FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

フィルムカメラを持って外出したい・・・・         

この一ヶ月ほど、外出は控え、
出てもなるべく時間を短縮するようにしている。
カメラを持って外出する後ろめたさを、(物見遊山か?と疑われる)
これは記録だと…言い聞かせ、街の様子をパチパチ デジカメで撮っていた。

撮りためたフィルム写真を整理していたら、
カラーフィルムで撮ったネガの中に 
2枚ほど花筏を撮影したコマが残っていた。
花筏・目黒川1279-41
花筏・目黒川1279-43
色彩に乏しく、白黒のフィルム向きな光景。
でも、カラーで撮ったほうがフィルムにない深みある「黒」ができるかも・・・という可能性を感じる。
カラーフィルムも意外といける。
新しい発見をした気分になった。
---------------------------------------
それにしても 家のいる時間が増える。
小人閑居して不善をなす。
どうもいけません。
テレビを見ても気が滅入るばかり。
ダイヤモンド・プリンセス号に乗り込み、告発した医師や、町のクリニックの先生の
正当な意見の持ち主のTV番組の露出は減り、
芸能タレントやそれに類するコメンテーターの露出が多くなるばかり。
見識の感じられない「台本営」発表のような論調に変化してきた。
これが、テレビの限界か。(報道機関というより、広告収入にたよる宣伝機関だから・・・)
致死率

テレビで「死亡率(致死率)」や「実効再生産数」の数字が話題になっていた。
その言葉をネットで検索して、トップ近くでヒットした記事。
おそらく2月の前半10日頃までにネットにアップされたもの。
当時 この感染症は、インフルエンザより少し危険だが、SARSウイルスやMERSウイルスほど危険でなく、
若者が罹っても、平気、死ぬことないと
マスコミはそんな論調の情報を流していた。
死亡者データ 解析
しかしそんなに甘いものではなかった。
陽性が判明した人は、病院のベッドの上に居る。
そこから出るには、元気になり退院するか、死亡するかの二通りしかない。
死亡率は死亡者とベットから居なくなった人の比になる。
即ち、死亡率(致死率)=死亡者/(元気に退院した人+死亡者)で計算される。
ところが、死亡者/累計感染者を死亡率と勘違いし、
5月2日現在 死亡141名、累積陽性者4477名なので141/4477 答えの死亡率は3.1%にすぎない。
まだヨーロッパに比べ死亡率がすくない。(と妙に安心してしまう。)
正当に算定すれば約8%そんなに低いわけでもない。(SARS並だろう。)
そして日本の感染医療のレベルが期待するほど高いわけでもないと思う。(諸外国並み)

国の感染研の研究者も分かっていたはず・・・・
2月の初め、通常のインフルエンザより少し高い0.17%(中国政府発表:湖北省以外の値)と予想
(思い込みをしたお偉方がいたと思う。)した。
これが 今回の後手後手の対応の元凶だった気がする。(優秀なジャーナリストの追及を待ちたい。)
ウイルスの分類(定義)を失敗、そして自ら下した定義から逃れることができず、対策法を取り違えた。
クラスター対策を優先し、向い打つのに必要な、医療部隊,、補給部隊の拡充は後回しになる。

クラスター班は少数精鋭だったのだろうが、効果はあまり感じない。
局地戦では成果を上げたというが・・・・見えない敵は増殖。
防衛線は突破された。(都知事の自粛要請は、国民の防衛意識を鼓舞したことは確か、
その成果を、専門者会議の手柄にしてほしくない。政府の宣言は2週間後だった。)
結局は敗退を転戦(フェーズが変わった)と言い直し、国民の眼をそらせようとしたのが、
先日の専門者会議の「台本営発表」だろう。
あの会見を見て聞いて そして納得できた人はいるだろうか。
これからのコロナウイルスとの戦い方が 理解できただろうか?
削減のため、国民の協力ばかり強いるのは、「欲しがりません、勝つまでは。」と同じではないか?
(あなたたちは、やったふりしているだけ。)
死亡者推移 全データ
感染者確認から80日目からのデータで、再評価してみた。
死亡者推移予想1
死亡者の爆発が起きるか、そのまま続くか、減少していくか まだ判断できない。
5月6日になれば5月5日までのデーターが揃うので、どの方向に進むか判断できるようになる・・・と思いたい。
-----------------------------------
2020年5月4日 訂正・追記
死亡率と致死率に関し、小生の誤解がありました。
死亡率は ある期間 死亡した人を 関係する人で割った割合で、
この場合の死亡率は、
コロナウイルスの感染が始まり、現在までの感染者と、
その時の死亡者との割合で示されます。
    死亡率=死亡者/累積感染者
一方 致死率=(死亡者)/(死亡者+退院数) となります。
病気などでは、常に 致死率≧死亡率 となります。
病気の恐ろしさ(危険度)は致死率に注目すべきでしょう。
致死率100%の感染症(狂牛病)もありました。
感染力(再生産数)と致死率が、感染症対策の重要なファクターということ・・・らしい。
スポンサーサイト



  1. 2020/05/03(日) 14:51:33|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のブログが、コロナウイルスの話題になっている・・・

この一ヶ月くらい 話題にしているのはコロナウイルスの感染のことばかり。
とても写真のブログとは思えない。
写真好きの人から見たら、時節柄 顔をしかめるわけにもいかないが、
見て楽しいブログではない。
もともと小生のブログ、フィルムで撮影したものが主なので特殊。
見に来る人は少ないが、写真ジャンルの方の足跡は確実に減っている。
それ以外の足跡は一定なので・・・まぁこの時期、致し方ないと思う。
好き好んで、コロナウイルスの解析にかかわっているわけではない。

「本当に大切なものは見えない」からと、
直感に委ねればいいと、逃げては駄目だろう。
権威ある者の眼は確かと、その眼で見て、真似て、
「分かっている」風の素振りもしてはいけないと思う。
「あなた方は、やったふりをしているだけ。」
スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんの警告は重い。
大切なものを観ようと努力することは大事だと思っている。
自分の知性、見識など、全ての能力を動員し、研ぎ澄ませ、見えないコロナウイルスの姿を見たい。
目に見えない大切なことを明らかにする努力は、たとえ 頭の働きが鈍くなっても、老いぼれても放棄しない。

できれば、以前のように フィルムカメラを持って、散歩し、写真を撮っていたい。
そうは 思っているし、希望している。

外出を自粛しているので、写真の整理が進でいる。
もう3週間前の写真だが、
目黒川の花筏の写真が出てきた。
花筏1280-2
こんな 狙いの写真、フィルムで撮って、遊びたいもの。
いつ 緊急事態宣言が解かれるのだろう。
------------------------------------
政府の対策専門家会議の発行した資料。
「図2、接触が流行開始後20日目に削除された場合のシナリオ」を見ているが、
現実の東京都の感染者の動向と 重ね合わせると、食い違ってしまう。
東京の感染開始をいつと想定したらいいのだろう?
1月24日に東京で初めての感染者がでている。
この日だろうか?
もし、この日だとすると、
2月終わりごろは、沢山の感染者が出て報告されていたはず。
2月終わり、報告された東京の感染者は、1名に過ぎない。
そして、累積では37名になっていた。(平均してしまうと一日一名程度。)
全国の一斉休校の宣言は2月27日のことだった。
それまで、如何なる宣言もなされていない。

政府の専門者会議は、いつを感染開始の日と認定したのだろう?
コロナウイルス感染速度評価
赤の線で示されたのは、都に報告され、都民向けに発表した感染者の推移。
専門者会議の図2に従えば、オレンジ線(80%削減)、あるいは黄色線(65%削減)に対応する。
専門者会議のこの予想図(シナリオ)が正当なものなら、
カーブを当て嵌めると、
49日目(3月14日)から55日目(3月20日)辺りで都民は削減のモードに入ったと、見るべきだろう。
都のその時の感染者の推移は、
日付      感染者   累積感染者
3月 14日   10       87
   15日   3        90
   16日   0        90
   17日   12      102
   18日    9      111
   19日    7      118
3月20日    11      129
都民は 累積感染者が100名を超え、毎日10名近くの感染者が出ていたので、警戒感を覚えた人が多かったと思う。
この時期、マスコミは連日、オリンピックが予定通りできるか、延期か、中止かの話題が主だった。
安倍クンのお友達の文部科学大臣が、学校の休校措置を解除し、新学期の準備を匂わす発言が続いていた。
緊急事態宣言は、感染確認から74日目、4月8日に出されいるが、
その時 東京都は既に累積感染者1339名 この日の感染者は144名になっている。
宣言が出され(4月8日)から、15日目に効果が現れ、
感染者のピーク(オレンジ線、黄色線)を迎えるはず(報告日は4月23日となる)。
この日、しかし、既にピークを過ぎているのは確かだろう。
累積 3573名 この日の感染者は134名だった。

昨日のTVの放送では、
感染者の減り方が 予想より遅いと、専門者会議の委員は述べていたが、
その説明では、図2との整合性は取れない。
これが感染を専門とする学者のコメント??
もし、そうなら、その根拠(次のモデルを説明し、再計算した結果)となる説明(数字の整合性)がないと、納得できない。
東京都の感染者推移カーブは、図2よりずっと速い。
もし図2のシナリオに従うなら、300名、あるいは400名の感染者がでてもおかしくない。
また「俺、そんなこと言ってない。」と否定するのだろうなぁ。
収束予想1
第一波の感染は、死亡者数が突発的に増えなければ、(専門者会議のシナリオのように滑らかなら)、
どうにか越え、収束に向かいそう。
しかし二波、三波の感染が東京にくる恐れあり。(北海道が心配、最初の波より高く大きい。)
その時、政府の専門者会議、ちゃんと機能するだろうか?
信用できるならそのままのメンバーに任せればいいが、
信用を失っているなら、違う第三者による専門会議が必要だと思う。

こんな専門者会議で大丈夫だろうか?


 
  1. 2020/04/29(水) 16:42:33|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロナウイルスのアイコン?か、 目黒川の花筏

新型コロナウイルスの影響、緊急事態宣言を受け、外出は極力控えている。
やることもなくなったので、テレビを見る時間が増えた。
話題は新型コロナウイルスのことばかり。
見るのも嫌になったので、写真の整理をする。
コロナウイルスに頭脳も感染したか、つい「これウイルス?」と思ってしまう。
コロナ?いえ花筏1278-54
コロナのフレィヤーに似た花筏が、下流に向かい音もなく静かに動いていく。
冗談じゃない。
気持ちまで 抑えこまれた気がしている。

ノートパソコンを開け、その前で考え込んでしまう。
体力はもう小学生程度だろう。
走ったら 小学生にも負けるかも、
そして、深く考える思考能力は、中学生程度に落ちているのではないか・・・・
PCのエクセルソフトをいじりながら、能力の低下を実感している。
コロナシュミレーション1
ネガ現像の理論式を、変形しコロナウイルスの感染をシュミレーションできないものかと、
その数式を考えたが、うまく解けない。思考能力が低下し、ほとんど数学的能力は失せた。
おそらく高校か大学教養課程程度の数学レベルなのだが。考えが至っていない。

P  :感染集団の人口  定数
x  :感染した人の数  変数
n  :一日あたり何人の人に会うか  定数だが、行動制限が起こると 違う値になる。
q  :感染確率 WHOのテドロス氏の会見では、日本のクラスター班の活躍で およそ20%と判明したという。
t : 経過時間(日) 変数

dx/dt=(P-x)/P*n*q*x   ①式
の微分式で 表せないかと考えた。
(P-x)/Pは 非感染者の割合(確率)を表す。
その非感染者n人に xの感染者が接触する。
感染確率はq これでいいと思うが・・・・

(P-x)/Pの値は xが小さいうちはほぼ変化なく1とみなせる。(Pは1000万の都民)
すると感染初期は 
dx/dt=n*q*x    ②式で近似できる。
これは簡単に 
1/x*dx=n*q*t*dtなので、
積分した解は
Ln(x)=n*q*t+C と求まる。
変形すれば x=e^(n*q*t+C)
x=A*e^αt   (ここで A=e^C ,α=n*q の定数とする)
感染初期は 指数関数的に累積感染者数は増えることが示されている。

これでいいのかなぁと①式の解を求め カーブフィッチングしたが、
感染初期は合うが、後期になると 値は発散、現像濃度式のように一定値に近づかない。
数理モデルが駄目なのか、解の求め方が間違えているのか・・・・
実際の累積感染数は、指数関数カーブから、現像モデルのカーブへと、
偏曲しているはずなのだが、それが数式(解)で表現できない。
コロナ感染速度グラフ
感染症の数理モデルはすでにある。
SEIRモデルという計算ソフトがあるようだ。
おそらく感染研では、このプログラムを使用し予想しているようだが、
詳細は公表されていない。
テレビの放送で モデル予想したグラフを見たことがあるが、
あくまでもモデル実験の計算結果を見せ、注意を促すもので、縦軸、横軸も 現実の絶対値にはなっていない。
知りたいのは今のこのコロナウイルス、 何月何日にどれだけの感染者が出るか 具体的な数字が知りたいだけ。
今後何もしなければこうなりますでは、具体性は感じないが、恐怖心が 増強するだけ。
もし、そのソフトがあるなら、現在の日本の感染者の実績値、あるいは東京の実績値が、
その予想モデルで推計した値と、実績値がほぼ一致し、今後X日後の○月×Y日には、
感染者数はxxxxx名に達する。 だから、こう行動してくれと示してほしい。

東京の累積感染者をシュミレートしたいと思うのは、現在、感染のどの辺りにいて(グラフのどの位置)、今後、数日後、数週間後 どうなるのか知りたいだけ。
数理モデルで計算した結果を見せられただけでは・・・・この数理モデルでいいのだろうか?当たるかなぁと疑ってしまう。
数理モデルは、パラメーターの与え方で 予想値(そのカーブ)はかなり変化すると思う。
与えるパラメータ値に忖度があってはならない。
忖度、気兼ねなしなら、数理モデルの正確性を示すためにも、
このモデルで、(今までところ)、現実のデーターとバラツキは少なく一致しています。
整合性がとれています(カーブフィッチングしている)という検討結果の開示がほしい。
感染症は科学で立ち向かうべき。
ウイルスに忖度はないし、取引にも(デール)応じない。


  1. 2020/04/16(木) 19:20:26|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロナウイルスの感染拡大と フィルムの現像は似ているのだが・・・

コロナウイルスの感染拡大と フィルム現像のネガ濃度上昇の様相はよく似ている・・・
菊池先生の著書の中に、現像時間とネガ濃度の関係式が開示されている。
盛んにTVでは感染爆発の危険を報じていた。
この式を変形すれば、
コロナウイルスの感染状況をシュミレーションできるのではないかと考えていた。
東京都の発表する「都内の最新感染動向」をチェックし、
数式に当てはめれば、その後の推移が 予想できるのではと、
かなりさび付き鈍くなった頭がだが、懸命に(そして、時には没頭し)エクセルソフトを弄っている。

デジタルカメラで写真を撮って楽しんでいる人にとっては「何だそれ?」の部類の話になってしまう。
デジタル写真に「現像の化学」は不要だろう。
興味の持てないブログになっていることは 重々承知しているが、
でも今もフィルムで撮影し、自家現像している人なら うすうす気づいていると思う。
その方たちなら、おそらく興味を示してくれると思う。

あと2,3日 データーが溜まり、もし計算した予想の数値に確度があるようだったら、
理論式を含め開示するつもり。(簡単な数式です。でも計算するとなるとエクセルが使えないと計算できないでしょう。)

理論式を作るための仮定条件に誤りがあるかもしれないし、
微分方程式の解き方に間違いがあるかもしれない。
数学のレベルは大学受験レベルで充分、(そんなに高度なものではない)
50年以上前であれば、間違いなく正解を出せたと思うが・・・ちょっと自信ない。
その時 指摘してください。

外出自粛要請を受け、必要な買い物以外、外に出ていない。
もっぱら PCを前に 以前撮った写真をチェックしている。

今年 東京の開花は異常に早く、3月の中旬だった。
その後の寒の戻りがあり、花見期間は長くなった。
4月4日土曜日、晴れて気持ちのいい日だった。
中央公園の桜1279-32
3月25日 東京では都知事(うちの百合子)が自粛要請をしている。
中央公園の桜1279-34
それでも 束の間の骨休め、品川区役所前の中央公園には、花見を楽しむ姿があった。
混んではいない。三蜜は防げていると思う。
こういう光景はいい。ホッとする。
中央公園の桜1279-36
コンパクトカメラMinolta Hi-Matic Fに、コダックのColorPlus 200フィルムを詰めて撮影ている。
新型コロナウイルス時の事実・状況をなるべく正確に伝えたいと思ったらカラーだろう。
白黒モノトーンでは、現実が抽象化されてしまう。
デジタルカメラでカラー画像として記録していくのが最適だと思う。(コストは安い。沢山撮れることはアドバンテージになる。)

ほとんど自宅待機の生活だが、買い物に出るときはカメラを持って出る。
明日から 買い物に出るときは デジタルカメラをぶら下げて出ることにしている。

---------------------------------
昨日(4月13日) 東京の感染者は91名だった。
不思議?、奇跡的に少ない数だった。(と思っている。)
このデータからすると、既に感染のピークを迎えているのかも・・・・と希望を持たせる数字が出ていた。
月曜の数字は検査数が少ないので、低めに出るのは理解できるが、本当か?と疑う気持ちもある。
3月19日を起点にして、その日からの累計感染者の人数を指数関数で近似させ5000名になる日を予想しているが、
その日が徐々に遅れてきた。4月17日という予想が、昨日のデーターを入れて計算すると4月19日になった。
明らかに、(公表された累計感染者数が、実態を正確に表しているとしたら)感染に抑制がかかってきている。
感染者のデーターは、一旦厚生省に集められ、各都道府県に厚生省から 知らされるものだろうが・・・・
大本営発表ではないことを祈る。(政府の会見を「台本営発表」と皮肉っていた雑誌社か、通信社かの記事を見た覚えあり)



  1. 2020/04/14(火) 12:21:38|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸越の桜       三蜜を避けて

4月10日に東京の累積感染者数は2000名に達すると、予想していたが外れた。
二日、遅くなったとは言え、今日には2000名を越えるだろう。

しかし、これは驚くべきことだろう。良い兆候かもしれない。

老人は かなり警戒している。
新型コロナウイルスに罹ったら、死亡率が高いことを承知しているから。
若者より、それは切実だろう。
三蜜状態を避け、そっと花見を楽しんでいる。
小さな公園1279-37
幹線の大きな道路から離れ、地元の人しか気づかないような、
小さな公園は、どこの町にもあるだろう。
小さな公園1279-38
この周辺にすむ班(町内会の一つの班)の方たちが、
この桜の下で、毎年 花見の宴を開催していたが、今年は中止となった。
小さな公園1279-39
それでも 静かに 今年の桜を楽しむ人はいる。
しっかりと、三蜜状態を避けている。

これが日本人の強さかもしれない。
政府・政権の不作為による停滞があっても、
民間は、事態を受け止め、その時その時を工夫し、事態を切り抜けようとする。
諸外国では 感染爆発が起き、2日~3日で累積感染者数が二倍に増加するという。
それがオーバシュートだと専門家が説明していた。
しかし、この東京では5.1日で二倍と、明らかに感染拡大の速度が遅い。
これには驚いている。
今後は どんどん感染拡大が進み、二倍になる期間が短くなり4日、3日へ短くなるのかと思っていたが、
近々の状態を計算すると(データー上)、5.1が底の値だった。
その後、徐々に5.2日、5.3日へと長くなっている。
恐るべき「日本人」の底力!?

東京都の発表する(公開する)「都内の最新感染動向」のデータ、
信用できるものなのだろうか?そんな疑念も湧く。

戦争の時、大本営発表という公式の通達・知らせが 国民にあった。
不都合な事実は伏せ、戦況は日本有利に動いているという知らせだったという。

日本の軍隊は強かった。
でも戦争には負けた。
軍隊は強い、局地戦では勝利する。
でも、戦争を指揮する、軍部・政府の責任者が機能しない(能力不足)。
(局地)戦闘に勝っても、結局、戦争に負ける。

今 新型コロナウイルスという目に見えない敵と世界は戦っている。
しっかりと戦っているのは、メルケル首相の率いるドイツだけだろう。
ドイツにメルケル首相がいるから ドイツは大丈夫と 予想していたが この予想だけは当たった。
メルケル首相は科学の何たるか知っている。
70%くらいの国民がウイルスの弾に当たることを覚悟、
迎え撃つための装備、仕組みを構築していた。
最初は戸惑っただろうが 2週間ほどで戦う準備を整えている。
いま、その結果がでている。
感染者の数は多いが、戦死者は少ない。

今の日本政府のありよう、
第二次世界大戦時の政府に似てはいまいか?
水際のクラスター班の働きは素晴らしいのだろうが、
その戦闘に勝っても、戦争そのものには負けるような気がしてならない。
それとも、政府は三流でも、国民は一流なので どうにかしのげるのかなぁ。

医療現場の備えが 貧弱なような気がしてならない。(装備の調達、迎え撃つ医療体制作りは 政府が全面に立って行うもの、メルケル首相は それを指示し、実行した。)
同じ同盟国だったドイツのメルケルさんが、日本の首相だったらいいのになぁと 思っている。

あと数日、「都内の最新感染動向」をさらにチェックしていくが、
データーを舐め、不都合なデータの隠蔽は、していないでしょうな。

  1. 2020/04/12(日) 14:45:07|
  2. 桜 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR