本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

戸越八幡神社

9月4日 午後、戸越八幡神社へ行く。
週末の土曜、日曜に戸越八幡の祭礼がある。
まだ、準備は始まっていなかった。
戸越八幡1015-17
戸越八幡1015-15
戸越八幡1015-8
子供の数が減って、お祭りの熱気が徐々にさめてきている。
宮司がまだ若い頃は、行列を組み、馬に乗り颯爽とパレードしたが、
この頃は、隊列の中心に立ち歩いてパレードをしていた。
戸越八幡1015-18
果たして 今年の祭りはどうだったのだろう?
--------------------------------------
冷蔵庫にパトローネに詰めたTri-Xフィルムが1本残っていた。
2年ほど前 詰めたフィルム。
期限は切れていても、冷蔵庫に保管してあったので、問題なく使える。
久しぶりの現像。
やはりTri-X 粒子が意外と細かく、諧調性もあり 使いやすい。
未使用100フィートの長巻フィルム あと1缶、冷蔵庫に残っている。
さて、いつ開封するか・・・・


スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 15:02:56|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文様

一つのテーマをずっと追い続けるほどの覚悟はない。
おもしろいと思ったら、すぐに行動し、シャッターを切ってしまう。
そして厭きたら、止めてしまう。
文様1012-55
文様1012-62
文様1012-57 Ⅱ
行き当たりばったりなんですね。
別に意図はありません。ただ面白いとシャッターを切ったまで。
三枚の組写真、序破急を意識して並べてみました。
-----------------------------
ブログには、
街撮りに徹して撮っている人
職人や若く綺麗な人のポートレートに徹して写している人、
自分の庭の、あるいは近所の花、それだけに徹して撮影している人がいる。
あるいは少々エッチな写真で埋め尽くされているブログもある。
そういう人のブログを見るのと うらやましい気がする。
ぶれていない。自分のテーマを見つけ、実行しているのだろうと思う。
覚悟があるのだろうなぁと思う。

ポートレートが撮りたいと言ってみたり、綺麗な花はもう厭きたと言ったり、
何を撮りたいのか、ふらふらしている。
散歩にカメラでいいやと言うけど、胸を張るだけの撮りたいテーマがあるわけではない。
行き当たりばったり、ぶれまくりの撮影だ。
今後もこのまま続けられるか?少々心もとない。

  1. 2017/09/11(月) 11:37:41|
  2. 映し出された世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸越公園の百日紅

「傷だらけのゾナー」の眼が捉えた戸越公園のさるすべり。
百日紅DSC02844f8
まぶしい。
百日紅DSC02850
まばゆい・・・
百日紅DSC02897
上を向くが滲んでしまう。
  1. 2017/09/10(日) 12:44:54|
  2. 百日紅(さるすべり)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天王洲にて

8月の最後の日曜日、天王洲のビジネス街を散策した。
天王洲1012-35
ウッドデッキに人影はまばら、静かな時間が流れていた。
天王洲1012-36
P-フィルター③で撮影してよかったと思う。
白黒の対比が綺麗なハイコントラストな写真では、この雰囲気は描き出せない。
天王洲1012-39
天王洲1012-41
二組のカップルの配置、ちょっとシュール。
とっさにスナップしていた。
些細なしぐさも、ちょっとした会話も、カップルには大事なことに違いない。
大切なものがそこにあると・・・感じているのだろう。

  1. 2017/09/09(土) 14:25:55|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の思い出

夏 旅行しなくなった。
今は冷房の聞いた部屋で、妻とじっと暑さが過ぎていくのをやり過ごすだけ。
夏の思い出DSC02886
それでも、歩かないと さらに老いこむと、気を取り直し、
暑さが少し和らいだ午後、ごく近所を歩き回る。
9月の最初の日曜日、戸越公園に水遊びに興じる子の姿があった。
この夏は、家より2km以内、近所を散歩するだけだった。
しかし、なんということない見馴れた風景でも、
興味を惹かれる被写体は次々に現れ、厭きることなかった・・・・と強がりを言いたい気分だ。
  1. 2017/09/08(金) 11:41:07|
  2. ある場所、ある瞬間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに11年目に突入しました。しかし一向にいい写真を撮ることはできないでいる。まぁこんなものかとも思う。あと何年 カメラと遊んでいられよう? 綺麗な花や、美しい風景を撮るのはもう飽いた。日常のなんでもないものを切り取って、それでも何かの発見がある写真を撮りたいもの・・・もう少し、意固地にならないと駄目かなぁ。 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (77)
思い出の写真 (23)
遥かなる寧夏 (35)
フィルムの眼 (14)
レンズの眼、カメラの眼 (22)
映し出された世界 (19)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (128)
ある場所、ある瞬間 (13)
デジタルで遊ぶ (17)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (19)
都会の景観 Tokyo (120)
Night walk in Tokyo (32)
散歩 (161)
猫、犬、鳥 (8)
樹、草、花  (53)
桜  (65)
ひまわり (30)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (20)
人物 ポートレート 踊り (29)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (24)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR