FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

予期せぬこと、何だろうと思うことがあるから・・・

雨の季節が終わり、青空の季節になったら使おうと、
冷蔵庫のなかに赤外線フィルムの長巻(100フィート)を保存していた。

赤外線フィルムは変質しやすい。
フィルムの期限は今年一杯で切れる。
冷蔵庫から取り出し、ディロールにセットし、マガジンに詰めて、使ってみた。
赤外フィルム1296-11
ISO:400の高感度フィルムRetro400Sでも使っている軟調な(Ⅵ)現像液を使用した。
問題なく使える。
高感度フィルム特有の、ザッラとした粒子が出るのが嫌だった。
コロナの影響で自粛生活、暇はある。
昔使っていたフジフィルムのミクロファイン現像液のようなものはできないかと、
廃版になっていた(Ⅴ)現像液を改良してみた。
Retro400Sフィルムで試したところ、かなり微粒子になり、ザラッとした風合いは減った。
TRI-X用に開発した(A)現像液に似ているが、配合的にはミクロファインに近づいたので、
現像液は(Ⅴm)とした。
赤外フィルム1301-28
その現像液を試したところ・・・・
一面に黒い粒が出てしまう。
赤外フィルム比較
比較のため等倍に拡大してチェックした。
白い雲の部分、銀粒子同士の粒界はかなり滑らかになり
ザッラとした感じではなくなったが、黒い粒が画面を汚す。

赤外400Sフィルムの現像、
(Ⅵ)現像液では問題がなかった。
(Ⅴm)現像液では、黒い点が出る。
(黒点部は、特異的に、その場所で現像が進行していないことを示していると仮定している。)
①粒界を埋めるため添加した薬剤と赤外線フィルム特性を与える薬剤の相性が合わない。
②フィルムの物理的・表面特性(親和性)と現像液の特性が合わない。
③冷蔵庫から出し室温で一ヶ月、急速に赤外線フィルムが劣化した。(その部分の感光性劣化)
何故 こうなったのか 現像したネガを見ながら あれこれと考えている。

(Ⅴm)の開発 今のところ失敗。
Retro400Sでは問題なく使えるので、
赤外400S 特有の問題だと思う。
でも、失敗こそ面白い。仮説を立てる。その仮説に基づき実験する。
駄目なら 何故?とまた考える。
また仮説を立ててみる。その繰り返し。
また 当分 楽しめそう。

------------------------------------
テド・ウイルスも 不明なところ沢山。
死者推移8月7日
第二波の死亡者の少ないことは驚異的。
定性的にはいろいろな説が出ているが、定量的なデーター(エビデンス)のない話ばかり。
どんなメカニズムを考えたらいいのか・・・?
感染状況8月7日
7日ごとに山がでるのは、東京都の集計の問題(人間)、コロナのせいではありません。
6月の上旬、ピークらしきものを発見したので、すぐに感染は収まるかと思ったが、
すぐに判断ミスに気づく。
そこで 爆発曲線のラインと 拡大曲線のラインを引き、経過を観察する。
未だ感染爆発?
第一波の感染をチェックし気づいたのだが、
この感染の様相は、細かく分けると4つのステージになる。
①爆発的な感染時期 この時 感染者の数は指数関数で近似できる。(Y=A*e^α*T)
②爆発が収まると 毎日一定数の感染者がでる 化学の反応速度では零次反応になる時期。(Y=A*T+B ここで A=0)
③その後 指数関数的な増加を示す拡大期 (Y=A*Ln(T)+B) 「指数関数と対数関数は、逆関数の関係にある。)
④最後は収束に向かう。この時は化学反応の一時反応(半減期)で近似できた。(Y=A*e^-α*T) ①の係数がマイナスになる)
③④の様子は現像飽和の式ともよく一致した。
①~④まで統一して記述できる式ができたらいいのだが・・・・残念ながら数学的な理解力は、
大学2年の教養課程で修了。それも50年以上前のこと。高校の数学すら ようやっとというレベル。
無理です。
でも、化学反応と考え、コロナを観てみたい。(専門が実験化学だったもので・・・)
閑ですから・・・罹りたくないから。

7月30日までのデーターで もう一度予想ラインを引き直してみた。
累計感染者予想8月7日
累計感染者で見ると 第二波はまだステージ① 感染爆発中。
12日~14日で二倍の感染速度です。
バラツキが大きい毎日の感染者数では、判断に迷うが、
感染者指数と二倍日数の動きを見ると、
微妙なところに差しかかっていることを示している。
もうすぐ ステージ② そしてステージ③に進むのでは・・・と希望的観測をしながら
毎日データーをプロットしています。
スポンサーサイト



  1. 2020/08/08(土) 15:38:41|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我々は何処にいるのか?

散歩に出る。
いつもと同じ散歩だと言い聞かせても、何故か気分は晴れない。
自粛する気持ちが、抑圧されている気分に変化している。
何ショットか シャッターを押すが、面白くない。
歩き回るだけ歩き、疲れると、すぐに帰宅する。

しょうがないので 読書にいそしもう・・・と思い、
書庫を探す。

昔読んだ方丈記があった。
平安末期の大火、竜巻、飢饉、大地震、パンデミック・・・・
京の都の出来事を記録した覚書が、
今となっては文学作品になっている。

読み進めると、平安末期の京の都の様子が・・・見えてくる。
しかし、惨事の有り様は克明に記録されていても、
時の権力者の対応は、一切記述されていない。
歴史からみたら平氏の勃興と滅亡、
鎌倉幕府の成立という激変の時代。
そのことに、方丈記は一切触れず、事実を淡々と伝えている。

平安末期にあった福原遷都はGo to のキャンペーン?だったのだろうか。
ただ眺めるだけの無策が、貧富の格差を際立たせ、
人心の荒廃が広がっていくことを・・・諦めに近い形で記述されていた。
現実を見たまま記録できるはずの写真でも・・・こうは記録できないなぁと思う。
また、ため息をついてしまう。

4,50年前、
「リッチでないのに
リッチな世界などわかりません。
ハッピーでないのに
ハッピーな世界などえがけません。」
と自殺してしまった天才的CMディレクターがいた。
彼の心にあった暗い思いとは何だったのか?
今でも衝撃的なニュースとしてはっきりと覚えている。
映像(写真)は、人を欺く道具になり得る。

(写真に真実を)伝えられる(力)あまりないのに、
自分の心を伝えられる(自己表現)、と豪語するのは・・・いささか気が引けてしまう。
キャプション文字の誘導がなかったら、そんな大したものではないと、通り過ぎてしまう。
写真は記録だと胸を張っても、不確かなもの。
見方を変えたら、いかようにも解釈できる 不確かさを持つ。
立会川河口1299-2
立会川河口1299-4
「いかにも」というキャプションで誘導すれば、・・・なるほどと納得し、写真に見入てしまう。
写真は、その程度のものかも。

「知らず、生まれ死ぬる人、何方よりきたり、何方へか去る。」
方丈記の最初の段にあった言葉に行き当たる。

同じころ読んだ、ペルシャの大学者にして詩人オマル・ハイアームの、
詩集ルバイヤートに呼応する。

もともと無理やりつれ出された世界なんだ、
生きてなやみのほか得るところ何があったか?
今は、何のために来り住みそして去るのやら
わかりもしないで、しぶしぶ世を去るのだ!

鴨長明は仏教的無常観で著し、
ハイアームは絶望的無神論者?(快楽論者)で詠う。
昔は ハイアームに惹かれたが、鴨長明もいいなぁと思うようになった。
もう一度、日本の中世の本 読み直してみようかという気になっている。
時間はたっぷりある。
問題は、理解力が低下したことと、
寿命の残りが少なくなっているだけだ。

方丈記を読みながら、今のパンデミックを うつらうつらと 考えている。
------------------------------
何処にいる  累計 1
累計の感染者でみれば、まだ指数関数的、感染爆発の状態にいる。
何処にいる 新規 1
新規感染者で追うと、対数近似の感染拡大の中にいるとも解釈できる。
今、我々は何処にいるのか?
爆発か、拡大か・・・・?
未だ、その判断はつきかねている。
爆発であれ、拡大であれ、事態がいいところにないのは明白。
今のところ、事態を好転させるための方針は示されず、
新たな対策もとられていない。
方丈記に記された状況によく似ている。
民の犠牲で惨事が収束するのを待つのみかなぁ・・・


  1. 2020/08/04(火) 20:53:04|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西品川の空 2

前回のブログと、
同じカメラ 同じレンズだが、 
三ツ木の空1296-21 Ⅱ
フィルムを変え フィルターをつけて撮影した。
窓に映る雲の輝きが、現実に思えてしまう。
三ツ木の空1296-14  Ⅱ
三ツ木通りから、大崎のビジネス街を仰ぎ見る。
微かな飛行機の音が、徐々に大きくなる。
三ツ木の空1296-15
ジェット機が現れ、
三ツ木の空1296-17
あっと言う間に通り過ぎていった。

古いカメラと古いレンズ。
シャッターを押せばそれで終わりというわけには行かない。
ちゃんと撮影するためには、気を遣う必要がある。
良くしようとすれば、工夫する余地は、たくさん残されている。
デジタルの方が、質の高い写真が撮れるとしても、
工夫の余地が大きいほど楽しい。

そのうち自動車は自動運転になる。
目的地をいうと、音声認識の人工知能が聞き分け、
最適のルートを探し、
自動運転車は、自動で運んでくれるようになる。
その間に、読書や同乗者との会話、あるいはネットにはいって仕事したりすることができる。
経済効率は上がるだろう。

しかし、自動車を運転する楽しさはなくなる。
目的地へ向かうまでの楽しさも味わえない。
結果が全てだから。
デジタルカメラも そんな傾向になっていくように思える。
今はもう、Phone-Cameraで十分というのがデジタルカメラのトレンドではないだろうか??
-----------------------------------
感染者推移1
「それには当たらない。」と話の腰を折り、
「真摯に受け止め、判断する。」と述べるだけ。
専門者会議は隠れ蓑か、隠れた盾?
「専門家の意見を伺って判断する。」というが、何ら有効で、具体的な対案も示さない。
やった感を演出し、アリバイ作りだとしたら悪質だ。
人間はその甘い言葉に一縷の望みを抱いて、待ってはみるが、
コロナに待ちはない。
人間に忖度なく、コロナは伝染する。

このグラフを見ていると、政府の無策が見えてしょうがない。
第二波感染状況8月1日
このまま 無策でいたら、
8月2日(明日)には500名、8月15日には1000名の新規感染者が東京に出るレベルに達する。
もう一刻の猶予もないのに、国会は閉じたまま。

政府は、「想定外の」・・・と弁明し、責任の所在をうやむやにする手もあるが・・・
感染すると 白い目で見られがちな日本の同調意識。
「それ(感染すること、感染した人)は自己責任だろう。」と見て見ぬふり、
責任の所在を(お友達内閣から)遠ざける工夫はいろいろしているようだ。

欲しいのはリーダーシップなのだけど。
  1. 2020/08/01(土) 21:08:16|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西品川二丁目の空

観光を経済発展の起爆剤としたかった。
それがアベノミクスの最後のチョイスだった。

オリンピックの開催が決まり、外国人の増加を期待していた。
そして、羽田への新しい空路を設定した。

経済が発展することが唯一の徳目、
国益重視の掛け声が響く。
今はテスト期間なのか、
もう既定事実として運用しているのか、
西品川の空を航空機が飛ぶようになった。
西品川二丁目の空1295-17
品川区役所前の中央公園をかすめ、羽田へ向かいジェット機が飛ぶ。
遠くに見えるのは大崎にできたタワーマンションとビジネス棟。
西品川二丁目の空1295-21
中央公園に隣接して建てられたマンション上空を通過。
西品川二丁目の空1295-29
場所は、三ツ木児童センター近く。
確かにうるさい。空路の下に住む住人が、不安そうに見上げていた。
何か落ちてくるかも・・・という恐怖はある。
西品川二丁目の空1295-28
児童センターの隣には交番がある。
その上空をかすめて飛んでいく。

20世紀最大の発明は飛行機だという人もいる。
飛行機の発明で、人は遠くへ簡単に移動できるようになる。
勿論 戦争でも多量の爆弾を降らせ、兵士を輸送、大きな効果を示した。

地球を喰べて、人間は栄えてきた。
この土地は俺のものと抱え込み、金持ちになり横柄になった。
地を掘くり返し、ダイヤモンドや金、鉄鉱石を、そして石炭、原油を 地球から略奪した。
他の生物がそれを どの様な思いで見ていたかなど、気にしない。
経済、経済・・・と、経済の発展こそ、人類の進歩。
原生林を焼き払い、牧場に、畑に、住居にする。
そこで生活していた生物は、
追い詰められ人間の住む場所近くに住まざるをえなくなる。
野生生物を宿主として、何代にわたって共存していた細菌やウイルスが、
住む場所を求め、人間へと感染していくのは、当たりまえの摂理だろう。
人間の都合に従ったまで。

環境変化に対応し、あらたな細菌、ウイルスへと変異する。
飛行機は その未知なるものを運んでくる・・・象徴のようなものだろう。
今度は 人間とウイルスの共存生活が始まる。
地球の略奪者に その資格はあるだろうか?
人間以外の生物と 共存できるだけの知恵、知性を持ち合わせているだろうか?
賢くなれるだろうか?
-----------------------------
オールドカメラとオールドレンズDSC06886
経済発展からみたら、デジタルカメラのほうが有効だろう。
10年もすれば、電子部品が劣化し修理不能となる。
そしたら、新しいデジタルカメラを購入する。
そのほうが経済は回る。

でも、未だ 古いカメラとレンズで写真を撮っている。
修理すれば 使えるならと、大事に使っている。
地球を貪り喰うような人間には なりたくない・・・と独り粋がっているだけなのだが・・・
---------------------------------
今日 東京の新規感染者が367名と 最高を記録したとTVの放送で騒いでいた。
しかし、2週間以上前から 月末になると600名出ても・・・500名でてもおかしくないとグラフは示していた。
爆発か拡大か収束か
7月16日から現在まで新規感染者は200名~400名の間でばらついている。
少し、増加気味だが、指数関数的な感染爆発には至っていない。
367名最高値を記録したと驚くより、むしろ爆発に至らなかったのがよかったと思っている。
新規感染者の推移は、対数関数に似た増加傾向を示している。
それが続けば・・・収束のフェーズに入るのも近い。
第一波ピーク
第一波の感染推移を調べると、7日平均で求めた二倍日数から計算した感染者指数が
(小生が勝手に決めた指数です)
感染のピークを探すのに有効だと気づいた。
第二波ピークを探す 1
その手法を第二波に当て嵌めてプロットしている。
あと数日すれば・・・もしかするとピークが見えてくるかもしれない。
毎日そんな思いに駆られながら、「都内の最新感染動向」のデータをパソコンに打ちこんでいる。
  1. 2020/07/30(木) 22:28:22|
  2. 都会の景観 Tokyo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつの間にか夏

うっとおしい日が続いている。
九州に甚大な災害をもたらした梅雨前線が、
東にづれながら、まだ本州に停滞している。
そして東京はコロナウイルスの培養地になり、
日本中に感染を広げ、日本中の鼻つまみ者になってしまった。

しかし、これは人災だろう。
コロナとの戦争に、有効な対策を立案し、
迎え撃つための陣形を整え実行する、責任者の姿が見えない。
「日本を、取り戻す。」と連呼した安倍晋三政権は、
今どこに行ってしまったのか?
「国難選挙」でも勝利した安倍晋三クンなら国会を開くべき。
今こそ「国難」だろう。

天気も悪いし、家に籠っていることが多くなる。
それでも 時たま空を見上げ、雨が止んだ頃合いを見て、
つかの間の散歩する。
三ツ木小学校の裏門近くに、向日葵が咲いていた。
ひまわり1299-18
ひまわり1299-19
2カット撮って、そそくさと その場を離れる。
向日葵の多くは、この場所か、立会川河口にある勝島運河の堤防で撮っている。
あと撮るとして・・・五反田の駅前くらいだろう。
同じような写真しか撮れないので・・・去年は、おそらく向日葵は撮らなかったと思う。

どうして、撮る気になったのか?
コロナと梅雨のせいかなぁ。
------------------------------------------
一日のほとんどを家の中で自粛生活。
閑居すれば、するほど、パソコンの前で、暇つぶしをしてしまう。
死亡者推移 1
死亡者推移 3
自分で作成したグラフ 二つを見比べ、
読み解こうと・・・いろいろ想像をめぐらす。
そんなことで 一日が終わる。
精神的には健全とは言えない。

コロナの正体 見えてきましたか?


  1. 2020/07/28(火) 17:21:15|
  2. ひまわり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (116)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (81)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
デジタルカメラは記録機器 (13)
映し出された世界 (28)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (16)
写真の技法 (146)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (93)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (21)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (195)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (234)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (18)
黒い花 怪しい花 (53)
樹、草、花  (63)
桜  (118)
ひまわり (38)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (29)
オールドレンズの密かな楽しみ (33)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (31)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR