2. 写真の技法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR