本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

大崎、目黒川沿いの遊歩道にて  古いライカのレンズ、ズマールで撮ってみる。

古いレンズは全て手作り。
大きなガラスの塊から、職人は、一番よい部分を削りだし、
磨き、一枚のレンズに仕上げていく。
職人は、レンズの特性を見ながら、一枚一枚組み合わせ、カメラのレンズを組み立てていく。
手作業で行っていたので、同じ名前のレンズであっても、当たりはずれがある。
よく写るレンズを手に入れたらラッキーというものだろう。
工業製品というより、職人(マイスター)による工芸品に近いと思う。
だから、当時の給与水準からすると、レンズは高価なものだった。

その高価だったレンズが、中古品として 手に届く価格になっている。
十数年前、50mmのレンズを中心に、買い求めていた。

あるブログを見ていたら、ライカM2にSummarのレンズを付けて撮影している人がいた。
まだ30台後半の人だろう。若いけど、非常に上手い。撮影データは一切掲載されていない。
フィルムも何を使っているか不明。(おそらく フジフィルムのAcros100だろう)
Summarのレンズこんなによかったか?

小生も、Summar 50mm F:2のレンズをつけて撮影してみた。
大崎遊歩道1005-34
使用したズマールレンズは 1936年製 まだコーティングのない時代のレンズです。
前玉に柔らかな硝子を使ったため、擦りガラス状態になったレンズが多いという。
(これは、伝聞で確証はありません) 
幸い小生の手に入れたレンズには、眼で見て判るような欠陥(擦り)はありません。
絞りは 凝ったつくりで、編み籠のような形状になっていて、絞りの形は六角。
絞り値に従い、最良の位置に絞りが来るよう調整しているらしい。
木漏れ日の形が六角形になっているのがわかる。
角が立たず、エッジが目立たず、眼に優しい。
大崎遊歩道1005-28
ボケの感じも悪くはないが、時として二線ボケが出てしまうことがある。
右上のぼけた樹の枝に見られるが、集まっているので目立たない。
柵など一本一本 独立したものが 背景にあるときは、注意しないと目立つときがある。
もっとも 気にしなければ それでいい。
デジタル写真で慣れ親しんだ人の眼からすると、むしろ好ましく、面白いと感じるかも。
大崎遊歩道1005-30
ピントの合ったところは きわめてシャープ。
しかし、焦点をはずすと、急激に像は崩れる。
同時代のツアイスのSonnar 50mm F:2と比べると、被写界深度の深さが、見かけ上浅くなる。
Summar  f:4.5で撮影したものと、Sonnar f:2.8で撮影したものが、同じようなテーストの写真になった。
ピントの合ったところの先鋭度は、甲乙つけがたい。
二線ぼけが出なければ、Summarのほうが柔らかなぼけかたになる。
大崎遊歩道1005-26
ポートレート向きのレンズかも・・・・
------------------------------
ブログにみたSummar のレンズ。
小生のもつレンズより、写りはよさそう。
「当たり」のレンズでしょう。
ブログの主、フィルムが高くなっても、
ずっとライカM2とSummarの組み合わせで写真を 撮り続けると思う。
そのくらい写りがいいと思う。 このレンズ、手放せないだろうなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 15:05:15|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラスチック袋でフィルターを作る。

スーパーで湿った食品を購入すると、薄い透明なプラスチック袋に入れてくれる。
妻は料理のとき、切りくずを入れ捨てていた。
欲しいというと、そんなゴミ袋どうするの?という眼をしている。
遊び・・・と言って袋を貰い、フィルターにして、使ってみた。
ごみ袋フィルター-3
ピントが合っているような、いないような・・・・
ごみ袋フィルター-6
それに、トーンの調子も少し変。
ごみ袋フィルター-8
滲んでるようなトーン。
傘の影は明瞭だけど、傘を差す女性にピントはきていない。
横断歩道に立つ傘を差した女性ほうがくっきりしている。
しかし、その横に立つ白いマスクの女性はぼんやりと滲んでいる。
ピントの合った場所が、まだらになっている。
変なフィルターを作ってしまったものだ・・・・
ごみ袋フィルター-15
ポートレートを撮ろうと、今その準備段階。
ソフトフォーカス・フィルターを作りたいとテストしているのですが、うまくいきません。

カメラは、Kiev Ⅳa を使った。
このカメラにはホットシューがついていて、
1/25秒以下のシャッター速度で、ストロボが使える。(確認済み)
ポートレート撮るなら、フラッシュが必要だろうという擦り込みが・・・小生にあるようです。

コンタックスⅡのカメラは戦前の設計なので、フラッシュの使用は想定していない。
当然のことながら、KievⅡにもホットシューはない。
傷だらけのゾナーを使うことも考えている。
そこでホットシューがついたKievⅣ型が、使えるカメラとなる。
戦後 西ドイツで作られたContaxⅡaには、ホットシューがついているが、
特殊な端子で、専用のケーブルが必要。
希少性が高く、そのケーブル、中古市場になかなか出てこない。
出てきてもかなり値が張る。手が出ません。

フィルムはRetro80Sにした。勿論ポートレート撮影の準備。
ISO:25のRPX25フィルム 探せば100フィートの長巻があるかも知れない。
候補の一つ。
RolleiブランドにISO:25のオルソクロムフィルムもある。
これも面白いかも・・・ただし、長巻はないようだ。
フィルムは、フィルターは、レンズは、現像液は・・・・実際の撮影まで関門はまだまだある・・・・遠いなぁ。


 
  1. 2017/07/18(火) 12:05:26|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄色のセロファンでフィルターを作って遊ぶ

百円ショップで買ったセロファン折り紙の残りがあった。
これでフィルターを作ったらどう写るだろう?
ただそれだけの理由で、早速作って試していた。
だんだん動機が子供じみてくる。
金はないけど、暇はある。
黄色セロファンテスト-8
黄セロファンでは効果不足と、Y2(イエローフィルター)も付けたが、あまり効果はない。
黄色セロファンテスト-17
このアジサイの花、ちょっとトーン違って写った。
面白い。
黄色セロファンテスト-20
黄セロファンフィルターに特別な効果があるような気がしてきた。
黄色セロファンテスト-13
このようには、なかなか撮れない・・・・と思う。

最新のデジカメなら簡単でしょうか?
それともくだらないと、歯牙にもかけないかなぁ。

  1. 2017/07/16(日) 22:13:13|
  2. レンズの眼、カメラの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもカメラをぶら下げて。

人に会う約束をしていたので、JR水道橋駅で降りた。
外出するときは、必ずカメラを肩からぶら下げ、
散歩にカメラの生活が続いている。
水道橋995-6
駅をでて、橋の上で早速スナップ。
水道橋995-7
後楽園遊園地(東京ドーム)へ向かう。
階段を上ると広場になっていて、テーブルと椅子が置かれた場所があった。
ここで撮ったスナップ写真は、すでに7月10日の記事「何処でもない場所へ」に使用している。
霧の発生する遊び場では子供が駆けずり回っている。
この光景で撮影したスナップ写真は、6月28日の記事「子供の情景」で使用した。
------------------------------------
知人に会い、ランチを御馳走し、代わりに本を受け取る。
別れ際、気づかれないよう知人を盗み撮り。
その時の写真は、7月12日のブログ「スナップ的ポートレート」に使っていた。

JR水道橋駅に戻り、中央線伝いに坂を登り、お茶の水駅をめざす。
今日は一駅散歩。
給水公園995-33
坂を上りきり、左に少し折れると、都水道博物館にぶつかる。
階段を登り本郷水道公園へでた。
給水公園995-37
人影はまばら。静かな公園である。
都会の真ん中とは思えない写真が撮れた。
公園をでると、すぐに順天堂大学と順天堂病院、その隣は東京医科歯科大学の付属病院がある。
ここまでくると、お茶の水の駅前、橋の手すりから、神田川を見る。
撮影した写真は、6月29日のブログ「温帯雨林」に使用した。

「散歩にカメラ」と言ったところで、
実体は、ブラブラ歩き、眼に付いたものを撮る、ただそれだけ。
根性、こころざし、腹に一物があって写真を撮っているわけではない。

三途の川へ行くまでの暇つぶし、それが小生の「お散歩カメラ」でしょう。


  1. 2017/07/14(金) 12:31:24|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スナップ的ポートレート

欲しかった本と交換に「ランチ」をご馳走した。
ポートレート995-24
昼食後、お茶の水方面をぶらぶら散歩して、帰宅するからと告げる。
散歩に出ると、いつもカメラを持っていることは知っている。
街の風景をパチパチ撮影していても、気に留めていない。
それをいいことに、帰り際、一瞬を捉え、一枚撮影していた。
一種の盗撮。
後日、この写真、プリントして渡したら、びっくりしていた。
上手に撮れていると喜んでいた。
しかし、何処で、いつ撮ったのか、判らなかったという。
--------------------------
この写真、スナップなら許せるが、
ポートレートを撮るなら、直したいところは2箇所ある。
そこを指摘して、撮れたらと思う。
ポートレート写真撮ること、頼んでみようかと思っている。
ありきたりのポートレートは撮りたくないが・・・・
OKなら、
フィルムは、ISO:80のRetro80Sか ISO:25の RPX25を使うことになると思う。
 



  1. 2017/07/12(水) 11:49:23|
  2. 人物 ポートレート 踊り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
散歩にカメラの生活もついに11年目に突入しました。しかし一向にいい写真を撮ることはできないでいる。まぁこんなものかとも思う。あと何年 カメラと遊んでいられよう? 綺麗な花や、美しい風景を撮るのはもう飽いた。日常のなんでもないものを切り取って、それでも何かの発見がある写真を撮りたいもの・・・もう少し、意固地にならないと駄目かなぁ。 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (77)
思い出の写真 (23)
遥かなる寧夏 (35)
フィルムの眼 (13)
レンズの眼、カメラの眼 (10)
映し出された世界 (17)
水辺の光景 (14)
写真の技法 (128)
デジタルで遊ぶ (17)
Silent City (7)
??? (15)
Street Photograph (19)
都会の景観 Tokyo (120)
Night walk in Tokyo (32)
散歩 (158)
猫、犬、鳥 (8)
樹、草、花  (53)
桜  (65)
ひまわり (28)
竹林 (11)
八つ手 (7)
百日紅(さるすべり) (24)
オールドレンズの密かな楽しみ (20)
人物 ポートレート 踊り (27)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (6)
その他  (24)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR