本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

Sマウントカメラ BessaR2Sに C-Nikkor 85mm F:2をつけて撮影してみる

S型ニコンの交換レンズで 85mm F:2と 135mm F3.5の製造本数は少ないように思える。
多くはコンタックス用、ときどきライカ・スクリューマウント(通称Lマウント)を
中古カメラ店の棚やインターネットのオークションに見る。
135mm F:3.5は一度 ヤオフクに出展されているのを見たことがある。
大概は鏡胴の距離リングに'C'の刻印が彫られている。
これはコンタックスマウント用。(Sマウント用は何も彫られていないと思う。実物を手にしたことないので)
終戦後まもなくの頃、使われていた高級カメラは ライカかContaxⅡだった。
カメラ本体に関しニコンは新参者、それほどS型カメラが使われていたわけではない。
国内販売より輸出が稼ぎの主体なので、ライカマウントやコンタックスマウントのレンズを作り、
売っていたと思う。
残念ながら Sマウント用の望遠レンズは持っていない。
f:8なりに絞ればNikon SPでも使えたが、絞り開放で使ったことはない。
85mm、135mmのレンズはKievにつけて使うことが多い。
Sマウントカメラでも使えるものか、もし不都合があるのならどの程度か、試してみた。
(Nikon SPを修理に出してから、急にこの望遠レンズのことが気になりだした。)
林試の森1056-24
二本の木の幹にピントを合わせる。絞りをf:5.6とした。
幹に はっきりとピントは来ている。
林試の森1056-28
後姿にピントを合わせた。絞りをf:2まであけたが、ピントは来ている。
林試の森1056-27
最短の1m近く、2カット撮ったうち1カットはドンぴしゃりとピントが合う。
もう一つのカットは少しピンが甘いが、近くに同じ花があれば、「合った」と言えなくもない。
林試の森1056-35
この描写力、Nikkor 85mm F:2 いいレンズだと思う。
BessaR2Sで使ってみたが、それほどの不都合は感じなかった。
少し絞りを絞れば実用上問題ないと思う。
------------------------
Nikon Sのレンズとコンタックスのレンズ 微妙にピントがずれるという話が ネットに流れている。
そんな話を無批判に信じていいものか?
だれだれが言っているから そうなんだというのではなく、
ちゃんとした根拠を明示した情報をネットに流すべきだろう。

ネットを検索していたら
こんなデータを発見。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/jimmayes/LENS_DATA.html
それによると S型ニコンのフランジバックは 31.95mm コンタックスは 31.75mmとなっていた。
0.20mmもフランジバックが違っていたら、全てピンボケ写真になるはず。
ニコンS用のS-Nokton 50mm F:1.5をコンタックスマウントのKievで使用しても、ほぼピントは来ていた。
微妙に異なるといえなくもないが、0.2mmも違っていたら、S-Nokton 全てピンボケになったはず。
このデータは違うだろう。このブログを書いた人の名誉を守るなら、記載ミスということでしょう。
この数字が独り歩きしたら、コンタックスとSニコンのレンズ 
それぞれのカメラでしか「使えない」と判断してしまうだろう。
----------------------------------------
C-Nikkor 85mm F:2のレンズ、Kievにつけて撮影すると、
全ての距離でf:2の被写界深度内でピントは合います。(当たり前のことですが、確認済み)
しかし SマウントのNikon SPにつけ ピントテストをしたことは まだありません。
修理が終わり手元に帰ってきたら テストするつもりです。
そうすれば フランジバックの件やピント合否の件 もう少しはっきりするでしょう。

でも、メーカーがフランジバックの長さや、基準にした標準レンズの焦点距離を公開してくれたら、
それで 終わる話なのですが・・・・
スポンサーサイト
  1. 2018/02/19(月) 12:35:22|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコンSマウントカメラ BessaR2SでJupiter-11 135mm F:4の望遠レンズを試してみる。

ニコンSマウントのBessaR2Sカメラでコンタックスマウントの50mm標準レンズ使えそう。
望遠レンズでも可能か試してみた。
その結果は・・・・どう解釈すべきか頭を抱えている。
BessaR2S1056-13.jpg
最短の1.5mで撮影。
羽の文様にピントを合わせた。
意外に合っている。
コンタックスとSニコンの距離リングの回転角の差から、ピンボケになると予想した。
文様以外のどの部分にピントが来ているだろう?
前ピンにも後ピンにもなっていない。(ほぼ)合っている。
BessaR2S1056-12.jpg
枯れ木の幹にピントを合わせた。距離計の読みは20m。
しかし、幹にピントは来ていない。むしろ後ろの木の葉や壁にピントが合っている。
後ピンだろう。
BessaR2S1056-18Ⅰ
遠くの木とカラスの姿を撮影。距離計の指標は∞をさしていた。
画面全体ピンボケ状態。
BessaR2S1056-18.jpg
もし、コンタックスとS型Nikonのフランジバックが同じなら、∞でピントは合うはず・・・・
この仮定は否定されてようだ。少なくともBessaR2Sとういうカメラでは。
ニコンSPの修理が終わり帰ってきたら、再度検討してみるか・・・・

50mmのTessarレンズで、無限遠にピントが来ていたと判断したが、
再度、詳細、BessaR2Sをチェックする必要があるだろう。
----------------------------
Jupiter-11 135mm F:4 は 
ソ連邦時代に作られたツアイスのゾナー(135mm F:4)のクーロンレンズです。
いいレンズ出す。
あまり散歩に望遠レンズをつけたカメラを持ち出さない。
過去のファイルを調べたら、2010年に撮影した写真を発見。
Jupiter-11 135mm F:4の名誉のため、コンタックス(実際はKievですが)カメラで撮った作例を載せます。
Jupiter11KievⅡ 261-5
Jupiter11KievⅡ 261-11
近距離で撮影。ピントOKでしょう。
Jupiter11KievⅡ 261-21
10mくらいか。ピントはしっかりとらえている。
Jupiter11KievⅡ 261-23
Jupiter11KievⅡ 261-16
遠景もピントOKです。
---------------------------
Bessar2Sで、なんでピントが合わなかったのか、寝ながら考えた。
コンタックスのTessar 50mm F:3.5を使ってテストしたときは、
無限遠の画像をトレーシングペーパーで受け 10倍のルーペで見て、合っていると判断した。
絞りはf:3.5なので、被写界深度は大きい。20mにあわせても合うところだろう。
しかし、135mmレンズ、f:4の被写界深度はかなり浅い。
BessaR2Sの距離計の有効基線長は短い。
135mm f:4の被写界深度に収まる距離精度はないだろう。
ピントが合わなかった原因(検討すべき可能性)はフランジバックだけでなく、
距離計の精度も 考慮する必要がある。
一概に原因をフランジバックの長さに違いがあると決め付けるわけにはいかない。
そんなことを寝ながら考えていた。





  1. 2018/02/15(木) 19:01:09|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀ぶら  デジタルで遊ぶ

数日前の夜 友達に会いに夜の銀座へでた。
友達も一緒なので、もたもたしていたら問題だ。
何事もなかったようにすばやく銀座の夜景を撮るならデジタルだろうと、
手振れ防止のズームレンズつきSONY NEX-5をもってでた。
銀座ブラDSC01071 Ⅱ
記録方式はJPGのfineにして撮った。
撮影モードは カメラにお任せのPモード、ISO感度オート。
撮ったままのストレート画像です。
画像をPCのモニターで確認してびっくり。
これ写真に思えます?
デジタルの画像は綺麗だけど、「ゆらぎ」がない。
建設現場の塀は均質で滑らか、建物の線は ゆるぎなく真っ直ぐ、街灯はまるで絵に描いたよう。
アメリカのコミック誌に載る漫画のような感じに仕上がっている。
ちょっと非現実感がある。
 
撮素子に記録された0101の画像データを、カメラ内のコンピューターは計算し、画像に変換する。
どのようにノイズ処理するか、エッジを立てるか、色を割り振るか・・・・
その処理プログラムを作ったのはソニーの技術者(あるいはソニーの外注先)、その人(メーカー)の好みがでてくると思う。
これに満足したら、メーカー指導(主導)で撮っているだけになってしまう。
やはり、デジタルはレタッチソフトを使って画像を調整することが、
撮る側に残された選択の自由(自分らしさをだす)なのだろう。
・・・・しかしなんとなく 居心地が悪い。(撮影者側の裁量、こんなことしか残っていないのか・・・)
銀座ブラDSC01066 Ⅲ
以下は、PhotoShopElement(PSE)に用意されているフィルター(沢山ある)から選び、画像処理をしてみました。
別に撮った画像を切り貼りして加工を加えたり、写っているものを消すような処理は一切行なっていません。
それでも使いよう、現実感のなかに非現実感を簡単に滑り込ませることができます。
銀座ブラDSC01078 Ⅱ
カメラが自動で3枚 露光を変化させ撮影し、カメラ内で画像処理してできたHDR画像を さらにPSEのフィルターで処理した画像です。(写真はなんでもありにしないと写真表現は枯渇すると思うけど・・・・これ写真と呼んでいい?かなぁ。)
銀座ブラDSC01098 Ⅱ
銀座ブラDSC01112 Ⅱ
これもHDR+PSE フィルター処理しています。
銀座ブラDSC01140 Ⅱ
カメラを腰の位置で固定、液晶画面を傾け、フレーミングを確認、シャッターを押すだけ。
明るさに応じISO感度を自動設定、鮮明に写るよう絞りとシャッター速度をカメラが決めてくれる。

操作に手間がかかるものを扱うほど、ボケ防止になると信じているので
露光計なしのフィルムカメラを勤めて使うようにしているが、
老眼になったのでピント合わせに苦労しています。
ピントを自動で合わせてくれる・・・・これは便利ですね。
  1. 2018/02/13(火) 10:42:34|
  2. デジタルで遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嘗ては「鷹の眼」と呼ばれたレンズ   Nikon Sマウントのカメラで使ってみる  

嘗ては「鷹の眼」と呼ばれたツァイスのテッサーレンズ。
コンタックスマウントの50mm F:3.5 ノンコートレンズをニコンSマウントカメラ BessaR2Sで使ってみた。

製造はレンズ番号から探したがはっきりしない。
1932年か1933年と推定、 「傷だらけのゾナー50mmF:2」より少し前に作られたことは確か。
いわゆるブラコン(コンタックスⅠ型)の時代に製造されたものだと思う。
なお、2つ前の記事で使ったF:2.8 Tessarは1936年製 コンタックスⅡ型になって製造されたレンズです。

鷹の眼1055-36
最短の0.9mにピントを合わせ絞り開放のf:3.5で撮影した。
被写界深度内にピントは来ている。
ツアイスとニコンのレンズ、マウントの形状は同じでもピントは微妙に異なる・・・といわれたら 
素直な人ならツアイス製レンズをニコンSマウントのカメラで使おうとは思わなくなる。
上から目線で(こんなに沢山知っているのだと)語りたいのだろうが、
その根拠が伝聞の引き写しにすぎないので、拝読する小生は、戸惑ってしまう。
こんなの信用できないと、学術誌だったらチェックが入って掲載できない。
根拠希薄な伝聞なら、事実か否かチェックする、あるいは裏をとってみようとするのが、理性だろう。

根拠が伝聞の薀蓄は、「ノイズ」だと無視すればいいのだが、
そんな薀蓄を語る人のブログが多いのは困ったものだ。(どうも それが人気ブログらしい)
目立ちたい、注目されたいというYouTuberと同じ心境なのだろうか、
品性・品格の問題かなぁ。
(なかにはごく少数ですが、しっかりしたブログもありました。こちらを読む人はすくないと思う。ちょっと専門的。)
鷹の眼1055-41
古いテッサーレンズ、ノンコートだがレンズの枚数は4枚 内1つは張り合わせてあるので、反射する面は少ない。
鷹の眼1055-45
昔は「鷹の眼」と称えられたが、現在のコーティングの効いたレンズほど解像度、コントラストは高くないかもしれない。
しかし、逆光にも果敢に挑戦し、画像を記録できています。(4枚3群のテッサー、Simple is the best.です。)
(ハレ切用のフード持っていないので、逆光でもフードなしで撮影しています。)
----------------------------------------------
Sマウント 内マウント ピント推算
凸レンズを使って外の景色を壁や紙の上に投影する。
そんな理科の勉強をしたのは小学校のころ。
合同、相似など幾何の初歩は中学生のころ習ったか。
中学の理科の時間だったか・・・・レンズ焦点の話、像がどの位置に結ぶかの計算を、
黒板に書いた図から、幾何の相似形、比例関係を使って教えてくれたことを思い出す。
それは、簡単な公式になった。
1/a+1/b=1/f
aは レンズから対象物までの距離、bはレンズから紙(映像が写っている)までの距離。
fはレンズの焦点距離。
この公式を使って、15年ぶり、エクセルを開き計算してみた。
無限遠では ニコンのレンズもツアイスのレンズも フィルム面でピントが合っているという事実(精度の問題だが、目視した範囲で正しい)として計算。
ニコンSカメラは 焦点距離50.0mmのレンズを基準にして設計されていると仮定した。
無限遠から1mの被写体まで レンズの繰り出し量はわずか2.63mm。
ツアイスのレンズはそれより0.20mmだけ長い焦点距離のレンズを基準に設計されていると仮定した。
すると無限遠ではあっているので、それをニコンSマウントのカメラに取り付けたら、
ファインダーを覗きピントを合わせると、bの値は、0.2mmだけニコンSレンズより長くなる。
bの値とf=50.2でaの値を求めれば、何処にピントが合った、どれだけピントがずれたか計算できることになる。
その結果は、1m(レンジファインダーのほぼ最短距離)の被写体でピントのずれはわずかに1cm弱。
ニコンの基準にした焦点距離(50mm前後だと思う)と、ツアイスの基準焦点距離の差が0.2mmであれば、
ほとんど無視していい。
もし、それ以上に差があるなら 近距離では ピントがずれる可能性がでてくる。
もし、合うか合わないかの検証するなら。
(1)ニコンとツアイスの50mm標準レンズの正確な焦点距離を測定すること。
(2)無限遠で両社のレンズは両社のカメラで焦点が合っているか否か
この2点の検証が必要だろう。
(1)については ニコン、ツアイス、コシナなどのメーカーに、そのデータはあるはず。
公開して欲しいが・・・・おそらく手の内を明かすことはない。
レンズの修理をする業者なら、測定している(あるいはできる)だろうが・・・そんな金にもならないこと、公表しないだろう。
誰か 実測したことある人いないだろうか?(4桁の精度で測定した。)
(2)は無限遠にピントを合わせ、写真に撮り、拡大して調べることでOKだろう。
フランジバックの長さは、レンズの鏡胴の長さで調整(∞出し)はできるので、本質的な事項ではないとおもう。
でも、コンタックスとニコンS、フランジバックの長さが同じなら、楽しい。
なにか 別の話が隠されているような気がする。

標準の50mmレンズは内マウントを使う。

それ以外の交換レンズは、外マウントのレンズを使う。
外マウントレンズでも、無限遠が一致するなら、
レンズの繰り出し量はレンズの鏡胴に刻まれている。
ピントが合う可能性は高い。
ここで場合に問題になるのが、
ニコンとコンタックスの距離合わせの回転角の差。
この差がなければ、両レンズ、自由に互換できるはず。
無限から0.9mまで270°くらい回転するが、
わずかにコンタックスの方が大きい。目測では数度の角度だが・・・・
近距離ではピント合わせの誤差となってしまうだろう。
望遠レンズを使った場合、そのずれはどの程度か、確認したいと考えている。
ブログのあやふやな薀蓄を真に受け、「使えない」と嘯くのは 抵抗感がある。
駄目と決め付けず、そのメカニズムを解明すれば、工夫でどうにか・・・・ならないかなぁ。
ひまだし、BessaR2Sにツアイスマウントの望遠つけてテストしてみますか。

--------------------------
考えの根拠は明快に示す。
小生の仮定に問題がある、あるいは この公式を使う妥当性があるか否か?
批判、錯誤の指摘を期待している。
議論を深め、批判し、検討するのが 真実にちかづく 唯一の方法。
なにも自説にこだわるほど 小生 若くない。
間違えたと判ったら、すぐ、自説は取り下げます。
それが サイエンス(科学)というもの。
カメラは科学を基礎にした最新技術で作られてきました。



  1. 2018/02/10(土) 11:52:45|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノンコート・ゾナー 50mm F:1.5     Nikon Sマウントのカメラで使ってみる

レンズ番号から1937年製のF:1.5ゾナーレンズと思われる。
コーティングは施されていない。
当時、フィルムの感度はISO:25が高感度フィルムだったろうから、
この明るいゾナーはマストアイテムだったと思う。(コンタックスを買えるのは大金持ちか政府機関)
ノンコートゾナーDSC01055
S-マウントカメラBessa-R2Sに取り付けてテスト撮影をした。
ノンコートゾナー1054-30
最短の0.9mにして、カメラを前後してピントを合わせて撮影。
ピントのチェックだったので、絞り開放f:1.5で使用した。
ISO:25のフィルムでも 1/1000秒の高速シャッターが切れた。
ピントは合っている。まぐれで ピントが合ったのかもしません。
BessaR2Sの距離計の精度はそれほど高くない。
f:2.8まで絞れば、被写界深度内にピントが入る程度だと思う。
ノンコートゾナー1054-28
ピントを合わせた幹の辺りにピントが来ているので、ピントは合っていると思う。
ノンコートゾナー1054-29
ピントをあわせた夏みかんにピントが来ている。
意外と使える・・・・
ノンコートゾナー1054-31
ノンコートゾナー1054-32
実際使ってみて 使えるか使えないか 確かめればいい。
結果は、意外と使えるが結論。
距離計の精度はあまり高くないので、まぐれで合ったのかもしれない。
ピントがあうか否かの検証は、いざというとき使うNikon SPで撮ってからにしたい。

ブログに載ったコンタックスマウントとニコンSマウントの薀蓄記事。
玉石混交、確かな記事はあるが、多くの記事に埋まって目立たない。
不確かなことを確かめることなく、薀蓄を語る記事がおおいなぁとおもった。
出典の明らかでない「都市伝説」風の話でも、沢山出ていれば真実になる?
こんな記事にだまされ反応する人も多いのだろう。
もし、「微妙にピントは合いません」を納得してしまったら、
Sマウントカメラにコンタックスレンズをつけてみようかとは思わない。
どの程度合わないかの実例、エビデンス(証拠)を載せている薀蓄ブログは見つからなかった。
定性的(合う合わない)な話より定量的(無視できるか否か)なチェックが実際では重要。
  1. 2018/02/08(木) 15:30:22|
  2. オールドレンズの密かな楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに12年目に突入。10年も続ければ、何かを掴めると思ったが、デジタルカメラの渦に弾き飛ばされ、未だ写真の眼を掴めないでいる。
絶滅危惧種のフィルムカメラでは、無理なのかなぁと嘆息。
冷蔵庫に100フィート長巻フィルム4缶、保存してあるので、
あと一年は撮り続けられます。それからどうするか考えることにしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (81)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (5)
フィルムの眼 (23)
レンズの眼、カメラの眼 (22)
映し出された世界 (19)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (132)
ある場所、ある瞬間 (32)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (20)
都会の景観 Tokyo (127)
Night walk in Tokyo (34)
散歩 (165)
猫、犬、鳥 (8)
樹、草、花  (55)
桜  (65)
ひまわり (30)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (27)
オールドレンズの密かな楽しみ (26)
人物 ポートレート 踊り (34)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (28)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR