FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

PhotoBookを作る

11月の終わりの休日、息子が結婚した。
新郎の父親がカメラを抱えて、式の様子を撮影するのは如何なものか・・・と思えど、
どうしても撮っておきたい。
フィルムで記録しておきたかったが、ここはデジタル・カラーだろうと、
密かに、ソニーのNEX-5、18mm-55mmのズームレンズ付を持っていく。
式の合間、披露宴の合間にスナップ、それでも50カットほど撮影していた。
その中から写真を選びPhotoBookを作って、
これを息子夫婦と、相手の御両親にさしあげたら喜ぶだろうと、
20カットほど選び、Dummy Bookを作ってみた。
妻と娘にできたDummy Bookを見せ、チェック、最終的な校正をする。
画像データ(JPG)をUSBメモリーにいれ、戸越銀座の写真ショップに行く。
できたDummy Bookを見せ、このようなPhotoBookを作って欲しいと頼んだ。
「それなら」と・・・入力用のPCを示し、「御自分でやってください」という。
表紙は、妻が書いた金文文字にしたかったが、
本のカバーのデザインは、決められた中から選び、
文字の入力はできるが、決められたフォントから選ぶことになると・・・説明を受ける。
画像(金分文字)をカバーに印刷はできないとつれない対応。
「うちではできないが、○○ならサービスできるかも知れません、そちらに相談されてみては・・・・」
という言葉を待ったが、それもなし。
これで商売しているのかと・・・若い(30歳くらいか)の店員の顔をみる。(割合美人です)
じゃ自分で作ると捨て台詞して店を離れた。
便利・簡単なのは、システムに乗ったことだけ。
マニュアルにないことはできない、
これがAIの行き着く先に・・・・ならないかなぁ。

デジタルカメラ そのものの功罪ではないか?とも思う。
自分で考えない。
ネットで調べ、わかった気になり、思考は停止する。
確かに、デジタルカメラになり、簡単にクオリティのたかい写真を、誰でも写せるようになる。
でもそれはシステムの中だけ、それを外れると、途端にだめになる。
きれいで美しいが、金太郎飴のような写真ばかりになっている。

とうわけで PhotoBookを作ってみた。
PhotoBookDSC02700.jpg
妻の助言で二つ折りした写真、重ねて作る綴葉装(てっちょうそう)にしたが、
糸で止めず接着剤で固めたので、
粘葉装(でっちょうそう )に近いだろう。

問題のカバーは和紙を使うことにしたが、
妻の出す和紙はビックリするくらい高価だった。
失敗したら大変と、その中で一番安い和紙をいただく。
薄いので、丈夫な画用紙で裏打ちしたが・・・・職人ではないので難しい。
できたカバーに 妻の書いた金分文字を印刷した。
写真は 顔料プリンターを使用。
写真諧調にこだわったので、厚手光沢のクリスピア(エプソン)を使う。
しかし紙の厚みでうまく折れない、製本するのも大変だった。
そこで、薄い光沢紙のライト(エプソン)を使う。
これならどうにか上手に製本できそう。
作るたびに改良点に気づき、うまくなる。
3部つくった。
最初のPhotoBookは家に保存、あと2部は、一つは息子夫婦へ、もう一つは嫁さんの実家へ送るよう作る。
8日土曜、息子夫婦が挨拶に来たので、そのとき手渡しした。
式場では、専属のカメラマンが2名ほどつききりになって撮影していたが、
その写真ができるのは、年が明けてからになるという。
喜んでいた。
PhotoBookDSC02702.jpg
PhotoBookを作る。
新しい体験だった。
写真を選び、配置、効果を考え校正する。
それを手作りで製本する。

なんでもないカットが意外とアクセントになる。
何を撮りたかったのか、どう撮ったか、足りない点はなにか・・・が次第に明らかになる。
これも 写真の楽しさの一つ。
PhotoBook作成ソフトを使うより、ずっと面白いと思う。
PhotoBookの形式は、自由。
型があって、その中なら選ばねばならない不自由さはない。
PhooBookDSC02774.jpg
コツがわかってきたので、3年ほど前 撮った阿波踊りの写真をPhotoBookにしてみた。
モデルになってくれた人に、Dummy Bookだがと断って見せると、
喜んでいたので、そのまま渡してしまった。
モデルになってくれた人とは、その後 約6ヶ月の間、9回ほど踊りの練習を撮影している。
膨大(フィルムで30本くらいあるだろうか〕なネガが残っていたので、
いま それでDummyBookを作っている。
作ると 今までは気づかなかった新しい発見がある。
これを、完成させ見直せば、人物写真の撮り方・・・・少しはわかるのではないかと思っている。







スポンサーサイト



  1. 2018/12/19(水) 22:16:19|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息を吸うように嘘を作る  赤外線写真?

小人閑居・・・不善を・・・・なす。
東京は雨、YouTubeで Lightroomの使い方を解説した動画を見ていた。
デジタルカメラで撮った風景写真をモノトーンに変換し、いかにドラマチックな白黒写真を作るかのビデオだった。
ごく当たり前の見栄えしない風景写真が、あっという間に ドラマチックな写真になっていく。

今日の散歩はできないだろう。
「作ってみようか」という気になっていた。
使ったレタッチソフトは、PhotoShop Ver.6 2003年ごろ手に入れたソフトで、日本語版でなく英語版。
当時はwindow98で使っていた。
Window XPでも問題なく動いたが、
今使用しているWindw10では 文字を画像に打ち込むことができなくなり、
大きな画像を複数枚取り込むと 動作が遅くなる。
メモリへの負荷が大きくなると上手く動かなくなるので、この頃はあまり使っていない。
機能はシンプルで使いやすい。
PhotoShop Ver.6を使ってみた。
画像は、オリンパスの∞Stylus 35-70で撮影した写真を使った。
(昨日の記事に載せた4番目の画像にした。そのほうが比較しやすいので)
1100-2 Ⅱ トーン変換+合成
PhotoShopにJPGファイルを取り込み、
image→adjust→ Gradient mapsをクリックし、
その中から最適なGradient mapを選ぶ。
空の部分が暗く反転したものを選んだ。
次に、
image→adjust→Levelsをクリックし、
最低、最高、中間の△印を動かし、レベル調整をした。
地上部分の画像を見栄えく出すため、
image→adjust→curvesを選んで、
白い部分を抑え、暗い部分を出すように調整した。
まるで赤外フィルムを使い、
赤外線フィルターをかけて撮った赤外線写真のような画像になる。
しかし、空の部分は、黒く無表情だった。
見栄えがよくない。
そこで、別の画像から、雲が写っている画像を選び、その部分を切り取り、
貼り付けた。
貼り付けた部分の濃度を
image→adjust→Levels
で調整し、境界の黒濃度を合わせ継ぎ目が判らないようにする。
二つの画像を一つにまとめる、画像は完成。
ちょっと試行錯誤を繰り返したが、30分くらいで画像を作ることができた。
一種のFakePhotoです。

慣れれば、古いPhotoShopでも、ものの10分もあれば こんな画像作ることできる。
キャッチーな画像ができればそれでいいのだと、割りきったら・・・・

今のPhotoshop Lightroomの機能はすごい。
もし、Lightroomのソフトを手に入れたら、
すばやい操作で、質の高い画像を作ることができる。
「明かるい暗室」で現像しましたと称し、
息を吸うように、キャッチーな写真を「作っている」ことになる・・・・
なんでもありが写真なのだから。

だましているようなものかも、自分も人も。
それを承知で写真を見る・・・「それが写真」ということになりそうな予感がしている。
  1. 2018/06/15(金) 16:00:11|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車を撮ってみる。 新橋にて

深く黒い光沢をもつ滑らかな自動車のボディーを撮ってみたいと思っている。
森山大道の撮ったアメ車の強烈な記憶が残っているから。

フィルムは?レンズは?現像は? どう焼き付けたらいいのか・・・・・
何回か 試みている。 
画学生が模写して勉強するようなもの。
今でも、まだ、撮影の秘密を探り当てていない。
黒い車を見ると、つい撮ってみたくなる。
車1051-32a
黒のアメ車は、おそらく広角レンズで撮影したものだろう。
あいにくカメラに付いていたのはPAM-Britar 105mm F:4.5 前面から撮影してみた。
下の部分はトリミング、ナンバープレートの番号をカットした。(10年後なら、トリミングなしで出せると思う)
車1051-34  Ⅱ
反対側の歩道から撮影したが、全体をフレーミングすることはできない。
標準から広角レンズで撮るところだろう。
印画紙に焼き付ければ、ボディー深く滑らかな黒になるだろうか?
今まで採譜したネガは沢山ある。
カメラを持って散歩できなくなったら、
暗室を整備し、印画紙にプリントする・・・演奏を楽しもうと思っている。
  1. 2018/01/23(火) 12:48:59|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます。

年末 妻は 来年の干支の「犬」を様々な字体にして年賀状を書いていた。
「ねぇおもしろいでしょう。」とその中の一枚を見せてくれた。
ぬの字DSC04303
「ぬ」の字が変だとすぐ気づく。
筆順で先に書いたほうが、上にあるように見える。
「良い墨を使って書くと、下に書いた墨が上に浮き出てくる」という。
そんなことあるだろうかと、訝しく思う。

よく見ても、先になぞった筆の後ろ側を次の筆が通過したように見えた。
「書をやる人なら 皆 ご存知だと思う。」と妻は言うが・・・・・

妻の言う説明では 納得できない。
そんな単純なメカニズムではないと思うが、未だ この現象のメカニズム 小生には謎のまま。

この年賀状受け取った人 どんな反応をするだろう?
多量に受け取った年賀状の一枚、さっと目を通すだけ、
この不思議さを見逃してしまうかも。
「あ、○○さんからだ、相変わらず元気に書を楽しんでいるようね」というところだろうか?
書を長年やっている人だったら、「いい墨使っている。」と気づくのかも。
それも一種のコミュニケーション。年賀状の機能を果たしている。

わかる人には わかるのかも。
「書」の作品を見ても、何が良くて、なにが駄目なのか、判断がつかない。
みんな素敵な作品に見えてしまう。
(とても、こんな流暢に字は書けないから・・・悪筆です)
しかし妻は的確に判断しているようだ。
線の運び、押された印や、使う朱肉(印泥)、紙・・・・

現在は、写真映像の氾濫する時代になっている。
夥しい数の写真を日常でも目にする。雑誌、新聞、チラシ、ポスター・・・・
デジタル技術がそれを可能にした。
誰が撮ってもそれなりに綺麗な写真になる。
スマホで撮った花の写真を見せられても、やはり綺麗だ。
プロが撮った写真と差はあるだろうか?と思ってしまう。

「書」に長年関心を持ち、書き続けてきた妻には「書」見る目ができている。

小生は、写真が好きで、12年前から再度写真を撮り続けてきたが、「写真」を見る目ができたとは言いがたい。
氾濫するデジタル写真の渦に巻き込まれ、「写真」を見る目をなくしてしまったのかと・・・自信喪失している。

さて、今年、どんな写真を撮っているのだろう?
まだフィルムにこだわる??




  1. 2018/01/01(月) 15:30:34|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンボケ 頭ボケ

数日前 ウイルスが体内に入ったようだ。
熱はでない、のどは痛くならないし、咳もない。
3日ほど前の夜、急に吐き気とめまいが出た。天井がぐるぐる回る。
まっすぐ歩くこともできなくなった。

翌日、医者の診断を受ける。
症状ほど深刻な病気でない。
ウイルスが三半規管に入ったのだろうという。
大丈夫、寝てれば そのうち直りますと、意外とあっさり。
生姜湯でも飲んで暖かくしていてくださいと 変な処方箋を言い渡された。
調剤薬局より近くのスーパーへ妻に行ってもらい生姜湯の袋を買ってきてもらう。

確かに 一日一日 薄皮をはぐように 症状は和らいできた。
これだと 完全に快復するのは一週間くらいかかりそう。
あの医者 藪か名医か?

一本現像したネガがあるが、まだ、スキャナーでデジタル化していない。
画像を取り込み、映像化するには もう少し頭が戻ってからだろう。
三半規管のほんの少しの部分にウイルスがはいり、小生に悪さをしている。
それだけで平衡感覚が狂いまっすぐ歩けなくなり、頭はボーとし、胃の調子が悪く、吐き気がしていた。
人間て 案外たわいなく壊れてしまうものかも。
ピンボケ1040-31
一番最新のネガシートから選んだ一枚。
ピンボケ写真です。
小生の「心象」写真かもしれません。
(嘘です。小生の「心象」が写っているとしたらオカルトでしょう。ピンボケはピンボケ。)
ブログは おそらく 来週後半からの再開になるでしょう。
  1. 2017/12/16(土) 17:15:35|
  2. その他 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (113)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (74)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (83)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (189)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (228)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (110)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR