FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

戸越銀座のひと

PAM-BRATARという スクリュウーマウントのレンズを持っている。
第二次世界大戦のとき、ライカが輸入が止まった米国で、
需要を見込んで開発されたレンズ。
残念ながら 完成したとき戦争は終わり、あまり売れなかったようだ。
そのレンズが 日本にあるのは おそらく朝鮮戦争で 日本に来た米国軍の人によってもたらされたものだと思う。
レンズには、ブルーのコーティングが施されている。製造した会社はニューヨークにあったというが、今はもうない。
105mm F:4.5の望遠レンズ、ポートレートを撮るなら うってつけの画角だろう。

そのレンズが、防湿庫の中で眠っていた。
何を思ったのか・・・・使ってみたくなった。
ただし、今までの撮影結果は、ピントがうまく合わないことが多かった。
レンズのバレルの繰り出し精度がよくないのか、
小生の腕が悪いのか?

デジタルカメラにつけて ピント合わせして撮ると、
切れのいい、色のくっきりした写真が撮れるので、
レンズそのものの光学的な精度はいいのではないかと 思っている。
今は珍しいトリプレットのレンズらしい。
レンズの枚数が少ないので、コントラストの高い写真が撮れる・・・・・はず。
夕方、戸越銀座の通りを散歩した。
戸越銀座の人1221-7
戸越銀座でも 素敵なひとは 歩いています。
ピントは顔から少し外れてしまったが、素敵さ出ているなぁ。
戸越銀座の人1221-8
存在感のある人だと思う。

スナップは秒撮が基本。
あれっと思った瞬間には、小生のカメラ下げられている。
誰も自分が撮られたとは思わないだろう。

撮影結果は画像の崩れが大きくて ぼんやりとした画質になる。
秒撮による手振れかも・・・・
戸越銀座の人1221-9
戸越の猫娘をモデルにしてテスト撮影。
手振れが原因とは言えないようだ。
f:4.5開放絞りなので被写界深度が浅く、画質(解像度)もよくない。
古いレンズ、絞れば急速に解像度は上がる。
絞りをf:8程度まで絞れば・・・・スナップに使えるだろう。(ISO:400のフィルムを使えばいいということだろう)

しかし、そもそも こんなスナップ写真、撮っていいものか?
考えないといけないこと いろいろ出てくる。
いま思案中。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/10(火) 12:52:52|
  2. Street Photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草の人

鬼海弘雄さんの写真集、
「世間のひと」に触発されたわけではないが、
上野の専門書店(写真集ではありません。満州の記録を記した本を求めて)へ出向いた折、
ここからなら浅草は近いと 足を延ばした。
浅草の人1222-38
浅草の人1223-4
浅草の人1222-44
浅草の人1222-40 Ⅱ

スナップは「い合い抜き」のようなもの、いいなと思ったシャッターを切る。
1時間弱の間に16回シャッターを切っていた。
こんな撮影(態度)で いいのか? このごろちょっと疑問に感じている。

それに比べ、やはり鬼海弘雄さんの撮影姿勢 ドシッと地に着いている。
志(こころざし)があり、覚悟が違う。だからプロと呼べる。

小生の写真は 生ちょろい。
さっと、浅草の町の表面をなぞったようなものだろう。
それでは、被写体に失礼ではないかと、ちょっと弱気になる。

散歩する老夫婦の姿を(その人生を感じさせる何かを)写しとめられたら いいなぁと思うが、
さて、どうしたものか・・・・
  1. 2019/09/08(日) 14:05:59|
  2. Street Photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

池袋の人

友との待ち合わせは西口だったが、
欲しかった写真備品があったので、少し早く池袋へ。
東口のビックカメラへ行く。
そこから、西口へは、地下の道を抜けるか、陸橋を渡るか。
時間があったので陸橋を選び、ぶらぶらと行く。
池袋の人1196-23 Ⅱ
女物の日傘・・・・左手に小さなバッグ、
悠然と歩いていく。
陸橋を渡れば、西口の少々いかがわしいホテル街近くに出る。
予想とおり、陸橋を渡ると、右の道を選び、ホテル街へ。
まるで映画のワンシーンのようだ。
池袋の人1196-26
金髪、異様に肌が白い。白人かと思ったが、東洋系の可愛い顔をしていた。
中国?韓国?、おそらく日本人だろう。
池袋の人1196-35
いつもの散歩は戸越の里が中心。
こういう人にはなかなか出会えない。
さすが池袋、多様性の街。
歩くたび、目を引く(いや惹く)人を見つけてしまう。
見ていても厭きない。
それぞれ、何らかのバックグランドがあり、人生があり、何かを背負っているのだろう。
それを切り取るカメラの眼があれば・・・・なぁと思う。
  1. 2019/05/11(土) 09:57:32|
  2. Street Photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三社祭にて

息を吸うように写真を撮ろうと思いながら、
圧倒的な数を目の前にすると、それを忘れてしまう。
いつもの撮影スタイルになってシャッターを切っていた。
祭りはデジタルで撮るべきだった・・・・
いつもの癖が出てしまい、無意識にも縦位置のフレーミングになる。
三社祭1093-65
三社祭1093-57
三社祭1093-56
三社祭1093-72
三社祭1093-74 Ⅱ
三社祭1093-79a
三社祭1093-83
ファインダーを覗き,いまだとシャッターを切ろうとすると、
空気のように さっとスマホを持った人が視界に入ってくる。
アッといった瞬間、ファインダーが遮られる。
ネガをチェックすると、そんなコマが多かった。
息を吸うように撮りたいなら、デジタルを手にすべき。
スマホを持った人の撮り方が、理にかなっていると思う。



  1. 2018/05/27(日) 11:09:21|
  2. Street Photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらぶら歩き (秋葉原から水道橋まで)

この頃 散歩には ElmarレンズをつけたBessaRを持ってでることが多い。
理由は簡単、軽いから。
レンズは沈胴式なので小さくなる。
嵩張らないので電車に乗っても気にならない。
ノンコートの古いレンズだが、先日分解し、レンズを綺麗に掃除、
グリースも塗ったので、距離合わせはスムーズになった。
秋葉原から水道橋まで1062-10
秋葉原から水道橋まで1062-16
秋葉原から水道橋まで1062-20
秋葉原から水道橋まで1062-24
秋葉原から水道橋まで1062-26
秋葉原から水道橋まで1062-31
手入れして大事に使えば・・・・まだまだ現役で使えると思う。
  1. 2018/03/26(月) 11:50:04|
  2. Street Photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR