fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

区役所前通り

区役所から大崎駅方向へ下っていく。
区役所前通り1599-2
大井の繁華街を外れると、人通りは消えてしまう。
区役所前の道を車が通り過ぎていくだけ。
区役所前通り 1599-6
土手の上にススキの穂が明るく輝いていた。
近づいてフレーミングすると、穂はバックの空に溶け込み、コントラストがでない。
オレンジフィルター(YA2)で空を落とせばいいのかもしれないが・・・
区役所前通り 1599-5
新宿湘南ラインの電車が通過していく。

この辺り一帯は京浜工業地帯の端に位置し、
住居も兼ねた町工場が密接していたが、
産業構造の変化に伴い、町工場も減り、
今は静かな住宅街へ変わってきている。
スポンサーサイト



  1. 2023/11/26(日) 10:32:27|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西大井の住宅街にて           Retro80S

閑静な西大井の住宅街を歩いていた。
時刻は午後3時過ぎ、後方右手奥の空から陽の光が坂道に射してきた。
一瞬、石壁が生き返ったように思えた。
西大井にて1595-21
デジタルカメラ(カラー)なら見向きもされない被写体だろう。

Retro80Sは 暗部に対し足のあるフィルム。
もし、暗部に注目したら絞り f:4、1/125秒の露光だろう。
フレーミング全体の光のバランスを考えたらf:8/125秒を選ぶだろう。
しかし、石組みの壁にこだわり、敢えて絞り f:8 シャッター速度を1/500秒で撮影した。
これが正解だったか・・・となると、まだ自信はない。

狙うなら、朝。逆光の光だろう。
この時間帯なら、通勤、通学で この坂を降りて来る人がいる。
その人影が長く坂道に伸びた瞬間、シャッターを切る。
そしたら格好いい写真になる。
しかし、見てくれの良い写真をとるため、
わざわざ出てきて 意図した瞬間を待つのは心理的な抵抗がある。
定番過ぎて、新たな視点の発見にはならないから。

たまたま歩いていて、その光景を発見したらシャッターをきる。
それが、カメラを携えた散歩のすがた。
これだけでも充分楽しめている。
それ以上は求めていない。
  1. 2023/10/24(火) 11:49:24|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蘇峰公園にて         Retro80S 

区界を近くを散歩していると、
徳富蘇峰の旧宅近くに出ていた。
今は大田区記念公園になっている。
蘇峰公園1595-15
公園の前は空き地になっていた。こちらは品川区側。
雲の切れ間から、午後の日差しが柔らかく空き地を照らす。
レンズは戦前のゾナーで、最小絞りはF:11、
F:11まで絞ると、イメージサークルが小さくなり、
空(明るい)をいれたフレーミングをすると、隅の光量は落ちて暗く落ちる。
普通は、F:5.6より絞りを開けて使うことが多い。
蘇峰公園1595-18
公園内は木が茂り思ったより暗い。
f:2.8まで絞りを開けて撮影した。
被写界深度は狭くなったが、深度を外れた看板の「のぼらない・・・」の文字のボケ具合は優しい。
像の崩れの少ない綺麗なレンズだと思う。(84年前、ツアイスはこれだけの高性能レンズを既に製造していた。)
蘇峰公園1595-19
微かな木漏れ日が水面を照らす。
被写体までの距離は近い。
パンフォーカスにしたかったので、f:8まで絞った。
蘇峰公園1595-17
紫陽花が木陰に咲いていた。
現像には 一番硬調な現像液(Ⅳ)のなかから(Ⅳz)を選び使用した。
Retro80Sでは この現像液の組成が一番使いやすい。
白飽和、黒潰を比較的よく防止でき、
光の強弱がすくない日陰の撮影では、
キリッとしたコントラストの高いネガを作ることができる。
Retro80Sフィルムは現像液を変えると、トーンは変化する。

市販の現像液だとトーンを変えようとしても選択肢は限られてしまう。
使い慣れた市販の現像液で現像し、
上手くいくこともあれば、トーンがまとまらないこともある。
扱いにくいフィルムという評価になりやすいが、
自分で配合を調整し、自家現像するなら、
選択肢は広い。
使い勝手のいい、面白いフィルムだと思う。



  1. 2023/10/19(木) 11:24:13|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武蔵小山

武蔵小山商店街、
小さい頃からこの商店街を歩いている。
店舗は少しずつ変わっていったが
商店街の印象は昔とあまり変わらない。
明るく華やかな一番賑わいある商店街というイメージがある。
武蔵小山1593-14
記憶をたどると、やはり様変わり。
目蒲線は地上を走り、画面中央には踏切があった。
その手前に一間幅くらいの小さな店舗あり、電気部品を扱ていた。
今はその踏切もなく、その店舗もない。
武蔵小山1593-13Ⅱ
この辺りは細い道が入り組み飲食店が多かった。
昼はそれほどの賑わいはなかったが、
夜は飲み屋街になり、喧噪が道に漂っていた。
駅前の再開発により、綺麗に整備されたが・・・むかし通った飲食店がなくなったのが、少し寂しい。
武蔵小山1593-10
小学生の頃だから70年くらい前だろうか、
初めて見た屋根付きのアーケード街にびっくりした。
映画やニュースで見たアメリカの繁栄を見たような気がした。
武蔵小山1593-9
今は、アメリカ風落書きもある。
時代の最先端を走っているのだろう・・・それが武蔵小山商店街?



  1. 2023/09/25(月) 09:46:28|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴船神社祭礼

西品川の古い家を撮ろうとしていたら、
貴船神社の山車が後ろから近づいてくる。

貴船神社の祭礼は、6月の梅雨のころ催される。
この時期のなると、祭礼を告げる祭り囃子の街頭放送がありのだが、
今年は、その放送もなかった。
まさか、祭礼が行われているとは思わなかった。
貴船神社祭礼1590-29
コロナの蔓延で、祭礼中止が続いていた。
ようやく、祭りができるようになる。
まだ、おっかなびっくり、
山車を引く子も あまり集まっていない。
来年からと言うところだろうか。
  1. 2023/07/07(金) 18:55:32|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (59)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (265)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (181)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR