FC2ブログ

本当に大切なものは見えない

古いフィルム・カメラで、ありふれた身の回りを撮っています。日常の中の一瞬を捉え、読み解く写真になっていれば・・・

旧東海道 青物横丁あたり

旧東海道の品川宿近辺を散歩して撮ったもの。
品川宿1263-18
品川宿1263-23
品川宿1263-24
品川宿1263-25
旧東海道も、高輪、札の辻あたりから立会川までは神社仏閣が多く点在する。
--------------------------------------------
2月初め、インフルエンザに感染したらしい。
ワクチンを打っていたので、熱はさほど出なかったが、微熱が続いていた。
今猛威を振るっている「新型コロナウイルス」ではないと思う。
(政府の発表したガイドラインに 一つも当てはまらない。)
先週は 外出を控え、家の中で静養・・・この機会にとフィルムのテスト現像実験を行っていた。
Fomapan100だけでなく、Retro80S、Retro400Sの見直し現像実験と、
Rollei赤外400フィルムの現像実験を行っていた。
これで、現像に関しては、フィルムの銘柄ごとの特徴を把握できたと 感じている。

季節がよくなったら 散歩を再開するつもりでいる。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/18(火) 21:24:06|
  2. 品川宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルムの眼             Fomapan100

今 世界の電子機器メーカー/光学メーカーは、
電子の眼の高機能化に全力を挙げ、更なる利用開発を進めている。
おそらく今後、電子の眼は 益々 我々の生活・行動に大きな影響を及ぼすことになるだろう。

フィルムの眼が使われてきた分野も、電子の眼に代替えが進む。 
やがて、フィルムの眼が最後に残るのは、好事家の趣味の世界。
閉じ込められた狭い世界になっていくのだろう・・・と思う。
それでも、趣味として楽しむなら こんなに面白いものはないと 思う人が続いたら、
フィルムの生産は細々と続くと期待している。
Fomapan硬調現像1261-45
電子の眼なら、レタッチソフトのフィルター加工すれば、こんなタッチ(トーン)の写真 簡単にできるだろうが、
フィルムでも、現像液を工夫すればこんなトーンのネガを作ることができる。
Fomapan100のフィルムの眼、意外と広い、
こんな現像法を発見し、写真に撮るのが 面白い。
もはやフィルム写真は自己満足の世界になったけど、
趣味です、止められない。
  1. 2020/02/13(木) 16:36:00|
  2. フィルムの眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桐ケ谷  長慶寺

城南に住む人なら「桐ケ谷」という地名を聞いただけで、特別な建物を思い浮かべる。
しかし、そうなったのも、関東大震災後の話だと思う。
古くは(おそらく江戸時代)桐ケ谷道と呼ばれ、品川宿から目黒不動への参拝の道であった。
この近くには、お寺も多い。
長慶寺1262-30
その一つ、長慶寺で写真撮影。
長慶寺1262-29
長慶寺1262-31
長慶寺1262-25
長慶寺1262-24 Ⅱ
長慶寺、これまでも 何回か撮っている。
撮りためて、まとめてみたら、
この地区の雰囲気を伝えるものができるのではと・・・変な妄想を抱いている。
  1. 2020/02/10(月) 16:51:24|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(Ⅳo)二倍増感             Fomapan100

(Ⅳo)で現像したとき 意外にネガの濃度が上がったので、
これなら2倍くらい増感してもトーンは保てるだろうと、ISO:200に設定して撮影してみた。
使用したカメラは例の古いコンパクトカメラMinolta Hi-Matic F.
フィルムは、少し押し気味に現像した。
二倍増感(Ⅳo)1262-10 Ⅱ
暗い部分のトーンは少し潰れているが、この程度ならOKだろう。
二倍増感(Ⅳo)-8
タイヤ、ホイール、ボディー・・・・黒のトーンの質感が秀逸だと思うがどうだろう。
二倍増感(Ⅳo)1262-13
逆光のトーンも 面白い。
二倍増感(Ⅳo)1262-33
ショーウインドウのトーン もう少し白黒のコントラストが出てもいい。
だからと言って・・・・4倍増感を狙って撮影する選択肢はあるだろうか?
ISO:400フィルムと硬調現像液の組み合わせのほうが 綺麗なネガになると思う。
ISO:100フィルムは 銀粒子の目立たない写真が基本と思う。

  1. 2020/02/08(土) 12:23:07|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(Ⅳ)現像              Fomapan100

去年の暮れ 必要に駆られFomapan100の現像実験を行った。
やってみると また新しい知見が出てくる。
(Ⅳ)液を使ってRetro80SとRetro400Sフィルムを現像したが、
納得できるネガに現像できる条件は見つけられなかった。
しかし、Fomapan100だと、容易に硬調でクリアーなネガに現像できる。
カテゴリー的には(Ⅰ)が最強の硬調現像液だが・・・・(Ⅳ)のほうが硬調なネガに現像できたよう感じている。
勝島運河1261-6 Ⅱ
勝島運河1261-8
勝島運河1261-10
勝島運河1261-11

Retro80Sでは うまく現像できない。
でもFomapan100ならOK。
フィルムにより、現像液に適不適がある。
おもしろいものだと思う。

そこで 再度、
現在使用している6種の現像液を使い、
Retro80SフィルムとRetro400Sフィルムの、現像条件の見直をおこなった。
約一ヶ月、ようやく終了。
今テストピースのネガからデーターを取り込み、
エクセルに打ち込み解析し まとめている。
細かな実験が続いたので、少々疲れたが、
フィルムはそれぞれ個性的だと・・・再認識できたのはよかった。
これからの撮影でも この経験は生きてくると思う。

  1. 2020/02/06(木) 17:31:50|
  2. 読み解く写真、心に残る写真を・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Alchemyst Sasaki

Author:Alchemyst Sasaki
Phone-Cameraの時代、フィルムで撮ることの意味合い、意義はあるだろうか?と懐疑的になっている。写真の置かれている場所・期待・求められているものが根底から変わってしまったのかもしれないと思っている。
それでも、もう一年白黒フィルムで遊んでみるつもりでいる。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

読み解く写真、心に残る写真を・・・ (110)
思い出の写真 (25)
遥かなる寧夏 (35)
新幹線の見える街 品川 (6)
フィルムの眼 (71)
レンズの眼、カメラの眼 (31)
映し出された世界 (27)
水辺の光景 (18)
勝島運河 (15)
写真の技法 (144)
旅行・観光 (7)
ある場所、ある瞬間 (80)
デジタルで遊ぶ (29)
Silent City (8)
??? (19)
Street Photograph (26)
都会の景観 Tokyo (186)
Night walk in Tokyo (33)
散歩 (223)
猫、犬、鳥 (9)
白木蓮 (17)
黒い花 怪しい花 (50)
樹、草、花  (63)
桜  (104)
ひまわり (37)
竹林 (11)
八つ手 (9)
百日紅(さるすべり) (28)
オールドレンズの密かな楽しみ (31)
人物 ポートレート 踊り (35)
Photo彩遊 (27)
品川宿 (9)
その他  (30)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR