fc2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎イルミネーション          最終日、中判マミヤプレスで撮ってみた

12月の下旬、大崎イルミネーションが始まる。
それを撮ろうと、何回かテスト撮影をした。
気づいたら2月も上旬、カレンダーを見たら、最終日になっていた。
最終は中判カメラで撮ろうと思っていたので、マミヤプレスを持って出る。
冷蔵庫の中で保管している120フィルムは、Acros100,Fomapn100,Rollei赤外400の三種類。
テストではSuperPan200をよく使ったので、マガジンにRollei赤外400を詰めた。
撮影ポイントは、何回かのテストで決めていた。
8カット撮ったが、このポイントで撮影したものがベストだった。
大崎イルミネーション1442-4 Ⅱ
3200dpiでネガをスキャンしPCに取り込むと7千万画素の高精細な画像になる。
橋の一部を等倍で切り出してみた。
大崎イルミネーション 等倍拡大 1
文字もはっきりと解読できる。
半切に引き伸ばしても、
粒子の目立たない滑らかな画像の写真になると思う。
二段現像すべきか悩んだが、このフィルムでまだ試していない。
安全策として白飽和を避け、黒潰させないことを考慮し、(Ⅰf)現像液で処理した。
中判カメラなのでレンズの焦点距離は100mm、35mm換算で43mmレンズの画角になる。
35mmカメラではSuperPan200フィルム、f:8×40秒で撮ったが、
同じf:8では、被写界深度が浅くなる。
絞りはf:16にセットした。(より光芒を強調したかったこともある。)
ISO:400のフィルム、単純に計算すると、40秒×4(絞り)/2(ISO)=80秒となる。
相反則不軌も少しでるからと露光時間90秒を選んだ。
露光を増やすと白飽和が進み、電球の四方八方に光る光芒が消えていく。
露光を減らすと、黒潰れの部分が広がり、小生の美意識に合わない。
そんなことを考えていた。
現像しネガを得て、よかったかどうか、今も悩む。
やっぱり二段現像かなぁとも思う。
-------------------------------------
2月3日に載せた記事、
「長時間露光テスト(5)        大崎イルミネーション  二段現像を試す」
にすでに載せた写真だが、
大崎テスト1440#4-7a
映りはこちらの方がいい。
四方に散る光芒も豊だし、暗い広場の文様もよく出ている。
大崎テスト 拡大
ネガのサイズが小さいので、3200dpiで取り込むと約1200万画素の画像になる。
四つ切りに伸ばすなら申し分ない写真になるが、半切となるとギリギリだろう。
Opton Sonnarの解像度も素晴らしい。
等倍に拡大しても、文字はちゃんと判読できる。

Mamiya Pressのいいところは、手間がかかること。
使うためには、知識と習熟が必要。
人間とカメラの役割分担は、カメラより人間のほうに傾いている。
つかって、うまくできたときの喜びは、大きい。
重く、使いにくく、面倒だなぁと思うが、
撮っていると、くたびれるけど 面白い。
こんな楽しみ方もあっていい。
スポンサーサイト



  1. 2022/02/11(金) 12:22:18|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長時間露光テスト(5)        大崎イルミネーション  二段現像を試す

市販されている白黒フィルムはセルローズ系フィルムで作られたものが多い。(古くはニトロセルローズ、現在は酢酸セルローズ)
市販の現像液も、既存のフィルムに合うようにできている。
一方 アグファのRetro系フィルムは、現代になって開発されたポリエステルでできている。
そのため、感光剤の乳剤も 従来品と少し違うようだ。
ハーフトーンから明るい部分の肉乗りがよく、その部分のコントラストは高い。
従来のフィルムや市販の現像液を使用している人からみたら、扱いにくいフィルムということになるだろう。
トーンを豊に出したかったら、軟調からやや軟調な現像液で現像すると、
びっくりするほどの階調性の豊かな写真になる。
しかし、軟調な現像液、今も市販されているだろうか?

自家配合した現像液の利点、自分の好みに合わせ、配合を決めて使えること。
自己責任が基本だが、市販の現像液でも、現像結果までメーカーは保証しないだろう。
上手に使えるかは、その人の問題、メーカーに責任はない。
だったら、自分で配合を決める方が、面白い。
何を入れたか、その効果はどうだったと自分で結果を確認できる。

Retro系フィルムは、軟調(Ⅵ)系か、やや軟調(Ⅰ)系の現像液を使うことが多い。
曇り空でフラットな光の時は、やや硬調(Ⅲ)系もたまには使用する。
硬調(Ⅳ)系、最硬調(Ⅱ)系は 特殊な効果を狙ったとき使用している。
今回はやや軟調な(Ⅰf)と(Ⅱ)を使用する二段現像法で、大崎の夜景を撮ってみた。
夜景二段1440#4-3
(Ⅰf)液で大方の現像を終了、(Ⅱ)液に交換して、更に現像しトーンを調整する。
切り替えのタイミングと、(Ⅱ)液で、どこまで現像を押すかで、トーンは変化する。
暗い部分の黒潰は、この方法で意外とよく防止できる。
明るい部分に対しては現像が過多にはなるが、硬調な現像液だけで現像するより白飽和は少ない。
夜景軟調1433-6
これは1月5日に撮影した画像。
画像の濃度を合わせて比較してみた。
二段現像のほうが白飽和の度合いは大きいが、目障りというほどではない。
ハーフトーンから暗い部分のトーンは、二段現像のほうが良いと思う。(画面右のビルの壁面、「食品街」の文字など)
明るい部分を拡大して比較してみた。
二段現像との比較 1
二段現像のほうが明らかに白飽和の度合いは大きい。
銀粒子もでて、ザラつきがあり、細部の解像度も劣っている。
でも明るい電灯の光芒がしっかりと出ていた。
ボーとした電球の輝きがいいか、光芒が放射状に伸びた輝きがいいいか・・・これは好みの問題だが、
そのコントロールを現像液と現像法でコントロールできる。
それは、それで素敵なことではないかと思う。

光芒を出したかったら、それが出るフィルター(クロスフィルター)を買えば済む。
光芒を出したかったら、レタッチソフトに光芒のアプリをいれて画像を加工すればいい。
それは、そうなんだろうが・・・・そうしてしまうと、写真が味気なくなる感じがする。
性分ですかねぁ。
夜景二段1440#4-7
薄暗かった広場も、黒潰せずトーンは出ている。
大きく伸ばせば、電球の光芒が一面に迫ってくる。
夜景二段1440#4-11
光芒のオンパレード。
夜景二段1440#4-21
ただし、露光を決めることと、現像の切り替えのタイミングは難しい。
ときして、こんな制御不能なトーンも現れる。
失敗とみるか、異界出現とみるか、小生は、「異界出現」と喜んでしまうが、(失敗が好き)
これは見る人の判断に委ねられるだろう。
  1. 2022/02/03(木) 14:39:50|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長時間露光テスト(4)        大崎イルミネーション

長時間露光テスト4回目の結果。
6カ所の地点で三水準の露光を行い、
約二絞り分の減感現像をしてみた。
大崎イルミネーション1433-5
大崎イルミネーション1433-10
大崎イルミネーション1433-13
大崎イルミネーション1433-18
Low濃度、Up濃度、ヒストグラムの形を考慮してベストを探す。
長時間露光-テストまとめ ブログ用縮小
黒潰、白飽和の目立たない画像で、すっきりした画像を選んだ。
まだ、もう一つ試したい項目がある。
そのテストが終わったら、中判のカメラで撮ってみようと思う。
それが今回の最終になるだろう。
  1. 2022/01/28(金) 12:43:25|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長時間露光テスト(3)        「傷だらけのゾナー」に聞いてみる Fomapan100減感現像

夜景を撮ろうと思ったが、
フィルムで撮るとなると、撮影の自由度は低い。
普通に撮るならデジタルで撮った方が簡単だし、結果もほぼ同じ。
フィルムで撮る理由、その根拠は乏しい。
フィルムが好きだからという単純な、かなり思い入れのある感情的なものだろう。

でも考える。
デジタルにない面白さ、違った表現もあるはず。
手段は、レンズを替える、フィルムを替える、現像法を替えてみる。

レンズを替えてみるか・・・と「傷だらけのゾナー」をカメラにつけ、
日中、大崎イルミネーションの場所を撮ってみた。
勿論、今回の撮影では、露光の決定は勘に頼ることを止め、
露光計内蔵のカメラを使用、ISO:25に設定し、カメラの指示に(素直に)従い露光を合わせた。
傷だらけのゾナー1430-#3-4
現像液は軟調現像液を使用、Up:180の減感現像を行った。
少し濃いめのネガになったが、白飽和はしていない。
Up180の現像ならISO:50で使い、Up170現像でISO:25という所だろう。
半逆光の左上の空が、滲んだ感じに撮れていた。
傷だらけのゾナー1430-#3-3
逆光が強く出る場所は滲みやすい。
傷だらけのゾナー1430-#3-5
でも順光なら、どうにかすっきりした画像になる・・・でもコントラストは低めだろう。
傷だらけのゾナー1430-#3-6
フードをつけていないので、ゴーストがでたが、それなりにピントも決まり、階調も豊か。
雰囲気があり悪くない。
これでやってみるかという気になった。
--------------------------------------
年が明けた、1月2日、カメラに短く切ったFomapan100フィルムを入れて夜の大崎へ行く。
そのとき撮った写真の一部は、すでにこのブログに載せている。
残りのカットから。
減感現像と傷だらけのゾナー1431 #4-7
30秒ほどの露光時間なら、夜のこの場の雰囲気はでる。
左上の時計が午後6時ちょうどを示していた。
減感現像と傷だらけのゾナー1431 #4-9
80秒となると、フレアーが出過ぎている。
デジタルカメラとスマホを持った人が、三脚の前に立ち止まり、この夜景を撮ったが、
立ち去ったあと半透明に記録されていた。
減感現像と傷だらけのゾナー1431 #4-13
減感現像と傷だらけのゾナー1431 #4-12
光芒は綺麗にでるが、コントラストは低い。ボーと霞んでしまう。
それがいいときもあれば、過剰すぎて何だこれは・・・と残念に思うときもある。
レンズに鍛えられている気がしてきた。
あとは・・・フィルムを替えるか、現像法を替えるか、二つの選択肢が残っている。


  1. 2022/01/09(日) 10:11:36|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長時間露光テスト(2)         Fomapan100 減感現像

2日後の夜、再び大崎イルミネーションを撮る。
帰宅し早速現像する。
露光の基準を知るため、
持参したデジカメの設定を 
絞り優先モードf:8、感度をISO:200にセットした。

フィルムの現像は 軟調な現像液(Ⅵf)を使用。
標準テストサンプルでUp濃度が180になる条件で現像した。
Up210条件に比べ、2絞り程度の減感現像になる。
Fomapan100 長時間露光 Up180現像まとめ
Sony NEX-5のカメラが特殊な訳はないと思うが、
レンズに絞りリングがない。(ボディーにシャッター速度設定ダイアルもない。まるで1990年代のコンパクト・フィルムカメラのようだ)
その代わり液晶画面を呼び出し、絞りを設定するようになっている。(これに戸惑う)
またピントを合わせるための距離リングに、距離目盛りが刻印されていない。
無限がどこかも分らないのは・・・・オートフォーカスを切ったとき、非常に不便。
被写界深度の確認ができないが・・・・そんなこと気にするデジタルカメラの撮り手はいないのかも。
デジタルカメラは、人の手を煩わせない。液晶画面でボケ具合は確認取れるようになっているのだろう。

デジタルのズームレンズはこんなものかと思っていたが、
今になってレンズを見ると、焦点距離がズームリングに刻印されていた。
10年使っているが、今頃気づくなど・・・・デジタルカメラを、ちょっと冷遇していたかも。
でも、デジタルは便利。細かなことを気にしなくとも、なんでもちゃんと撮れてしまう。
判断はカメラがしてくれる。
その判断に従い、ISO:100なら10秒を基準露光とした。
Up210の現像では60秒辺りが良い結果だったので、
50秒、100秒、200秒の三水準で露光してみた。
---------------------------------
撮した結果は、Up180の減感現像するならf:8で100秒前後の露光がいいようだ。
減感現像1431 #2-11
レンズは、戦前ContaxⅡに付いていたビオゴンと呼ばれた35mm F:2.8のクーロンレンズ。
レンズの構成は、むしろゾナータイプに近い。
凝ったレンズ構成の、製造が難しいレンズだと思う。
このレンズ構成のまま、ソ連邦のキエフでソ連崩壊まで作り続けていたようだ。(1983年製を所有している)
使ったレンズは1972年製のもの。(当然のことながらコーティングされています。)
後玉がフィルム面ギリギリの近いところまで来るので、
本来はデジタルカメラ向きのレンズだと思う。
マウントアダプターをつけてNEX-5につけてみたが、
ぶつかってしまい装着できなかった。
ミラーレスのデジタルカメラにつけられる機種があったら、
このレンズ、見直されるのではないだろうか。
NEX-5で撮ったカラー画像を白黒変換し、比較してみた。
デジタル モノトーン変換 ISO200 長時間露光
デジタルの良いところは、ファイル情報を見れば、撮影の日時から時間まで記録されていること。
レンズの種類、撮影時の焦点距離、ISO感度、絞り、シャッター速度など、知りたい撮影データがきっちりと記録されている。
これは、いいなぁと思う。(今はGPSから位置情報も記録できるらしい。)
画質もいい。遜色ないというより・・・・デジタルの方が・・・とも思ってしまう。
フィルムは、たっぷりと露光し、さっと浅く現像(減感現像)したので、目黒川の川面のトーンが潰れず、明るく出ているが、
デジタルでも、かなりいい。これで充分とも思える。
長時間露光 デジタルとフィルム比較
明るいイルミネーション部分を等倍に拡大して比較してみた。
結果は判定不能、どちらを取るかは好みの問題だろう。

NEX-5はフルサイズではないが、画素数ではフィルムより多い。
もし35mmフィルムなら、もっと低感度・高精細なフィルムを使い、
取り得込み精度の高いフィルムスキャナーを使はないと、1400万画素以上は出せない。
こういう結果を見ると、デジタルカメラのすごさを感じざるを得ない。
  1. 2022/01/07(金) 10:43:51|
  2. Night walk in Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
未だフィルムカメラの沼から抜け出せない。
もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (139)
フィルムの眼 (166)
レンズの眼、カメラの眼 (62)
写真の技法 (144)
写真にとり憑かれた人達 (4)
青写真 (28)
新幹線の見える街 品川 (11)
映し出された世界 (30)
水辺の光景 (21)
立会川 (9)
勝島運河 (23)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (172)
デジタルカメラは記録機器 (13)
デジタルで遊ぶ (30)
Silent City (9)
??? (31)
Street Photograph (27)
都会の景観 Tokyo (266)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
Night walk in Tokyo (41)
散歩 (334)
猫、犬、鳥 (10)
白木蓮 (31)
黒い花 怪しい花 (87)
樹、草、花  (105)
桜  (188)
ひまわり (46)
竹林 (11)
八つ手 (10)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (38)
人物 ポートレート 踊り (37)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (21)
その他  (33)
オリンピック残映 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR