FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

区役所前通りにて          ノンコート・オールドレンズ  テッサーを使う。

宣伝文句は「鷹の眼」、ツアイスが開発した。
1900年 20世紀初頭に完成したオールドレンズ。

硝子と空気の境界面で入射光の一部が反射し減光する。
レンズの枚数を増やすと、透過光は減り、
反射光はレンズ内を乱反射し、画質の低下を招く。
レンズの枚数はできるだけすくなく、
そしてシャープな写真が撮りたいと考案されたのが
3枚構成のトリプレットレンズ。
その三番目を合わせレンズ(結局4枚のレンズになる)にし発展させたのがツアイスのテッサー。
二枚のレンズを貼り合わせるには、当時としては高度な技術が必要だった。
また真中のレンズ(凹レンズ)を中心を合わせるのも微妙な調整が必要。
ツアイスにしてもライカにしても、そのあたりの技術レベルはしっかりしている。
オールドレンズだが、貼り合わせ部分は今もクリアー、
使用したバルサムが変質した様子はない。(と思っている。)
区役所前通り1288-15
品川区役所前の通りを歩いていた。
横須賀線のガードの下にあった壁画を撮影。
絞は開放だが、画像の解像感は高い。(約1300万画素)
区役所前通り ピクセル等倍
画像の一部を、等倍で切り出してみる。
現在の高解像度デジタル・カメラに比べると・・・見劣りはするが、それでも4つ切りに伸ばす程度なら、差は感じないだろう。
1933年製造されたオールドレンズだが、いまでも使用できる・・・素晴らしいことだと思う。
丁寧になされた仕事に対し、敬意をもって接し、使っているだけなのですが・・・
どうもコアな 物好き老人と思われているようだ。(コレクターではありません。)
スポンサーサイト



  1. 2020/06/28(日) 08:46:18|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百合         ノンコート・オールドレンズ  エルマーを使う。

19世紀末 光に焼かれた古いレンズのほうが、
新しいレンズより明るいという発見がなされ、その原理が示されると、
レンズ表面に、コーテングしようとする技術開発は進められていた。
その突破口は、1936年、アメリカのストロングによる真空蒸着法の発明によってなされたとされている。

同業のレンズメーカー、カメラメーカーも 開発していたのだろうが、
実用レベルの開発に成功したのは、ドイツのツアイス。
最初は、軍事機密扱いだったという。
1936年にはコンタックス・ゾナーレンズにコーテングを施している。
販売は、軍関係に限られたレンズだったが、
富豪の求めに応じてコーテングしたゾナーレンズも供給していた。
ツアイスのレンズ以外、戦前、コーテング処理したレンズは存在しない。
勿論 戦前のツアイスのゾナーレンズでも少ない。

エルマーレンズは ツアイスのテッサーレンズのコピーのようなもの。
ただし、テッサーレンズの特許は既に切れているので、
同じレンズ構成にしても何の問題はないが、
独自性を尊ぶドイツの技術者、真似は嫌と、
テッサーレンズの絞りの位置が、二群と三群の間のあったのを、
一群と二群の間に入れ、特許を取ったという。
それなりの効果(テッサーとの違い)はあるのだろうが・・・
使ってみても、
小生のようなぼんくらな眼には、画質の違いは感じられない。
ノンコートレンズとは言え、二つのレンズ 優秀だと思っている。
百合1292-41
妻が仏壇に百合の花を飾っていたので、ちょっと拝借し、
黒バックにフラッドランプを付けて撮影してみた。
フィルムはRetro80S やや硬調な現像液(Ⅲd)を使用して現像した。
ネガは3200dpiでデジタル化している。
約1300万画素の画像になる。
80年以上前のレンズだが、今のレンズと比べても、それほど劣っているとは思えない。
フィルター無し
中央の百合の花を等倍で切り出してみる。
銀塩の粒子も目立たない。
百合までは約1.2mの近距離だが、シャープな画質でピントも合っていると思う。

縦位置で全体を撮ったので、横位置にカメラを変え、
レンジファインダーカメラの限界0.9mまで近づいてフレーミング、
ワルツ製R1フィルターを付けて撮影してみた。
百合1293-3
同じレンズ、同じフィルム、同じ現像液でも、フィルターの有無でトーンは劇的に変化する。
R1フィルター
美は細部に宿る。
これが フィルム写真の面白さだろうなぁ・・・

画像を、レタッチソフトのフィルターで処理し、キャッチーな画像に加工したり、
何枚かの画像から一枚の写真を合成するのを楽しむのも 新しい時代の写真表現だろうが、
老人は、変化についていけないだけ、性に合わないようです。
  1. 2020/06/27(土) 14:27:56|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二台のスーパー・イコンタ              Super Ikonta Opton-Tessar 105mm F:3.5

マミヤプレスで中判フォーマットの魅力を再認識。
一番軽いマミヤプレスSを手に入れ、修理し使ってみたが、やはり目立つ。
とても気軽に持ち出せるカメラではない。
スナップに使えるカメラが欲しいと新宿の中古屋めぐりをしたが、見つからない。
問題は予算。
そこでネットのジャンク品狙いをした。
見つけたのが、ツアイスのスーパーイコンタ、105mmレンズ付、6.9フォーマット用カメラ。
二台のイコンタDSC04628
最初に落札したのは(A)のカメラ。
戦後、西側に逃れたツアイスが、再び戦前からのカメラ生産を始め、作ったカメラ。
戦前では、一世を風靡した名カメラだろう。
レンズに曇りがあり、そのままではコントラストの低い写真しか撮れないというものだった。
しかし、裏蓋のモルトを交換し、レンズをばらして綺麗に洗浄したら、問題なく使えるカメラだった。
外観は塗装が剥がれジャンク品の雰囲気は出ているが、レンズ、シャッター、ピントとも正常。
これなら、カラー用にもう一台あってもいいなぁと、再びジャンク品に限りなく近いものを落札。
(A)のカメラには、ビューファインダーがついていなかったので、ビューファインダー付を選んだ。
出品者の説明では、機関は全て動作するというもの。
ジャンク品とは明言していないが、
ノークレーム・ノーリターンの決まり文句が記載されていた。
大丈夫だろうと、落札。
手にしてみると、確かにカメラは機能するようだ。
裏蓋のモルトは劣化しているので(あたりまえ)貼り直した。
レンズも前玉は、曇りがほとんどなくOK,ただし、裏蓋を開けてみると、後ろのレンズは、しっかりと曇っていた。
これは取り外し、洗浄したら綺麗になった。
問題は、ビューファインダーのブライト・フレームが欠損していること。
おそらく 硝子に焼き付けたフレームがあったはずなのになくなっていた。レンズ部分はあるので、
模型用の薄いスチレンの板を切り出し、代用品を作って嵌めてみた。
どうにか使えそう。
(A)がOKだったので、このカメラ(B)も使えるだろうと、フィルムをつめテスト撮影。
ピンホール1242-2
フィルム一本、8カット全てが この調子。
ピンホール1242-3
コマとコマの間は、くっきりと透明。
カメラのボックス(箱)ではなく、蛇腹から光が入ったことを示していた。
慌てて、部屋を暗くし、裏蓋を開け、ピンライトで蛇腹を観察。
10箇所ものピンホールを発見した。
ピンホールの補修も、また楽しい。工夫のし甲斐があるというもの。
もし、(A)にピンホールができたときのためにも、ここは補修技術を習得しておくのもいいだろう、
とポジティブ・シンキング(暇なだけ、いい暇つぶし)
酢酸セルローズ系接着剤に使い古した乾電池のグラファイト電極を細かく磨り潰した粉を練りこみ、
ピンホール部分を塞いでみた。
小さなピンホールは塞げたが、少し大きいものは、何回やっても、漏れてくる。
接着剤が固まると硬くなり柔軟性がないからかなぁと考え、
ブタジエン系の接着剤に変えようかとは思ったが、
ブタジエン系接着剤、長時間粘着性が残り蛇腹を畳んで放置すると、
蛇腹同士がくっついてしまう危険性がある・・・・と思いとどまる。
ネットで調べたら、シリコン系に湿気(水)で硬化する接着剤があるという。
化学を専門にしてきたので、硬化のイメージは直ぐ湧く。
なるほど、シリコンの弾性もあるはずと、ネットで調べたら、ヨドバシの通販サイトにも載っていた。
セメダイン(懐かしい名前)のSuper Xブラック(チューブ 20ml入り)を購入した。
接着後に弾性が残りかつ黒い顔料が入っているので、蛇腹のピンホール補修には最適だろう。
再び、フィルムをつめ テスト撮影。
破れ1245-6
しかし、一箇所 ピンホールが塞がらない・・・・というより一箇所、その場所のピンホール大きくなったのでは?
破れ1245-7
再度、ピンホールをチェックしたら、蛇腹の一箇所が5mmくらい裂けていた。
割り箸の先端を平たく削り、そこにシリコン系の黒い接着剤を付けて補修していた。
蛇腹が経年劣化し、弱くなっていたのかも。
薄い黒い紙を1cm幅に切り、シリコン系接着剤を塗り、その裂け目を塞いでみた。
丸一日放置すれば接着剤は硬化する。
再度 テスト撮影。
蛇腹・内面反射1246-2
ピンホールによる光漏れはなくなったようだが・・・・
蛇腹・内面反射1246-8
明るい空が入った写真には、地表部に光漏れのような部分ができる。
ピンホール修理の時は気づかなかったが、全体に被り、暗い部分にも銀塩濃度が出ていた。
裏蓋をあけ観察すると、入った光が蛇腹内で乱反射しているようだ。
そこで、アクリル系の黒塗料で、蛇腹を黒く塗り直した。

4度目の正直、フィルムをつめて再度テスト撮影。
修理完了1247-3
空の光が、蛇腹内で乱反射し、地上の暗い部分を被らせる不具合はなくなった。
修理完了1247-4
暗い部分のネガの抜けもいい。
どうやら 使えるカメラになった。
暇人でなければ、こんなことしないだろうなぁと思う。
二三十年前なら「カメラが趣味です。」と言っても、なんの違和感もなかったが、
今になると「フィルムカメラで写真を撮ってます。」と言ったら、
かなりデープな写真マニアと思われてしまう。
(まだ、フィルムで撮っている?白黒?、それまだ売ってんですか? 好きだねぇ・・・)
-----------------------
先日、銀座を散歩。
東銀座近くにある三共カメラの棚に、6,9判のスーパーイコンタがあった。
使えるレベルのものが4万5千円程度、それより外観の綺麗なカメラが7万円程度で飾られていた。
スーパーイコンタは、クラッシックカメラには入らないのかも。
昔に比べ、随分と安くなったのだろう。
店内の客は小生一人、店主も手持ぶたさ、少しカメラ談義をした。

フィルムカメラを使う人は減る一方。
フィルムの消費が減っていけば、フィルムの値段も上がる。
嫌な循環が進行する。
あと数本使ったら、フィルム代がカメラの落札価格(送料込み)を超えてしまう。
  1. 2019/11/22(金) 12:33:55|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸越八幡 祭りの後             ツアイスのOpton Sonnarで撮ってみる

F:1.5の明るいレンズは 何本か持っている。
防湿庫の中を 探したら最初に見つけたのは ツアイス製のオプトン・ゾナーレンズ。
S型Nikonはコンタックスマウントを真似ている。
互換性のあることは、既に実際にテストして確かめてある。
使わない手はないなぁと Nikon SP に Opton Sonnarを装着する。

台風15号が通過したのは未明のこと、
どうにか無事に祭りは終了していた。
祭りの後1224-43 Ⅱ
境内に、撤去した夜店を運ぶトラックが入っていた。
記入所に立っているご婦人にピントを合わせ、シャッターを切った。
トラックの辺りまで像は崩れることなく写っている。
祭りの後1224-38
七五三の旗にピントを合わせ撮影。
祭りの後1224-36
お払いの白い房にピントを合わせた。
祭りの後1224-39
石柱に合わせた。
距離計のメモリは5フィートを指していた。(約1.5m  :Nikon SPは精密機械、距離計は正確です)

オールドレンズ、明るい部分が滲んだようになってしまうが、
それなりに写っていると思う。
絞り開放のf:1.5で これだけ写っている。
充分ではないだろうか?
----------------------------------------
使用したカメラとレンズ。
カメラDSC04541
ContaxⅡ、KievⅡのレンズは S型ニコンに基本的に装着可能。
実用上ピントも問題なく合います。ただし、ツアイス・・・というよりKievⅡ用のレンズ、
マウント径が ほんのすこし違うのも混ざるようで、装着できても、外すときなかなか外れない場合もあるので注意が必要。
着脱が容易なら、S型Nikonで 普通に使えます。
レンズDSC04546
ネットのブログを読むと、ピントがずれるので、使わないほうがいいという記述や、
根拠あるデーターの提示もなく、何処からかデータを引用して、
いかにピントがずれるか、得意げに語るブログもある。
本当に自分で確かめているわけではないようだ。(受け売り話は、ネットで拡散されやすいのだろう)
エビデンスの薄い話は、薀蓄を語るようなもの、当たらぬも八卦、当たるも八卦だろう。

実際にカメラに装着し、フィルム面にスクリーンを当てて、ルーペでピントを確認したが、
小生の目には、「ピントは合っている」としか見えなかった。それで使っています。

このOpton Sonnar ドイツが戦争に敗れ、東西ドイツに分割されたとき、
経営陣、技術者の多くは、西側に逃れ、オーバーコッヘンの地に 会社を作る。
カメラなどの光学機器の生産を始める。
1951年 戦前のContaxマウント・ゾナーレンズ 50mm F:1.5の生産を再開する。
最初のロット2000本の中の一本です。
Nikon SPの生産が始まったのは1957年からなので、
このレンズは その前の製品ということになる。
歴史的なものだなぁと・・・思うが、信じられないくらいの安値でゲットした。

おなじF:1.5のコシナNoktonレンズと比べると、面積で7割から8割、体積で半分から6割くらいの小ささだ。
しかし、重量はそれほど変わらない。
レンズを手にすると ずっしりとした重い感じがする。
クローム鍍金された鏡胴は美しい。
ドイツのマイスターの手作りの工芸品を手にした感覚を覚える。

コシナのNoktonになると、手作り感はなくなり、工業製品となる。
工業製品には 当たり外れはないが、
工芸品にはばらつきはでる。

写りもいいではないか?
なんで工業製品に替えなければ ならない?
古いのかなぁ・・・・工芸品に惹かれてしまう。
  1. 2019/09/26(木) 12:26:45|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンジファインダー・カメラで望遠レンズを使うということ

いまや、フィルムカメラを使う人はまれ。
一眼レフに比べ機能も落ちるレンジファインダー・カメラはなおさらだ。
前世紀の遺物となっている。

デジタル全盛の時代、レンジファインダーにこだわり、ピントの差だの使えるかどうかなど、
大方の人にとって どうでもいいこと。関係ない。
以下は、老人のたわごと、寝言のようなもの。
興味ないかたは スキップしてください。
次回のブログあたりからは カメラ偏重、オールドレンズ偏重の記事は載せないようにします。
-----------------------------------
望遠レンズは苦手という意識を払拭させようと、
Kievカメラ(コンタックスマウント)にコンタックスマウントの望遠レンズをつけて練習を始めた。

すると時期を同じくし、Nikon SPが故障する。
修理に出したが、手元にないとなると、
途端にSマウントレンズが気になり、
BessaR2Sのカメラでコンタックスマウントのレンズ使えないものかとテストしたくなってしまった。
Jupiter-11.jpg
興味がどんどん目先で変わり、ちょっと前のことを忘れてしまう。
これが老人ボケの始まりなのでしょう。
Jupiter-11 135mm F:4 をつけてファインダーを覗き距離をあわせる。
無限遠にピントはあると思ってシャッターをきったが少しピンボケだった。
望遠レンズ1056-19
なぜピンボケ?
Sマウントカメラとコンタックスカメラに差がある?無限遠では合ったはずだが・・・・
ピント実験
そこで カメラを三脚に固定し、350m程度離れた電柱を無限遠として再度ピントチェックを行なった。
(東京23区、区分地図に物差しをあて直線距離を割り出した。1:10,500 300mは28mmとなっていた)
平らな透明プラスチック(厚み0.4mm)にトレーシングペーパーを貼り、
トレーシングペーパーをフィルムの乳剤面と見立て、10倍のルーペでピントをチェックした。
無限遠では Sマウントレンズもコンタックスマウントのレンズも ピントは一致。
カメラを交換しても ピントは一致したので、
コンタックスⅡ、Ⅱa、KievⅡ、KievⅣと S型Nikon、BessaR2Sのフランジバックは実用上同じとみなしていい。
やはり 合っている。
しかもHelios-103 53mm F:1.8のレンズは、BessaR2Sと相性がよく、
1mの近距離から開放絞りでもピントが合っていた。
むしろS-Nokton 50mmF:1.5の 相性が一番悪い。狐につままれた感じ、風評はどうだったろう?
ネットで調べると、「合わないから使わないのが賢明」とか、「微妙に異なる」というブログをよく見るが・・・。
BessaR2SKiev.jpg
BessaR2Sの距離精度はそれほど高くない。基線長は物差しで計ったが、40mm以下 37mmくらいだろう。
ファインダーの倍率は0.7ということで、有効基線長はわずか26mm程度。
一方、コンタックス(Kiev)は90mmくらいはある。
ファインダー倍率も同じようなので、有効基線長は63mmくらいはありそう。
BessaR2Sは S-Nokton 50mm F:1.5を使うため作ったものではないことは明らか。
小生も 購入して装着したのはNikon SP。
BessaR2Sで使おうとは思わなかった。
有効基線長はわずか26mm程度のファインダーで 135mm F:4のレンズを使うこと自体が 判断ミスだったのだろう。
ピンボケになるはず。
Kievのファインダーで確認したら距離は60mくらいだった。
望遠レンズ1057-34
Bessaの姉妹機 L-マウントのBessaRにPAM-BRitar 105mm F:4.5を付け、ファインダーであわせず、200フィート付近にレンズのメモリをあわせて撮影した。ピントは合っていると思う(被写界深度内で)。
望遠レンズ1056-18
これは 無限遠にしてとってしまった前作。
ピンボケにはなったが、絵画的な写真になって、これはこれでよいと思う。
-----------------------------
以下は今回の計算結果。
ライカとコンタックスのピント位置の違いと、50mmレンズの被写界深度の計算結果を示します。
デジタルでも重要だと思うのですが・・・・デジタルで撮っている人、気にしている人少ないようです。
カメラがピントをあわせ、絞り、シャッターを最適な被写界深度になるよう自動で調整してくれているから、
意識しないのでしょうね。
面倒な・・・と思ったら 見ないことに。
焦点深度計算
ライカマウントとS型ニコンのフランジバックが同一として コンタックスレンズを使った場合のピントについて計算した結果。
基準の焦点距離をライカ、ニコン 51.6mm コンタックス 52.3mmとしたが、どうなんでしょう?
フランジバックは同一とみなしていいが、この基準焦点距離 本当かなぁと疑っています。
計算上のズレの計算値から 標準レンズでは f:5.6以上に絞れば使えることになります。
(実際のピントのずれはもっと少ないので、テッサーなら気にせず使えそう。
インターネットに載っているライカとコンタックスの焦点距離の差 もっと小さいのでは?)
さぁどうなのでしょう。
Nikon SPの修理が終わり戻ってきたらチェックしてみます。


  1. 2018/02/24(土) 12:17:44|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR