FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

美の変容、画像の変容・・・・・画像を「盛る」

ネガは作曲(採譜)、プリントは演奏。
・・・・アンセル・アダムスは、そんなことを述べていたような気がする。
写真を撮り、暗室でフィルムを現像し、ネガを作る。
暗闇で格闘し、そのネガを印画紙に焼き付けプリントを作る。

デジタルの時代になり、暗い暗室作業はなくなった。
代わって「明るい暗室」が出現する。
カメラから吐き出されるデジタル画像データーは、
フィルム時代のネガ(作曲)に対応する。
それを明るい暗室でチェックし、レタッチソフトで調整してプリント(演奏)する。
「明るい暗室」で使用するレタッチソフト(現像液)に習熟することが、演奏の中身らしい。

デジタルで撮影し、「明るい暗室」で演奏したら、どんなキャベツマンになるのか、試してみた。

RAWで撮影し、カラーデーターまで使ってモノトーンに変換したほうが、
データーの痛み方が少なくなるので、いいかも知れないが、
今回はデジタルカメラのHCB&Wモードを使い、直接汎用な画像データ(JPG)にした。
デジタル画像変換DSC03999  原画 HCBW mode
カメラを構え、シャッターを切る。
撮ってみて液晶画面で画像を確認。
不満なら、条件を変え、また撮ってみる。
撮影は、手持で充分だった。
フィルムで撮るとなると、こうは簡単には撮れない。
確かに、デジタルの時代だと思う。

「明るい暗室」のレタッチソフト、PSE Ver.6を開く。(フォトショップエレメント Ver.6)
Window XPの時代、おそらくエプソンのプリンターかフィルムスキャナーに同梱されていたソフトです。
現在は、Window 10のPCで使っているが・・・時としてうまく動かないことがある・・・でも、どうにかごまかして使っている。

この画像データを原画(ネガ)として、
PSEに備え付けてある画像変換フィルターを使い、変換してみた(自動演奏のようなものか)。
フィルター→アーティスチック→エッジのポスタリゼーションをクリックして変換。
デジタル画像変換DSC03999  エッジポスタリゼーション
フィルムでも似たトーンは出せるが・・・・非常に難しいだろうなぁと思う。
Retro400Sフィルムで、少し露光を切り詰め、(Ⅳo)現像液で現像すれば、近いトーンになるかも。

フィルターの中から、→表現手法→エッジの光彩をクリックして変換。
デジタル画像変換DSC03999 エッジの光彩
エッジ光彩。
そう簡単にできる写真ではない。
フィルム写真で画像にエッジをかけようとしたら、ソラリゼーション現像することになる。
フィルムを使う人は少ないし、自家現像する人は更にすくない。
ましてソラリゼーション現像する人はその中で何人いるだろう?
失敗することを恐れているのだろうが、ソラリゼーション現像、意外に簡単。
自家現像している人なら、ちょっと勇気を出し(失敗を恐れない)てやれば、すぐコツを掴めると思う。

と言うことで デジタル版ソラリゼーション変換をしてみた。
フィルターの中から、→表現手法→ソラリゼーションをクリックする。
デジタル画像変換DSC03999 ソラリゼーション
自動で変換してくれたが、これソラリゼーション現像だろうか? 
フィルムを使ったソラリゼーション現像の場合は、
2段目の現像を ごく少なめにした場合に対応している。
暗いバックを、白くするのが マンレイの好んだソラリゼーション現像。
フィルターソフトを作った人の感性の問題かなぁ。
これで良いと思ったか?
アルゴリズムを、もう一度考え直し、プログラミングしてもらいたものだ。

自動で変換するフィルタープログラムでは無理ならと、
レタッチソフトのトーン変換機能を使い、マニュアルで画像処理をしてみた。
デジタル画像変換DSC03999 手動ソラリゼーション加工
10分ほどの試行錯誤で、「マンレイ風」ソラリゼーション写真を作ることができた。
手動で、できるのだから、
アルゴリズムを考え、プログラミングの手間をかければ、
「マンレイ風・自動ソラリゼーション」フィルターができるはず。
(おそらく、最新のバージョンなら、マンレイ風もOKだと思います。)

しかし、クリックするだけで、あるいは 手動にしても10分程度で、
フィルムでは難しかったトーンを調整できてしまう。
デジタルなら簡単なんだぁと思うと、フィルムに拘ることが、
なにか むなしい作業のように思えるようになってきた。

画像を「盛って」キャッチーにすることが、Creativeな行為とは思えない。
目立ちたいだけだろう。
デジタル写真の出現は、今までのフィルム写真を過去のものとし、
新しい局面に入っている。

デジタル時代の、Creativeな写真とは どんなものなのだろうか?
フィルムの延長でないことは確かだろう。
凡人の小生には 想像もつかない。





スポンサーサイト



  1. 2019/05/28(火) 11:48:53|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀ぶら  デジタルで遊ぶ

数日前の夜 友達に会いに夜の銀座へでた。
友達も一緒なので、もたもたしていたら問題だ。
何事もなかったようにすばやく銀座の夜景を撮るならデジタルだろうと、
手振れ防止のズームレンズつきSONY NEX-5をもってでた。
銀座ブラDSC01071 Ⅱ
記録方式はJPGのfineにして撮った。
撮影モードは カメラにお任せのPモード、ISO感度オート。
撮ったままのストレート画像です。
画像をPCのモニターで確認してびっくり。
これ写真に思えます?
デジタルの画像は綺麗だけど、「ゆらぎ」がない。
建設現場の塀は均質で滑らか、建物の線は ゆるぎなく真っ直ぐ、街灯はまるで絵に描いたよう。
アメリカのコミック誌に載る漫画のような感じに仕上がっている。
ちょっと非現実感がある。
 
撮素子に記録された0101の画像データを、カメラ内のコンピューターは計算し、画像に変換する。
どのようにノイズ処理するか、エッジを立てるか、色を割り振るか・・・・
その処理プログラムを作ったのはソニーの技術者(あるいはソニーの外注先)、その人(メーカー)の好みがでてくると思う。
これに満足したら、メーカー指導(主導)で撮っているだけになってしまう。
やはり、デジタルはレタッチソフトを使って画像を調整することが、
撮る側に残された選択の自由(自分らしさをだす)なのだろう。
・・・・しかしなんとなく 居心地が悪い。(撮影者側の裁量、こんなことしか残っていないのか・・・)
銀座ブラDSC01066 Ⅲ
以下は、PhotoShopElement(PSE)に用意されているフィルター(沢山ある)から選び、画像処理をしてみました。
別に撮った画像を切り貼りして加工を加えたり、写っているものを消すような処理は一切行なっていません。
それでも使いよう、現実感のなかに非現実感を簡単に滑り込ませることができます。
銀座ブラDSC01078 Ⅱ
カメラが自動で3枚 露光を変化させ撮影し、カメラ内で画像処理してできたHDR画像を さらにPSEのフィルターで処理した画像です。(写真はなんでもありにしないと写真表現は枯渇すると思うけど・・・・これ写真と呼んでいい?かなぁ。)
銀座ブラDSC01098 Ⅱ
銀座ブラDSC01112 Ⅱ
これもHDR+PSE フィルター処理しています。
銀座ブラDSC01140 Ⅱ
カメラを腰の位置で固定、液晶画面を傾け、フレーミングを確認、シャッターを押すだけ。
明るさに応じISO感度を自動設定、鮮明に写るよう絞りとシャッター速度をカメラが決めてくれる。

操作に手間がかかるものを扱うほど、ボケ防止になると信じているので
露光計なしのフィルムカメラを勤めて使うようにしているが、
老眼になったのでピント合わせに苦労しています。
ピントを自動で合わせてくれる・・・・これは便利ですね。
  1. 2018/02/13(火) 10:42:34|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PAM-Britarレンズを デジタルカメラで使ってみた。

PAM-Britar 105mm レンズをSony NEX-3につけて使ってみた。

場所は 五反田TOC(卸売りセンター)の屋上。時刻は3時過ぎ。
晴れていたので富士山を見ることができるかと思ったが駄目だった。
北東の方角、東京タワーを撮影。
DSC04377 原画
カメラが自動でJPG画像に変換してくれる。
充分な画質だと思う。
約1400万画素。
70年近く前のオールドレンズだが、小生の審美眼が低レベルなのか、これで充分満足。
写真の質(できばえ)は良くなくとも、画質(クオリティー)は満足している。
当倍 1
東京タワーの部分と右下の広告を拡大、ピクセル当倍にして確認したが・・・・
薀蓄好きの人の評価では、解像度は足りず、像が流れ「□レンズだ。こんなレンズどうして使うのか」とお叱りを受けるかも。
DSC04381 D-レンジオプチマイザー処理
ネガは楽譜、プリントは演奏。
だとしたら、デジタルカメラでネガに対応するのは0101の数字の羅列のデータの塊だろう。
それを、カメラの画像処理ソフトが、プリンターやモニター画面に出せるよう変換してくれる。
(自動演奏のようなものか)

RAWデータは 素材の画像データ。
現像ソフトを使うことが演奏に対応するのだろう。
ソニーのRAW現像ソフトを利用し、現像してみた。
逆光の撮影、明暗差は大きい。
RAW現像ソフトの「D-レンジオプチマイザー」をいじって画像を作ってみた。
これなら フィルムで撮ったほうが いい写真が撮れそう。
DSC04383 RAW 色温度 トーンカーブ調整
フィルム用の105mmレンズなので、NEX-3で使うと150mmレンズを扱うことになる。
カラスが空を横切っていく、ノーファインダー(液晶画面で確認することなく)で、続けざま3枚、シャッターボタンを押す。
一枚に カラスの姿が捉えられていた。(ピントは 無限に設定してあった)
デジタルだから撮ってみようという気になる。
フィルムだと、勿体なくて躊躇する。
駄目なら消せばいいとシャッターを押せるのは、いいなぁと思う。

RAW現像ソフトの色温度を3000°Kまで下げ、トーンカーブを調整して、現像した。
夕方の青空が広がっていたが、これほど深いブルーではなかった。
実際の空の色は、東京タワーを写した写真の空の色が そのときの印象に近い。
空を、「このブルー」に調整したことが・・・・デジタル写真の「演奏」に当たるのだろうとおもうが・・・・なにか割り切れない。

東京タワーのJPG画像を元に、PSE(フォトショップエレメント7)のレタッチソフトで画像を作ってみた。
PSEのソフトは エプソンのプリンター(PX-5600) あるいはフィルムスキャナー(F-3200)に同梱してあったもの。
6年以上前のソフトで、機能は制限されたものだろう。
それでも画像変換のフィルターは沢山用意してあった。
いろいろな音色の楽器を、レバー一つで選べる電子オルガンに似ている。
DSC04377 木炭画
木炭画を選び変換した。
DSC04377 イラスト風
イラスト風に加工。
DSC04377 点描画風
更にコントラストを加工すると、点描画風になる。
DSC04377 水彩画
水彩画というフィルターで画像変換したのだが・・・これ水彩画とは思えなかった。
DSC04377 粗いパステル画
粗いパステルフィルターを使って変換。
DSC04377 エッジ・ポスタリゼーション
エッジ・ポスタリゼーションというフィルターを使って変換。
DSC04377 画像処理
エッジを輝くように変換した。

目立ちたいからと過激な動画を撮るYouTuberが話題になっているが、
レタッチ・ソフトで 画像を加工するのも・・・・似た感覚がありやなしや?

内容なんてどのみちたいした差にはならない、
レタッチソフトを使って画像をキャッチーに作る。
それで、何が悪い? 悪くありません。
レタッチソフトを使った画像加工の流れは 止まらない。
何でもありが写真、それを制限したら、写真表現は死ぬだろうから。
でも、なんとなく後味が悪い。(流れについていけなくなった老人です。)
  1. 2018/01/28(日) 14:27:38|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「光と陰」  HCB&Wモードで遊ぶ(10) 雨の大崎駅

台風と秋雨前線の影響で終日雨。
先週の日曜も台風の影響で雨だった。
衆議院選の投票日だったが、もう遠くの昔のことのように思える。
雨がちの天気が続き、あまり写真を撮っていない。

先週、「雨の大崎駅」とそれにつながるビジネス街で撮影したデジタル写真。
大崎DSC03639

大崎DSC03644

大崎DSC03661

大崎DSC03665

大崎DSC03652

大崎DSC03670

大崎DSC03702

大崎DSC03691a

大崎DSC03687

大崎DSC03684

大崎DSC03714

大崎DSC03728
「光と陰」  HCB&Wモードで遊ぶも 10回目、
ソニーのデジカメ Sony NEX-3 E16mm F:2.8 HCB&Wモードにして撮影しました。
明日は 台風一過の晴天、久しぶりにフィルムカメラを持って散歩するつもりです。
  1. 2017/10/29(日) 19:59:45|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「光と陰」  HCB&Wモードで遊ぶ(8)   近所を散歩する(横位置)

横位置で撮っていたカット。
西品川DSC03522
ハロウィーンが近づいている。
平和坂商店街にて・・・・地元の人しかこの名前、使わないでしょう。
ローカルな目立たなくなった商店街です。
西品川DSC03588
西品川DSC03580
東急・大井町線 右が下神明、大井町駅方面。左は戸越公園駅、自由が丘方面。
西品川DSC03557
西品川DSC03555
左の方向に下神明駅がある。新幹線とは、立体交差しています。
HCB&Wモード たしかに使い勝手はいいが、この簡便さに嵌ったら、
写真を撮るということに積極的な動機、こころざし、保てなくなるかも。
意欲が、デジタルカメラに吸い取られていく気がする。
麻薬的、なんにでも反応し、シャッターボタンを押していた。
撮影枚数は、フィルムの何倍にも・・・・覚醒剤の作用に似ていないか?

「綺麗に撮れるだろう、キャッチーだろう」「君は、ボタンを押しさえすればいいんだ」
そんな、悪魔的なささやきが聞こえてきませんか?
  1. 2017/10/22(日) 17:24:56|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR